手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0920 今年も伊豆合宿(二日目、三日目編)

2015-09-29 00:39:26 | 2015今日のメッキ

0920 「あ゛た゛ま゛、い゛て゛ぇ~~~~。」
前夜のメッキチの集いは、めちゃめちゃに楽しかったことは覚えているんですが・・・、何が楽しかったのかはサッパリ覚えていない始末です。
仕事終わってからのロングドライブ、3時間そこそこの睡眠、一日中ガチロード、その場で寝てしまえる環境とくれば、3杯も呑む前にベロンベロンってことですね~。(~o~)
当然、頭が痛いのは私だけではないわけで、二度寝して、朝風呂浴びて、ゆっくり朝食を食べて・・・、誰も抜け駆けして目の前のポイントで釣りしようなんてことはありません。
頭痛ぇ~オヤジーズは、08:30になってようやく重い腰・・・もとい重い頭を上げて、二日目伊豆ロードへいざ出撃となったのでした。(~o~)

09:00 まずは伊豆らしい川筋から叩いてみますが、追ってくるのはマイクロ君ばかり。
まだ手元が酔っぱらっていて、マイクロ君を騙せるような軽快なトゥイッチが繰り出せません。(~o~)
 あくびしてるうちに食ってきたのはコレ。(~o~)
さっそく、撃沈。(^^;

10:00 昨日パスした有望サーフ、まだ濁りが取れてませんが、ひとまず数人で叩いてみます。
5m間隔でサーフを叩いていきますが・・・、さっぱり反応なし。T_T
それより、二日酔いの後遺症でお腹がゴロゴロ、公衆トイレから離れて釣りができません。・・・情けない。T_T
続いて、撃沈。T_T

11:00 前日最後に入ったサーフポイント、ようやく動きが人間らしくなってきました。(~o~)
相変わらずベイトっ気はないものの、フルキャストして届くか届かないかのかけあがりで、ポツリポツリと反応があります。
 ようやく片目が開きました。(^^;
 こんなつもりじゃないんですが。(^^;
 三つ釣れれば上出来かもしれません。(^^)
ここで、名残惜しくも帰りの方向に合わせて、伊豆合宿メンバーはひとまず解散。・・・お疲れ様でした~。
青服さん、がんじーさんと私は、大きくエリア変更して南に向かいます。

15:00 遅い昼飯にありついてから、初日の朝一エントリーポイントで良型を狙います。
さすが、超一級有望ポイントだけあって、時間を選ばず魚が反応してくれるじゃないですか。(^^)
 到着早々21cm、やっぱ伊豆はこれでなくちゃ。(^^)
 表層のヨタ引きに21cmが連発してくれます。
サーフサイドで20cmupばかり3つ連発したところで、一旦バイトがなくなりました。
次は苦手な河口サイド。
これまで、何度も狙ってみましたが、まともにメッキが釣れた試しがありません。T_T
とりあえず、サーフサイドと同じ狙いでシンペンの表層引きをしてみますが、まるで反応がありません。
・・・やっぱり。
次は、狙いを変えてヘビーウェイトミノーで超遠投、流芯のボトム近くを転がすように誘ってみます。
しばらくキャストを続けていると、突然、ガッゴンッ!(@@;
 こんなところに、22cmいました。(@@;
 続いて18cm。ヒラメらしき歯型付き。
今までやったこともないパターンですが、結果が出るってことは、それほど間違ってない狙いのようです。
何事もやってみるもんですなぁ~、ベンキョーになります。(^^)

しばらくバイトが遠のいたので、三者三様に当りパターンを探して堤防の上を右往左往していると、青服さんとがんじーさんが遠くの方で一ヵ所に張り付いています。
「どうですかぁ~」と聞きに行ったつもりでしたが、二人そろって目の前で連発しているじゃないですかっ!(@@;
青服さんはここだけでツ抜け、ガンジーさんは「幻のカスミ」をカニにくれてやる余裕まで見せています。(~o~)
「こんなところで釣れてたんですかっ!(@@;」
「出遅れた~。T_T」
慌てて隣で参戦させてもらいましたが、二人が散々叩いた後では時既に遅し。
 日没までに二つ追加するのが精一杯。
そのまま、日没シューリョーとなってしまったのでした。T_T

伊豆合宿二日目は、数こそ10匹でしたが半分が20cmup、そして、数よりサイズより、自分にとって新たな川筋攻略が見えたことが最大の収獲となったのでした。(^^)

この日は宿を取らずに車中泊の予定でしたが、・・・さすがに50オヤジの体力では耐えられそうにありません。
急遽、素泊まりの民宿を見つけて、ふとんの上でしっかりと体を休めることになったのでした。(^^;
 青服さんと質素に乾杯。(^^)


06:00 キリリと目覚めて伊豆合宿の最終日、既に相棒は青服さん一人となってしまいました。(^^;
シルバーウィークの連休中とあって、東伊豆の大渋滞に巻き込まれる前に伊豆を抜け出さなければなりません。
朝一限定で「チャチャっとツ抜けて早上がり」なんてのが最終日の目標です。(^^;
まずは、朝日の当る絶景に向けて気持ちよ~くキャスト、すると、気持ちよ~くヒット。(~o~)
 こんなロケーションで釣りができるのは伊豆ならでは。
 幸先良く、21cm。(^^)
 続いて22cm。(~o~)
サーフサイドを一通り叩いて5つゲット、まずまずの滑り出しです。(^^)
続いて、昨日の復習、河口サイドで流芯着きの群れを狙ってみます。
 来た!
 出た!
 連発!
 狙い通り!
 ツ抜け~!嬉し~い!(^^)
河口サイドでは、サイズこそ出ないものの、狙いのピンポイントにしっかり群れが着いている感じです。
気が付けば、伊豆居残り組のはるきちさんも合流して、新たなパターンの発見に朝からディープなメッキ談義となってしまいます。(~o~)
話し込めばいくらでも続きそうですが、今日は早目に伊豆を脱出しなければなりません。
後ろ髪を引かれる思いで、三日間お世話になった伊豆の名ポイントを後にしたのでした。(^^)

08:30 「まだ大丈夫だろう」ということで、下田市内でもう一あがきしてみます。(^^;
ここも、誰もが知る超一級の超有名ポイント。
やっぱり、伊豆デビューの青服さんには、ご案内しておかないと失礼にあたりますから。(~o~)
思いもよらず先行者なし、二人でポイント貸切りでキャストを始めると、
 ん~、かわいい。(^^;
 川メッキらしいスレンダー君。(^^;
青服さんもしっかり二つ取ったところで、いよいよタイムアップ。
3日間に及ぶ伊豆合宿ロードは、これにてお開きとなったのでした。
(早く出たつもりなのにやっぱり大渋滞、千葉まで7時間の長旅でした。T_T)



合宿参加の皆さん、飛び入り参加の野地さん、大変お疲れ様でした&ありがとうございました。
また来年も、楽しい伊豆合宿ではじけましょうね~。(~o~)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」して応援お願いいたします。m(__)m

コメント (6)

0919 今年も伊豆合宿(初日編)

2015-09-25 23:19:10 | 2015今日のメッキ

0919 私の場合、シルバーウィークと言えば、毎年恒例の伊豆合宿。(^^)
もう「9月のシルバーウィーク」なんて単語が一般化する前から、私にとってはゴールデンウィークにも勝る「黄金週間」なのです。(~o~)
いつものホームグランド房総を離れて、直前の情報もない慣れないポイントをロードするってのが、実に刺激的だったりするわけなのです。
もっとも、関東の聖地伊豆へはもうずいぶん出かけているので、厳密には知りうる情報を駆使してゲームメイキングするのが楽しみってことになりますが。(^^;
今年は、仲間にそそのかされて?初伊豆となる青服さんも加わり、総勢7名のにぎやかな合宿となりました。
いつもの通り、金曜日の晩にタッチ&ゴー出撃して、1泊4日?の強行ロードへいざ出撃となったのでした。(^^)

青服さんと2台連ねて伊豆へ向けて車を走らせていると、仲間のLINEに怪しげなコメントがアップされます。???
「急遽TATさんが参加できなくなった」そうなのですが・・・、ここでは不慮の事故で怪我をされたということだけにしておきます。
TATさん、残念です、お大事に・・・。

06:00 我々は無事に下田に到着して、仮眠の後ポイント入り、saku-37さんと合流して、伊豆でもっとも有名な堤防からメッキロードをスタートします。(^^)
まずは、朝日の当るサーフサイドのシャローにシンペンを放り込んで、表層を意識した活性の高い魚がいないか確かめてみます。
すると、僅か3投でゴンッ!(@@;
 幸先良く1ゲットでした。ルアーはぱわペン。(^^)
サーフサイドに遠投しながら堤防を釣り進むと、群れというほどではないにしろポツポツと反応が続きます。
 ルアーを変えながら表層勝負でなんとかなります。(^^)
 19cmまでは出ましたが、大台には僅かに届かず。
 体型から見ても回遊ではなく居着きの魚・・・のようです。
 ポイントの期待値には届かず・・・なサイズばかり。(^^;
青服さん、saku-37さんも、さすが房総で慣らした腕利きメッカーだけあって、コンスタントに釣果を伸ばしていきます。(^^)
ここでは、セオリー通りにサーフサイドを流し終わったところで終了。
私は、20cmに届かないヤツばかり7つまででした。
・・・青服さんは21cmまで出してましたが。

08:00 青服さんのリクエストで、「ショアガンムービーのロケ場所でやってみたい」ということになり、ちょうど通り道なので立ち寄ってみます。
「ここで釣れるのは、時期的にもう少し後なんですが・・・。」
の予想通りノーバイトに終わりましたが、青服さんには別な満足があったかもしれません。(^^;

08:30 河川内の回遊ポイントにも立ち寄ってみますが、正直言って、朝一で回遊の群れを捕まえられた試しがありません。T_T
案の定、本流に直接繋がる大きなブレイクラインにもかかわらず、メッキのチェイスはなく、結局ヘチを叩いて次のポイントへ移動でした。

09:00 小場所をいくつか叩いて期待の小サーフに到着します。
回遊の群れを想定して、あえて大き目のルアーでフルキャストしてみますが、ま~ったく反応がありません。T_T
他の二人がサーフを見切る中、ルアーサイズを落としてしつこく続けていると、コツンと一つレギュラーサイズ。(^^;
 17cm、伊豆に来たからといってデカいわけではないようです。(^^;

09:30 小河川の流れ込みがある漁港ポイント。
ここは、知っている限りで、最もカスミメッキの釣れる確率が高いポイントです。
カスミを釣ったことがないsaku-37さんが同行しているので、私と青服さんは場所を譲ってsaku-37さんにベスポジに入っていただきます。
「そのスロープのブレイク辺りからカスミちゃんが出てくるはずなので、まずはやってみてください。」
「あー、キター、凄い群れいます。30匹くらいチェイスしてきました。(@@;」
「どーぞ、遠慮しないで釣っちゃってください。(~o~)」
saku-37さんが1つ2つ釣ったところで、黙って見ていられない青服さんと私も参戦。(^^;
 ほんの5分でスレ切るまでに、3つずつ取って終了でした。
さすがに、・・・3人でやるとスレるの早っ!(@@;

ここで、車に引き上げる間に、saku-37さんの爆笑カミングアウトが炸裂。(^^;
「いや~、実は最初のキャストで本当にカスミがチェイスしたんです。」
「えっ?今カスミ釣れたの?」
「言われた通りの場所から言われた通りにチィエスしたんですが、最後に私のルアーを追い越しました。」
「んで、カスミ釣れたの?」
「ギンガメが釣れました。」
「ダメじゃ~ん。(~o~)」
仲間とロードすると、楽しいことばかりで困ってしまいます。(~o~)

~~~ 小場所探索中 ~~~ 小場所探索中 ~~~ 小場所探索中 ~~~

伊豆ポイントの案内がてら、小場所探索を繰り返しますが、この日の伊豆はそれほどいい状況ではなさそうです。
まったくいないポイントこそ少ないものの、3人で1つか2つずつ取って終わってしまうポイントばかり。T_T
 小場所では魚も小さい。(^^;
午前の前半戦は、回遊する良型の群れを捕まえることなく、本日の最終予定地に到着してしまったのでした。T_T

14:00 スーパーで惣菜弁当を買って海辺で弁当タイムをしていると、メッキ界のレジェンド野地文雄さんが合流してくれました。(^^)
弁当をほおばりながら、海を眺めながら、釣りの駄々話を続けていると、「これからやる予定の目の前の最終目的地は期待薄」とのことです。
実は、ポイント入りした際に、私も潮色が悪いことが気になっていたところだったのです。
「やっぱり・・・これじゃダメ・・・ですか・・・。T_T」

15:00 最終目的地はすべりましたが、やっぱり伊豆に来たらサーフをやらなきゃ雰囲気が出ません。
少し足を延ばして、野地さんが午前中に釣果のあった別のサーフポイントに的を絞り直してみます。
4人でサーフに散って遠投を繰り返しますが、たまに誰かにポツンと釣れる程度で、群れが回遊している様子ではありません。
 いることはいますが・・・。
 まぁまぁサイズではありますが、連発してくれません。
そこへ、近くまでロードしていたぱわぁほ~るさん、がんじーさん、はるきちさん、てとらぽっとさんも合流して、レジェンドを囲む伊豆合宿メンバーが勢ぞろいとなります。
バンバン釣れるわけではないので、シャカリキに投げ続けるわけでなし、ガツガツとポイントを探るわけでなし、気が付くと誰もロッドを振っていなかったりします。(~o~)
まぁ、これも合宿らしいと言えばそれまでなんですけどねぇ~。(~o~)

17:00 いよいよラストタイムとなったところで、saku-37さんが本日二度目のカスミネタで爆笑をさらっていきます。(^^;
「あっ、きました、きましたっ!」
「けっこういい引きしてますっ!」
遠目に見てもダラダラなニヤツキ顔で、その顔は魚の方を見ないでこちらを向いたまま「見て見てモード」全開です。(^^;
ドラグが出るけっこうな引きで、ニヤ顔がドヤ顔になろうとした瞬間、
「あぁぁぁ~、バレたぁ~・・・。」
「と思ったら、また食いましたっ!」
「あれっ、これって鰭黄色いですよねぇ、カスミですよねぇ、やった~。」
確かに、手にしているのは15cm級のかわいらしいカスミメッキですが、誰がどう見てもロッドを大きく曲げたその前の魚の方が魅力的です。
もう、おもしろすぎて、コメント不能、応対不能です。(~o~)
saku-37さん、初カスミおめでとうございます、でも、ほとんどノーカウントに近い釣果ですね。(~o~)

17:30 最後のチャンスタイム。
キャストして届くか届かないかの距離で、イナッコかベイトがザワザワしているのを見つけて最後の悪あがき。
キャスト切れギリギリのフルキャストを続けていると、最後の最後で今日一の20cmupが出てくれました。(^^)
 嬉恥ずかし最後に20cmup、でもそれなりに嬉しい。(^^)
そして、日没しゅ~りょ~。
伊豆合宿初日の釣果は、あちこちでパラパラと積み上げた21匹となったのでした。(^^;

駐車場に引き上げても、レジェンド野地さんを囲んで終わらぬ釣り談義が続きますが、合宿組は宿での2回戦が控えています。
名残惜しくも野地さんとお別れして、酒と惣菜をしこたま買い込んで2回戦の会場へ急ぎます。
そして、
 盛大にカンパ~イ。(~o~)
その後は・・・、明日の事などお構いなしにアホ呑みして・・・、たぶん、おそらく、きっと、とっても楽しい2回戦だったはずです。(~o~)


『今年も伊豆合宿(二日目、三日目編)』につづく。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」して応援お願いいたします。m(__)m

コメント (14)

0912 房総メッキ七分咲き。(^^)

2015-09-15 23:08:58 | 2015今日のメッキ

0912 今年のメッキは、全国的に「当り年」だそうです。
紀伊半島や伊豆半島からは、毎週のように爆裂釣果が流れてきますが、ここ房総だけはちっとも「当り年」の恩恵にあやかれません。T_T
でも、経験的に9月中旬くらいまでは新しい群れが到着するイメージなので、今週辺り「お待たせしました」とばかりにメッキの群れが接岸しているかも・・・
はい、はい、妄想するのは勝手ですから。(~o~)
まぁ、妄想しようがしまいが、出撃することにかわりありませんので、行って確かめてくるのが精神衛生的にも一番ってことです。(^^;
大荒れ後の不安が残りつつも、いつものように房総ロードへいざ出撃でした。(^^)

06:30 まずは、大荒れの影響が少なそうな館山エリアから釣査してみます。
いくつか小河川をのぞいてみますが、さすがに大雨後の河川内はかなり濁っています。
「セイゴが釣れたら次」のつもりで2~3ヶ所叩いてみますが、3キャストもしないうちにことごとくセイゴがバイト。T_T
やっぱり、狙いを変えます。(^^;

07:30 小河川の河口に伸びた堤防の先端ポイント。
昨日のjesse-edさんからは、「いくつか釣れるくらいはいます。」ってことでしたが、堤防先端をグルリとキャストしてもチェイスなしです。
早々に諦めかけたところで、ようやく1チェイス・・・でも1匹だけ。
次のキャスト、同じコースを通したところで4~5匹の群れがワラワラっと湧いてバイトでした。(^^)
 まずはレギュラーサイズ。(^^;

08:30 磯に面した小漁港、ここはシーズン初期からメッキが接岸していたポイントです。
同じ群れが港内に残っているとしたら、そろそろ回遊しているか、回遊の準備をしているかの頃です。
奥まったエリアとシャローの狙いはバッサリ切り捨てて、潮通しが良くて水深のある場所のストラクチャー周りに狙いを絞って叩いてきます。
いくつか並ぶ係留ブイを浅い方から順にチェックしていくと、やっぱりいました。
一番深いところにあるブイ周りから、そこそこサイズの群れが飛び出してきました。(^^)
 17cmですが、よ~肥えてます。(^^)
 こちらはやせっぽち。二匹目はたいてい痩せてますね。(^^;
二つ取ったところでスレっ枯らし。次行きます。

そろそろ回遊の群れがいてもおかしくない時期なので、今日の狙いを「お出掛けパターン」に絞り込んでみます。
やっぱり、そろそろ釣り応えのあるサイズを味わいたいですからねぇ~。(~o~)
いくつかそれらしいポイントを叩いてみますが、そうは問屋が卸さないのが今シーズンの房総です。
「お出掛け」を狙えば狙うほど、メッキの姿さえ見かけずロードすることになってしまうのでした。T_T

10:30 磯絡みの漁港、磯からのうねりが当る港口を避けて、少し内側の船道を狙います。
係留ロープが水中で見えなくなった辺りを意識してキャストを続けると、突然グッドサイズのメッキが猛チェイスです。(@@;
「うぉ~~~~っ!キタ、キタッ!ほれ、食え、食え、食えっ!」
ゴンッ!(@@;
ヂィィィィ~~~~~~~~!(@@;
もの凄い勢いでドラグが出たので、思わずビックリしてしまいましたが、よく考えたらドラグを調整してなかっただけみたいです。(~o~)
なにしろ、メッキ開幕からこれまで、ドラグの調整が必要なメッキが釣れてませんでしたから。(~o~)
苦笑いしながらドラグを締めて無事ゲット!
 嬉し恥ずかし、今シーズン最大の18cmゲット。(^^)
 次のキャストも4~5匹チェイスして19cmゲットでした。(^^)

この魚は、ストラクチャー着きといえばそれまでですが、船道であることと、ヘチを全く意識してなさそうなところが気になります。
ストラクチャー着きか?それとも回遊の群れか?
こんな時は、港のド真ん中に放り込んでみるのが一番。
回遊の群れなら、投げてるうちに群れにブチ当たるはずですから。(^^;
そして、4~5キャストしたところで、突然、ガッゴンッ!(@@;
「キターーーーーー!」
予感的中!ヒットした魚が7~8匹のお友達を従えて走りまわっているではないですかっ!(@@;
「回遊の群れ捕まえたっ!チャンスタ~イム!」
 一匹目、19cm。惜しい。(^^;
 二匹目、これまた19cm。でも嬉しい。(^^)
 三連発、やめられまへん。(^^;
 四連発、こたえられまへん。(^^;
 五連発、至福のひと時。(~o~)
 あっという間に一時キープバケツが満員御礼。
さすがに、小さなバケツに5匹も入ると、あっという間に酸欠になってしまいます。
しかたなく、少し離れた場所にザザッとリリースすると、・・・
きれいさっぱりバイトもなくなったのでした。T_T
・・・裏の磯にリリースすればよかった。T_T

12:30 出撃中のはるきちさんにバッタリでしたが、珍しく群れが捕まえられず調子が出ない様子です。
ゆっくり昼飯を食って場所を寝かせてから、もう一度先ほどの連発ポイントに入ってみます。
・・・。
・・・。
・・・。
「抜けちゃいましたね。」
「そうですね。」
「さっき私が叩きすぎました。すいませ~ん。(^^;」
 気を使ってヘチを打った私に居着き?が一つ。
はるきちさん、重ねてすいませ~ん。(^^;

15:00 せっかくはるきちさんと合流したので、今日ははるきちさんのポイント選定をじっくり拝ませていただくことにします。(^^)
次のポイントは、大規模漁港内のブイ群、通称「はるきちポイント」。
私自身も「なるほど」と期待してポイント入りでしたが、残念ながら今日の「はるきちポイント」は魚っ気なし。T_T
でも、「なるほど」には変わりありません。
こんなタイミングで入るんですね。・・・ベンキョーになります。(^^)

16:00 最後のポイントは、はるきちさんと意見が合ったサーフエンドのシャローポイント。
回遊の群れがいるとしたら、夕まずめに高確率で回ってくるポイントです。
到着早々、二人同時にヒット!
はるきちさんは、フルキャストの先で思惑通りに回遊の魚をゲット。
私は・・・、足元まで来たルアーにおチビがヒットでした。(^^;
 足元は・・・ちょっと意識してたかもしれません。(^^;
気を引き締め直して、回遊狙いのフルキャストを続けます。
しばらくキャストを続けると、フルキャストの先で着水と同時に水面炸裂!ガッゴンッ!(@@;
ヂィ、ヂィ、ヂィ、ヂィ、ヂィィ~。
今度は調整済みのドラグがジリジリ出ていきます。
「キタ~~~~~~~!」
 やった、やった、遅ればせながら今シーズン初の20cm。(^^)
 次のガツンにはドキッとしましたがソゲ君。(^^;
回遊の群れがいるとは言っても、連発するほど魚がいるわけではなさそうです。
出会い頭的なヒットを期待して広範囲にキャストを繰り返していると、もう一つ来ました。(^^)
 19cm。回遊の群れを捕まえると満足感あります。(^^)

はるきちさんと二人並んで、完全に暗くなるまでキャストを続けましたが、共に後続のヒットはないままシュ~リョ~。
夕まずめの「大連荘」には至りませんでしたが、回遊の群れを捕まえたことは大きな成果でした。
いよいよ、房総メッキも七分咲きくらいになってきたのかもしれません。(^^)
・・・それにしても、この回遊の魚、いつ来たのか?どんなサイズで来たのか?これまでどこにいたのか?
・・・何年やってもよくわかりません。(^^;


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。
房総メッキもそろそろ上向きです。「ポチ」して房総にくり出しましょー。(^^)

コメント (12)

0906 20cmupのはずが・・・。

2015-09-11 00:13:11 | 2015今日のメッキ

0906 週中の木曜日、毎日房総釣査に励んでいるjesse-edさんから、突然の爆釣報告です。(@@;
15cm級のチェイス&バイトは当たり前、ちょっといいサイズは17~18cm。
釣果を重ねるうちに、房総では今季初?の21cm超までゲットとのこと。(@@;
「今すぐ行きてぇ~~~!」
そして週末、いつもなら迷うことなく土曜日に出撃となるのですが、今週はとんでもない野暮用が入っていたのです。
なんと、会社の社員運動会・・・。T_T
しかも、今年から始まった行事・・・。T_T
いやぁ~、今時、土曜日に社員と家族を1500人も集めて運動会やりますかねぇ?しかも今年から。T_T
ブツブツブツ・・・。
まぁ、これ以上書くとサラリーマンやってられなくなるので、このくらいにしますが・・・。
ブツブツブツ・・・。
そして、案の定、その土曜日に出撃の仲間はウハウハの釣果。
仲間内のLINEからは、目に毒な画像がジャンジャン流れてくるは、出撃できないことはいじられまくるは・・・。
明けて日曜日、24時間分の鬱憤を晴らすべく、鼻息荒く目を血走らせて、房総ロードへいざ出撃となったのでした。(~o~)

前日の仲間の釣果を見ていると、ようやく始まった感の中、いきなりお出かけモードになっていそうな感じです。
いつもの小場所を叩いていけば、おチビの釣果は得られそうですが、やっぱり20cm級がいるとなったら狙わずにはいられません。(^^;

06:00 まずはお出掛けパターンを意識して、サーフエンドのテトラ周りを狙ってみることにします。(^^)
ド干潮後で潮位はペタペタ、隣接するドブの水が払い出していて、そこらじゅう潮色が悪いはドブ臭いはで、いきなりモチベーションが下がります。T_T
それでも、20cm級が群れでチェイスして・・・ヒラ打ちするミノーに我先に飛びついて・・・ガツーンっとヒットして・・・なんて妄想を抱いていると、
ノーチェイス!ノーバイト!ノーヒット!全然いません。T_T
「まぁ、干潮だから仕方ないか、次行こっ。」

06:30 不本意ではありますが、干潮で狙いやすいのでドブでおチビ狙い。(^^;
 わずかに残った「水たまり」から10cm↓一匹でした。(^^;
そのまま河口に突き出した堤防に移動して、潮の当る堤防回りでベイト着きの群れを狙います。
そこそこベイトは見られるものの、ここでもメッキのチェイスはまるでありません。T_T
「まぁ、干潮だから仕方ないか、次行こっ。」

07:00 お出かけパターンを二つ外したので、手堅いつもりで小河川の河口を狙います。
シャローからかけあがりまで一通り叩いてみますが、追ってくるのはグーフーだけ。T_T
「まぁ、干潮だから・・・んっ?そろそろ干潮なんて言ってられないかも?」

07:30 再度お出かけを意識したサーフエンドに狙いを絞ります。
まずは堤防際からチェックすると、いきなり15cm級が3匹でチェイス、チェイス、チェイス。(@@;
足元まで来てしまったルアーをU字に切り返したところで、ガバッとヒットでした。(^^)
 とてもいいサイズとは言えませんが、ひとまず納得。(^^;
残りの2匹をもう一回追わせて、一匹追加でした。
続いて、回遊を想定して堤防から離れたポイントをシャッド系のミノーで探っていきます。
ルアーが根の真上に差し掛かったところで、真下から4~5匹の群れが湧き上がってきてバイトでした。(^^)
 一番大きいのが食ってコレ。ビミョ~。(^^;
 別の根からも群れが出てきて、もう一匹追加でした。
釣れたことに間違えないのですが、ここの魚は回遊ではなく、根着きヘチ着きの群れ。
どうも、お目当ての回遊の群れが捕まえられません。T_T

09:00 ドブとサーフを交互に叩いて回りますが、わずかに魚がいるのはドブばかり、どうやらお出掛けパターンは的外れだったようです。T_T
 こんなのや、
 こんなのや、

 こんなの。
 これが目的じゃないんですけどねぇ~。(^^;

~~~ 迷走中 ~~~ 迷走中 ~~~ 迷走中 ~~~

12:00 出撃中のがんじーさんとバッタリです。(^^)
小さな漁港を二馬力で叩いていきますが、それらしいポイントからさっぱりメッキが出てきません。
いい加減イライラしてきたところだったので、じっくり攻めるがんじーさんをそっちのけに、ハイペースで漁港を一周してしまいました。(^^;
そして、最後に狙ったブイ周りでゴンッ!
 がんじーさん、すいません。(^^;

~~~ 爆睡中 ~~~ 爆睡中 ~~~ 爆睡中 ~~~

14:00 前日の本命ポイントに到着。
ここ数日、4~5cmのカタクチが水面を埋め尽くすほど入り込んでいるようです。
これだけベイトがいれば、メッキの群れが狙ってそうなもんですが、ベイトの群れは固まる様子もなくのほほ~んと泳いでいます。
当然、ベイトを追わなきゃルアーを追ってくれるはずもありません。T_T
「昨日は良かったはずなのに・・・運動会恨めしや~。T_T」

15:00 今シーズン、そこそこメッキが入っている漁港を端から端まで叩いてみます。
いました、いました、30匹くらいの群れが一個連隊で水面を移動しています。
・・・が、全部おチビ。
でも、こうなったら、目の前にいるおチビでも真剣に狙わざるを得ない状況です。
苦手なスプーンの特訓を兼ねて、群れの反応がなくなるまで叩きまくりでした。(^^;
 これはまだましなサイズ。
 群れはほとんどこのサイズ。(^^;
 最後の一匹はカスミメッキでした。(^^)

17:00 ラス前のつもりで、潮の上げた河口ポイントを叩いてみます。
もう一ヵ所回るつもりで手短にチェックしていると、真っ黒い雨雲が空を覆って、見る見るうちに日没後のような暗さになってしまいます。(@@;
こうなると、もう一ヵ所は望めません。
慌てて狙いを変えて、シンペンでスローに表層を流します。
ゴンッ!(@@;
「キターーー!今日一の引き!」
20cmupを期待して慎重に取り込みましたが、どうもおチビばかり釣りすぎて、ちょっとサイズが上がっただけで20cmupに感じてしまうようです。(^^;
 ほとんど真っ暗の中、今日一には間違えない18cmでした。(^^;

終わってみれば、20cmupどころか最後に釣れた18cmが最大サイズ。
数こそ16匹とそこそこ出ましたが、これが狙いじゃなかったんですよねぇ~。
まぁ、不調の房総にチラッと光が見えたことには間違えないようなので、次回こそ秋らしいサイズ目指してがんばります。(^^;

おまけ。
今シーズン初のグランドスラム達成。
 全豪(オニヒラ)
 全仏(ロウニン)
 全英(ギンガメ)
 全米(カスミ)
まぁ、ジュニア大会ですけどねぇ~。(~o~)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」っと一押しよろしくお願いいたします。m(__)m

コメント (4)

10年の感謝

2015-09-08 00:03:41 | 今日のネタ

ついに2015年9月3日をもって、当ブログ開設より10年が経過しました。(^^)
まぁ、本人も記念すべき10歳の誕生日をすっかり忘れていましたので、たいしたことでないことは確かです。(~o~)
そうはいっても、日記など3日と続いたことのない私が、ブログなんぞというややこしいモノを10年も続けることができたのです。
これは、間違えなくご覧いただく方々あってこその奇跡というほかありません。(^^;
何はともあれ、いつもご覧いただく皆様、たま~にご覧いただく皆様、以前見ていただいた皆様、一度くらいは見たことがある皆様・・・に、とにかく感謝申し上げるしだいです。m(__)m
思い起こせば、誰にも言わず何気なく始めた2行の記事でしたが、3日とたたないうちに友人から「見ぃ~っけた!!」とコメントをいただき、驚かされました。(@@;
ブログを通じて知り合った方とご一緒させていただくことで、自分の釣りも加速度的に変化・成長していきました。
そんな方々は、今ではかけがえのない釣友だったりします。(^^;
逆に、自らの至らぬ記事が原因で、誹謗・中傷を受けたり、友人とトラブルになったり、また、関連の皆様に多大なご迷惑をおかけすることがあったり・・・。
でも、そんなことがあっても、対処・対応しながらブログを続けることで、多少なりとも人間的に成長できた・・・気もします。(^^;
今となっては、いずれもいい思いでとなりました。(^^)

いずれにしても、既に人生の1/5近くをこのブログと付き合っていることになるわけですから、私にとっては釣りに次ぐライフワークなのかもしれません。(~o~)
・・・あっ、嫁を忘れてた。(^^;

まぁ、こんなタイミングなので、この10年のサマリーを記録しておくことにします。(^^;
総記事件数:      770件
1記事当り日数:    4.7日
総アクセスPV:     1,774,921PV
総アクセスIP:      750,823IP(当日内重複を除く)
メッキ関連記事件数: 240件(以上であることは間違えありません。w)

あらためて、この記事をご覧になった方々にお礼を申し上げることで、これまでご覧いただいた全ての皆様へのお礼に代替えさせていただきます。
ありがとうございました。m(__)m

さて、10年間のサマリーは上記のようになっておりますが、今年の状況はというと、
2015年記事件数:  63件
1記事当り日数:    3.8日
となっており、恥ずかしながら10年経ってますますお盛んな状況となっております。(~o~)
当然、今後も気力と体力が続く限り、当ブログの運営を続けていくつもりです。
あらためて、今後も『手のヒラアジのメッキ道鍛練中』をどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。
「ポチ」っとしていただくと、記事アップのモチベーションも上がります。(^^;
よろしくお願いいたします。m(__)m

コメント (26)