手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

1227 2008釣り納め

2008-12-30 15:34:47 | 今日の釣りネタ
1227 今年の釣り納めは、久しぶりに連絡をいただいたぱわぁほ~るさんとメッキ&アジで締めくくる予定でした。・・・が、
前日まで出張だった札幌が大荒れで、予約を入れた便が欠航になって帰れなくなってしまいました。(T_T)
仕方なく、札幌にもう一泊して、土曜日の午前便をとり直して、ぱわぁさんにごめんなさいメールして・・・
結局、家に着いたのは土曜日の13:00頃になってしまいました。(T_T)
しか~し、こんなことで大切な年末行事をふいにしてしまうはずがありません。(^^;
猛ダッシュで準備を済ませて、14:00にはタッチ&ゴー出撃となったのでした。(~o~)

15:30なんとか日没前にメッキのボイルポイントに到着しました。
足元を見るといつもよりベイト(ハク)が少なめで、見る限りメッキのボイルは出ていない様子です。
とりあえず、ハクが溜まってそうなポイントに40mmミノーを放り込んでみますが、表層・中層ではメッキの反応ありません。
今度は、ディープミノーで港内のボトムを探ってみますが、こちらも反応なし。
ん~、ハクより美味しいベイトが見つかったのか?それとも、寒くてもう動けなくなってしまったのか?
1時間半かけて念入りに探ってみましたが、一度もメッキの姿をみることなく日没ゲームセットとなってしまいました。(T_T)
今年最後のメッキゲームが、最初で最後のボーズに終わるとは・・・(T_T)

気をとり直してアジングで挽回を狙います。(^^;
最初のポイントに到着すると、既にスロープでアジング風の親子がいます。
声をかけてみると、久しぶりにお会いするシムさんでした。(^^)
小学校5年生の息子さんをレクチャーしながらのアジングだそうで、いいパパしてますねぇ~。(^^)
(実は、この後お会いするぱわぁさんも、小学校4年生の娘さんと出撃中です。)
私もいいパパを見習うべきか、それとも釣りに全く興味をしめさないせがれを見習わせるべきか、問題です。(~o~)
ここはアジ不発のまま終了、シムさん親子と別れてぱわぁさんとの合流点に向かいます。

途中でちょいと寄り道アジ。(^^;
堤防のヘチを通して25cm↓のぽっちゃり型を2つ取った後、一際強い引きのヤツがきました。
サイズがいいのでグロッキーになるまでやり取りして、そぉ~っと抜き上げて後に落とした瞬間!!!
黒い影が飛び出してきて私のアジにバイト!(@@;
「こらぁ~っ!」と叫んでみたものの、時既に遅し。
私の今日一アジをくわえた野良ネコは、あっという間に民家の隙間に消えていったのでした。(T_T)
別のアジあげるから、それだけは返してくれぇ~。・・・(T_T)

ここで、ぱわぁさんに連絡を入れると、いいポイントに入れていいサイズのアジが出たとのこと。
さっそく、ぱわぁさんのポイントに急行して獲物を見せてもらうと、肉付きのいい幅広の28cmです。(@@;
私もおこぼれをいただこうと入れてもらいましたが、ぱわぁさんは同サイズを追加するも私はスカ。(T_T)
どうやら、ぱわぁさんの方がポイントとの相性が良かったようです。(^^;

さて、次のポイントですが、「足場が良くてそこそこ釣れる」ポイントがなかなか思い当たりません。
仕方なく、サバの状況も合わせて探るつもりで一気に大移動してみます。
サバポイントに到着しましたが、今日はサバどころかイワシも見当たらずまったり。(T_T)
手持ちのネタも残りがなくなり、最後のつもりでエサ師の多いアジングポイントに入ってみます。
いつも満員御礼のもエサ師ですが、珍しく今日は一人もおらずルアーマンが1名だけ。
状況を聞いてみると、アジはあたらずメバルのみとのことでしたが、私が狙いたいポイントは少しずれていたので入れてもらいます。
すると、すぐに反応があって20cm↑のアジが上がってきました。(^^)
低潮位と横殴りの風で釣りづらい状況でしたが、ていねいに探って20~25cmのアジを7つゲットでした。(^^)

アタリもなくなったところでぱわぁさんと別れてコンビニタイムしていると、ぴなれろさんからメールです。
「今のポイントにすれ違いで入りました。」とのこと。
お誘いされたら断るわけにはいきません。(^^;
コンビニでホットコーヒーを流し込んで、もう一度先ほどのポイントに戻ります。
驚いたのは、24:00を過ぎているというのに小学生を連れたぱわぁさんまで戻ってきてしまいました。・・・好きですねぇ~。(~o~)
潮が上げていい感じでしたが、思ったほどアジの活性が上がらず、粘った割りに追加は3つどまり。
26:00さすがに体の心まで冷え切ったところで、2009年の釣り納めとなったのでした。

ぱわぁさん、シムさん、ぴなれろさん、おつかれさまでした。
来年もまたよろしくお願いしまーす。(^^)
コメント (12)

1220 イカ・メッキ・アジ3回戦撃破

2008-12-23 00:58:55 | 2008今日のメッキ

1220 今週は会社の先輩LB53さんの釣り納めに同行でした。
10月にモンゴウイカを釣って以来、イカが頭から離れないLB53さん、今回もエギングご指定ですが、・・・
とりあえず、エギング→メッキ→アジングの超欲張り3本立てでの出撃となりました。(^^)
(記事がものすごく長くなってしまったので、テキトーに端折って読んでください。(^^;)

08:30まずは内房のエギングポイントから偵察してみます。
・・・まったり。
LB53さん、10分もしないうちに「釣れる気がしない。」なんて言ってます。(~o~)
あのぉ~、前回のはデキ過ぎで、エギングならこんなのあたり前なんですが。(^^;
とりあえず次行きます。
・・・また、まったり。
さらに次。
・・・やっぱり、まったり。(T_T)
もう12月中旬なので、そろそろモウンゴウイカも深場に落ちてしまったかもしれません。
せめて他より深いポイントでやってみることにします。
ディープポイントに車で乗り付けると、地元のズルズルエギングのおっちゃんの足元に生々しいスミ跡発見です!(@@;
がぜんヤル気回復で、鼻息も荒く3m間隔でボトムをしゃくっていきます。(^^;
端から流して先ほどのおっちゃんの所まで来ました。
獲物は500g級のスミイカとのこと。
更に「モンゴはぉ~、もう深けぇとこ落ちちまったぉ~。」・・・ありがたいアドバイスです。(T_T)
そのおっちゃんの隣でフルキャストした1投目、ガツ~ン!!!(@@;
深いところに落ちたはずのモンゴウイカがヒットしてしまいました。(~o~)
 モウゴウイカ700gゲッ~ト!(^^)
おっちゃんがネットですくってくれましたが、いきなり釣っちゃったのでかなりムッとしてたような・・・(~o~)
更に数投後、またもやゴソゴソしてます。(@@;
「いただきぃ~!」と声を上げて合わせましたがスカ。(T_T)
代わりにビニールがひっかかってます。んっ?・・・ビニールが動いてる。?
 エギより小さいジンドウイカ釣れちゃいました。(~o~)
もう一ヶ所流しましたが、さすがにこの時期はそうホイホイ釣れる相手ではありません。
残念ながらLB53さんはイカゲットならずでしたが、第一回戦エギングの部は12:00で終了としました。

次はメッキを探して南房からロードします。
最初のポイント、ここで足元にハクの群れ発見です。(^^)
「こいつがいればメッキもソワソワしてるかもしれないなぁ~。(^^)」と思った矢先に、ジュボジュボジュボ!(@@;
足元一面がメッキの大ボイルになってしまいました。(@@;
慌ててルアーを回収してボイルの中にキャストしますが無視~。
もう一回ボイルのど真ん中に放り込みますが、私のルアーはまったく気にかけず。(T_T)
潮が澄んでいるので、サイズ違いのルアーには見向きもしないようです。
慌ててエルフィンフィッシュに付け替えますが、キャストする頃にはボイルも終わってます。
それでも、ハクが溜まっているエリアにキャストし続けて、なんとか1匹だけゲットでした。
 超選択的ボイルメッキ。貴重な一匹です。(^^;

ここで、ふと気が付くと、今日は一年で一番昼間が短い日(前日ですが)じゃないですか。
南房をロードしてメッキを探そうと思ってましたが、急遽日没前に外房にたどり着くべく移動することにします。
15:00先週のハクボイルポイントに到着。
今日も足元の岸壁沿いにハクの群れが溜まってます。(^^)
ボイルを探して岸壁をチェックしていくと、突然足元でジュボジュボジュボ!(@@;
今度は最初からエルフィンフィッシュが付いているので、慌てずボイルを狙い撃ちしてまずは1ゲット。(^^)
ボイルは止んでしまいましたが、次のキャストも連続ヒットです。(@@;
 ハクのボイルにはエルフィンフィッシュがいい仕事してくれます。(^^)
ここで、あることに気がつきました。
今日のこのポイントはササ濁りなんですが、これが「恵のにごり」となっているようなのです。
ハクに選択的になっているはずのメッキですが、濁っているので、多少ルアーサイズが違ってもかまわず食ってしまいます。(^^)
更に、周辺を見回すと、なんと!そこら中メッキのボイルだらけじゃないですか!!!(@@;
そこから1時間半ほど、LB53さんと二人でメッキのボイル撃ちを心いくまで楽しんだのでした。(~o~)
 こんながっついたヤツもいました。(~o~)
 トワディーにだってガバッと出ちゃいます。(~o~)
この時期なら上出来の13ゲットで、第二回戦も無事突破でした。(^^)

さて、暗くなる前に先週のサバダバポイントをチェックしておくことにします。(^^)
ポイントに到着すると、アングラーの車がズラッと並んで、更に続々と到着します。・・・知った顔も数名。(~o~)
でも、さすがに先週の「お祭り」は終了してしまったようで、港内には先週以上のカタクチが残っているだけ。
しばらくまったりした港内をのぞいていましたが、サバダバを諦めてアジングに専念することにします。

17:00第三回戦のアジングスタート。
目をつけたポイントにはエサ師が3人も入ってました。(T_T)
でも、そのエサ師3人が調子良くポンポンと20cm級のアジを上げていきます。(@@;
とりあえず、LB53さんと二人でコソッとエサ師の後に付いて、20cm↑のアジを3つゲットでした。(^^)
その後、3ヶ所ながしましたが、アジのアタリはなくメバル一つだけ。
コンビニでカップ麺を流し込んでエネルギーチャージした後、最後のポイントを目指します。
ポイントに到着すると、都合よくエサ師が2人引き上げてくるところでした。(^^)
ポイント独占でスタートすると、吹き飛ばされそうな強風とうねりの中、活性の高いアジが表層でガンガン食ってきます。(@@;
ここでもアジがハクを追っているようで、釣れてくる20~24cmのアジはどれも腹パンパン。
アタリがなくなるまで1時間強釣り続けて、肉付きのいいアジばかり14匹追加となったのでした。(~o~)

08:30から22:30まで、ノンストップ14時間のいそがしいロードでしたが、イカ・メッキ・アジの3回戦をいずれも撃破!(^^)
LB53さんも、おみやげいっぱいでホクホク顔の釣り納めとなったのでした。
 デップリしてなかなか上物のアジでした。(^^)
 胃袋からはハクがウジャウジャ出てきました。好きなんですね~。(^^;

コメント (12)

1213 ラストメッキ?

2008-12-17 00:08:11 | 2008今日のメッキ
1213 「電池切れ」というのは充電すれば元に戻るものなんですよね~。(^^;
前日は、仕事を終えてそのまま房総出撃となって28:00まで。・・・我ながらいかれてます。
当然、最後には電池切れでギブアップでしたが、翌日(当日?)09:00まで気を失っていればしっかり充電完了です。(^^;
前日におみやげは確保したし、「ラストメッキでも探しに行きますか。」ということで、冬メッキロードへ出陣となりました。

まずは、前回尺メッキ?を取り逃がしたポイントです。
「世の中そんなに甘くないだろう。」と思いつつも、逃した魚は大きいんですよねぇ~。(~o~)
ディープを中心にみっちりと1時間ほど探ってみましたが、今日はセイゴのチェイスすらなしで一回戦撃沈でした。(T_T)

二回戦は前々回に大爆発したポイントです。
いつものようにスロープ際からチェックして、ディープとかけあがりを順番に探っていきますが、ここでもメッキには出会えず。
代わりに、またもやWinderさんと遭遇してしまいました。・・・好きですねぇ~。(~o~)
今日は息子さんと出撃とのことだったので、前日のサバダバポイントをご案内しておきました。
結果は良好で楽しんでいただけたみたいですね。(^^)

そして、三回戦はKarmaさんの大好きポイント。
堤防沿いからディープを狙ってみますが、ここでもメッキの反応は見られません。
まだ12月中旬だけど、もう逝ってしまったのかなぁ~。・・・・
一通り探って最後にスロープが残りましたが、この時期にここのスロープで釣れても風情がないので、手を付けずに次の冬ポイントに移動します。
・・・まじめにスロープもチェックすれば釣れるんでしょうか?だれか教えてください。(^^;

さて、次は第一本命の冬メッキポイントです。
前のポイントでは「風情がない」なんてスロープをスルーしてますが、ここではなぜか一部のスロープをチェックしてしまいます。(^^;
自分でもなぜだかよく分からないのですが、ここのスロープは何となく「冬」をイメージできちゃうんですよねぇ~。(~o~)
まぁ、チェックはしたものの、相変わらずメッキの反応がないので本命のディープポイントに移動します。
ここでは、いくつか並ぶブイ群の隙間を底からしゃくり上げて狙っていきます。
3つ目のブイの際を通したところで、本日の初メッキが元気良くルアーをひったくってくれました。(^^)
ブイの周りからは一つだけでしたが、港のド真ん中のボトムからも何度か反応があり、なんとかもう一つだけ追加してこのポイントも終了でした。

そして、本命第二ポイント。
ハイシーズンにはほとんどやらない港内の岸壁から、ディープミノーをフルキャストします。
5m間隔でしばらく探って歩きましたが、あるはずのメッキの反応がさっぱりです。???
「読み間違えたかな?」と思った瞬間、足元でジュバジュバジュバジュバ!!!(@@;
20~30匹のメッキが正に私の目の前で大ボイルし始めました。(@@;
慌ててルアーを回収して目の前のボイルのド真ん中に放り込むと、
・・・???
ルアーが着水したすぐ隣で相変わらずジュバジュバやってますが、私のルアーは完全に無視されてます。???
もう一回ボイルのド真ん中にキャストしましたが、やっぱりトゥイッチアクションを無視してボイルを続けています。
更にもう一回キャストしようとしたところで、大ボイルは終わってしまいました。(T_T)
確かにボイルのド真ん中に入ったはずなのに。・・・
そんなに大きくないけど、間違えなくメッキのボイルだったのに。・・・
目を凝らして足元のベイトを確認して、ようやく納得できました。(^^)
ベイトは2-3cmの「ハク」すなわちボラのおこちゃまの群れでした。
実は、メッキはこれが大好きで、20cmを越えるサイズになってもコイツがいると他のベイトを追わなくなってしまいます。
それどころか、よほどマッチザベイトにしないとルアーさえも追わなくなってしまうのです。
しか~し、最近は優秀な40mmミノーがたくさん出ているので、30mmのハクがベイトならなんとか勝ち目があるはず。(^^)
まずは、ルアーを「elfin Fish」に付け替えて、ベールを起こして次のボイルを待ち伏せします。
5分後、今度は15mほど離れた係留船の際でジュボジュボが始まりました。
ダッダッダッダッダッ!!
ダッシュで駆けつけてボイルの中にルアーを放り込むと、
「カツ~ン!」(@@;
サイズこそ20cmそこそこですが、目論み通りにボイルメッキをお縄にすることができました。(~o~)
それから、ほぼ10分間隔で発生する足元ボイルを狙い打ちして5匹、更に場所を変えて1匹のメッキを追加となったのでした。

実は、1129の回遊メッキもハクがベイトだったような気がします。
その時はルアーのサイズに対してそれほど選択的になっていませんでしたが、今回の群れはかなり偏食傾向がみられました。
そろそろメッキがボトムに張り付く時期ですが、港内にハクがいるうちはもうしばらく元気なメッキを見られることになりそうです。

ラストメッキ?
なんの、なんの。
今年の房総メッキはまだまだいけそうですよ~。(~o~)
コメント (6)

1213 11PMな情報

2008-12-14 23:48:03 | 今日の釣りネタ

1213 今週は金曜日の夜から出撃するつもりで鼻息を荒くしていたところに、ぴなれろさんからホットな情報メールをいただきました。
「昨晩23:00頃、○○で35cm級のサバが爆釣」とのこと。
23:00といえば「11PM」、しかもサバが爆釣ということは「サバダバサバダバ~♪」ってことですね。(~o~)
なんともよくできたお話で。(^^;
(若い方にはわかりませんね。おやじネタですいません。m(_ _)m)
家族からはアジミッションを受けていましたが、とりあえずサバダバも気に掛けつつ出撃となりました。

22:30ポイント到着。
サバダバに直行しようかとも思いましたが、そこはグッとこらえて、まずは苦手な干潮アジングの鍛練から。(^^;
先行者一人ありで、20cm級のアジをポツポツ上げているとのことです。
声をかけて隣に入れてもらいますが、12月の大潮の干潮とあって、とんでもなく低いところに水面があります。(@@;
ふだんアジがヒットしているポイントは完全に干上がっているので、その向こう側までキャストしなければなりません。
しかし、横なぐりの風が強く1.3gのジグヘッドではアジがいそうなポイントまで飛んでくれません。
ここで、「こんな時こそ」と思って一年中ケースに入っている3.0gの「メバル弾丸」登場です。(^^)
気持ちよ~く根の向こう側まで飛んでくれて、25cm級まじりで8つゲットでした。
3.0gなんてウェイトは年に数回しか出番がありませんが、いざ登場するといつもいい仕事してくれます。(^^)

ひとまずおみやげアジを確保できたので、24:00を回りましたが11PMなポイントへ移動します。
到着すると、既に3人のアングラーが鰹の一本釣りのように35cm級のサバをポンポンと抜き上げています。(@@;
何本か釣ってから〆ているようで、あっちこっちで釣り上げたサバが暴れて足元はすごい状態。
「すごいですねー。」と声をかけて港内をのぞき込むと、これまたビックリ!
一面のサバ・サバ・サバ・サバ・・・・・
私もさっそく始めてみますが、ルアーを持っていかれるのがいやなので、テキトーなFミノーを付けてみます。
足元一面のサバの群れにキャストして、とりあえずトゥイッチしてみますが・・・。
・・・・?
トゥイッチアクションに反応してゾロゾロとチェイスするんですが、最後のバイトにいたりません。
どうもサバダバ君のツボにはまるアクションではないようです。
そこで、今度はロングピッチのジャーク系トゥイッチにすると、これはビンゴでした。(^^)
一度に3匹くらいのサバダバ君が猛然とルアーに飛びかかってきます。
とりあえず1本抜き上げると、35cm級のメタボ腹でめちゃめちゃ美味そうなヤツじゃぁないですかぁ~。(^^)
そこからは、「釣り」というより「漁」でした。(^^;
釣り上げたサバダバ君が大暴れするので、釣ることより〆ることの方が時間がかかります。
釣っては〆釣っては〆て、10本そろえたところでお持ち帰り許容量いっぱいとなりました。
いやぁ~、めちゃめちゃ楽しかったです。
ぴなれろさん、おいしい情報ありがとうございました~。m(_ _)m

サバダバ君は十分堪能できたので、あらためてアジ・ムツのロードを再開します。
まずは定番のアジポイントですが、干潮で水がありません。(T_T)
堤防の先端から深い方を狙ってようやく一つ出ましたが、後が続かず。
次はやっぱり定番のムツポイント。・・・でも、ムツどころか今日はベイトも見当たらずま~ったり。
そして、アジングの本命ポイントに到着すると、26:00を回っているにもかかわらず先行者ありです。(T_T)
気になるところを何ヶ所か回りましたが、な~んにも釣れないまま最初のアジングポイントに戻ってきてしまいました。
28:00だというのにまたもや先行者あり。
声を掛けると、ぴなれろさんのお友達でした。(^^)
20cm級のアジが10匹とれたとのことでしたが、どうやらちょうどアタリが止まったところのようです。
さすがにこの時間でアタリなしとなると、立ってリトリーブしながら寝てしまいそうになります。(^^;
堤防から落ちそうになって身の危険を感じたところで、電池切れのため本日の業務終了となったのでした。(^^)

コメント (8)