手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0823 夏のライトタックル爆裂

2014-08-25 00:13:04 | 2014今日のメッキ

0823 8月も残すところあと1週、この時期メチャメチャに暑いことを除けば、ライトタックルが最もおもしろい時期かもしれません。
港内のメッキは一番釣りやすいし、シーズンラストのショゴはサイズがいい、ポッパーでチンチンも狙えたり、カマスもそろそろ釣って楽しいサイズになってきます。
あれもこれもと言っていると「二兎を追う者は一兎も得ず」になりがちですが、ついついいろいろ狙いたくなる夏の終わりのライトタックルウィークなのでした。(^^;

07:00 まずは、朝一でチンチンポッピング。
盆休みの「浜名湖ポッピング」から一週間が経ちますが、いまだに「悶々」の後遺症が残っています。(~o~)
これをなんとかするべく、昨年の実績ポイントからスタートでした。(^^;
スロープに立ってブレイクラインの向こう側でポッピングを続けますが、チンチン君が絡む気配がまるでありません。
昨年は何度も絡んでくれたのに・・・。
次のスロープ、潮が当たってスケスケなので、チンチンが出てくる雰囲気ではありません。
それでも、しばらくポッピングを続けていると、・・・バシャッ!ゴンッ!(@@;
「出たっ!」
思わず声が出てしまいましたが、何だか違う感じ、首を振らずに突っ走ります???
 外道のメッキでした。  ・・・まぁ、許すけど。(^^;

08:00 チンチンポッピングはほどほどにして、本命のメッキロードに移ります。
最初のポイント、漁港内の奥まったエリア、干潮のためボトムが見えていますが、ベイトっ気はたっぷりです。(^^)
まずは足元のヘチ沿いにルアーを通すと、さっそくオチビさんが3~4匹で猛チェイス。
 幸先良く南房メッキゲット。(^^)
ヘチ沿いを流してもう二匹追加したところで、港内に張り巡らされたロープ際を狙ってみます。
ワラワラワラ~ッ!(@@;
ピンポイントで狙ったロープに着いていたらしく、オチビながら20匹くらいの群れが湧き上がってきました。
 バラシを連発しながらも4つゲット。  ・・・まずまず。(^^;
 半分はチビロウニンです。

09:30 せっかく南房調査に来たので、いつも回らないようなポイントもチェックして回ります。
ド干潮で水なしの小さな漁港、目ぼしいポイントを叩き終わって車に戻ろうとすると、港の真ん中が真っ黒になっています。?
しかも、何だかモワモワと動いてる。?
もう一度港に降りて良く見ると、サバの群れが四畳半敷きくらいに固まっているじゃないですかっ!(@@;
その数、何百匹?いや何千匹?
さっそく、付いているルアーをその塊の中に放り込んでワンアクションしてみると、黒い塊が放り込んだルアーを中心に更に真っ黒に固まっていきます。
「う~、キモイかも。」
当然フッキング、たぶん2匹付いてます。(~o~)
そのヒットしたサバを手前に引き寄せてくると、黒い塊の一端がアメーバのようにこちらに伸びてくるじゃないですかっ!
「げ~、かなりキモイ。」
 一匹にするとフツーのサバですが。(^^;
しばらくは、空振りなしでキモイ動きのサバの群れを観察でした。
まぁ、10も釣ったら飽きましたが。(^^;

11:30 3ヶ所ほどスカったところで、西の方から怪しい雲が近づいて来ます。
冷たい風も流れ込んできて・・・3・2・1、ドザァ~~~~!、更にゴロゴロ~~~~!(@@;
コンビニの駐車場に逃げ込んで、しばし休戦でした。(^^;

13:00 スマホの降雨アプリで確認すると、まだしばらく上がりそうにありません。・・・最近は便利になりました。(^^;
多少小雨になったところで、仕方なくレインウェアに着替えて次のポイントを目指します。
「もう少し待ってりゃ、雨が上がるっぺおぉ~。」
漁師に冷やかされながら、小雨が降る漁港の係留船周りを叩いていきます。
ギラギラッ!
一際早いチェイスのあと、ひったくるようなヒット!
そこそこの引きでいいサイズを期待しましたが、上がってきたのはオチビさん。???
と思ったら、今シーズン初のカスミちゃんでした。(^^)
 どうりで動きが早くてよく引くわけだ。(^^)
 カスミちゃんもう一つ。
更に、係留船の影から一直線に飛び出して、ドンッ!ドラグがチィィィ~~~!(@@;
一瞬ビックリしますが、こんな出方をするのはショゴ。
 この時期にしては小ぶりなショゴですが、3匹いたのを全部釣っちゃいました。(^^;

15:00 夏のロードらしく、番外編も少々。(^^;
スロープ全面にチビセイゴが群れていて、投げれども投げれどもヒット&バラシなんてのがあったり、
20cmほどに成長したヤマトカマスが大群で湧きあがってきて、ポッパーのラインを切られ回収に大わらわになったり、
3匹のダツに襲われて、危うくルアーをロストしそうになったり、
予想通りの夏満喫ロードでもありました。(^^;
 チビセイゴは至る所で釣れました。
 カマスも20cm近くになってきました。
 これ以上でかくなると恐怖です。(^^;
 こんなのもミノーでガツンッ!
 これがいるってことはベイトも豊富そう。

16:30 いよいよ夕まずめのいい時間帯になってきました。
今日は朝から西風が吹いていますが、この風が吹くといい感じになる場所があります。(^^)
まずはスロープからチェック。
魚の反応はありませんが、代わりにピコピコとスマホが反応しました。???
「発見。」
かめさんからのLINEです。
良く見ると目の前の岸壁から親子でキャストしています。
更に良く見ると、たまに何かを釣り上げて写真を撮ったりしているじゃないですか。
実は、この風が吹いた時の最強ポイントが、今かめさん親子がキャストしている立ち位置なんです。
スロープを見切ってかめさん親子のところまで行くと、なんと昼過ぎから大爆釣中とのこと。
既に30匹オーバーだそうです。(@@;
「いやぁ~、鼻がいいですねぇ~、この風が吹くとこのポイントは炸裂するんですよ。」
「へぇ~、そうなんですか。昼過ぎから釣れ続けて、既に19cm↑も4つ5つ出てますよ。」
さっそく、おこぼれを頂戴するべく仲間に入れてもらいます。
ワンキャストワンヒットではないものの、群れが回遊してくると三人が入れ代わり立ち代わりにヒットするくらい魚がいるようです。(@@;
 レギュラーサイズは15cm↓くらいですが、中にはデカイのも。
 ギンガメ、ロウニン、オニヒラ、カスミが全て混成された群れのようです。
 Dコンで飛距離を稼いでいたら、ゴンッ!・・・今シーズン最大19cmゲット。(^^)
4~5匹釣れてアイドルタイムとなりますが、しばらくすると3人のうちの誰かがまたヒット。
そちらの方向にキャストすると、またバタバタと釣れ盛る感じです。
それにしても、かめさんもJr君も、まぁポンポンとよく釣りますワ。(^^;

18:30 いよいよ辺りが薄暗くなって、これまでより群れの回遊間隔も長くなってきました。
かめさん親子は「大満足」とのことで引き上げるそうですが、せっかくなので私は最後までやってしまいます。(^^;
一人になってからも、最後のビッグウェーブが訪れてバタバタと7連発。
 最後の連発はレギュラーサイズばかり。
終わってみれば、ポイントロードで11匹ここで21匹、合計32匹で今シーズン初の大爆釣。

これがあるから、夏のメッキロードはやめられないんですよねぇ~。(~o~)


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑  夏のライトタックルサイコー!に「ポチ」一つお願いしま~す。(^^)

コメント (14)

0817 現場矯正

2014-08-24 11:11:38 | 2014今日のメッキ

週に二回も飲んだくれて、またオサボリでした。
盆休みの記事ですが、お付き合いください。m(__)m

0817 4日間の盆休みのうち3日間をジジババ孝行に使ったら、あとは自分孝行?するのが当然・・・ですよね。(^^;
この歳になると、かみさんもせがれもオヤジの行動にはまったく無関心なので、車さえあれば誰に気兼ねすることなく出撃できてしまいます。
そうでない時期もずいぶんありましたが、今の環境はなかなか快適。(^^)
歳をとってみるのも悪くないかもしれません。(~o~)
さて、実質一日しかない盆休み、今季の状況を把握しつつもやっぱり数釣りたいとなれば、実釣時間を長くするしかありません。
旅行明けの疲れた体にムチ打って、気合の04:00起き出撃となったのでした。(^^;

05:30 朝一でお目当ての場所に入って、ポイント独占でスタートダッシュ・・・なんて考えていたら、いつもの駐車スペースに見たような車があります。(@@;
Commyさんでした。・・・しかも、もうやってるし。
まぁ、毎週のように一緒に出撃しているわけですから、行動パターンが似てくるのは仕方ないとしても、まさか05:30着で同じポイントになるとは・・・。
さっそく、タックルをセットしてスタートしようとすると、
「イェ~イ!」
Commyさん釣ってるし。
乗り遅れまいと慌ててキャストを始めますが、バイトどころかチェイスすらありません。
思惑では、朝一バホバホで早々にツ抜けるつもりだったのですが、そんな気配はどこへやら。(T_T)
すると、Commyさんの目の前でボイル発生!
「ショゴが回ってるみたい。」
いやな予感・・・。
どうやら、ショゴが回遊してきてメッキの群れがどこかへエスケイプしてしまったようです。
 ショゴ一つ釣って次でした。

07:00 次のポイント、二つあるスロープをCommyさんと手分けして攻めます。
チェイスがないわけではありませんが、500円玉に毛が生えた程度のオチビで、とても釣れる魚ではありません。
一流し終わって車に戻ると、Commyさんは一つ取ったとのこと。
う~ん、Commyさんなかなかやります。

09:00 3ヶ所スカって5ヶ所目、ドブ河口のシャローを狙います。
私のミノーにはさっぱりチェイスなどありませんが、Commyさんはちょくちょくチェイスがあるそうです。
そうこしているうちに
「イェ~イ!」
またもやCommyさんゲット。
う~ん、なんかおかしい・・・。

10:00 次、先行者に叩かれている感じですが、釣れそうなサイズがそこそこいてチェイスもあります。
まだ完全にスレ切ったわけではなさそうなので、なんとかすればなんとかなりそうな感じです。
・・・でも食わない。(T_T)
すると、またもや隣で
「イェ~イ!」
う~ん、なんだか変・・・。

11:00 釣果がさびしいので、ドブで癒してもらうことにします。
好調と聞いていたドブですが、時間帯が悪いのか、はたまたペンペン草も生えないほど叩かれたあとなのか、チェイスすらありません。
それでも、しばらくやっているとようやくヒット!
朝一から5時間目にして初のヒットです。
あっ、バラシました。(T_T)

12:00 やぶこぎして更にドブの上流へ。
二人並んでキャストを始めると、それなりにチェイスがありますが、どうしてもバイトに持ち込めません。
するとまた、
「イェ~イ!」
・・・。
更に
「イェ~イ!」
・・・。
朝一から何度この「イェ~イ!」を聞いたことやら・・・。(T_T)
そして、ついに私にも豆メッキがヒット。
 05:30からスタートして6時間目にしてようやく1匹ゲットでした。(T_T)

13:30 昼食後、別のドブを流したところで、野暮用ありのCommyさんは戦線離脱。
前半戦、思いもよらぬ6-1の大敗。(T_T)
ニコニコ顔で引き上げるCommyさんを尻目に、車の中でしばし放心状態でした。

「何かが違ってる、何かがズレてる、何かが狂ってる・・・。」
車のエアコンをガンガンに効かせ、頭を冷やして
自分の釣りを整理してみます。
ポイント選定?、ルアー選択?、フックが甘い?、アクションが合ってない?、ロッド?、リール?・・・ライン!(@@;
「そうだっ!ラインが違うんだっ!(@@;」
実は、今シーズンはスタートから0.3号のPEラインでメッキをやっていますが、このラインを使い始めたのは昨年のシーズン後半から。
このPEラインでシーズン前半のチビメッキを狙うのは初めてのことだったのです。(@@;
さっそくルアーのアクションが確認できる足場で、今日のトゥイッチとルアーのアクションを目視確認してみます。
「やっぱり・・・。」
昨年までは伸びの大きいナイロンラインを使っていたので、アクションを付ける際に強く叩く癖がついてしまっていたようです。
現場修正で、そこそこスピードがあって、小刻みにアクションして、ピタピタ止まるように30分かけて自分のトゥイッチを矯正します。
「よ~し、ひとまず納得。(^^)」

14:30 次に入ったポイントには、好都合なことにチビメッキが一群れ着いています。
先ほどの矯正トゥイッチで群れを引きつけて、最後の食わせトゥイッチで、ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・・・ヒット!(@@;
 ヤッタ!矯正完了。(^^)

次のポイント、19cmを頭に4つ。
 このくらいのヤツだと釣り応えあります。(^^) 
その次のポイント、群れが見当たらないながらチビ2つ。
 足元まで追わせてヒット、うれしい。(^^)
その次、午前中スカったポイントに戻って2つ。

 このくらいが現在のアベレージです。
その次、更に2つ追加。
 たまには違う構図で。(^^;
シュ~リョウ~、とりあえず納得。(^^)

朝一~午前中はどうにもならない状況でしたが、頭の整理と現場矯正で何とかペースを取り戻して終われました。
「釣れない原因は我にあり。」
これを繰り返して地力を高めていくのが「メッキ道の鍛練」、釣りの楽しみ方の一つかもしれません。(^^;

おまけ
 ドブ河口から50mくらいのところでこんなの釣れました。(~o~)



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ メッキ道の鍛練にご賛同いただける方は「ポチ」一つお願いいたします。(^^;

コメント (10)

旅行で悶々。

2014-08-22 23:20:12 | 今日の釣りネタ

0815 ここ数年、お盆休みにシジババを旅行に連れ出すのが恒例となってしまいました。
自分で決めているので誰に文句を言うわけではありませんが、やっぱり貴重な釣行日が減るんですよねぇ~。(T_T)
親孝行も辛い・・・。
なんですが、そんなことで私が釣りを諦めているはずがありません。(^^;
誰が何と言おうと、夕食前と朝食前は私の時間。(~o~)
宿に着いたらすぐに翌朝の下見に繰り出して、ナビとGoogle Mapをにらめっこしながら翌朝のポイント探し。
翌朝はキッチリ04:00に目覚めてソロ~リソロリと宿を抜け出し、07:00の朝食まで正味2時間を満喫するのです。(^^;
そして、今年の旅行先は「浜名湖」。
言わずと知れた「クロダイポッピング」、相手にとって不足はないのでした。(~o~)

04:30 まだ辺りは真っ暗ですが、前日下見をしたポイントに到着です。(^^)
本湖を狙い始めると、あまりにも広大すぎてポイントが限定できません。
そこで、今回は自分のカンと経験から、本湖に流れ込む小河川(運河?)を選定してみました。
手前の足場は護岸、対岸は護岸されていないゴロタ場、川幅は約20mで、水深は最深部で1.5mと言ったところでしょうか?
狙いはズバリ対岸のゴロタかけあがり、対岸ギリギリにポッパーをキャストして、川幅の半分までに勝負をかける作戦です。(^^)

05:00 明るくなってきたところで、対岸のストラクチャーを狙い目に流していきます。
2~3mずつ上流に移動しながら叩いていくと、対岸に土管がむき出しになっています。
いかにもクロダイやキビレが餌場にしそうな雰囲気です。(^^)
チョロ流れの排水周りにポッパーを放り込んで、長めのポーズをとりながら派手なスプラッシュを入れてみます。
2~3回ポッピングして、ルアーがゴロタのかけあがりを通過した時、
・・・ジュボッ!!!(@@;
何の前ぶれもなく、突然もの凄い吸い込み音が発生します。(@@;
しかも、その「ジュボッ!」と同時に、魚がルアーに触れた「コーンッ!」という感触まで伝わってきます。
あまりにも突然のことで、また、あまりにも吸い込み音が大きかったので、危うくビックリアワセしそうになりましたが、グッと堪えてラインが引き込まれるのを待ちます。
1・・・2・・・3・・・???
とてつもなく長く感じる3秒間が過ぎましたが、ラインは引き込まれず、また追い食いもなく・・・
どうやら、最初のバイトはスカったようでした。(T_T)

05:30 しばらく流して、今度は対岸のゴロタにイナッコの群れが溜まっているポイント。
イナッコの群れのすぐ脇にポッパーを着水させて派手にポッピングすると、その度にイナッコの群れがザワつきます。
意味はありませんが、これはこれで何となくワクワクしたりします。(^^;
イナッコの反応にこちらが反応して楽しんでいると
・・・ジュボッ!!!(@@;
またもや突然の吸い込み音と、ルアーに触れた「コーンッ!」の手元衝撃。(@@;
1・・・2・・・3・・・???
またもやスカバイトでした。(T_T)

え~、・・・長くなるので以下省略。
結果から言うと、実質1.5時間の実釣で上のような「ジュボッ!」が4回あったにもかかわらず、フッキングは0回。(T_T)
すなわち「ボ」でございました。
「あ゛~~~~~~、ぐやじい。(T_T)」

目をつぶれば何度でも「ジュボッ!」のバイトシーンが蘇ってきます。
そのたびに「あ゛~、くやしい」となるわけで、これを「悶々」といいますが、旅行中は正に「悶々」に次ぐ「悶々」。
赤信号で止まっては「悶々」。
トイレに行っては「悶々」。
一服しては「悶々」。
湯船に浸かっては「悶々」。
・・・・。
既にあれから一週間が経ちますが、未だにリベンジのあてなく、「悶々」な日々が続いているのでした。(T_T)
「あ゛~~~~~~、ぐやじい。(T_T)」


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ 可哀そうな「悶々」アングラーに「ポチ」一つあげてやってください。(^^;

コメント (8)

0809 ハスラーな土日

2014-08-19 00:14:49 | 今日の釣りネタ

またオサボリで2週間も前の記事です。
ダラダラ書いていたら異様に長くなってしまいましたが、とってもお暇な方はどーぞ。

0809 突然ですが、淡水の純国産魚種「ハス」と言う魚をご存じでしょうか?
いわゆる通称「ケタバス」と言われる魚です。
日本産のコイ科の中では唯一のフィッシュイーターで、オイカワに似た容姿ですが条件さえ揃えば30cm以上に成長します。
 こんなヤツ。(てとらぽっとさん、お借りしました。)
フィッシュイーターらしく口は「への字」に曲がっていて、これを正面から見るとシャコ貝を連想するような「W」のかみ合わせとなっている不思議な魚。
 こんな感じ。(てとらぽっとさん、お借りしました。)
本来は琵琶湖水系、淀川水系に生息していたようですが、現在では日本各地に移植され河川や湖沼で繁殖しているそうです。
ガキの頃、釣りの入門書に載っていた「ハス」がえらくカッコよく見え、憧れの魚また幻の魚であったことを覚えています。
そんな「ハス」ですが、ルアーで専門に狙ってやろうというマニアな方々が現れました。
このブログにもよく登場するTATさん、塩人さん、メガーネさんの三人です。
何をどう擦り合わせると「ハスを釣ろう」になるのかよくわかりませんが、このマニアな三人はこんな企画まで実施しているのです。
ハスラー(鰣人)2014
ハスを釣る人(=ハスラー)が集うフォトダービーなんだそうです。(^^;
そして、この企画に集う更なるマニアな方々々々々・・・(~o~)

4月から企画がスタートして早々に登録してみたものの、房総の海でハスは釣れないので私はそれっきり。(^^;
ところが、6月に入ってシーズンインするやいなや、このハスラーな方々が、次々にでかいケタバスを釣ってくるじゃありませんかっ。(@@;
その釣果をチラ見しながら、やってみたいと思うものの、ポイントや狙い方がイマイチよくわからず放置していました。
・・・が、ついに千葉エリアのハスラー隊長(塩人さん)から、改善指導的出撃要請となったのでした。(^^)

16:00 台風が来ているので、日曜日の出撃を繰り上げて土曜の午後から出撃です。
午前仕事を終えて塩人さんとの待ち合わせ場所に集合すると既に16:00。
Commyさんも合流して、さっそく塩人師匠にケタバスセミナーをお願いすることとなりました。(^^)
ポイントは街中を流れて湖沼にそそぐ小河川、見ようによっては「ドブ」ということになるかもしれませんが、ケタバスの魚影は濃いそうです。
川幅は広いところでもせいぜい7~8m、渇水で川底丸見えな流れにメッキ用の50mmミノーを放り込みます。
塩人師匠によると、「下手にアクションを付けるよりファーストリトリーブした方がいい」とのこと。
しばらくその通りにやってみると、確かにケタバスらしき魚がいます。
活性が低いのか、ルアーの後をヤル気なくついてくるだけですが、どうやら2~3匹の群れで行動しているようです。
チィエスとも言えないチェイスが続く中、一度だけ止めたルアーに追突するようなマヌケなバイトがありましたが、フッキングには至らず。
早目の見切りで、次のポイントへ移動でした。

17:00 塩人師匠のケタバスセミナー二時限目。(^^;
少し上流のポイントへ移動すると、先ほどのポイントより少しだけサラサラと流れています。
ここでも、塩人師匠のありがたいアドバイス「ダウンクロスに狙うよりアップクロスに狙った方がバイトが出ます。」だそうです。(^^;
*大変申し訳ありません。塩人師匠のアドバイスは「ダウンクロスの方が良い」でした。訂正させていただきます。人の話はよく聞きましょー。(^^;
ケタバスのチェイスがない中、アップクロスにリトリーブしたミノーが一瞬止まったところへデカイ顔が出てきてゴンッ!(@@;

50cm級のニゴイに食われて大捕り物でした。(^^;

18:00 三時限目、流れ込みの合流でプール状になった止水エリア。
先に入った塩人さんにケタバスのヒット&バラシがあったそうです。
すぐに合流すると、目の前で塩人さんにまたもやケタバスのヒット・・・でしたが、またしても水面に出したところでバラシ。
更に続けて塩人さん連続ヒット・・・でしたが、これまた2~3回首を振られたところでバラシとなってしまいました。
・・・ケタバスのフッキング、難しそう。
塩人さんの連続ヒットに見入ってしまいましたが、我に返って私も止水のプールにキャスト。
2~3回足元までのチェイスを目撃したあと、私にも待望のヒット!
後ずさりするようなクネクネした首振りのあと、サーっと横に走られたところで残念ながらフックアウト。(T_T)
一瞬のできごとでしたが、ヒットの瞬間を目の当たりにしたので、追い方・食い方・暴れ方は何となくインプットできた・・・はずです。

19:00 辺りが暗くなるまで粘りましたが、三人に再びケタバスがヒットすることはなく、初のケタバスチャレンジは「ボ」で撃沈となったのでした。(T_T)
でも、いいベンキョーになりました。
塩人師匠、ケタバスガイドありがとうございました。m(__)m
 釣れたのはコレ3つとニゴイだけ。(T_T)


0810 翌日曜日、外房では前日の土曜日からメッキがいい調子で釣れ始めているようでしたが、昨日のケタバスバラシが悔しくて仕方ありません。
チェイス&バイトのイメージが頭に残っているうちに、おさらいならぬリベンジ釣行となったのでした。(^^;

昨日の反省を活かして、タックルからルアーから装備まで全面的に改善してのぞみます。
ロッド:やぶこぎ対策でアジング用の張りのあるショートロッドに変更
ライン:根掛り対策で0.1号のアーマードフロロから0.3号のPEに変更
ルアー:追尾チェイスからのバイトになりそうなので、ベリーフックをなくしてテールフックのみに変更
フック:1サイズ大きい細軸のバーブレスフックで貫通対策
装備:前日の短パン&サンダルを反省して、レインウェア&スパイクブーツに変更
準備万端で前日のポイントに早朝出撃でした。(^^;

06:00 駐車スペースから小河川に降りると・・・ビックリ!
渇水だった昨日より50cm以上増水していて、ドロ濁りの水がドォ~~~っと流れています。(@@;
それどころか、数時間前には更に20~30cm水位が高かったと思われ、昨日やぶこぎしたはずの下草が全部なぎ倒されています。(@@;
夜中に雨が降ったので多少の増水は覚悟していましたが、こんなに増水していたとは・・・。(T_T)

07:00 前日のチョロチョロ流れポイントはザーザー流れているので、昨日狙わなかったトロ場を中心に流していきます。
途中、瀬の泡が消える辺りで小さなボイルを発見!
「そうか、こんなところでエサを食っていやがるんだなっ。」
ポイントを絞り込んでキャストしはじめると、すぐにバイトらしき感触が伝わってきます。
その直後、ヒット!(@@;
サイズはせいぜい20cm↓くらいですが、瀬の脇からダウンクロスに投げてしまったので、ヒットしたケタバスを瀬を通して取り込まなくてはなりません。
2~3回の首振りをいなしたあと、強引に瀬の中を巻き上げようとしたところで・・・案の定、バラシました。(T_T)

08:00 昨日のプールポイント、ここは昨日4ヒットが集中した期待のポイントです。
プールに流れ込む本流筋を意識してルアーを投げ続けましたが、昨日の渇水とは打って変わってチェイスすらなし。(T_T)
渇水時の止水プールは効果的でも、増水時のそれは逆効果なのかもしれません。

09:00 昨日ニゴイにルアーを吸い込まれたポイント。
緩やかにカーブした流芯が、速度を落としながら対岸にスイッチする好ポイントです。
流芯からカーブの内側にかけてなだらかなかけあがりになっていて、今日はそこにしっかり水がかぶっています。(^^)
昨日ニゴイを釣っているだけに、増水する前の地形をしっかり記憶していました。(^^;
先ほどのバラシを反省して、下流に回り込んでアップクロスにかけあがりを通します。
狙い通りに一発ヒット!
コンコンコンと2~3回首を振ったかと思うと、流芯目がけて一直線にダッシュ!
しかし、今度はアップクロスにキャストしているので、やり取りの主導権はこちらにあります。(^^)
流れに乗ってあっという間に足元まで寄ってきたので、引きを楽しむ余裕などなく一気に抜き上げ。
「ヨッシャー!ハスラーッ!」
見る限り20cmは軽くオーバーしていて、幅もあっていいプロポーションです。(^^)
護岸の土手沿いに右手のロッドで魚をぶらさげたまま、腰に付けたバケツをはずして左手で水をくみます。
弱い魚なので、できる限りハンドタッチしないように・・・
なんて考えていたら、バーブレスのフックから魚がはずれて土手を転がりはじめました。(@@;
「あっ、あっ、こらっ、待てっ、そっちはダメだっ!」
・・・ポッチャン。
レインウェアとスパイクブーツで動きが鈍くなったところを、また抜きされて見事に川へゴールとなってしまったのでした。(T_T)
 というわけで、画像ありません。(T_T)

午後からは塩人師匠と合流して、別の水系ポイントに足を伸ばしてみますが、そこでも増水したドロ濁りの流れとやぶこぎ不可能な深いやぶに阻まれて釣りをさせてもらえません。
唯一良さげなポイントを見つけましたが、バスマンに先行されてここでもロッドが振れません。
そうこうしているうちに、台風絡みのスコールが周辺を襲ってTHE END。
土日に及んだ初めてのハスラー企画は、2ヒット1ゲット画像なしという何ともブロガー失格な結果に終わったのでした。(T_T)

塩人師匠、二日間のハスラーガイドありがとうございました。

近いうちにリベンジ予定します。(^^;


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ 次回のリベンジに向けて、お暇な方は「ポチ」して応援ください。(^^;

コメント (16)

0803 最後にいいのが出ました。(^^)

2014-08-05 12:51:39 | 2014今日のメッキ

0803 珍しく日曜日出撃です。
実は、前日も房総へ出てましたが、会社の同僚の息子さんにちょい投げを指南するというミッションでした。(^^;
潮が冷えたのか、釣れるはずのシロギスがさっぱり釣れず困り果てましたが、最後はカブトムシ拾いでご機嫌を取ってミッションコンプリート。(^^;
翌日曜日は、晴れて自分の釣りで房総へ再出撃となったのでした。

11:30 8月のよく晴れた日曜日ともなると、房総へ向かう国道では大渋滞が発生します。
いわゆる海水浴渋滞ですが、ちょっと寝坊して出遅れたら見事にこれに捕まりました。(T_T)
通常なら1時間半もあれば到着するところが、数ヶ所で渋滞にはまって、なんと所要時間は3時間以上。・・・泣けます。(T_T)
まずは先週の初メッキポイントで、港内のヘチに着いたチビメッキの様子をうかがいます。
いる、いる、いる、いる・・・とてもミノーでは釣れそうにないサイズばかりですが、そんなヤツラがミノーをチェイスしてくるのを見るだけでもウキウキしてしまうのは私だけでしょうか?(~o~)
たまにルアーの下に潜りこんでガブっとやるヤツがいますが、これは全部チビセイゴ。
毎年この時期になるとどこからともなく湧いて出てきますが、時期的にはこちらもちょい遅れの感じかもしれません。
 これなら釣れるんですが・・・。

チビメッキと戯れるのはほどほどにして、本命のスロープに入ります。
先週と同じように、スロープの両端に釣れそうなサイズが群れていました。
コンッ!バシャバシャ!・・・バラシ。
コンッ!バシャバシャ!・・・バラシ。
更にもう一回の三連続バラシ。
当然、反応しなくなりました。(T_T)
今回からうわさの「アーマードフロロ0.1号」をアジングロッド(Soare CI4+ S608ULS)で使ってみましたが、伸びのないラインと硬いロッドでフッキングが浅くなったような気がします。
やっぱりナイロン4Lbがいいかなぁ・・・。

13:00 海水浴場に隣接するポイントは全てはずして、大き目の漁港でスロープを叩きます。
ポッパーを使ってメッキの反応を見ながらチンチン君の様子もうかがい、たまに沖目にキャストしながらショゴも気にかけてみたりします。(^^;
・・・で、結局出たのはショゴ。
 アーマードフロロ0.1号で25cmUPはヒヤヒヤです。(^^;
 サイズダウンですが、大きさの割に元気いっぱいでした。(^^)

15:00 今週は立ち寄るスロープごとにマイクロメッキが確認できます。
まだミノーでは歯が立ちませんが、これが全部釣れるようになったら今シーズンのメッキは楽しめるかもしれません。
メッキの代わりに15cm級のチビショゴの群れを発見しました。
その数ざっと15匹程度。
群れの近くに着水させ、1アクションで食わせて一気にぶっこ抜き。(~o~)
釣りとしては面白くないんですが、これなら群れがスレません。
3回は成功しましたが、さすがにスレて群れごと消えてしまいました。(^^;

16:00 小場所のスロープを順番に叩いて回りますが、やっぱりミノーでは釣れないサイズばかり。
そんな中、ようやく釣れそうなサイズが7~8匹でチェイスしてきました。(^^)
「チャ~ンス。(^^)」
コンッ!バシャバシャ!・・・バラシ。
コンッ!バシャバシャ!・・・バラシ。
またもや2連続バラシ、これでスタートから5回連続のバラシです。(T_T)
「あ゛~~~~、もうアーマードフロロ使わねぇ!」
道具にあたってはいけませんが、これまで頑なにナイロンラインを使い続けた私には、ちょっとハードルが高いのかもしれません。(T_T)

18:00 またもや海水浴渋滞にはまってこんな時間、メッキノーゲットのままラストのポイントです。
さすがにポッパーで様子を見るなんてことはせず、スロープの端からミノーで丁寧に探りを入れて行きます。
コンッ!キターーーーー!
 6度目の正直でようやく本日の初物。
 続けてもう一つ。
 別のスロープで更に追加。(^^)
そして、4つ目のヒットは何やら手ごたえが違います。
反転系の食い方からしてセイゴでもショゴでもありませんが、なんだか良く引きます。
ミョーに緊張しながら慎重にずり上げると、この時期としてはいいサイズのギンガメではないですかっ!(@@;
 今期最大、18cmのギンガメでした。(^^)
結局このポイントでは、メッキのチェイスは多数、バイト8回中フッキングは6回、4ゲット2バラシ。
半日ロードして一匹も取れていないことを考えれば、「終わりよければすべてよし」、上出来の〆となったのでした。

先週から今週にかけて、房総にはかなりの数のメッキが到着していると思われます。
今後、これらのメッキが順調に成長して、秋の本格シーズンに楽しませてくれることを期待しましょう。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ 今年の房総メッキの「当り」を期待して、「ポチ」一つよろしくお願いいたします。

コメント (6)