手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

1128 二回戦でデイアジング完遂

2009-11-30 23:46:35 | 今日の釣りネタ

1128 金曜日に仕事を終えてからのオールナイトはかなり堪えました。
確か、06:00に車で毛布をかぶったまでは覚えているのですが、・・・一度も目が覚めることなく5時間も爆睡してしまったようです。
車で5時間も一気寝ってのは初めての経験です。・・・ん~、もう若くないってことみたいですね。(~o~)
とりあえず、コンビニで腹ごしらえをして、がむしゃら釣行の第二回戦スタートでした。(^^;

12:00 せっかく昼間なので、まずは近くのポイントでメッキを狙ってみます。
どうせ港内にウロウロしているメッキはいないはずなので、積極的に港外のポイントを攻めていきます。
堤防付け根から外サーフ、テトラの際、沈み根周辺、港の出入り口等、考えられる外向きポイントを次々とチェックしていきます。
そして、2ヶ所目の港の出入り口に来たところでヒット!
たいしたサイズではないものの、今年の場合はとぉ~っても貴重な一匹です。(^^)
 メッキもそろそろ痩せてきました・・・。

駆け足で2~3ヶ所か回っていつもの有望ポイントに到着。
昨晩からあちこちでハク(ボラの稚魚)を見かけましたが、ここにもたくさん群れていました。
しばらく足元のハクの群れを見ていると、突然、ジャバジャバジャバッ!(@@;
なんと!自分に一番近い場所でメッキのボイルが始まりました。(@@;
慌ててボイルの中にキャスト。・・・するほどの距離じゃないんですが。(^^;
・・・無反応?
また少し離れた場所でジャバジャバジャバッ!
今度こそボイルのド真ん中にストライク。
・・・無反応??
どうやら、ハクのサイズがあまりにも小さいので、40mmルアーでも違和感があるようです。
ボイルの主は、そのサイズと切り返しの早さから20cm↓のロウニンの群れのようですが、こいつが偏食すると一番手強いんです。
その後、30mmのクリアカラーまで出動させましたがヒットにはいたらず。
久々に見えるメッキにとことんバカにされてしまいました。(T_T)
 メッキの代わりにこんなのが遊んでくれました。(^^;

まだ散発ボイルが続いていましたが、「本日のテーマ」があるのでボイルメッキはお預けです。
その「本日のテーマ」とは、・・・デイアジング。(^^)
先週の釣行中に、某有名ポイントで昼間にアジが釣れいていたとの情報をキャッチしていたのです。
今回は、遠投用のアジキャロリグを準備して、極細PEラインでフルキャストの作戦です。
ポイントに到着すると、エサ師が4名、飛ばしウキ仕掛けでアジを狙っています。
・・・が、ぜ~んぜん釣れている気配がありません。
今日の読みは、「満潮から下げに入った辺りでアジが港内に入ってくる」ことになっています。(^^;
しばらくスロープに座り込んでエサ師の様子を眺めていると、港の入口まで大遠投していたエサ師にアジがヒットしました。
「来たっ!」
私の読みでは、アジの群れは港の内壁沿いに一気に奥まで入ってくるはず?です。
急いで港の一番奥まで移動して、アジキャロリグを遠投して港の内壁際に放り込みます。
すると、ラインスラッグを取ったフォール中にアタリが出て一発ヒット!(@@;
ちょっと出来過ぎでしたが、念願のデイアジゲットとなったのでした。(~o~)
 この絵が欲しかったんですよねぇ~。(^^;
その後、調子よく3つ追加しましたが、エサ師のコマセ仕掛けに釣れ始めると途端にルアーを追わなくなってしまいました。
まぁ、たったの4匹でしたが、自分にとっては十分に価値のある「デイアジ4匹」。
いくつかの課題も見えたので、チャンスがあれば今後も「デイアジ」を追いかけてみることにします。(^^)
 たったの4匹でも、夜アジの40匹以上?に満足でした。(^^)

夕まずめも近づいてきたので、最後にメッキの引きでも味わおうと悪あがきです。(~o~)
先週、winderさんがサバをかわして2ゲットした堤防先端へ直行してみます。
ここは、夕まずめの回遊メッキを待ち伏せするポイントなので、まずは全方向に絨毯爆撃を仕掛けると、今週もいましたサバ君。(^^;
 元気があって釣るにはいいんですが・・・(^^;
先週のwinderさんは、こいつを避けてメッキをゲットしていたので、がんばって続けていればメッキにたどり着きそうな気がします。
・・・サバ君。
・・・またサバ君。
・・・またまたサバ君。
いくら釣ってもサバ君はメッキになってくれません。(~o~)
サバ君ばかり6つ続いたところで、時刻は既に16:30、先週と同じ選択です。
このままここで続けるか、ロスにはなっても10分走って別のポイントで勝負するか・・・
やっぱり、考えてるうちにもう走ってました。(~o~)
先週と同じ時間に同じポイントで同じようなメッキを同じく1匹だけゲットして、二回戦に及ぶ長い長いがむしゃらロードを終了したのでした。(^^)
 今週は無理矢理撮ってみましたが、やっぱり夜って感じですね。(^^;

コメント (18)

1128 フライデーオールナイト出撃

2009-11-29 14:53:51 | 今日の釣りネタ

1128 「がむしゃらに釣りがしたいっ!」
毎週のように釣りしてますが、年に何回かそんな欲求を抑えられなくなる時があります。(^^;
そんな時は、得てしていつもの釣行を予定しても満足感が少なかったりします。
・・・で、どうするかというと、非日常的で自虐的なスケジュールを強行することになるわけです。(~o~)
今回も金曜日に仕事から帰ってそのままタッチ&ゴー、そして朝まで?動けなくなるまで?ロードとなったのでした。(^^;

23:30 まずは先週激旨アジが釣れたポイントへ直行します。
最初は表層早引きでスロープのそれらしいエリアを一流し。・・・でも、まさかのノーバイト?、メバルも出ません。
なんだか先週より更に渋いようでうす。
それじゃぁってことで、トレースレンジを少し下げるとようやくきました。
メバル混じりでアジがポツポツとヒットしますが、先週のギトギトに脂が乗ったヤツではなく、ややスレンダーなヤツばかり。
やっぱり、先週のギトギトアジの群れはいなくなってしまったようです。(T_T)
ここは、1時間半粘ってアジ7(2つは豆でリリース)、メバル3、セイゴ1となぜかげんこつ↑のアオリイカ1でした。(^^)

次の2ヶ所は反応なく、早々に見切って4ヶ所目。
どうやらハク(ボラの稚魚)が大量に沸いているようで、遠くの方でパッパッとボイルが出てます。
ジグヘッドをMAXの3gに上げて遠くのボイルを直撃すると一発ヒット、ブリブリに太った25cmの菱形のアジでした。(^^)
その後、同じくブリブリの24cmを追加しましたが、射程圏のボイルは収まってしまいアジのヒットはここまで。
車までを往復して遠投リグを準備するのもめんどくさいので、次のポイントを目指します。

02:30 本日の本命ポイントに到着すると、アジングのアングラーが支度中です。
更にスロープでは別のグループが実釣中。(@@;
土曜日の02:30にポイントが一杯とは、・・・最近のアジング人気には恐れ入りました。(T_T)
仕方がないので隣の港へ。
常夜灯の周辺にはゴミが溜まっていてルアーが引けません。
ちょっと離れた場所でスタートすると、意外にもプロポーションのいい20cm↑が連続ヒット。(^^)
一通り流すとアタリが止まってしまいましたが、ここでは美味しいなめろうねたを5つゲットでした。(^^)
・・・本命ポイントでやるより良かったかも?(^^;

アジはそこそこ取れたので、次はムツを狙ってみます。
まずは、毎年係留船の周りにムツの群れがたむろするポイントです。
トウゴロウイワシの群れが入っているようで、ときどきバラバラバラっとボイルが出ています。
たいていこんな時は確変モードになっているはずなんですが・・・、
岸壁から身を乗り出して係留船の裏側にキャスト、ルアーがシェードから明るいエリアに出て行くようにコース取りします。
すると、ルアーの数センチ後に鼻っ面を合わせてムツがチェイスしてきます。
「食え、食え、食えっ!」
ただ引き、トゥイッチ、リフト&フォール・・・いろいろやってみましたが、チェイスするだけで一回もバイトしてくれません。
「う~ん、今年はムツも渋いのか・・・」泣けます。(T_T)

気を取り直して第2ムツポイント。
ここも、昨年短時間で爆釣した実績のあるポイントですが、今日はベイトっ気がなくノーバイトです。
仕方なく、周辺のポイントでムツが集まりそうな場所を叩いていくと、
「み~つけたっ!(^^)」
常夜灯の明かりを完全に遮った真っ暗なエリアで、珍しくルアーをひったくるようにムツがバイトしてきました。
そして、そこからノーミスでムツ5連荘。(^^)
しかも、どんどん活性が上がって、着水と同時にバイトしてくるほどです。(@@;
ところが、このメチャメチャな高活性が仇となって、その後まさかの5連続ブレイク。
なんと、あまりに活性が高くなりすぎて、着水してラインスラッグを取ると既にジグヘッドが付いていないほどです。(@@;
そして、毎キャストの結び直しに手間取っているうちに、東の空がうっすら明るくなってくると、それまでの高活性がうそのように沈黙してしまったのでした。

アタリがなくなると一気に睡魔が襲ってきます。
慣れない完徹釣行に、もう目を開けていても目の前が真っ白になってます。
あまりの眠さに、リトリーブの手が止まって根掛かりしてる始末。(~o~)
このまま続けてもまともな釣りになりそうにないので、本日はここまで。(^^;
車を動かす気力もなく、その場で毛布をかぶってバタンキューとなったのでした。

・・・翌日につづく。

コメント (8)

1121 アジングでいろいろ

2009-11-22 14:51:20 | 今日の釣りネタ

1121 午後からメッキロードで散々な目にあったので、アジングで溜まった鬱憤を晴らす予定です。(~o~)
windwrさんに「この後アジングでもいかがですか?」と聞くと、ちょうどアジングロッドを新調して気合が入っていたところだったようです。(^^;
18:00 最初のポイントでアジングスタートです。
いい感じの潮位で、スロープにはたっぷりと水が被っています。
こうなると、ブレイクラインまでの距離がかなり遠くなるので、アジが警戒することなくルアーをくわえてくれるはずです。(^^)
期待してスタートしたのですが、・・・アジらしきバイトはなし。
代わりにセイゴが2回ヒットしましたが、ピヨ~ンと跳ねると一気に気が緩んで2匹ともバラシでした。(^^;

2ヶ所目。
ブレイクラインの向こう側で「ピチッ」っとライズも見えていい雰囲気です。
とりあえず、表層の早引きで魚っ気のあるブレイクラインを何回か通すと、さっそくモゾモゾしたアジのバイトが出てくれました。(^^)
ここのアベレージは17~18cmのはずなんですが、この一匹は20cmを軽く超えていて肉付きもいい良型です。
このサイズを10匹もそろえれば、極上のなめろうができること間違えなし、期待、期待。(^^)
ところが、そう上手くいくはずもなく、アタリはあるものの15cm級のメバルばかり続きます。

ここで、ちょっと狙いを変えてトレースレンジを少しだけ下げてみます。
水中のブレイクラインより下のレンジをトレースするよう、ジグヘッドが浮いてきたらカーブフォールしてレンジキープするイメージです。
これを始めると途端にアジのバイトが多くなってきました。(^^)
特に、ブレイクライン手前まで来た辺りでシェードの中へスーっとカーブフォールすると、抑え込むようなアジのバイトが出てくれます。(^^)
それまでメバル先行でしたが、ここからアジのペースが急激に上がり、終わってみればアジ12匹とメバル9匹、カサゴ1匹。
しかも、アジのサイズはほとんどが20cm↑で最大24cm、このポイントらしくないアジばかりでホクホク。(^^)
最近のアジングとしては、なかなか上出来の結果となりました。

最後に、普段はあまりやらないスロープの一番端まで行ってみると、同じ狙い方でムツが連発。
実は、体力と気力に余裕があれば、この後ムツのポイントまで足を伸ばそうかと思っていた矢先でした。
サイズは20cm前後とそれほど大きくありませんが、わざわざ移動することなくおいしい初物も4つゲット。
半日走り回ったメッキロードに比べれば短時間のアジングでしたが、いろいろ釣れて満足のいく第二回戦となったのでした。(~o~)


~追記~
本日のアジは、最高に脂の乗った極上モノでした。(^^)
一番大きいのは刺身で、それ以外はすべてなめろうに仕立ててみましたが、どちらも激ウマ!!
我が家のなめろう史上に残る最高の仕上がりとなったのでした。
 なめろうテンコ盛り&アジとムツのお刺身、ごちそうさまでした。(^^)
来週のおかわり指令もゲットでした~。(~o~)

コメント (14)

1121 メッキいません。(T_T)

2009-11-22 12:51:53 | 2009今日のメッキ

1121 出張続きでなかなか出撃できず、メッキロードは3週も空けてしまいました。
今年は行っても釣れないのはわかっているんですが、シーズンが終わるまではやっぱり行かないとウズウズしてきます。(^^;
前日も、出張中に溜まりに溜まったデスクワークで午前様のヘロヘロでしたが、釣りに行くとなると不思議と元気が出てしまいます。
「〇〇に付ける薬はない」ってヤツですねぇ~。(~o~)
ずいぶん寒くなってきたので、冬パターンを想定して午後からロードで出発となりました。

11:30 最初のポイントに到着すると、出撃中の青服さんからメールが入ってきました。
「〇〇で港内回遊あり、2つゲットでボーズ回避しました。」
う~ん、うらやましい。(^^;
今年はホントに数が少ないので、回遊パターンになっているこの時期は、ちょっと気を許すと「ボ」を引きかねません。
とりあえず、冬パターンを想定して水深のある港内のボトムを中心にネチネチと狙ってみることにしました。
最初のポイントでは、Dダイレクトのボトム転がしで港内一周してみましたが、メッキどころかセイゴのチェイスもありません。(T_T)
次のポイントも同じ攻め方で深場のボトム中心に流していきますが、やっぱりメッキの反応はありません。

ここで、朝から出撃中のwinderさんからメールです。
「午前中に△△でチェイス多数、6ゲットしました。」
おぉ~!午前中に6つも取ったら、房総中の竿頭ですよっ!
そして、その△△は私が次に行く予定のポイントだったりします。(~o~)
前2ヶ所の深場のボトム狙いがスカったので、ここではスロープを含めてすべてのポイントをチェックしていきます。
・・・が、やっぱりメッキのチェイスすらなし。(T_T)
winderさん、どこで釣ったんだろう???
仕方なくwinderさんに電話してポイントを教えていただくことにします。(^^;
すると、散々投げ倒した正に今電話しているその立ち位置でウジャウジャとチェイスしてきたとのこと。
・・・やっぱり今年のメッキは手強いです。(T_T)
 メッキ!?かと思ったらこんなのでした。(^^;

いくつかポイントを流して青服さん・winderさんと合流しますが、二人ともその後はまったくダメとのこと。
この時点で既に15:00を回っていますが、私の場合はダメどころかメッキをみかけてもいません。(T_T)
夕まずめのフィーバータイムを期待して、最後のポイント選択に全てを賭けます。
青服さんは午前中に回遊を確認した〇〇へ、そしてwinderさんと私は午前中のアタリポイント△△へ行くことにします。

△△に着くと、堤防の先端で25cmクラスのサバが沸いています。
既にエサ師のアミエサに着いて狂っている状態ですが、ミノーを投げてもそれとなく反応はあるようです。
いくら投げてもメッキの反応がないので、しばらくサバでお茶を濁すことにしました。(^^;
エサに着いているので、ただトゥイッチしているだけではプイっとされてしまいます。
ポーズ、ジャーク、ファーストリトリーブと、あの手この手でバイトを誘わなければならず、なかなか手強いサバ君でした。(^^;
 このサイズでは、ちょっとお持ち帰りする気になれません。(^^;
とりあえず、3つ釣りましたが「もういいやっ」って感じなので、メッキ探索に戻ります。

いよいよ回遊の群れが回ってきそうな時間帯になると、ボトムからトゥイッチアップしたルアーをようやくメッキがチェイス。
単独チェイスなのでイマイチ本気で追ってませんが、移動距離を短くして小刻みな連続トゥイッチを入れると、なんとかバイトしてくれました。
 11月でこのサイズ?でも貴重な一匹です。(^^)
しかし、後が続かずメッキが群れで入ってきている様子はありません。
時刻は16:20となり、そろそろタイムアップも近づいて来ました。
ここで、最後の決断です。
このままこのポイントで回遊を待つか?それとも、移動に10分かけて別のポイントで最後の勝負をするか?
・・・考えながらも、足だけは勝手に車に向いていました。(~o~)

最後の悪あがきポイント。
16:30なので、いつもならそろそろお出掛けしていたギンガメの群れが回遊してくる時間帯です。
・・・異常なし。
・・・異常なし。
・・・異常なし。
30分間投げ続けて辺りは既に真っ暗、そして、17:00の「夕焼け小焼け」が流れた瞬間、ついに来ましたぁ~。
サイズは20cmほどですが、デブデブに太りかえった回遊のギンガメ君でした。(^^)
(真っ暗で私の携帯では写真撮れませんでした。・・・次のキャストしたかったし。(~o~))
最後の最後で一矢報いることができましたが、半日走り回ってたったの2匹。
あきれるほど渋い今年の房総メッキ、さて、シーズンオフまでにあと何匹釣れてくれることやら。・・・(T_T)

コメント (16)

愛車連動企画?キリ番やります。(^^)

2009-11-15 23:34:53 | 今日のネタ
いつもご覧いただき、ありがとうございます。m(__)m
本来、日記を付けるような甲斐性はないはずなんですが、このブログを始めて早1,534日が経過したそうです。(@@;
自分でも「よく続いてるなぁ」と感心する域になってきました。(~o~)
これも、皆様にご覧いただけてこその継続と、心より感謝申し上げます。

さて、話は変わりますが、本日愛車の走行距離が「123,456㎞」に達しました。(^^)
そして、その数字を見ていて思い出したのが、このブログのカウンター。
偶然にも、そろそろ同じ数値が見えてきたところです。(^^)
只今、「122,288」

そこで、愛車連動企画(皆様にはな~んにも関係ありませんが(~o~))のキリ番を実施することにいたします。(^^)
みごと「123,456」アクセスを踏んでいただいた方には、ささやかながら景品をお送りさせていただきます。
素人ブログですから、決して景品の内容には期待しないでください。(~o~)
そして、今回のキリ番の方には、ご要望があれば「房総ガイド権」もセットでお付けいたしま~す。
前回企画のふ~くんさんは撃沈の目にあわせてしまいましたが、そのお詫び奉公のつもりでがんばらせていただきます。(^^;

それでは、「123,456」アクセス、よろしくお願いいたします。m(__)m



*今回は「補欠制」の採用はありません。お申し出がなければ次回の企画に繰り越しますので、あしからず。
コメント (28)

1108 連れ出し指令

2009-11-11 23:47:00 | せがれを釣りにハメる社会実験

1108 今週は、土曜日の夜まで出張だったので、休漁のつもりでした。
・・・が、遅くなって帰宅すると、
「いつまで起きてんだっ!とっとと寝ろっ!!」
玄関を開けるなり、かみさんが半ギレ状態です。・・・お~、怖っ。(^^;
実は、先週の日曜日にせがれ二人が揃ってインフルエンザ発症でしたが、3日もすれば治ってピンピンしているのに、外出禁止で家に軟禁状態です。
当然、いたって元気な二人は、外に出られず寄ると触ると家の中でドタバタの連続。
そして、連日これに付き合っていたかみさんは、ついに半ギレ状態になったという訳です。(^^;
せがれ二人が寝静まると、
「明日、どこでもいいからあの二人をここから連れ出してっ!朝から出掛けてかまわないから。よろしくっ!」
「はい。」
こんな時は、さわらぬ神にたたりなしで、素直に従うに限ります。(^^;

という訳で、一応人ごみに連れ出す訳にいかず、行き先を苦慮した結果?、せがれ二人を館山のチョイ投げに連れ出すことにしました。(~o~)
11:30 ジャリメを1パイと昼食用のおにぎりを購入してお目当ての堤防に到着。
家を出てからまだ1時間20分しか経ってません。
館山って近くなりましたねぇ~。(^^;
さっそく、野地さんのドリフト天秤に1点仕掛けで、目の前10mにチョイっと投げてせがれに渡すと、
「もう来ちゃったよ。(^^)」
投入からものの数十秒で、さっそく17~18cmの天ぷらサイズのシロギスをゲットです。(^^)
なんだか、爆釣の予感。(~o~)
ロッドを2本出すと忙しくなりそうだったので、1本のまませがれ二人に交互に持たせます。
すると、釣れる釣れる。(@@;
せがれのインチキっぽい誘いでも問題なく食ってきます。(@@;
3投に2匹のペースで、あっという間に同サイズのシロギスを10匹ほどゲットしてしまいました。(^^)

しかし、1時間ほど調子良く釣れていたのですが、突然アタリすらなくなってしまいました。???
それまで、着底して2~3回誘えば必ずアタリがあったのですが、まったくあたらずエサが戻ってくる始末です。???
潮が止まって口を使わなくなったか?
群れが移動して一匹も残っていないのか?
それとも、怖~い天敵が来て群れごと逃げたのか?
アタリがないまましばらくやっていると、どうやら答えになりそうなヤツが目に入りました。
サメです。(@@;
1mはありそうなサメが、チョイと投げている根の周りをウロウロしているじゃありませんか!(@@;
これじゃぁシロギスもいなくなる訳です。
仕方なく、全員休憩でランチタイムでした。(^^;

30分ほど休憩して、チョイ投げ再開です。
今度は、2本目のロッドを出して兄弟バトルをけしかけてみると、二人とも意外と乗り気です。(^^;
エサ付けとキャスト、魚はずしは私がやって、遠くの深場を長男に、手前の根周りを次男に探らせます。
先ほどのサメもいなくなって、1投目から二人にアタリがありますが、見ているとどうも次男の方が誘いが堂に入っていたりします。(~o~)
次男先行で長男が追いつくパターンが続き、お互いノーミスのまま3対3。
ここで、長男が痛恨の手元ポッチャン。(^^;
次男は手堅くノーミスの4匹目をゲット。(^^)
しかし、根際を探らせている次男は、次のキャストで外道のベラ。
「ちゃんとキスのいるところに投げてよっ!」
妙な言いがかりですが、どうやらかなりマジに張り合ってるようです。(~o~)
ともに2~3回乗せきれずスカった後、長男が今日一の19㎝をゲット。
しかし、その回のキャストで、今度は次男が20㎝で今日一を更新します。(^^;
すると、長男はあせりが出たのか乗せミスを連発。
その間にサクサクっと次男が2つ追加。・・・絵に描いたような次男です。(~o~)
そして、
「おにぎり残してあったから食べてくるね。」
いやらし~い余裕を見せて釣り場を離れてしまいました。・・・笑えるほど次男です。(~o~)
「おまえも休憩するか?」
「しないよっ!」
こちらも絵に描いたような「不器用な長男」してます。(~o~)
長男の地道な努力が報われ、弟がいない間になんとか3匹差を埋め合わせたところで、チョイ投げバトルは行司水入りとなったのでした。(~o~)

結局、3時間でジャリメ1パイを使い切って天ぷらサイズのシロギス25匹。
大きいのは出ませんでしたが、まずまずの収穫でした。(^^)
 天ぷら開きも私の役だったりします。(T_T)
そして、もう一つの収穫と言えば、
あのまま次男が再開していたら間違えく・・・(^^;
相変わらず、兄弟そろって釣りに興味を示しませんが、「釣りを仕込むなら次男の方?」なんてことが見えてきたのも大きな収穫だったのでした。(~o~)

コメント (16)

メバポップ48

2009-11-03 21:55:10 | お気に入りのメッキハンター

今まで、私がポッパーを使うといえば、決まってLUCKY CRAFTの「Bevy Popper」ばかりでした。
他のポッパーをいくつか試しても肝心のスプラッシュが上手く出ないんですが、これだけは上手い具合にアクションしてくれるんです。(^^;
ただ、いつまでも同じルアーを使うってのも芸がないので、ちょっと他のポッパーにも手を出してみました。(~o~)

それが、AREAの 「MEBA POP 48」です。(これもメーカーサイトが見つかりませんでした)
48mmというサイズは、フローティングポッパーの中では最小クラスではないでしょうか?
さらに、クリア系のカラーがラインナップされているので、魚に見せるサイズとしてはかなり小さくなる印象です。
( ↑ 「クリア系のルアーは魚に小さく見せる効果がある」という、私の勝手な持論です。(^^;)
ところが、サイズはMINなんですが、飛距離はMAX。
「良く飛ぶ」のは、余計なパーツの付いていないポッパーの特徴でもありますが、それにしてもコレは良く飛びます。
最初の一投目であまりにも飛距離が出たので、シンキングポッパーかと思ったくらいです。(^^;
そして、肝心のポッパーとしてのアクションですが、私が使って評価できるくらいですから、スプラッシュはとっても得意なようです。(^^)

メッキ用といえばシンキングポッパーが有名ですが、「大きなスプラッシュ」や「ポーズ」ができるのは、何といってもフローティングのポッパーの特徴です。
飛距離を出しながらチョコマカと水面でアクションさせることができるので、考えようによってはシンキングポッパーより使い勝手はいいのかもしれません。
「釣ったぜ!」という満足感を求めるアングラーにはおすすめの一つです。(^^)

コメント (18)

トワディー

2009-11-03 18:18:17 | お気に入りのメッキハンター

SMITHの「Towadi」です。
トップゲームはそれほど得意ではありませんが、このルアーは小さい割に使い勝手が良くて、ミノーの感覚でトゥイッチできます。(^^)
メーカーのサブタイトルにも
ミノーライクなトラウト用トップウォータープラグ
なんてありますので、よほど設計段階でこだわって作られたものだと思います。(^^;

サイズも43.5mmと、小さめのメッキまでカバーしてくれる大きさで、切れのいいドッグウォークはアピールも抜群です。(^^)
ベリーのカーブが切れのあるターンを生みだしているようですが、連続でターンさせるにはルアーを叩いてはいけません。
スラッグしたラインだけを「ピシピシ」と叩くようなトゥイッチがベストです。
また、少し強めにルアーを叩いてやれば、頭を下げて水中にダイブもしてくれます。
ルアーが軽量なので、どちらのアクションも軽~いトゥイッチでOK。
慣れてくれば、ほとんど手首を使わないようなトゥイッチだけで全てのアクションができてしまう優れモノです。(^^)

単調なドッグウォークを続けるより、
「ファーストリトリーブ → ポーズ → ドッグウォーク → ポーズ → ダイブ」
といった組み合わせのアクションが、スレたメッキを本気にしてくれるようです。(^^)

ミノーのアクションに本気をだしてくれないメッキでも、これを見せた瞬間にスイッチが入ったりすることがあります。
「追ったけどバイトしない」
「ストラクチャーに張り付いて出てこない」
「群れが沈んで浮いてこない」
なんて時の「次の一手」には、是非トワディーを使ってみてください。(^^)

コメント (7)

1031 房総ガイド・・・惨敗。(T_T)

2009-11-01 22:47:23 | 今日の釣りネタ

1031 今回は、100,000アクセスのキリ番で「房総ガイド権」を獲得したふ~くんさんと出撃です。
午前中に潮位が下がってしまう潮回りでしたが、朝一のワンチャンスも逃さないつもりで、早朝のスタートとさせていただきました。(^^;

06:30 コンビニの駐車場で待ち合わせして、あいさつもそこそこに、ギリギリ潮位が残っている有望ポイントに急行します。
ふ~くんさん、トップゲーム専門のバスマンだそうで、今回のメッキも是非トップで出したいとのこと。
小型のポッパーでスタートしていただくと、みごとな連続アクションで、レクチャーの「レ」の字も必要なしです。(^^)
後は魚が出てくれるだけ。(^^;
・・・でしたが、朝一の潮位のある時間に有望ポイントを2ヶ所回りましたが、いずれもメッキの姿を確認できず。
そのうち潮位も下がって「まったりタイム」となってしまいました。

09:30 まったりのド干潮を何ヶ所か流していると、スロープのピックアップ際でようやく私のルアーにチビメッキが1チェイス。
「チェイスありましたよ」
と伝えた直後に、今度はふ~くんさんのポッパーが吸い込まれました。
「きました、きました!」
ちょっと#気味の声があがりましたが、チビロウニンらしきキラキラが見えた瞬間に痛恨のフックアウト。(T_T)
・・・次のチャンスに期待しましょう。(^^;

次のポイントで、今シーズン初出撃となるkarmaさんと合流です。
みんなで港内をくまなく叩いていきますが、いつも少しくらい残っているはずのチビロウニンの姿さえ見かけられません。
どうやら、ついにチビロウニンも一人前になって港外へお出掛けしてしまったようです。(T_T)
こうなったら、可能性のあるポイントをしらみ潰しに叩くしかありません。
港内のヘチ、スロープにとどまらず、港外のゴロタやふだんやらないサーフまでポイントリサーチしていきますが、いずれもメッキの姿すら見られず。
そうこうしているうちに、早い上げ潮が動いてきたので、群れが回遊しそうなポイントに移動します。

回遊の群れが立ち寄るであろうポイントでメッキの群れを探しますが、潮が上がってもメッキの群れは発見できません。
朝一からここまでで、メッキの姿を見たのは私の1チェイスとふ~くんさんの1バラシのみ。
・・・せっかく来ていただというのに、なんとも究極の渋さです。(T_T)
これまで、ふ~くんさんにベストなピンポイントを打っていただくために、私も彼のすぐ隣でやっていましたが、ここで作戦変更です。
ふ~くんさんにはポイントを流していただいて、私はメッキ捜索モードに入ることにしました。(^^;
シンキングミノーで広範囲に探って、時にはボトムまでフォールして縦にも探っていきます。
港の入口まで来たところで、ボトムからしゃくり上げたルアーに突然「ゴンッ!」(@@;
「ようやくまずまずサイズのメッキがきた」と思った瞬間、
ジィィィ~、ジィィィ~~~~!(@@;
散々ドラグを出されてようやく上がってきたのは、メッキではなく30cm↑のマルソウダ君でした。(^^;
メッキタックルで釣ると楽しいのですが、今日はお呼びじゃないです。(^^;
ここで、遅出で上げ始めから流してきた青服さんも合流しますが、やっぱりメッキの姿がほとんど見られなかったとのこと。
いよいよヤバそうな雰囲気が立ち込めてきたので、ふ~くんさんと私は別のエリアを捜索することにします。
しばらく走って目的地近辺まで来て見ると、北東の風がビュービュー吹いてます。
こんな時は、得てして菜っ葉潮っぽくなっているのですが、・・・
やっぱり。(T_T)
わざわざ移動してきたポイントでしたが、エリア全体が黄緑色の海です。(T_T)
とりあえず、2ヶ所ほど様子を見ましたが、メッキどころかベイトの姿も見られずこのエリアは断念でした。

15:30 夕まずめのラストチャンスに賭けるつもりで、早目に回遊メッキの立ち寄りそうなポイントに入ります。
ふ~くんさん、朝一から1バイトしかありませんが、ここまでず~っとポッパーを引き通してます。・・・さすがトップ専門のバスマン。(@@;
私にはとてもまねできそうにありません。(~o~)
16:00 いよいよ山際に日が沈んで、ラストチャンスの臨戦態勢です。
ふ~くんさんには、メッキが回遊するであろうスロープのブレイクライン上を引いてもらい、私はスロープの上を引いてお茶を濁したつもりでした。
・・・が、最初にヒットしたのは私の方でした。・・・すいません。m(__)m
 回遊ではないチビロウニンのようですが・・・
そして10分後、もう一度私のルアーに「ゴンッ」とバイトだけあったのは、先ほどのチビロウニンとは違う衝撃でした。
「きた、きたぁ~!バイトありました。いよいよ回遊メッキが来たみたいですよ。」
ふ~くんさんに気合を入れてもらって、私はおちょっかいしないように立ち位置を変えて別のコースを狙います。
ところが、「ゴンッ!」・・・またやってしまいました。すいません。m(__)m
 今度は回遊のギンガメ。お友達も3匹いました。
しかし、これで回遊のギンガメが入っていることがわかったので、ふ~くんさんのキャストにも力が入ります。
ゲストを差し置いて先に釣ってしまったダメガイドは、しばらくロッドを置いてゲストを見守ることにします。(^^;
そして、ついにふ~くんさんのポッパーが水中に引きこまれます。!
『ガボッ、ジュボッ!』
「きましたっ!」
「やった~!」・・・ダメガイドの安堵の叫び。
「あっ、バラしました。」
「えぇぇぇ~、早く同じコースに投げてっ!」
『ガボッ、ジュボッ!』
「きたっ!」
ところが、2回目のフッキングは決まらず、ルアーだけが足元まで帰ってきてしまいました。(T_T)

更にラスト5分でもう一度。
『ジュボッ!』
「あっ、出ましたっ!」
「あぁぁ~、また乗りませんでした。・・・」
・・・そして、ゲームセット。(T_T)

結局、朝から晩までひたすらポッパーを投げ倒していただいたにも関わらず、ふ~くんさんには一匹も釣っていただくことができませんでした。
ふ~くんさん、ホントに申し訳ありませんでした。m(__)m
ダメガイドに振り回されて散々な一日になってしまいましたが、これに懲りず、またお出掛けください。
次回までに、ダメガイドの汚名返上するべく、ちゃんとトップで出るポイントをストックしておきま~す。(^^;




<残業>
今回は、珍しくkarmaさんが「アジをおみやげにする」ということなので、青服さんと私でアジングガイドすることにします。
とは言え、今日の潮回りでは19:00にペタンペタンになってしまいます。
手堅そうなポイントだけ2ヶ所限定のつもりで、急いで第二回戦に突入。(~o~)
最初のポイントで、到着するなりkarmaさんがアジ1。
なぜか私にはメバルしかきません。・・・メバル3
早々に見切りをつけて2ヶ所目。
ここで、青服さんがアジ2、私がアジ1でしたが、やっぱりメバル君が先に釣れてしまいます。
そうこうしているうちに、アジもメバルもアタらなくなって、本日の二回戦もギブアップ終了。
karmaさん、中途半端なおみやげで申し訳ありませんでした。(^^;

コメント (12)