手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0830 房総開幕!?

2009-08-30 23:37:03 | 2009今日のメッキ

0830 今週は、土曜出撃をあきらめて日曜日の半日出撃でした。
実は、出張で工場へ出かけていたのですが、ガラにもなく生産ラインに就いたら、日頃の運動不足がたたって全身筋肉痛。(T_T)
土曜日は全く動けずほぼ「生ゴミ状態」・・・我ながらなさけない。
日曜日もまともに動ける状態ではなかったのですが、土曜日に青服さんから「爆メール」をいただいてしまったので、気合先行の出撃となったのでした。(^^;

土曜の晩、全身の筋肉が炎症を起こしているらしく、体が熱くて熟睡できません。(~o~)
目が覚めてしまったので、03:00に家を飛び出してしまいました。(^^;
04:30現地到着、・・・まだ真っ暗でメッキをやるには早すぎです。
「そうだ、1時間限定でアジングしよう!」
予定外でしたが、メッキロッドでアジングを始めると、いきなりいいアタリが来ました。(@@;
ジィィィ~~~!
いきなり尺アジかっ!と思いきや、遠くの方で「バチャバチャバチャ!」・・・世の中そう甘くありませんね。(^^;
 尺アジだったんですが、セイゴ40cmに化けたようです。(~o~)
予定通り1時間限定で終了しましたが、これまた予定通りアジの釣果はなしでした。(^^;

さて、明るくなったので本番のメッキロードを開始します。
最初のポイントでは、幸先良く3投目にかわいいロウニン君がヒット。(^^)
 早起きなメッキはこれだけだったようです。(~o~)
その後もマイクロメッキがチェイスしてきますが、ルアーサイズが合わないようで本気チェイスにはいたりません。
・・・が、そのマイクロメッキを蹴散らしてガバッと出たのがクロホシフエダイでした。
二つ続けて出てきましたが、いずれも水深30cmにも満たない超シャローから飛び出してきます。
こいつら、よほどシャローがお気に入りなんですね。(^^;
  今年は多いかも?

2ヶ所目、足元まで来たルアーの後ろに20cm↑程の「赤い魚」が付いて来ました。
ルアーで釣れる「赤い魚」なんて、ベラかネンブツダイくらいしか思いつきませんが、どちらにも似ていません。???
もう一度同じコースをトゥイッチしてくると、ルアーが視界に入った瞬間、その「赤い魚」がひったくりました。(@@;
ジィィィ~~~!
さっき釣った40cmのセイゴ級のパワーでドラグを出していきます。(@@;
けっこうやり取りして、最後はグロッキー気味に上がってきた魚を見てこれまたビックリ!!(@@;
「赤い魚」の正体は、なんと!水族館でしか見たことのないマハタ24cmでした。(@@;
 釣りたくても釣れない魚なので、素直に喜んでしまいます。(^^)
 胃袋パンパン、この後イワシ3匹とエビ1匹を吐き出しました。(@@;

3ヶ所目はスカ、4ヶ所目はエサ師に占領されて断念、5ヶ所目で今シーズンいくつか出ているポイントに到着しました。
ちょうどド干潮で、いつも狙っているポイントが丸々干上がってしまい人間様のテンションは↓↓です。(T_T)
仕方なく、ロングキャストで水深のあるエリアを探ってみると、一投目でいきなりカツ~ン!
ようやくミノーに反応するサイズになってきたロウニン君ゲットでした。(^^)
 ミノーに好反応するサイズになってきました。(^^)

これを皮切りに、3キャストに一回は2~3匹のロウニンがチェイスしてきます。
40mmミノーでいくつか釣ると残った魚は豆サイズばかりになってしまいましたが、それでもチェイスは続きます。
ミノーのサイズをさげてやると、ぞくぞくとお豆さんまでヒットしてしまいました。(^^)
 必殺ソリッドミノー30mmならこんなサイズでもOKです。(^^)

このポイントでロウニンばかり6つ続きましたが、こんな時は必ず別の場所にギンガメだけが群れているはずです。
ミノーを40mmに戻して、しばらくの間3キャスト限定でハイテンポに捜索活動を行ってみます。
ロウニンポイントから少し離れた、かけあがりまできたところで、今までとは違う「ガツンッ」が出ました。(^^)
 ロウニンよりワンサイズ上のギンガメがヒット。
そして、この一匹を皮切りに、今度はギンガメの連荘がスタートしました。(@@;
 かけあがりからシャローに抜けてくるルアーを襲ってきます。
 追いが悪くなってもルアーを変えれば一発ヒット。(^^)
 こんなガッついたヤツまでいます。(~o~)
 水面直下でも派手な水しぶきを上げながらバイト!
そして、ついに今シーズン初となる20cmの大台に乗るグッドサイズのギンガメがヒットしました。(~o~)
 さすがに、20cmになるとマイクロ君設定のドラグをジィジィ鳴らしてくれます。(^^)
読み通りにギンガメばかりの群れがいて、怒涛の12連荘となったのでした。(^^)

まだいけそうでしたが、ここで霧のように降っていた雨が突然ザー降りになってしまいました。
レインウェアも着替えも持っていましたが、競合するアングラーがいるわけでもなかったので車で一休みとします。
・・・休憩・・・外へ出てみる・・・あきらめて車にもどる・・・また休憩・・・
何度かポイントに戻ろうと試みますが、その度に「ザァ~」っと降られてまた車の中へ避難です。(T_T)
一時間ほど待ってみましたが一向に止む気配がないので、最後に濡れる覚悟で飛び出してグショグショになる前に4つ取って終了でした。(^^;
今日は選挙にも行かなければならないので、「大爆裂」は次回に残して早目の上がりとなったのでした。

不調の続く房総メッキでしたが、ここへ来ていくらか上向きになってきたような気がします。
タイトルに「?」が付いているのは、今日の釣果がほぼ一ヶ所だけで、他のポイントを確認していないからでした。
次回は、房総のメッキポイントをまるごと確認して、自信を持って開幕宣言したいと思います。(^^)

コメント (18)

0823 宿題するより。

2009-08-25 00:10:08 | せがれを釣りにハメる社会実験

このカテゴリー久々の更新です。(^^;

0823 夏休みも終盤となった我が家では、かみさんとせがれの壮絶なバトルが繰り広げられています。(~o~)
「夏休みも終わりなのよっ!宿題はやってるのっ!」
「今何時だと思ってるのっ!いつまでテレビ見てるのっ!」
「ゲームは一日一時間って言ってるでしょ!」
・・・
「はい、はい。」
「『はい』は一回っ!」
「は~い。」
「『はい』を伸ばすなっ!」
そんなやり取りを聞いてると、たいてい私にもとばっちりが飛んできます。
「たまには息子と遊んでやるとか宿題見てやるとかしなさいよっ!」
「はい、はい。」
「『はい』は一回っ!」
「はい。」
ここまではいつものことでしたが、今日はせがれがおかしなことを言い始めました。
「おとうさんと一緒に釣りに行ってもいいよ。」
「んっ?・・・おまえ、そんなこと言ったことないじゃないか、何たくらんでるんだぁ?(^^;」

せがれ ≒ 一日中かみさんにガミガミやられるなら、おやじと一緒に釣りにでも出た方がまし。
私    ≒ せがれがオマケに付いてきても、家にいるより釣りに行ける方がまし。

ここで親子の利害関係が一致したようです。(~o~)
そんなこんなで、小学校三年生の次男と初めて二人で釣りに出ることになったのでした。(^^;

以前、家族で出かけて「チョイ投げ」をやらせたことはありますが、この陽気にチョイ投げなどすれば命取りです。
仕方なく?無理を承知で、本日のメニューはメッキロードとなりました。(^^;
07:30 寝ぼけ眼のせがれを叩き起こして、早目の現地到着です。(^^;
「今日の目標はなぁ、一匹でもいいから自分でメッキを釣ることだぞ。」
「は~い。」
とはいうものの、せがれはルアー釣りどころかキャスト練習すらしたことがありません。
まずは港の岸壁でキャスティングの練習から始めることにします。
・・・練習中・・・練習中・・・練習中・・・
なんとかルアーが前の方に飛ぶようになったので、最初に狙いを付けたポイントでさっそく実戦です。
「あの辺にメッキがいるはずだからなっ、その向こう側に投げて・・・」
ビシュッ!
「もう投げちゃったのか、まぁまぁ飛んだからメッキが見つけてくれるかもしれな・・・」
グリグリグリッ!
「なんかプルプル来てるよっ!」
「へっ!?(@@;」
何と!人生初の一投目でメッキがヒットしてしまったではないですか!(@@;
おやじは一日中フラフラになるまで探しまわっても3つくらいしか釣れないってのに、こいつはどんな魚運持ってるんだろう?・・・
そう言えば、釣りの「つ」の字も口にしなくなった長男にも似たようなことがありました。
「ったく、兄弟そろって『宝の持ち腐れ』ってヤツだ、その魚運を少しオヤジに譲ってくれよ・・・ブツブツ・・・」
「はぁ?何ぃ?」
「はい、はい、なんでもありません、初メッキおめでとうございます。m(__)m」
 出会い頭とは恐ろしいものです。(^^;

このまま今年初めての爆釣ロードになるかと思いきや、次のポイント以降はさっぱりメッキの気配がありません。
やっぱり、この一匹はせがれの強運が引きずり出した「賜物」だったようです。(^^;
あらためて、せがれの強運に敬服するばかりだったのでした。(^^;

一向に魚運に恵まれないかわいそうなおとーさんは、いつもの通り散発三匹のさびしい貧果。
せがれがいたので、足場の不安定なスロープ等をパスしたとはいえ、自分自身への言い訳にもなりません。
次回はぜひ、寝ているせがれを一撫でして、十分ご利益を期待しながら「一人で」ロードすることにします。(~o~)

 私の釣ったギンガメ。一匹釣れたことより大きさで勝ったことにこだわっているようです。(~o~)
 ロウニンもようやく幼児体型が抜けてきたような気がします。(^^;
 クロホシフエダイの20cm↑。これは良く引きました。(^^)

コメント (12)

0815 行かないつもりが・・・(^^;

2009-08-16 08:07:40 | 2009今日のメッキ

0815 前回はぐうの音も出ないほどコテンパにやられたので、しばらくは出撃しないつもりでいました。
・・・が、
「15日のチケット買っちゃった。Jリーグ観戦行くくらいなら釣りに行くんでしょ?」
「へっ?、はぁ、まぁ、そーですね。」
行かないつもりでしたが、かみさんが釣りに行って来いというなら、仕方がないですね~。(~o~)
ということで、ぜ~んぜん釣れる気がしませんが、懲りずに出撃となりました。(~o~)

ちょっと早起きで06:30スタート。
午前中のロードは、今まで見落としていたかもしれない小場所を中心に組み立ててみました。(^^)
最初のポイントは、海水浴場と釣り場が隣接するポイント。
・・・(@@;
まだ06:30だというのに、車を置くスペースがまったくありません。
この人達は釣り客なんだろうか?それとも、海水浴客なんだろうか?・・・いずれにしても諦めます。(T_T)
仕切り直しの一ヶ所目、小さな漁港なのでさすがにだ~れもいません。
係留船の下からマイクロメッキが2匹でチェイスしてきましたが、フッキングするような緊張感はまるでなし。
代わりに、ガツガツとやる気をみせてくれたのは、いつものセイゴ君でした。(^^;
 これだけはいつも元気です。(~o~)
最初なので、飽きない程度に遊んでもらって二ヶ所目に移動します。
ここも10cm↓のマイクロ君はチラホラ見かけますが、SSルアーにサイズダウンしても本気チェイスしてくれません。
おっ、きたっ!・・・と思ったらこんなのでした。(^^;
 今年はこのサイズもマイクロ君もあまり見かけません。
三ヶ所目、ショゴ狙いも兼ねてスロープから少し遠目にキャストして探ります。
ゴンッ!(@@;
ショゴきたー!・・・と思ったら、またしてもこんなのでした。(T_T)
 あぶないところにルアーが・・・よかったぁ。(^^;
更に、フグ、イナッコスレ、もう何を釣りに来たのかよくわからなくなってきました。(~o~)

ずいぶん回って11:00頃。
この港のスロープには、小さいのから大きいのまでミックスサイズでイナッコがウヨウヨいます。
ルアーを投げずにしばらく見ていると、イナッコの中に形の違うヤツが紛れ込んでいるようです。(^^;
見ぃ~つけた。(^^)
ほとんどが10cm↓のマイクロメッキなので、はじめからSSルアーで応戦します。
最初の一投目だけヒラリヒラリと本気っぽくチェイスしてきますが、二回と続かずトーンダウンしてしまいます。
2-3mずれると、また最初の一投目だけいい感じのチェイスですが、どうしても乗せきれません。(T_T)
「そのうち釣れるだろう」なんて思っているうちに、二ヶ所あるスロープを叩き終わってしまいました。(T_T)
でも、ここはずいぶんメッキいました。(^^)
もう少し大きくなった頃には、貴重なポイントになってくれそうです。(^^)

12:00頃、朝からドピーカンで腕も足もチリチリ、朝も早かったのでしばらく休憩します。・・・zzz
14:00に復活してロード再開しますが、市街地を超えるのに一時間もかかってしまいました。(T_T)

15:00いちおう今年の実績ポイント。
沖目に投げたルアーに何かさわったような気がしたので、もう一度同じコースにキャストすると、(@@;
本気モードのメッキが5-6匹でチェイスしているじゃありませんかっ!
「食えっ、食えっ!おりゃ!そりゃ!こりゃ!よしっ!食ったぁ~~~!(^^)」
これやってる時が一番幸せです。(~o~)
今シーズン一番のサイズとなる、17cmのギンガメ君ゲットでした。(^^)
 もー、こんなに大きくなるまでどこにいたのぉ?(~o~)

途中でぴなれろさんとお会いしたので、しばし情報交換。
毎度のことですが、地元とあってすばらしい情報量です。・・・いつもありがとうございます。m(__)m

17:30いよいよラストのポイント。
期待のスロープでは、メッキ不在の代わりにお兄さんサイズのセイゴがヒット。
 メッキタックルなら楽しめます。(^^)
先々週は、岸壁で20cm↓ほどのシマアジがコマセに付いて釣れ盛っていましたが、・・・今週もまだいるようです。(@@;
今日の餌師はコマセサビキの方。
水面で軽くコマセを振って大量のフグを寄せておいて、ストーンと仕掛けを底の方へ落としています。・・・なかなかお上手。(^^)
しばらく見ていると、20cm↑になったシマアジの群れの中にちょっと小ぶりなヤツがいます。
泳ぎ方もなんとなく違って、気持ちシャープな身のこなしって感じです。
・・・メッキ?
と思った瞬間、目の前で小さなボイルが発生!(@@;
あわててキャストすると、一発でヒット!
ショゴ?メッキ?
一瞬ショゴかと思うくらいの手ごたえで上がってきたのは、先ほどより一回り大きい18cmのギンガメ君でした。(^^)
 このくらいになると嬉しい手ごたえです。(^^)
あらためて隣で投げさせてもらう了解をいただいて、コマセの効いた辺り一帯を絨毯爆撃します。
ゴンッ!15cmゲット!
ゴンッ!14cmゲット!
だんだん小さくなりますが、いるところにはいるもんです。(@@;
暗くなりかけた最後の最後で、足元まで追わせて食わせたのは10cm↓のロウニンちゃん。(^^;
 これはこれで、満足感あったりします。(~o~)

12時間におよぶロードの最後の最後にクライマックスが待っていてくれました。(^^)
どうやら今年の房総メッキはハズレのようですが、ハズレはハズレなりにこんな一瞬を楽しむ年になりそうです。(^^)

コメント (12)

軽~い衝動買い。(^^;

2009-08-12 01:00:12 | 今日の釣りネタ

久しぶりの「衝動買い」です。
今年SMITH(でした。m(__)m)から発売されたメッキ専用ロッド「BAYLINER CF」をリアクションバイトです。(~o~)
発売の情報は知っていたのですが、行きつけのプロショップに入荷情報があったので、まずは見学に。(^^;

とりあえず、実物を見る前にメーカーサイトでチョイと予習です。
メッキ・カマスをターゲットとするライトな方が「BL-68SL/CF」で、大型メッキをターゲットとするヘビー?な方が「BL-66M/CF」とのこと。
ロッドは1ピースでグリップだけセパレート、ずいぶん小さいガイドが付いていて極細のPEラインに対応しているらしい。
一つだけ「ホントかよ?」と疑ってしまったのがロッドウェイト。
BL-68SL/CF」が73gで、「BL-66M/CF」が81gとのこと。・・・いくらなんでも軽すぎない?誤植だったりして?

1ピースの振りぬけに期待しつつも、そのロッドウェイトに半信半疑のままショップに到着。
ソルトロッドのコーナーを物色していると、ありました、ありました。(^^)
まずは硬い方の「BL-66M/CF」から手に取ってみます。
!!!(@@;
衝撃の軽さです。
81gは間違ってなかったんだ。・・・(@@;
振った印象は「シュン、シュン」って感じでしょうか?
シーズン後半のヘビーウェイトのシンキングミノーなんかにはいい感じですが、40mmミノーを使う今時分にはチョット硬いかも?(^^;
次はチョット期待しているライトな方の「BL-68SL/CF」です。
これまた、手に取った瞬間!!!!!(@@;(@@;(@@;
さっきのヤツより若干長いのに、持った印象は更に軽い!!!
ん~、73gとは想像を絶する仰天な軽さです。(@@;
軽く振ったこちらの印象は「ピシュ、ピシュ」って感じでしょうか?(^^;
豆のようなルアーまで投げ倒す私には、一振りで惚れこんでしまうアクションです。
また、どちらのロッドもグリップ長が305mmとなっていたので、少々短めかと思っていました。
しかし、実際にはリールシートがとんでもなく前方についているので、トゥイッチの時に肘を叩くだけの十分な長さが確保されています。
ん~・・・さすが、専用ロッド。(^^)

ここまでくると、もう「欲しい」衝動を止めることができません。(~o~)
その場は持ち合わせがなかったのでいったん帰宅。
・・・ホントは、衝動的に買ってしまいそうだったので、わざと持っていかなかったのですが。(~o~)
帰るなり、着替えもそこそこにネットで価格調査です。(^^;
散々調べ倒した結果、いつもお世話になっている名古屋の「〇飯田釣具店」さんのビックリ価格に即バイト!
無事に「BL-68SL/CF」を1本衝動買いと相成りました。(^^;

会社帰りに思いついて、「購入」ボタンを押すまでわずか3時間足らずの出来事だったのでした。(~o~)



0808の釣行で既に筆おろししましたが、残念ながらメッキボーズで入魂ならず。(T_T)
扱いの良さは実感できたので、次回こそしっかり入魂してこれるようがんばりまーす。(^^)

コメント (15)

0808 参りました。m(__)m

2009-08-10 00:10:19 | 2009今日のメッキ

0808 今週は房総ロードをお休みするつもりでしたが、ネットの海流図を見ると今年初めて25℃が房総を洗っています。
行かないはずだったんですが・・・、懲りずに、証拠にもなく、よせばいいのにまた行ってしまいました。(~o~)

いつものように08:30にポイント到着・・・・

ん~、今回はタイトル通り完璧にのされてしまって、とても詳細を書く元気がありません。(T_T)
結果から言うと、10時間走りまわって釣れた魚はセイゴ1匹のみ、メッキは2バラシの大撃沈でした。(T_T)
メッキがまったくいない訳ではないのですが、とにかく忘れた頃に1匹で単独チェイスするヤツばかり。
チェイスそのものは、1日通して20~30回ほどあったはずですが、とにかくスイッチの入らない単独チェイスばかりなのです。
昨年のこの時期は、単独チェイスどころか、釣れたメッキに「エイ」のような「メッキ玉」が付いてくるほどいたのに・・・。
はぁ~・・・、ホントに今年は魚いませんねぇ~。(T_T)

当然のように、来週の盆休みにも出撃を予定していましたが、さすがに今回の大撃沈でモチベーション下がりました。(T_T)
少なくとも、今回釣れなかった魚が釣れるサイズに育ってくれるまで、メッキはしばらく待ってみることにします。
同時に、まだチャンスはあるかも知れませんので、これから寄ってくるであろう「恵みの黒潮」にお祈りすることも忘れてはいけませんね~。(^^;

コメント (8)

おやじの自由研究 ~その1~

2009-08-06 23:34:13 | 今日のネタ
夏休みです。
いつものように、我が家ではせがれ二人が夏休みの自由研究のネタ探しで大騒ぎ。(^^;
まぁ、今まで散々ヘルプを出してきましたが、結局どっちが宿題やってるんだかわからないような事になってました。
そこで、今年はせがれ二人にはノーヘルプ!勝手にやれっ!
その代わりと言ってはなんですが、自分で夏休みの自由研究でもやってみようか?ということになりました。(~o~)
まずは手始めに、日頃疑問に思っていたことを検証してみることにします。(^^;

お題は、「インコースは近道でしょーか?」(^^;
陸上のトラック競技で、コーナーを含むセパレートコースの場合、インコースとアウトコースではずいぶんスタート位置が違ったりします。
あれを見ていると、同じカーブを曲がるのに、いかにインコースの距離が短いかが実感できるわけです。
・・・が、それでは、車がインコースばかりを走ったら、果たして走行距離は短くなるのか???
つまらないお題ですが、検証した結果を聞いたことがないので、自分でやってみることにしてみました。(~o~)
(0724の釣行でさっそくやってみました。)

まず、自宅から房総へ向かう走行距離を測ります。
当然、走り方など意識せずにフツーに走らなければいけないので、何かと考えることが多い往路で自宅~勝浦間の走行距離を測ってみました。(^^)
「最初のポイントはアソコで、奥のスロープからこう攻めて、次はこっちの係留船のすきまを・・・」
案の定、計測のことなどまぁ~ったく忘れて勝浦に到着、フツーに走った走行距離は63.5㎞となりました。(^^;

さて、帰り道ですが、都合良く?今日の釣りのことなど忘れてしまいたいほどメッキが釣れなかったので、意識して走るにはもってこいです。(~o~)
来た道と同じ道を、とにかく全てのカーブでインからインへ渡り歩くようにコース取りをして走って行きます。
ただし、よそ様にご迷惑をかけるわけにはいきませんので、一応車線の幅内でのコース取りとしてみました。(^^;

途中、のどが渇いてもトイレに行きたくてもコンビニによらず、カブトムシを拾いたくなってもひたすらがまん。(~o~)
とにかく、インコースを走ることだけを意識して無事復路を完走。
数字を意識しない様に、わざわざメーターを隠すように置いてあったたばこの箱をどけてみると・・・!!!
インコース走行距離は、63.2㎞となったのでした。(@@;

63.5㎞-63.2㎞=0.3㎞
約0.5%の距離を短縮したことになるようです。(^^)
ずいぶんがんばって走ってきたので、もう少し短縮したかなぁ?なんて思ってましたが、意外とたいしたことなかったようにも思えます。(^^;
でも、短縮率はさておき、ひとまず予想通りの結果となってくれて、満足、満足。(^^)


「おまえら自由研究始めたのかぁ?」
「・・・まだ。」
「何するのか決めたかぁ?」
「・・・まだ。」
「自由研究ってのはなぁ、自分が日頃疑問に思うことをテーマにすればいいんだぞっ、しっかりやれよっ!」
ビールを飲みながら偉そうに講釈をたれる「おやじ」なのでした。(~o~)


*復路のインコース走法は、道路交通法に定められた「キープレフト」の原則を守っておりませんが、他の車両に迷惑をかけずに走行しましたので大目に見てください。
ごめんなさい。m(__)m
コメント (7)

0801 まだかなぁ~・・・

2009-08-04 23:23:54 | 2009今日のメッキ
今更ですが、先週の土曜日の釣行です。(^^;

0801 7月の房総メッキは散々でした。
例年なら7月の中旬ともなれば、あちこちでチビのチェイスが見られるはず・・・なんですが。
どうやら、今年の房総はかなりの低水温にみまわれているそうですが、その分メッキの接岸も遅れているのでしょうか?
でも、昨年は高水温でしたがメッキの接岸は8月になってから。
何が原因だかわかりませんが、とにかくメッキが団体さんで来てくれなければ今年のシーズンが始まりません。
今週も「そろそろ来たかなぁ?」を確認するつもりで出撃となりました。(^^;

09:00 チョイ寝坊でポイント到着。
例年8月の1週目には、オチビのチェイスで熱~くなるスロープポイントです。(^^)
とりあえず、40mmミノーでブレイクライン近辺を中心に細かくきざんで叩いていきます。
たまに「ギラッ」っとやるのがいますが、これは頭の真上を通過したルアーにリアクションバイトしたマイクロセイゴ。
本命のメッキの姿はぜ~んぜん見られません。(T_T)
早々に次のポイントに移動します。
ここでもマイクロセイゴがちょっかいかけてくる程度でしたが、スロープを半分くらい進むと突然何かがSSルアーをひったくって行きます。(@@;
スタートから一度もメッキの姿を見ていない割に、唐突バイトの主はメッキちゃんでした。(^^)
 お友達はどこにいるんですかぁ?
「いよいよ群れが入ってきたかなぁ?」なんて期待してみましたが、その後さっぱりの単発バイトでした。

いくつかポイントを流して、またこの時期には期待できるポイントに到着。
奥まった港内の係留船周りをチェックすると・・・「むむっ?いるなぁ。」(^^)
フッキングしないサイズではありますが、かわいらしいマイクロメッキが7~8尾の群れでうろついてます。(^^)
釣れないとわかっていても、目の前にメッキがいるとついちょっかいをかけてしまうのがメッキマンの悲しい性なんですよねぇ~。(~o~)
さすがにメッキはヒットしませんでしたが、ここでははぐれショゴをゲットでした。(^^)
 ミノーもアイスジグも無視したので、ジグヘッドで狙い撃ちでした。(^^;

更にメッキ狙いでポイントを流していきますが、たまにルアーに反応するのはセイゴとカマスくらい。
しかも、どいつもこいつもやる気なぁ~く付いてくる程度のチェイスです。
さすがに、先週と比べると釣れないサイズの超マイクロメッキはチラホラみかけますが、この時期ともなればむしろ少ないくらいです。
いつもは寄らないようなマイナー漁港のスロープまでチェックして回りましたが、結局、午前中の追加はなし。
8月になったと言うのに、いよいよ不安がつのる今年の房総メッキなのでした。(T_T)

ゆっくり昼食を食べて、スロープで大の字になって日光浴、最後はそのままウトウトして、とりあえず充電完了。(^^;
午前中のショボい釣果を吹き飛ばすべく、気合のメッキロード再開です。
午後一の港で、今年初めてとなるメッキの「群れ」を発見しました。(^^)
10匹ほどの群れですが、1匹を除いて他はすべて超マイクロ君ばかり。
でも、その1匹はなんとかなりそうなサイズです。(^^;
リトリーブコースを慎重に検討してマイクロミノーをキャスト、ターゲットの近くで小刻みにトゥイッチを入れるとスイッチオン!(@@;
狙いをつけた1匹を先頭に、群れの半分くらいが本気モードのトルネードチェイスです。(@@;
「食え、食え、食えっ!」・・・・・
かなりいいアクションを入れたはずなんですが、残念ながら今年初めての熱~いチェイスをのがしてしまいました。(T_T)

同じ港の別のスロープでは、メッキではなく一面のセイゴ、セイゴ、セイゴ・・・・
ルアーが着水すると同時に飲み込んでしまうほどガツガツとバイトしてきます。
15cmに毛が生えた程度のセイゴばかりでしたが、「ガツンッ!」欠乏症の私にはうってつけのターゲット。
ぜ~んぶメッキ・・・のつもりで、むさぼるようにセイゴ連発を楽しんでしまったのでした。(^^;
 こんなのばかり10匹以上むさぼってしまいました。(~o~)

次の港でもむさぼり系。(^^;
岩場がらみのサーフのシャローに15cm↑ほどのボリュームのある魚影発見。
ルアーを通すと、そのずんぐりした影はキレのない泳ぎでチェイスしてきます。(^^;
・・・そうです、これはフグ君。(^^;
でも、15cm↑くらいあって、いつもアジングのワームをかじるヤツとはちょっとサイズが違います。
「ガツンッ!」欠乏症の私は、こんなヤツらもターゲットにしてしまいました。(^^;
 15cm↑もあればショゴ並みの「ガツンッ!」です。(~o~)
こいつを5つ6つ釣っているうちに、何やらやたら元気のいい「ガツンッ!」君がヒット。
 これも20cm級でしたが、フグよりましかっ。(^^;

14:00に朝一から出撃中の青服さんと合流します。
青服さんも大苦戦とのことで、バラシはあるもののメッキは一つだけだそうです。
・・・青服さんが釣れてなければ、私の釣果もチョット納得だったりしますが。(~o~)
何ヶ所か回ったスロープポイントで、ようやくメッキの群れを見つけました。・・・と言ってもマイクロですが。(^^;
それでも、20キャストに1匹くらいの割合で釣れそうなサイズもチェイスしてきます。
釣れそうなサイズのチェイスを確認して、間髪入れずにSSルアーを加速リトリーブするとようやくヒットでした。(^^)
 15:00を過ぎて、ようやく本日の二匹目。
青服さんも一匹取りましたが、二人がかりでキャストを続けたので、さすがにやる気のある連中はスレてしまいました。
でも、一匹ずつの釣果ではありますが、今シーズン初の「釣るべくして釣ったメッキ」だったかもしれません。(^^;

更に日没いっぱいまでポイントを流していきますが、群れどころか単発メッキすら見つかりません。
最後の港で、コマセに寄って釣れ盛る15cm↑級の「シマアジ」をうらめしそうに眺めながら、本日のメッキロード終了となったのでした。

前週と比べれば、チラホラとマイクロメッキの姿を見かけるようになったようですが、今後の接岸状況やいかに?
もしかすると、今年の房総メッキは相当手強いかもしれませんよぉ~。(T_T)
コメント (7)