手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

ROCK FISH ADVANCE 76T(tubular) インプレ

2010-02-28 13:15:18 | 今日の釣りネタ


雨ですね~、風ですね~、寒いですね~、おまけに津波ですねぇ~(@@;、さすがに今週はおとなしくしてることにします。(^^;
このところ週末の釣行記しかアップしていませんが、家でひましてるので久々に釣行記以外の釣りネタアップといきます。
今年の正月に購入したタカミヤの「ROCK FISH ADVANCE 76T(tubular)」、そこそこ使ったのでとりあえずインプレ書きます。(^^)

まず外観から。
  
インロウ継ぎの2ピースロッドで、グリップは最近すっかり主流になったセパレート型です。
(この型って名前あるんでしょうか?ご存知の方は教えてください。)
実は、この型のグリップを使用するのは初めてで、「間の部分ってホントに要らないの?」なんて考えてましたが、実際に使ってみるとホントに要りませんでした。(~o~)
無駄な部分は省いた方がいいですね、エコの時代ですから。(~o~)
グリップエンドにはおそらくバランサーが入っていると思われますが、ユーザーサイドで調整できるタイプではないようです。
塗装はクリア仕上げで、ブランクのカーボンっぽさがそのままデザインになっています。
表面の塗装は「ザラザラ」に仕上げてありますが、たぶんこれは細いラインが貼りつかないような配慮だと思います。
 
ロッド全体はブラック基調ですが、ティップだけはホワイトに仕上げて夜間使用に対応しています。
最近のメバルロッドはこのパターンが多いですね。
そして、8つあるガイドのうち、バットガイドだけは高足のシングルフットになっています。
エリア用のトラウトロッドでよく見かけますが、これも初めて使うので強度面で若干心配だったりします。(^^;
PEラインでキャロリグをフルキャストする時などは、ちょっとだけ気を付けなければいけないかもしれません。

リールシートはアップロック式です。
個人的には、ダウンロックの方がロッドを握る手が触れにくいので緩みにくいのかと思うのですが、最近のは良くできているので心配はないようです。(^^;

さて、使用感ですが、まずは「感度」から。
今まで使用していたロッドがかなりやわらかめのソリッドティップだったので、「感度がいい」という点では驚くほど改善されてしまいました。
ジンタ君がしゃぶっただけでもピリピリと感じてしまいます。(^^;
ただ、人間様が感じるということは魚はもっと感じているわけで、それが「食い込み」の点でロスを生むことにもなります。
アジングでは「前アタリ」で電撃フッキングする必要はないので、「食い込みアタリ」を感じられるだけの感度があればいいのかもしれません。
でも、感度がいいってのは気持ちいいですねぇ~。(~o~)

次に「キャスティング性能」です。
良く曲がるロッドですが、バットはそれなりにしっかりしているのでキャスティングは楽チンです。
スローに振っても、スナップを効かせて早目に振り抜いても、いい感じで飛距離が伸びてくれます。
もっとも、そんなの当たり前のことなんでしょうが、これまでのロッドが「ベロンベロン+ソリッド」という特殊なロッドだったので、キャスティングは快適そのものでした。(^^;
また、飛距離も10~15%ほど伸びていると思われます。・・・ただ、これも人並みに戻っただけかもしれませんね。(~o~)
ルアーの適正ウェイトは「2~10g」となっております。
さすがに1gのジグヘッドではロッドを曲げにくい感じですが、1.5gなら意識することなく普通にキャストできるようです。
それと、たいしたことではありませんが、キャスト音がデカイ?。・・・なんだかちょっと恥ずかしいくらい。(^^;
いつも6fそこそこのメッキロッドでこれより早いスイングをしてますが、こんなにデカイ音は出ません。
やはり、細身のロングロッドだと、空気を切り裂く時に大きな音が出てしまうのかもしれません。(^^;

そして、魚を掛けてからの「やりとり性能」です。
はっきり言ってジンタ君~15cm↓のアジには向かないかもしれません。
魚の抵抗に完全にロッドパワーが勝ってしまうので、フッキング場所が悪かったり浅かったりした場合は、バラシの確率が高くなってしまいます。
ちなみに、最初に釣ったジンタ君はヒットした次の瞬間に、自分の頭の上を通過していきました。(~o~)
しかし、アジのサイズが上がってくると、やりとりは快適そのものです。
魚の突っ込みにもベリーの溜めだけで対応でき、魚に主導権を与えず取りこみまで持ち込むことができます。
パワーだけでなく良く曲がるという点が、この辺りの操作性を上げているのかもしれません。

もう一つおまけに「抜き上げ性能」です。
たまたま、自己記録となる尺アジを掛けたので、こんなところまでインプレ書けちゃうんですが、はっきり言って「抜けます。」(~o~)
足場が3m以上あるポイントでブッコ抜けたので、これ以上悪い条件はないとすれば、アジングで使うには十分過ぎるはずです。(^^;


今後の使用予定ですが、アジのサイズが15㎝↓でもない限り、これ一本で通してしまうと思います。
課題は1gのジグヘッドをキャストする場合かと思いますが、使い込んでいるうちにそのうち慣れてしまうでしょう。(^^;
最後に、今後アジングで購入予定の方に一言。
20㎝前後のアジがメインターゲットの場合は、ソリッドティップタイプの「ROCK FISH ADVANCE 76S」も検討してみてはいかがでしょうか?

なんだかんだと、メバルロッドをアジングで使用して勝手なインプレ付けてしまいました。
メーカーのタカミヤさん、大変失礼いたしました、お許しください。m(__)m



釣りの世界
これだけ釣り関連のサイトが揃っていると、検索結果も快適に見る事ができます。
ポータルサイトで検索するより絞り込みが効いてますよ。(^^;
「マイリンク」に登録しておけば定期巡回も快適。
・・・ということで、釣りの世界への入場はこちらからどーぞ。(~o~)

コメント (2)

0221 たまには内房でも

2010-02-23 23:42:15 | 今日の釣りネタ


0221 今週も土曜日に同窓会が入ってしまい、またもや日曜日の出撃でした。
天気予報で風を確認すると、先週と同じ東北東の風です。
前回の二の舞になるので南房はやめるとして、外房・・・は、イマイチ調子が出ないようだし、・・・
東北東が風裏になるといえば、そうだ!内房って手がありました。(^^)
アジングで内房へ出かけたことはありませんが、「アジがいるならこの辺かな?」ってポイントをいくつか流してみることにしました。

18:00 二ヶ所下見をしたあと、藻場と砂地の境界線でそこそこ水深のあるポイントに入ってみました。
ずいぶん前のことですが、飛ばしウキのエサ師が尺近いデカアジを連発したのを目撃したポイントです。
また、ここは磯付きのメバルも釣れるポイントで、ベイトしだいではデカメバルもうろつきます。
デカアジとデカメバルを両方ぶらさげた絵を妄想しながら、スタートフィッシングでした。(~o~)

開始早々、ボトム近くで「コツン!」
しっかりアワセを入れて魚の引きを確認しましたが、ほとんど引き抵抗なしに上がってきたのは15cm↓の豆メバル君。(^^;
サイズはかなりイメージ違いでしたが、魚体の色はしっかり藻付きの磯メバルしてました。(^^)
 たまにはこんな色のメバル君もいいですね。(^^;
似たようなアタリが2、3回ありましたが、今一つ乗せきれずで次のポイントへ移動します。

二ヶ所目、堤防の常夜灯が外側のテトラにシェードを作るポイントです。
おっかないんでテトラには乗れませんが、少し重めのジグヘッドで遠投して探ります。
・・・・反応なし。
メバルくらい釣れてもよさそうなロケーションですが、少しだけ潮位が足らなかったかもしれません。
長居無用で次に移動です。

三ヶ所目、港内の明るい常夜灯が水面を照らすポイント。
パチャ、パチャ、っとあちこちでライズしてます。
でも、たまに「カポンッ」なんて音がするので、ライズの主はおそらくメバル君。(^^;
「少しメバル君に遊んでもらうか。」
なんて余裕でキャストを始めましたが、なんのなんの、とんでもなくキビシィ~。
15cm前後のメバル君がチェイスするのも見えるんですが、一回も口を使いません。・・・スレスレです。(T_T)
内房の目立つポイントなんて、こんなもんなんですかねぇ~。
そうはいっても、ライズする魚を目の前にして退散するのもしゃくにさわります。
どうやらベイトが小さいようなので、最近ケースに忍ばせている秘密兵器を登場させることにしました。(^^)
これ、これ、ヤマシタのワームバケⅡです。(^^;
こいつをマス針にセットして、1gほどのガン玉で長めのスプリットショットリグにします。
後はリトリーブにリズムをつければ、ジグヘッドでは演出できない「漂い感」が演出できるはず。
2-3回キャストするとさっそくバイトがあり、5-6回目でまんまとヒットに持ち込みました。(^^)
 意外にも21cmのまあまあサイズでした。(^^)
ライズの主はやっつけたので、ジグヘッドに戻して本命のアジを探してみますが、・・・いそうな雰囲気ではありません。
アジの代わりに内房らしいこんなのが釣れました。
 ニベ。20cm↑くらいでしたがけっこう引きました。(^^;

もう一ヶ所回ってみましたが、期待していた常夜灯が消えていてボツ。(T_T)
内房のアジ探索は成果なしでおしまいとなってしまいました。(T_T)

帰り道なので、もう一度先ほどの常夜灯ポイントで悪あがき。(^^;
さっきは極小のワームバケだったので、今回はトップで狙ってみます。
シェードの中だけチェイスするメバルくんと格闘の末、ついに口を使わせました。
 15cm↓サイズですが、果敢にも水面を割って出ました。(^^)

アジのいるポイントは見つかりませんでしたが、たまにはのんびり内房ロードってのもいいもの?・・・かもしれません。(^^;


釣りの世界
皆様にたくさん押していただいたようです。
ありがとうございます。m(__)m
おかげさまで「釣りの世界」から入っていただくお客様が増えてきました。
今週も「ポチ」よろしくお願いします。m(__)m

コメント (20)

0214 東風で南房シャローザバザバ。(T_T)

2010-02-16 01:00:24 | 今日の釣りネタ

0214 今週こそ土曜日に出撃しようと決めていたんですが、・・・やっぱ、さ・む・い。・・・雪降ってるし。(T_T)
天気予報を見ると、なんとなく日曜日の方が穏やかそうです。
翌日に仕事を控えた日曜日のアジングはあまり気乗りしませんが、寒さで逃げ帰ってくるよりましということで、今週も日曜日の出撃となりました。

14:30 出発前に現地の天気予報を確認すると、18:00から曇りですが雨は降りそうにありません。
風の状況は、・・・んっ?珍しく「東北東」、でも3mの予報なんでそれほど気にかけず意気揚々と出発でした。(^^)
16:00 まずは先週の一発ポイントに到着。
今日は大潮、夕方の潮位があるので期待してポイントをのぞきこむと、!(@@;
・・・ザバザバです。(T_T)
東風に吹かれた波がシャロー全体を洗っていて、サラシまでできています。
・・・たいした風じゃないのに。
今までは港内のアジング専門だったので、どうやら風と港外の海況がイメージしきれていなかったようです。(T_T)
「二匹目のどじょう」を狙うはずのポイントでしたが、期待もむなしく本日のロードから除外されてしまいました。(T_T)

いきなり出鼻をくじかれてしまいましたが、気を取り直してシャローの新規開拓に回ってみます。
「ゴロタと常夜灯がコラボしていて、その先の磯に深みがあるポイント」
そんな風に見て回ると、意外と見逃していた場所に良さげなポイントがあるもので、かなり目から鱗だったりします。
まぁ、本当にアジが回ってくるポイントなのかどうかはわかりませんが、それを一つずつ確認するのもポイント開拓の楽しみってヤツですね。(^^;
しか~し、良さげなポイントはいくつかキープできたものの、いずれのポイントも東風にあおられてザバザバ。(T_T)
とても今日の釣りに使えそうな状況ではありません。
・・・どうやら東寄りの風をなめていたようです。(T_T)

そうこうしているうちに、すっかり辺りも暗くなって強制的にアジングスタート。(^^;
日中下見したポイントをいくつか回ってみますが、1-2時間で状況が変わっているはずもなく、なかなか釣りをさせてもらえません。
だめもとでザバザバのシャローにもキャストしてみますが、とても釣れる気がせず数キャストで撤収となってしまいます。
仕方なく、以前から手の内にあった港内ポイントも狙ってみますが、ここでも外道の反応すらありません。
ほとんど「夜間下見」のような状況で、あっという間に2時間が経過してしまいました。(T_T)

帰宅に1時間半、帰って風呂入って、釣り道具の整理して、魚さばいて(釣れてないけど(~o~))・・・
翌日が月曜日だと、やっぱり21:00には撤収したいところです。
「あと1時間・・・『ボ』はいやだから釣れそうなポイントに行こう。(^^;」
ってことで、あっさりとシャロー開拓をあきらめて、一番近い手堅そうなポイントに移動します。・・・ん~、軟弱。(~o~)
20:30 ラスト30分で『ボ』回避を狙います。
まずは表層を早目にリトリーブして活性の高いアジがいないか確認します。・・・いません。
次に、一旦ボトムを取ってスローリトリーブで低層を探ってみると、「ゴンッ!」来たっ!(@@;
突っ走りはしませんが、重たい引きでドラグをジリジリ出していきます。
こちらの姿が見えたところで一度狂ったような突っ込みがありましたが、なんとかかわして無事ランディング。
起死回生の29cm!(^^)
いやぁ~、素直にシャローをあきらめて良かった~。(~o~)
タイムアップの21:00までに20cm↑を一つ追加して、きわどく『ボ』を回避しながら、本日の業務終了となったのでした。

本日の教訓:南房アジングは東風に注意しましょう。(^^;
 きわどく尺足らず。ちょっと引っ張ってみましたがやっぱり29cmでした。(~o~)




釣りの世界
とてつもない件数の釣り関連サイトが紹介されてます。ちょっと(@@;
コメント (12)

0207 新規開拓でガツン!

2010-02-08 00:22:51 | 今日の釣りネタ

0207 今週も土曜日に出撃しようと思っていましたが、・・・モーレツな風でキョーレツに寒い。(@@;
街の中ではチャリンコがなぎ倒されてるし、看板は飛んでるし、あんまり寒いんでベランダでたばこ吸うにも上着がほしいくらいです。
とはいうものの、風は北西なので、行ってしまえばそれほどでもないのかも知れません。
・・・が、・・・ん~、・・・やっぱ寒いからやめました。(~o~)
とりあえず土曜日はあきらめましたが、今のところ二日も続けて家族サービスするほど追い目があるわけじゃありません。
結局、日曜日には居ても立ってもいられなくなって、3時間一本勝負で出撃してしまいました。(^^;

ネットで最近の状況をうかがっていると、『シャドーフィッシングⅡ』のフリーバードさんが、「渋いんで覚悟してでかけるべし。」と書いてます。
今回は3時間一本勝負のショートロードなので、どうせ「覚悟」するなら、苦手な南房の新規開拓で一発勝負に出るのも悪くありません。
最近マイブームとなっている「日中下見」で、気になりつつもやったことのないポイントばかり3ヶ所をチェックした後、17:00過ぎにスタートとなりました。

まずは漁港入口の磯がらみのポイント。
ちょうど干潮で潮が動いていませんが、いつもは遠目に見ていても潮の早そうなポイントです。
明るいうちに下見したので、まずは「潮が動き始めればココかな?」ってところを集中的に攻めてみます。
・・・が、ま~ったくアタリがないまま1時間ほど経過。
18:00になって、ようやく常夜灯の明かりが意識できるくらい暗くなってきました。
「そろそろ来なけりゃスカだな。」
っと思った瞬間、ピックアップ寸前のルアーを水面でひったくられました。(@@;
いきなりドラグを出すサイズがヒットしたのであたふたしてしまいましたが、何とかいなして無事ゲット。(^^)
幸先良く、28cmのナイスサイズでした。(^^)
一匹釣れたので、次のキャストも磯のブレイクライン沿いを慎重にトレースします。
モゾモゾ・・・コンッ!
今度はガッチリとアワセを入れてやると、右に左に走る走る!
3回ほどドラグを出されましたが、今回はいいタイミングでアワセが決まっていたのでやや強引に抜きあげます。
先ほどと同じく、またもや28cmのナイスサイズをゲットでした。(~o~)
いやぁ~、やっぱり南房ってデカイのいますね。(^^;
このポイントには一時間半も費やしてしまいましたが、アタリがあったのはこの2回だけ。
「まぁ、このサイズばかりバンバン釣れるなんてことはないんだろうなぁ~。」と納得しながら次のポイントに向かいます。

次のポイントはゴロタの浅場。
常夜灯の明かりがギリギリ届くエリアの磯に続くゴロタ場です。
昼間の下見では、深いところでも1mほどでしたが、キャスト範囲の中に一ヶ所だけ岩盤が縦に切り立ったポイントを見つけました。
先ほどのポイントも、磯場のブレイクライン周辺でバイトがあったので、ここでもそんな水深の変化を狙ってみます。
数キャスト目、ルアーが意識しているブレイクを通り過ぎて、フッと気が緩んだところで「ゴンッ!」(@@;
反射的にアワセを入れると、ジィィィ~~~!
とんでもないスピードで沖に向かってドラグを出していきます。
まるでメッキタックルでソーダを掛けたときのようです。(@@;
「何、何、何?あんた誰?」
やっとファーストランが止まったと思ったら、今度は浅いゴロタを横に走り始めます。
「やめてくれぇ~、そっちはダメ~!」
今回も2lbラインを使っているので、ちょっとでも岩に触れたら一瞬でブレイクしてしまいます。
一か八かで強引に頭を引っ張り向けたところで、ようやくやり取りの主導権を確保しました。
しかし、ここでとんでもない問題に気が付きました。
足場が3m以上あるんです。(@@;
当然ネットなんか持ってません。・・・どうしよう。(T_T)
「岸壁沿いをゴロタの岸までポチしようか?」
「でも、足元は真っ暗だし、距離もずいぶんあるし・・・。」
「初めてのポイントで、どこに何があったか全然覚えてないし・・・。」
「えぇ~い、やっちまえっ!」
「ウォリャァァァ~~~!」
「・・・ぬ・抜けた。(・_・;」
しばらく放心状態でしたが、あらためてビチビチ跳ねてる魚にライトを当てると、ビックリ!(@@;
陸っぱりでは見たこともないような太っといデカアジが転がってるではないですかっ!(@@;
メジャーを当てると全長34cm、間違えなく自己新記録です。
奇跡的な抜き上げと、私のルアーに食いついてくれた偶然に感謝しながら、思わず手を合わせて拝んでしまいました。(~o~)

下見したポイントはもう一ヶ所残っていましたが、これを釣ってしまえば今日やり残したことはもうありません。
次回のためにヒットポイントを目に焼き付けて、新規開拓の南房ショートロードを終了したのでした。(^^)
南房・・・クセになりそうです。(~o~)


  28cm×2匹と、34cmのBIG ONE!太かったです。(^^;

 さすが南房、やっぱツボにはまるとスゴイの出ますねぇ~。(^^)




釣りの世界
以前からサイトのご案内をいただいていたので、あらためて登録してみました。
コメント (26)

0130 月夜に乾杯×・・・完敗〇

2010-02-02 01:03:55 | 今日の釣りネタ

0130 寒くなったりあったかくなったりするので、久々にプチぎっくりしてしまいました。(T_T)
歩けないほどではありませんでしたが、週末の出撃に影響しては困るので大事を取って有休。(^^;
その甲斐あってか、土曜日の朝には8割方回復して出撃可能となりました。
満月でヤバそうな匂いがプンプンしてましたが、ロッドを振りたい衝動を抑えきれずに出撃となったのでした。(~o~)

前回の「明るいうちチェック」に味をしめ、今回も15:30の到着です。
2ヶ所回ってみましたが、いずれも小魚一匹すら見かけません。
なんだか、生命感のない冷た~い感じの海でした。
とりあえず、前回爆ったポイントからスタートすることにします。・・・アングラーって単純ですね。(~o~)
17:30 ちょっと早いですが、群れの先発隊が到着するかもしれないので始めてみます。(^^;
18:00 そろそろアジの団体さんが押し寄せてもおかしくない時間帯ですが、一向に気配がありません。
18:30 なんだかんだで1時間やってますが、外道のアタリすらなしです。
19:00 いよいよまん丸お月さんが昇ってきました。この後、猛烈な下げ潮も襲ってきます。・・・ヤバイ。
結局、1時間半も粘った割にノーバイトのまま撤収となってしまいました。(T_T)

次のポイント。
ここは人気ポイントでいつも先行者がいるのですが、今日は珍しく誰もいません。
普段ならこんな時は端からネチネチやっていくのですが、この後満月と干潮が襲ってくるので、じっくりやっていると大変なことになります。
鉄板のコースを4-5回通して、手っ取り早くアジをゲットするつもり・・・でしたが、・・・無反応。(T_T)
手堅いはずのポイントも撃沈でした。

そして、次のポイント。・・・
さらに、次のポイント。・・・
結局、19:00以降に2時間半で8ヶ所まわりましたが、アジどころかフグのバイトすらなしです。(T_T)
既に満月は高く昇って、本が読めるほど明るくなってしまいました。
潮位もいつもの干潮を下回るほど下げてしまい、もうポイントの心当たりすらありません。
・・・そうだ!ジンタ君ならいるかもしれない!
だんだん志しが低くなっている自分が哀れですが、なにも釣れないで帰るよりはましってことで、ジンタ君ポイントに急行します。(^^;

一投目でいきなり「モゾモゾモゾ」っときたので、4時間越しのファーストバイトを勢いよくアワセてしまいました。
ピヨォ~ン。(@@;
10gのキャロが背負えるつもりで購入したニューロッドは、10cmほどのジンタ君を気持ち良~く頭の後まで放り投げてくれたのでした。(~o~)
 やった!アジ釣れた!・・・志の低いアングラーです、はい。(~o~)
そして、もう一ヶ所のジンタ君ポイントを往復しながら、豆メバル3つとジンタ君11をゲットして、自己満足のうちに業務終了となったのでした。(~o~)
 さすがに、15cm↓ではお持ち帰りの対象になりません。(T_T)

ところで、アジが釣れないので本日のおみやげは「なし」となってしまったのですが、・・・
こと獲物に関しては、転んでもただでは起きないのが真髄です。(~o~)
散々痛めつけられた大潮のド干潮を逆手にとって、干上がったスロープのブレイクラインを一流し。
より取り見取りのアカナマコのうち、一番デカイやつを一つをいただいて本日の業務終了となったのでした。(~o~)

コメント (10)