手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0101 元旦悶絶ヒイカ

2019-01-06 13:25:23 | 湾奥ヒイカ研究会
0101 明けましておめでとうございます。
この時期、メッキシーズンが終わってしまいますが、いつもの通りブログはぼちぼち続けてまいります。
今年も「手のヒラアジなメッキ道鍛練中」をよろしくお願いいたします。m(_ _)m

元旦ですが、さっそく初釣りに出撃です。(^o^)
17:00 今シーズン最後になりそうな千葉港ヒイカでお手軽に済ませます。(^^;


元旦だからか?それともカレイが釣れてないからか?じぇーんじぇん人がいません。
とっても久し振りにポイント選び放題。(^^)
一番先まで行って、常夜灯の下だけをやりながら戻ってくることにします。

しか〜し、人がいないってことは、イカもいないんですよねぇ〜。T_T
・・・30分経過。「いね。」
・・・1時間経過。「釣れね。」
・・・2時間経過。「悶絶〜。T_T」
ヲイッ!コラッ!何にも釣れねーじゃねーかっ!

19:00 縁起事なので、初釣りで「ボ」ってわけにはいきません。
自動的に残業です。(^^;
本命の常夜灯下まで戻ってくると、
「あれっ?ここの人、イカ持ってるじゃない。な〜んだ、やっぱここかい。」
隣に入れていただくと、渋いながらも初獲物ゲットでした。(^^)


残業1時間やったところで4ゲット。
まぁ、「ボ」引かなかっただけヨシとしましょう。(^^)

<本日>4ハイ/3h=時速1.3ハイ、<累計>89パイ/22.5h=時速4.0ハイ

新年早々、悶絶な3時間でしたが、初釣りの縁起事レポでした。(^^;
コメント (2)

1229 釣り納めで房総魂!

2019-01-01 14:27:28 | 2018年今日のメッキ

1229 今年もついに年末となり、2018年の房総メッキともお別れの時期となりました。

毎年年末が近づくと、その年のメッキにお別れしなければならないわけですから、考えてみればなんとも切ないターゲットですよねぇ。

まぁ、それにしても今年の房総メッキは大凶作でした。T_T

毎週のように出撃していましたが、ツ抜けした記憶がほとんどありません。

房総は黒潮に乗って流れ着く最終到達地点ですから、もともと数が少ない今年など、出汁ガラのような状態だったのかもしれませんねぇ~。

そうは言っても、今年の海水温的にはまだ死滅したわけではなく、群れがまとまって見つけにくくなっているだけ。

年末最後の釣り納めで、何としても2018年最後のメッキを釣って有終の美を飾るべく、年末の房総ロードへいざ出撃でした。(^^)

 

11:00 この時期、メッキが活動するとしたら午後になってからなので、こんな時間からのスタートで十分です。(^^;

冬場のメッキは「魚がいる可能性」に賭けなければ釣りにならないので、寄り道はせずに直接本命ポイントに入ってしまいます。

前回、青服さんが結果を出していたメタジフルキャストで、漁港のディープを攻め続ける作戦なのです。

いつもより長い7fロッドを持ち出して、10gのメタルジグを漁港のど真ん中までフルキャスト。

立ち位置を3mずつ移動しながら、1時間半かけて漁港をほぼ一周流してみますが・・・。

なぁ~~~んもいね。T_T

あまりの釣れなさに、ここでよく見かけるメタジでカマスを狙っている2人組のアングラーに声をかけてみます。

今日はカマスも反応なしとのことで、ポカポカのスロープに腰をおろしてついつい長めの釣り談義となってしまいました。(^^;

釣れない時こそ、こんな絡みが楽しいんですよねぇ~。(∼o∼)

いったんこのポイントを諦めて、次に行くことにしましたが、気になることが二つ。

一つはベイトがパラパラ確認できたのですが、ハクよりトウゴロウの方が目立っていたこと。

もう一つは海鵜がたくさん来ていたこと。・・・う~ん、気になる。(^^;

 

14:00 次はベイト着きが期待されるサーフのピンポイントに入ってみます。

毎回期待値が重なるのか、ちょうど出撃中の青服さんとバッタリとなり、ツープラトンでメタジフルキャストを続けますが、

・・・。

・・・。

なぁ~~~んもいね。T_T

 

14:30 青服さんとドブ偵察でスカ、青服さんと別れてからも漁港のディープを2ヶ所当たってみますが、いずれも生命体反応なし。T_T

まぁ、前回「ボ」を食らってますので、このくらいの釣れなさは覚悟していましたが、さて、次はどうするか・・・。

気になるのは最初に入った本命ポイントです。

 

15:30 他に思いつくポイントもないので、迷わず最初のポイントに舞い戻ります。

先ほどのカマスアングラー二人は、まだ同じ場所でキャストを繰り返していました。・・・粘りますなぁ。(^^;

もう一度声をかけると、1時間ほど前にメッキらしきスーパーボイルが出たとのこと。(@@;

「やっぱり出ましたか、海鵜とトウゴロウが多かったので怪しいと思ってたんですよ。」

とやり取りしている目の前で、いきなり、バシャバシャバシャ!(@@;

漁港のど真ん中でボイルが発生です!(@@;

すぐに10gのメタジを付けてフルキャストで応戦しますが、ボイルの足が速くてなかなかストライクできません。T_T

そうこうしていると、カマスアングラーにヒット!

8fくらいあるエギングロッド?が大きく弧を描いています。(@@;

上がってきたのは目測で25~26cmくらいはある良型のギンガメアジ。・・・うらやましい。

 

16:00 この1匹でボイルは消えてしまいましたが、デカいメッキの群れが港内にいることは間違えありません。

となれば、その群れが回遊するであろうルートで待ち伏せするのがセオリーです。

目星を付けた回遊待ちポイントに仁王立ちして魚道50をフルキャスト、中層レンジでジャークとテンションフォールを繰り返します。

ガゴンッ!(@@;

「キターーーーー!」

狙いすました25cm、12/29の釣果ならいつもの1匹より100倍くらい嬉しい1匹です。(^^)

 

16:30 二匹目のどじょうならぬ年末メッキを狙うべく、ひたすら魚道50の中層ジャークを続けていると、

こんなのがオマケで釣れてきました。(^^;

 

16:45 いよいよトワイライトのラストチャンス。

メッキの群れが浮ついていることを想定して、中層より上のレンジでジャーク&フォールを繰り返します。

・・・。

・・・。

ガゴンッ!(@@;

「もう一丁キターーーー!」

7.7fのチヌロッドをガッツリ曲げて上がってきたのは、本日二つ目の25cmのギンガメでした。(^^)

してやったり、これぞ房総魂!(^^)

 

17:00 ついに真っ暗になってこれ以上は期待できません、2018年の房総メッキしゅ~りょ~。

結果的にカマスアングラーさんと絡んでいたことが、この貴重な2匹に繋がったような気がします。(^^;

ありがとうございました~。(^^)

 

17:30 貴重なラストメッキをゲットして任務完了ではありますが、正月用の干物確保にデカカマス狙いもやってみます。(^^;

「さ、さ、さぶい。」

ノーバイトの1時間は骨身にしみる寒さです。(@@;

続けていれば回遊しそうな気もしますが、魚が来る前に人間様の忍耐力が尽きました。T_T

続行不能、これにて2018年の釣り納めしゅ~りょ~となったのでした。(^^;

 

↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。是非クリックしてご覧ください。(^^) 

 

コメント