手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0730 ボートメッキ炸裂!

2011-07-31 10:02:20 | 温泉デカメッキ研究会

0730 昨年も乗せていただいた釣福丸」さんのボートメッキに行ってきました。
HPで「35cm級のデカメッキ好調」の記事を見ていてもたってもいられなくなり、金曜日の終業後に予約の電話を入れて急遽出撃決定。・・・もちろんいつものCommyさんと。(~o~)
追加メンバーは、その場でお誘いの電話をしたジーコさんとぱわぁほ~るさん。
どちらも「35cm級のデカメッキ」に即バイトでした。(~o~)

~午前中~
35cm級のメッキとなると、さすがに過去に二回しか釣ったことがありません。
どちらも心の準備がないまま食いつかれたので、「伸されてヤバかった。」という記憶が残っているくらいです。
「さて、どれほど引くかわからない35cm級メッキにどのロッドでのぞもうか?」
ロッドの束をひっくり返してあれやこれやと品定めしてみましたが、どうもしっくりくるロッドがありません。
今回のターゲットにパワー的にマッチして、尚且つボートでの取り回しが良さそうなロッドが見当たらないのです。
う~ん・・・なければ買うしかないでしょ。(^^;
「こんなにあるのにまだ買うのっ!?」
っとブチ切れ気味のかみさんを尻目に、出撃前のお買いものとなったのでした。(~o~)

ポ○○ト蘇我店。
自分の人差し指より太いロッドはほとんど使うことがないので、店員さんにボートロッドについて色々聞いてみました。
いくつか振りながら丁寧に教えていただいて、・・・決めちゃいました。(^^;
6.6fのボートシーバスロッド『ZALTZ ZAT-66ML/S』
これなら今日のゲームにピッタリで、更にこの後も他の場所で出番がありそうです。
予定外のNEWロッドをひっさげて、横浜の温排水に潜むデカメッキに勝負を挑むこととなったのでした。(^^)

17:00 出港の5分前になって小雨がぱらついてきましたが、頭の中ではデカメッキがガバガバやってて雨なんか気になりません。(~o~)
5分でポイント到着。・・・ムチャムチャ近いんです。(^^;
「ボイルが出るかもしれないから周りもしっかり見ててよ~。」
船長から声がかかってキャストを始めた瞬間、もう一度船長から声がかかります。
「ほらっ!あっちでボイル出てんじゃんよぉ~!」
すぐに船首を回してもらい、左舷に4人固まってボイル目がけて一斉にキャスト!
一投目でまずは隣のジーコさんヒット!
「チュイィィィ~~~ン!」
聞いたこともないようなかん高いドラグ音が聞こえてきます。(@@;
隣を見る余裕もなく、私の二投目。
三回ほどトゥイッチしたところで、ガッ!ゴンッ!(@@;
「きたぁ~~~!」
「ジィ、ジィィ、チュイィィィ~~~ン!」(@@;
突っ込みの速度が速すぎて、シバスロッドでさえ伸され気味になります。
ようやく止まったと思ったら、今度は温排水の流れにピッタリ張り付いてちっとも浮いてきません。
そうこうしているうちに、今度はCommyさんのポッパーにもヒット!
なんと、開始10分でトリプルヒットです。(@@;
順番に魚が浮いてくると、皆で口をそろえて「でぇけぇぇぇ~~!」(^^;
三人とも無事ネットインして、幸先良くこんな絵になりました。(^^)
 最高のスタートです。(^^)
 年中メッキですが、こんな絵なかなかありません。(^^;
 サイズは前評判通りの36cm。ルアーはDコンタクト72です。

ボイルが止まるとまったりした雰囲気になってしまいます。
しかし、常にボイルが出るわけではなさそうなので、こんなマッタリタイムで魚を出さないと数が伸びないはず。
魚が意識しそうなレンジを確認するつもりで、表層から順番に探ってみることにします。
サーフェス、水面直下、50cm、1m、1.5m・・・。
しばらくすると、ジーコさんが二匹目のデカメッキをヒット!
ルアーは二匹ともアイスジグだそうです。
 ジーコさんのアイスジグ、絶好調でした。(^^)
上から順番に狙ってダメ、でもアイスジグならヒット・・・どうやらメッキはボトム近くを回遊してそうです。
シンキングミノーでいったんボトムを取って、そこから早すぎず遅すぎずトゥイッチアップする作戦に出てみました。
すると、ゴンッ!(@@;
「きたぁ~!」
先ほどと同サイズと思われる引きですが、今回使っているタックルはいつものメッキロッド「ベイライナーCF」です。
ぐにゃぁ~~~!(~o~)
メンバーからは「竿がかわいそう」なんてひやかしの声までかかります。
散々走られ最後はポンピングまでしてようやくネットインでした。・・・楽しい~。(~o~)
 これも36cmですが、コイツはデブデブでした。(^^;

その後、ジーコさんが絶好調のアイスジグで一つ追加、私が二つ追加したところで完全に日没。
辺りは真っ暗になって、発電所の常夜灯がポイントの目安になってきました。
この時点でまだ釣れてないのは、自作のルアーにこだわってキャストを続けていたぱわぁほ~るさんだけ。
もちろんミヨシの一番いい場所で続けてもらってますが、なんとなく話しかけづらい雰囲気になってきました。(^^;
「ぱわぁほ~るさん、早く一匹釣って楽になろうよ。」
なんて言えるわけありませんが、こちらの願いが伝わったのか自作ミノーに見切りをつけてDコンタクトを投げ始めます。
すると、ドン!
ついにぱわぁほ~るさんにも待望のファーストヒット!
いままでの鬱憤を晴らすかのように、わいのわいのと大騒ぎしながらやり取りしてます。(~o~)
そして、一匹目を取ったと思ったら、直後にまたもやヒット!
今度は「これはデカイ!絶対40cmアップいったぁ~!」とか言いながら大はしゃぎ!・・・結局他と一緒でしたが。(~o~)
なにはともあれ、これで全員キャッチ!同じテンションで盛り上がれるようになりました。(~o~)
 ぱわぁほ~るさんの追撃メッキ。よかった、よかった。(~o~)

そして、最後にまたもやジーコさんのアイスジグが今日一番の大物をヒットさせます。(@@;
明らかにロッドの曲がり方が違い、走られるとティップが水中に刺さってしまいます。(@@;
そろそろだろうとネットを構えてからも一向に浮いてくる様子がありません。
渾身のポンピングでようやく浮かせた魚を見てビックリ!
50cmはありそうなドでかいクロダイでした。(@@;
アイスジグの威力恐ろしや・・・。
 ぱわぁほ~るさんもシバス釣ってますが、黒50の前ではかすんでます。(^^;

最後の一時間でアジングポイントにも釣れて行ってもらいましたが、魚探の反応はあるものの食い気がないらしく誰にもアタリがありません。
「生ワーム」まで出動しましたが、最後までアタリがないまま21:00となってタイムアップ。
4時間のメッキ&アジングゲームでしたが、衝撃的なことがあり過ぎて10時間以上やっていたように感じるほど内容の濃い釣りとなりました。
楽しいゲームを演出していただいた釣福丸の船長さんに感謝しながら陸上がりとなったのでした。(^^)

皆さん、お疲れさまでした。
船長、ありがとうございました。またよろしくお願いします。m(__)m


釣りの世界
デカメッキ全員キャッチに「一ポチ」よろしくお願いします。(^^)

コメント (18)

0723 お手上げ。

2011-07-28 00:39:17 | 今日の釣りネタ
0723 もう木曜日、また先週末分のアップをさぼってしまいました。
まぁ、釣れなかった時なんてそんなもんですねぇ~、筆が進まないというかなんというか。(^^;
気乗りしない釣行記はつまんないかもしれませんが、少々お付き合いください。m(__)m

12:00 前日の酒を抜いてからの出発で、まずは手堅い港から。
台風が通過した後なので、いつものように港内にはいくつか漁船が係留されています。
チャンスとばかりに係留船の下を叩いて回りますが、今日はさっぱりショゴの群れが見つかりません。
それほど濁っているわけではないのに・・・、それほどうねりが入っているわけでもないのに・・・。
群れが沈んでいることも想定して、10分ほど回遊ルートのボトムも探ってみましたがやっぱりダメ。
どうやら、大荒れの影響で群れごと移動してしまったようです。(T_T)
 ここではスロープで飛び出したソゲ君だけ。

13:00 二ヶ所目。
ここでも係留船周りをチェックしていくと、船べりにピッタリ張り付いているチビ二匹を発見。
群れからはぐれた二匹なのか、体をシマシマにして寄り添っています。
シマシマになった単独の個体はなかなか手強いはずなんですが、この魚は意外と素直に食ってくれました。(^^;
 釣り上げるとシマシマが消えちゃうんですよねぇ~。(^^;
 税金君はいるんですが、これさえ数少なめでした。
ここで、いつものCommyさん合流ですが、あまりにも魚が見つからないので次へ移動。

14:00 三ヶ所目。
本命とにらんでいたポイントでしたが、ここでもショゴの群れが見当たりません。
代わりに、例年なら6月中旬には見かけているはずのイトヒキアジが今季初お目見えでした。
ここでは、朝一から回っている青服さんとも合流しますが、やっぱり魚の姿も見かけていないそうです。
・・・三ヶ所回ってようやく「厳しいかも?」ってことに気が付いたのが最大の収獲だったかもしれません。(^^;

そして・・・、ここから更に不毛のロードが続きます。
手堅そうなポイントばかりを回っているはずなのに、最初の一匹以降ショゴの姿すら見かけることができません。
四ヶ所目・・・・。
五ヶ所目・・・・。
六ヶ所目・・・・。
たまに、ルアーをマイクロスプーンに変えてメッキを狙ってみたりしますが、こちらもダメダメ。

16:30 思い切ってエリアを変えて最後の勝負に出てみます。
が、・・・・やっぱりダメ。(T_T)
「そういえばここはデカカマスポイントでしたね。」
「もう何ヶ月も狙ってませんが、夏カマスなんて狙えたらいいですよね。」
「そうですね、やってみますか。」
Commyさんとそんなやりとりでしたが、二人とも内心『いるわきゃね~だろ。』って思ってるのにやってしまう・・・。
アングラーの悲しい性なのでした。(~o~)
途中分かれて回っていた青服さんまで合流して、いるはずもないデカカマスを狙い続けますが、釣れたのはこれだけ。
 いいレンジから「コツ!」っとあたるので、一瞬びっくりしてしまいました。(^^;

18:30 ついに万策尽き果ててジ・エンド。
台風一過のショゴ狙いは、何もできず「お手上げ」のうちにゲームセットとなったのでした。(T_T)


19:00 よせばいいのにアジングの残業。(~o~)
さっきまで「それほど濁ってない」なんて思ってたのに、アジングを始めたとたんに「ずいぶん濁ってる」と思えてしまいます。(^^;
これも釣れない言い訳の一つなんでしょうかねぇ~。(^^;
二ヶ所回って電池切れとなってしまいましたが、こちらも散発三匹のショボ~い結果。
まだ、時期外れの一つ目の台風だというのに、このあと台風と上手く付き合える自信がなくなってしまいました。
あぁ~、台風一過に『お手上げ』。(T_T)


釣りの世界
釣れなくても皆さんの「ポチ」でまた元気になれます。(^^;
よろしくお願いいたします。m(__)m
コメント (8)

0717 至福の20分再び。

2011-07-21 01:00:52 | 今日の釣りネタ
0717 今年の房総は、あっちでもこっちでもショゴたん祭りで大騒ぎになっています。(^^)
数が多いのもさることながら、今年のショゴはサイズが半端じゃない。
例年の7月中旬なら、一日回っても25cm級はなかなか出ないはずなんですが、今年はフツーに25cm↑が出てしまいます。
そして何よりショゴ狙いのロードが成立してしまうってのがサイコーです。(^^)
先週は夕まずめに至福の水面爆裂タイムが訪れたので、今週も柳の下のショゴたん狙いで出撃となりました。(^^;

05:30 「夕まずめがいいなら朝まずめもいいだろう。」ってことで、気合の朝一スタート。
まずは、サイズより手堅く数が狙えそうなポイントから様子をうかがってみます。
が、・・・外海ザバザバ、港内ダダ濁り。(T_T)
しかも、ふだん係留されているはずの船は台風に備えて皆陸揚げされ、港内にショゴが溜まりそうなストラクチャーが見当たりません。(T_T)
仕方なくミノーやポッパーでヘチを狙って様子をうかがいます。
ショゴの溜まりそうなポイントまで来ると、見つけました、ショゴ・・・じゃなくて既にショゴを釣ってるアングラーを。(^^;
ダート系のルアーで足元をチョンチョンしながら、ヘチを回遊しているショゴを狙い撃ちしているようです。
なるほど・・・、魚の居場所がわかってやってるなら実に手堅い、最近のショゴ狙いも進化したもんですね。(^^;
とりあえず、私も端の方でチョンチョンして、おこぼれにあやかっときました。・・・チビ3つ。(~o~)
  チビばかりの群れでしたが、よく肥えてます。(~o~)

07:00 次々にポイントロードしていきますが、やっぱり港内には頼みの係留船がありません。
仕方なく、ヘチとかブイとかロープ等が狙いになるのですが、懐の浅いストラクチャーでは2~3匹着いていればいい方です。
フラフラっとルアーを見に来る程度か、せいぜい取れても一つがいいところ。
10:00まであちこち回りましたが、結局、本命のショゴたんは3つ追加止まり。
代わりに、いつもの「税金くん」や「ルアー丸呑みくん」が飽きない程度に遊んでくれました。(^^;
  どこへ行っても元気印の税金くん。(~o~)
 口を開いているのではなく、口が閉じられなくなってます。(~o~)

11:00 ここで前日も別方面へ出撃していたCommyさんが合流します。・・・ホント好きですねぇ~。(~o~)
干潮も近づき、ますます魚が見つからなくなってしまったので、早メシの後ちょっと志向を変えてメッキを狙ってみることにしました。
メッキ?・・・そう、ついに今年の一番メッキの朗報が入ってきたのです!
朗報の主はもちろん青服さん。(^^)
この時期の豆メッキを釣らせたら、間違えなく彼の右に出るアングラーはいないでしょう。(^^;
青服さんからの朗報をどーぞ。
 狙ってこれが釣れるのは青服さんくらいかも?(^^;
前日に青服さんがメッキを見かけたポイントをいくつか流してみますが、今日は港内までうねりが入ってことごとくスロープ周りが濁っています。
2~3ヶ所回ってみましたが、結局メッキらしき姿を確認できないまま、お楽しみは次回へ繰り越しでした。(^^;

14:00 潮も上げてきたので、午前中に確認しておいた数少ないストラクチャー周りを順番に確認してみます。
すると、・・・いましたっ!
係留船の下に25cm級の群れが着いています。
そして、中には尺クラスのでかいヤツも見えます。(^^)
手っ取り早く勝負するためジグヘッドリグを放り込むと、いいサイズが飛び出してきて一発でひったくってくれました。(^^)
腹ボテボテの28cm、メッキロッドが締め込まれ糸鳴りがするほど良く引きました。(~o~)・・・残念ながら画像なしです。

そこへ久々登場のジーコさんが合流します。
彼はもともとバスマンなので、係留船の下に見えている魚ならお手の物・・・のはずです。(^^;
「はい、魚見えちゃってます。どーぞ、どーぞ。(^^)」
どんなルアーから始めるのか見ていると、ゴソゴソとアイスジグをセットしています。・・・なかなか心得てますな。(^^;
そしてジーコさんの一投目、アンダーキャストで係留船スレスレにルアーを放り込んだかと思ったらいきなりヒット!
さすがバスマン、見事なストラクチャー打ちでした。(^^)
・・・で、ジーコさんの釣ったショゴの後には、お約束のように25cm級のショゴがウジャウジャ着いてきます。
私の目の前にウジャウジャ・・・これを黙って見ていられるはずもなく、付いているジグヘッドをポチャンと落とすと、今度は私に25cm級がヒット!(^^;
・・・で、私の釣ったショゴの後には、やっぱりお約束ようにお友達がウジャウジャ。(~o~)
「Commyさん、お友達いっぱいです!早く投げてっ!」
「え~っと、今ポッパー付いてるんだよねぇ~・・・。」
「ダメ、ダメ、ポッパーじゃダメ、早く他のに付け直してっ!」
Commyさんがゴソゴソとルアーを付け替える間、グロッキーしたショゴを8の字に引っ張ってお友達を引きつけておきます。
そして、Commyさんがようやく付け替えたジグヘッドを足元に放り込むと、やっぱり一発ヒット。
一粒で三度おいしいお友達作戦でした。(~o~)
 ピーカンの空をバックにパチリ。(^^)

~~~ いい加減長いんで中略。(~o~) ~~~

18:00 期待の夕まずめタイムは、風と魚っ気から判断して先週とは別のポイントを選択しました。
当然、ここからは三人ともポッパーゲームで最後まで貫きます。
しばらくすると、
「出たぁ~~~!引くぅ~~~!楽しいぃ~~~!」
まず、口火を切ったのはCommyさん、大騒ぎしながら25cm級をスロープにずり上げます。
「一週間イメトレした成果がでましたね。(^^)」
「バッチリです。(~o~)」
?・・・そう、実は先週のCommyさん、ポッパーにボコボコに出たのに一回もフッキングできなかったのです。
ほんの少し食わせる「間」が足りなかったのですが、一週間悶々とイメトレしてのリベンジだったようです。(^^;
そして、「間」をつかんだCommyさんはそのまま三連発で最大28cm。(@@;
私も25cm級を一つ上げたあと、先週より強烈なヤツがヒット。
尺アップを期待してニタニタしながらやりとりしていましたが、痛恨のフックアウト。
メッキ用に使っている細軸フックを伸ばされてしまいました。(T_T)
尺アップのショゴ・・・侮れません。(T_T)
 もう一回り大きいのが写ってるはずだったのに・・・。(T_T)

20分後、・・・至福のポッパータイム終了~!
んっ?・・・そう言えばジーコさんが出てきませんでしたが?(^^;
・・・そう、今週はCommyさんに代わってジーコさんが悶々とする一週間を過ごす役となったのでした。(~o~)


釣りの世界
来週は太軸でリベンジしてきます。(^^;
コメント (14)

0709 水面炸裂!至福の20分間

2011-07-14 00:37:41 | 今日の釣りネタ
0709 夏ですねぇ~、暑いですねぇ~、でも、こんなシーズンこそ釣りの方も「熱く」なります。
そして、「熱い」からこそ、証拠にもなくまた出撃してしまう・・・これ、自然の摂理です。(~o~)
さて、今週は?、更に熱くなって帰ってこれたか?、それとも、暑い最中にクールダウンして退散してきたか?
いつものように相棒Commyさんと灼熱の房総へ出撃となりました。(^^;

09:00 このところ、専門外の「テーマ」を持って勇ましく出かけるのがクセになってしまいました。・・・高いのは志だけですが。(^^)
そして、本日のテーマは「照りゴチ」。
どこからこのワードが出てきたのか?自分でもよくわからないのですが、天気がいいのでこんなワードが頭にこびりついていたのかもしれません。(^^;
さっそく、お手軽なサーフに入ってジグヘッドにパワーシャッドのリグで「照りゴチ」にチャレンジしてみます。
・・・と、先にサーフに入っていたCommyさんがトボトボ戻ってきます。???
「あれっ?もう終わりですか?」
「3投するとワームがなくなります。(T_T)」
そこら中グーフーだらけだったようです。(~o~)
私は一投もせずに次のポイントへ。(^^;

次、しばらく前にリベンジマゴチを釣った場所。・・・ちょっと期待です。(^^;
・・・。
・・・。
・・・。
「次行きましょう。(~o~)」

次のポイント、港内に係留船がたくさんあって、この時期港内にもピンギスの群れが溜まるポイント。
・・・。
・・・。
・・・。
「やっぱり、我々が熱くなれる釣りじゃなさそうですね。(~o~)」
「そうですね。(^^;」
素直にあきらめて、本日のテーマは不発のまま封印となりました。(~o~)
やっぱり、魚が見えるか魚からのコンタクトが頻繁にあるような釣りでないと、辛抱利かないみたいです。(~o~)

午前中からうだるような暑さだったので、早目の昼食をとって午後の作戦を開きます。
「次何狙いますか?」
「やっぱ、ショゴ探すしかないでしょ?」
「やっぱ、それしかないですよね。」
何とも短い作戦会議でした。(~o~)

13:30 土曜日の午後とあって、好調と伝えられるショゴ狙いのアングラーもさぞかし多いはずです。
メジャーな漁港は避けて、あえて隣のマイナーな港でショゴの群れを探してみます。
港の一番奥からヘチ沿いを探して歩くと、いました、いました。
係留船の下に10匹ほどのチビショゴが群れています。(^^)
一投目、もの凄い勢いで群れごとルアーに飛びかかってきますが、どいつもこいつもルアーの寸前でUターンしていきます。
「そうとうスレてるなぁ~・・・。」
二投目、これをミスるとミノーでは釣れなくなってしまうので、一撃で仕留めなければなりません。
メリハリのあるトゥイッチと追ってからのファーストリトリーブで、イメージ通りにバイトしてきました。(^^)
 ちいちゃいのですが、まずはミノーで一匹。(^^)
案の定、その後はミノーに反応しません。
仕方なくジグヘッドリグに変えて、だましだまし4つ追加して最初のポイントは終了でした。
 ジグヘッド+ワームならワインドアクションでスレショゴもだませます。(^^)

15:00 二ヶ所目、メジャー漁港はやっぱりスレスレです。
もう、ジグヘッドで誘い出しても振り向く程度しか反応しません。(T_T)
深追いしても仕方ないので次。(^^;

15:30 三ヶ所目、ここも定番のメジャー港ですが、今度はショゴが一匹も見つかりません。
そして、港内を良く見ると、あっちにもこっちにもショートロッドでルアーを投げているアングラーがいます。(@@;
やっぱり、・・・素直に退散でした。(~o~)

16:00 四ヶ所目、やっぱりマイナー港に勝負をかけることにします。
到着するなりCommyさんがチビを一つ、他にもいるんですがなかなかルアーを追ってくれません。
港内をぐるっと回りこんでいくと、係留船の影とヘチにけっこうな数のショゴが付いています。
・・・が、やっぱり振り向く程度で本気チェイスしてくれません。
あきれるほどスレスレで、何をやってもどうにもならないのです。
一時間ほど空振りし続けたところで、根負けの電池切れとなってしました。(T_T)

zzz・・・。

一時間ほどうとうとしてプチ充電完了。(^^;
やっぱり、夕まずめのいい時間帯を、釣り場にいながら逃すことなんてできません。(~o~)
さっきのスレスレが悔しくて仕方がないので、一つ二つやっつけるつもりで先ほどのポイントに戻ります。
さっそく群れの近くにミノーを投入すると、今度は一投目にいい反応が出ます。
港内に残っているのは皆20cm級ばかりですが、各群れから一つずつ拾って3つ追加でした。(^^)

そして、最後の上がり際にポッパーで水面をかき回す作戦に出てみました。
すると、いきなりルアーの後で「ガボ~ン!」とド派手な水柱が立ちます。(@@;
一回目で乗らなかったのですが、続けて「ガボンッ、ガボンッ!」(@@;
三回目のバイトでヒットすると、メッキロッドが大きく曲がりドラグがジリジリと出ていきます。
グッドプロポーションの26cmでした。(^^)
 突然の水柱は回遊の群れ?とにかく皆デブデブでした。(^^)
続けてポッパーを投入すると、またもや「ガボ~ン!」で一発ヒット。(@@;
先ほどと同サイズの26cm、更に23cm。
 これは居着きの群れ?ちょっとスレンダーな23cm。
もう、そこらじゅうにショゴがひしめき合っている感じです。
そして、4発目にいいのがきました。(^^)
ヒットするなり、一直線に近くの係留船目がけて猛ダッシュ!
メッキロッドはバットからひん曲がって伸され気味。
一気に10m以上ドラグを出され、一度止まってからも右に左に大暴れ!
ようやく魚をいなしてスロープにずり上げると、デ・カ・イ!(@@;・・・もとい、フ・ト・イ!(^^;
上がってきたのは、デブデブに太りかえって菱形のような体型の尺オーバー、31cmだったのでした。(@@;
 今シーズン初の尺オーバー。この菱形君はよく引きました。(^^;
もう一つ25cmを追加したところで、ポッパーへの反応がなくなり日没ゲームセット。
ここまでわずか20分足らず、どうやら夕まずめの回遊にドンピシャのタイミングで居合わせたようです。
20分間とは言え、ポッパーに水柱が立ちっぱなし。
いやぁ~、なんとも至福の時間でした。(~o~)


釣りの世界
「ガボ~ン!」って言いながら押すと、いいことあるかもしれませんよ。(~o~)
コメント (16)

0703 ×爆裂 〇激渋 ショゴロード

2011-07-09 00:07:15 | 今日の釣りネタ
0703 前回の出撃で至福のショゴ爆タイムを堪能できたので、今回はTEAM-SurFACEのHITOSHIさんをお誘いして、「爆裂ショゴロード」?へ出撃となりました。
例年なら5月頃TEAM-SurFACEさん主催の「アジカップ」が開催されるはずなのですが、今年は震災の影響もあってかまだアナウンスもありません。
気になる「アジカップ」の行方も含めて、主催者HITOSHIさんと楽しく釣り談義ロードとなったのでした。(^^)

05:00 「ショゴ好調」の情報で激混みが予想されたため、かなり早い時間からのスタートでした。
最初のポイント、いつも山ほどある係留船がみ~んな出払ってスッカラカンの港です。
「ショゴは根魚」っていうくらいですから、ストラクチャーがないのはそれはそれでやりづらかったりします。(^^;
案の定、いつもの溜まり場にショゴの群れはなく、代わりに足元の岸壁で15cmほどのオチビさんがベイトを追っているだけ。
まぁ、釣れないよりいいかってことで、40mmミノーで岸際のジュボジュボを直撃すると即ヒットでした。(^^)
 ちっちゃ~い。15cmちょっと。(T_T)
しかし、港内を一回りしてもショゴの群れは見つからず、早々にあきらめて次のポイントへ。

06:00 隣の港。
かろうじて5~6匹の群れを見つけて、先にHITOSHIさんに狙ってもらいますが・・・。
「んっ?」と一瞬振り返っただけで、ルアーに絡むことなく群れごと沈んでしまいました。
激渋ぅ~・・・。
なんだか今日のロードが不安になってきました。(T_T)

07:00 前回200匹以上の群れが入っていた期待のポイント。
しぃ~~~~ん。
何にもいません。(T_T)
スロープのブレイクラインに投げても、係留船の際に投げても、アマモの切れ目に投げても、ルアーの後に付いてくるのはマイクロカマス君とグーフーだけ。(T_T)
どうやら、いやな予感的中で、ベタ凪のため群れごと港外へお出かけしてしまったようです。
もっとも、ショゴの場合は港外へ出ていくのが本来なんですが・・・。

09:00 更に何ヶ所か回って、「ここなら」という手堅いポイント。
やっぱりいません。(T_T)
あんまり魚が見つからないので、ここで少々作戦変更です。
本来なら、ショゴが接岸したてのこの時期は「港の最奥」から群れを探すのがセオリーです。
しかし、どうもその「最奥」に魚がいない・・・、そこで、港外へアクセスする船道を狙ってみることにします。
シンキングミノーを沈めながら誘っていると!
「いましたっ!」
沈めぎみのミノーの更にその下から7~8匹の群れが沸き上がってきます。(@@;
しかし、ひと絡みして「プイッ」・・・手強い。(T_T)
もう、こうなったらルアーにこだわっていては釣れそうにありません。
最終兵器のジグヘッドリグをワインドダードさせて、さっきの群れを広範囲に探します。
「ゴンッ!」(@@;
ようやくきました、本日最初のまともなサイズ。(^^;
 はずかしながら、私のランディング。(^^;
 自分の画像はあんまり載せないんですが・・・。(^^;
 ようやくまともなサイズ。でもジグヘッドでしか釣れません。(T_T)
ここでは、もう1バイトありましたがフッキングできずそれっきり。
結局、続けて取れそうな群れが見つからず、また放浪のロードへ向かいます。

11:00 また何ヶ所か回って、例年の定番ポイント。
しかし、前日出撃したCommyさん情報によると、地元のガキンチョが毎日いじめててアバズレ状態とのこと。
「そう聞いてはいるけど、地元のガキンチョには負けられないでしょ。」(^^;
ってことで・・・、最初からジグヘッドリグで手堅い勝負に出ることにします。(~o~)
「HITOSHIさん、群れ発見です!やっつけちゃってください。」
「ジャーク&フォールで、ショゴを逆立ちさせられたらこちらの勝ちです。」
遠目にキャストしたルアーが群れに近づくと、群れの中の2~3匹がHITOSHIさんのジャークアクションに反応しています。
その中の一匹が更にルアーに絡んだところで、長めのフォールに逆立ちして付いていきます。
「OK!これはいったでしょー!」
ヒット!
絵に描いたようなサイトフィッシングで、HITOSHIさんに待望のファーストフィッシュをゲットしていただけました。(^^)
・・・よ・か・っ・た。(~o~)
 HITOSHIさん会心のサイトフィッシングでした。(^^)
 ついでに私も一枚。(^^;

さすがに、早朝05:00から休憩もそこそこに走り回っていたので、お昼はファミレスで長めの休息です。
積もり積もった釣り談義、震災後のよもやま話、そして気になるアジカップの行方・・・ついつい2時間近くも話し込んでしまいました。(^^;

さて、ショゴロード再開ですが、午前中に体力を使いすぎて電池切れ間近だったりします。(^^;
体力の消耗を最小限にしながら午前中のロードを飛び飛びに逆戻りしていきます。
いくつかのポイントでは、午後の上げ潮に乗ってチラホラとショゴの姿を見かけるようになりましたが、やっぱりスレスレでルアーに反応してくれません。
17:00 最後と決めて朝一のポイントに舞い戻ると、最も狙いやすいスロープ際に小群れが着いていました。
私のミノーには反応しませんでしたが、ここではHITOSHIさんがしっかりやってくれました。
イメージ通りにジグヘッドリグをワインドダートさせ、チェイスしたショゴの頭をシェイク!
すかさずストーンっと垂直フォールさせると、見事にショゴが逆立ちして追っかけていきました。
ヒット!
さすが百戦錬磨のアングラー、一度経験すればすぐにできちゃうんですねぇ~。(~o~)

まだ日没にはだいぶ時間がありましたが、帰り道の電池だけ残したところで「爆裂ショゴロード」・・・もとい、「激渋ショゴロード」を終了としたのでした。(^^;
HITOSHIさん、慣れない釣りでお疲れ様でした。
また遊んでください。(^^)


釣りの世界
釣れても釣れなくても、久々に会う友人とのロードは楽しいものですね。(^^)
コメント (10)