手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

2007年のメッキ発見?

2007-05-29 22:27:46 | 今日のネタ
しばらくごぶさたしていた野地文雄さんのHP(BBS)をのぞいてみると、
何と!野地さん、5月20日に今年のメッキを発見したそうです。(@@;
このところアジングばかりやっていたので、出かける時間がいつも夕方から。
そんなことじゃ、やっぱりメッキは見つかりませんよねぇ~。
例年だと6月中旬頃から「外房メッキ調査」を始めるのですが、
今年は6月頭から「外房メッキ青田刈り」に名前を変えてスタートダッシュしようと思います。(~o~)
今年もたくさんのメッキが接岸してくれることを祈りましょー。(^^)
コメント (15)

コマセ狂い対策

2007-05-20 23:20:39 | 外房アジング研究会
0519のアジングで、隣の餌釣りは爆釣(それ以上の「激釣」でした)しているのに、私のルアーは見向きもしないという手に負えない現象がありました。(T_T)
今まで何度か釣れている餌師の近くでアジングをやったことがありますが、いずれも「ルアーでもよく釣れた」んです。
ところが、今回だけは何をやってもま~ったくダメ。
今までの状況と何が違ったのか、また、ルアーに反応しなかった理由を私なりに考えてみました。(^^;

まず、今まで経験した「隣の餌釣り」と何が違っていたのか?
・・・正直言って、違うところが何も見当たりません。
コマセも付け餌もいたって普通のものでしたし、仕掛けも特に工夫した様子はありませんでした。
強いて揚げれば、餌師のオッチャンは相当経験が豊富らしく、アジの回遊ルートを狂いなく把握している様子でした。
当時、港内に餌師が10名以上いたと思いますが、このオッチャン以外はほとんど釣れていなかったと思われます。
そのくらい、アジの回遊ルートを正確に把握していたようです。

次に、ルアーに反応しなかった理由をいくつか考えてみました。
「餌釣りにあってルアー釣りにない」モノをポイントにいくつか挙げてみます。
①餌じゃないから(^^;
あたり前ですが、ここを譲るとルアーマンがルアーマンでなくなってしまうので、とりあえずこれは掘り下げません。(~o~)
②臭いがないから?
現場でケースに入っているほとんどのワームを使ってみました。
その中に、臭い入りと謳っているスクリューテールグラブが入っていましたので、臭いの「質」を除けば試したことになります。
ケースの中に入っていなかったので試せませんでしたが、「禁断のワーム」と名高い「ガルプ」ならどうなっていたのでしょうか?(^^;
③大きさが違うから?(ルアーは大きすぎ?)
確かに餌釣りの付け餌は小さいので、これも現場で1.5cmほどまで小さくしてみましたが・・・結果は変わらず。
④レンジが違うから?
餌釣りのウキ下は一ヒロ強。ポイントの水深からみると、比較的ボトムに近いレンジです。
本文の通り、ウキと同じ位置をレンジを変えて3回通しましたが反応ありませんでした。(T_T)
⑤ジグヘッドリグは漂わないから?
これはかなり引っかかってます。(^^;
餌釣りにあってジグヘッドのアジングにないモノと言えば、水中の漂い感いわゆる「ドラグフリー」の状態かもしれません。
確かに、延べ竿でジンタを釣る場合、細いハリスを長く取ることが最善策。
ハリスが真下に伸びきる前のカーブフォールで食わせることが最も重要です。(^^)
これは、少なからずもドラグフリーの演出で、オモリに直接ルアーが付いているジグヘッドリグでは再現しようのないことかもしれません。

思い当たるのはこのくらいですが、もし⑤がルアーを追わない原因の一つだとしたら、どんな対策があるのでしょうか?
・・・(^^)
二つほど思いつきました。(^^;
一つは、3lb↓のような細いラインでダウンショットにしてみるのはどうでしょう?(^^;
シンカーが着底してからテンションをかけ、そのテンションを一気にフリーにしてしまえば、ルアーがドラグフリーでフォールしていくような気がします。(^^)
もう一つは、やはり細いラインでシンカー下の長~いスプリットショットリグにしてみることです。(^^;
この場合は、シンカーが着底してからしばらくの間ドラグフリーが演出されることになります。
(キャスト性に問題がありそうですが・・・(~o~)

いつも釣りが終わったあとで考えてばかりですが、こんなことであの「釣れない」状況が解消できるかどうかはさっぱりわかりません。(^^;
つぎにこれを検証する機会はいつ来るのかもぜ~んぜんわかりません。
あしからず。(~o~)
コメント (8)   トラックバック (1)

アジカップのアジ激旨

2007-05-20 22:04:59 | 今日のネタ
アジカップ当日に釣れたアジは、ちょっといつものアジと違っていました。
私が釣ったアジも、餌師のオッチャンがバカ釣りしたアジも、また各参加者が検量に持ち込んだアジも、皆いつもより大きめ太めで体高のある個体ばかりでした。
家に持ち帰ってさばいてみると、今回のアジは皆抱卵・抱精の個体ばかり。(@@;
しかも、その卵巣・精巣はそれほど過熟してなく、まだハラスにたっぷりと身が残っていました。(^^)
いつもアジを持ち帰っておいしくいただいていますが、今回のアジはその中でも特に極上モノ。
年間を通しても、これだけまとまって取れることはそうそうないことだと思います。
いつものように「なめろう」にして食べてみると、脂の乗りが良く最高の仕上がりとなり・・・
我が家の食卓に登ったゲンコツ2つ分ほどのなめろうは、一瞬にしてなくなったのでした。(^^)

この群がいつまでいるかわかりませんが、美味いなめろうが食べたい方は今がオススメです。(^^)
コメント (2)

0519アジカップに参加

2007-05-20 10:23:00 | 今日の釣りネタ

0519昨年に続きTEAM SurFACEさんの「第4回アジカップ」に参加させていただきました。(^^)
今回同行いただいたのは、このところアジングにドップリ浸かり込んでいるユラさん。(^^;
実釣時間15:00~21:30の長丁場ですが、昼間はなかなかアジングが成立しないので、実際には18:00~21:30の3時間半が勝負です。

まずは、15:00にだめもとでデイアジングにチャレンジしてみました。
日中アジが溜まってそうな場所は・・・
磯場の根回りか港内のドン深ストラクチャー回りと考えて、まずは水深のある港の旧船道を狙ってみることにしました。
ヘビーダウンショットリグで30~50m先の旧船道を直撃してみましたが、アジの反応はなし。
1時間ほど粘ってみましたが外道のアタリすらなく、日中の部はあっさりと修了でした。(~o~)

17:30から本命ポイントに入りキャストを始めると、すぐ近くで餌釣りを始めた延べ竿のオッチャンが何かを入れ掛かりしています。
近付いて確認すると・・・(@@;ぜ~んぶ20cmクラスのアジじゃないですか!!!(@@;
その入れ掛かりの凄いのなんのって、とにかく空振りなしでジャンジャンバリバリ釣れてます。(@@;
ところが、近くでキャストさせてもらってもコマセに付いたアジの群は、私のルアーに全く反応しません。
見かねたオッチャンが「一度オレのウキのところに投げてみなっ。」
「ありがとうございますぅ~。m(_ _)m」ってことで、表層・中層・ボトムと3キャストさせてもらいましたが・・・やっぱりルアーは無視。(T_T)
手持ちのワームを全てカラーローテーションしてみましたがそれでも無視。(T_T)
結局ここでは、爆釣の餌釣りを横目に、そこからやや離れたところで5つ取ってポイントを見切ったのでした。(T_T)

次のポイントは、お約束の定番ポイント。(^^)
アジカップ参加の先行者がいましたが、声を掛けて入れていただきました。ありがとうございます。
いつもはブレイクラインの上でそこそこ反応がありますが、今日は全く反応しません。
ジグヘッドを1gに落としてそれをボトムまでフォール、根係り覚悟でブレイクラインを縦に誘い上げてみるとようやく反応がありました。
同じパターンで3つ取ったところで時間は20:00を少し回ったところ。
移動時間を考えると、実質あと1時間ほどの実釣時間となってしまいました。

ここで、次のポイントに行くか最初のポイントに戻るか悩みましたが、ユラさんと相談して次ぎに進むことに。
・・・ところが、そこから時間一杯まで3ヶ所ほど回りましたが、いずれのポイントもアジの反応ま~ったくなし。(T_T)
最後は尻すぼみでしたが、時間もポイントネタもなくなったところで実釣修了としました。
最初のポイントで餌釣りの爆釣にペースを狂わされましたが、短時間のアジングロードで8尾取れたので、自分としては満足のいく結果でアジカップを修了できたのでした。(^^)

大会本部へ移動して結果を待つと、なんと!3位入賞でした。(^^)(^^)(^^)
優勝は、最後の1時間で10連発スパートを達成した習志野Mさん・・・さすが、「鯵王」の名にふさわしいドラマチックな釣果でした。
おめでとうございます。(^^)
準優勝は、28cmの最大魚を頭にいいサイズばかりを揃えたシムさん・・・狙いを付けたポイント選定眼が違いますね。(^^;
おめでとうございます。(^^)

楽しい大会を主催していただいたTEAM SurFACEの皆様、ご参加の皆様、ありがとうございました。
次回も是非よろしくお願いします。m(_ _)m

  
TSF代表のHitoshiさんから授与

        
カップ&表彰状    盛りたくさんの景品      大会ロゴはなんと!「ajidas」バカウケでした。(^^)


PS
「ajidas」がオチャメな表彰状(^^)、立派なカップ、びっくりするほどたくさんの景品、いただくものばかりで本当にありがとうございました。m(_ _)m

コメント (20)

立禁エリアの賢い輩

2007-05-16 22:29:15 | 今日の釣りネタ

ちょっと前に、さんぽんどさんのブログで「立禁に入れてもらって爆釣」なんて記事がありました。(^^)
私も過去の記事で「立禁恐るべし。」なんてのをアップしたことがありますが、たまたま本日同じ工場に出張してきましたので、続報をご案内します。(^^)
前回は秋で今回は春、季節こそ違うものの・・・やっぱりいました!クロダイうじゃうじゃ。(@@;
ただし、この時期は少し小振りで最大でも30cmほど。
でも、数は前回秋に確認した時よりたくさんいました。
かなり積極的にエサを取っているらしく、時々逆立ちして底をほじっています。
ボケジャコがたくさんいるらしいので、そんなのを探しているのかもしれません。
それにしても、工場の敷地内では人が近付いてもま~ったく逃げないんです。(@@;
ちなみに、今回は工場の門の外(ここは立禁ではない)にも行ってみましたが、たしかにここでは人影を見るとすぐ深みに逃げてしまいます。
ほんの数十メートルしか離れていないのに、これほどまでの違いがあるとは、ほんとうに驚きでした。
・・・一つ疑問に思ったのは、門の外で逃げていったクロダイは立禁に入ってくると逃げないのでしょうか???
クロダイは芸を覚えるくらい賢いとも聞きますので、そのくらいのことはするかもしれませんね。(^^;

デジカメを持っていなかったので、携帯のカメラで写してみました。
確かこの画像には10尾くらい映っていたはずなんですが、画像が悪くてなんだかわかりません。(^^;
無理矢理っぽいようにも見えますが、とりあえず4尾は確認できます。(^^)

次回の出張はロッド持ってくぞぉ~!

コメント (3)   トラックバック (1)

③でちょい投げにGO!

2007-05-13 13:52:35 | 今日の釣りネタ
0512二日酔いで09:00起床。
釣りに行く予定ではなかったので、その日のレジャー案が3つ用意されていました。
①ボーリングに行く②アイススケートに行く③海までドライブに行く
「ちょっと腰が痛いからボーリングはパスだなぁ。」
「アイススケートってやったことあるのか?難しいんだぞぉ~。」
・・・と言う事で、③に決定。(^^)
私にとって「海までドライブ」は「館山でちょい投げ」と同義語です。(~o~)
館山12:30着でジャリメ1杯限定のちょい投げスタートとなりました。(^^)

まずは1本針で様子をみましたが、エサ取りのアタリしかありません。
続いて20m,30m,40mと探ってみましたが、反応はイマイチ。
唯一シロギスらしいアタリがあるのは、15mほど先の砂地と石交じりの境目辺りだけ。
2点仕掛けに仕切りなおしてペロ~ンっと15m先へ放り込むと、ようやくピンが上がってきました。(^^)
せがれ2人に交代でロッドを持たせてみましたが、ピンのおしゃぶりが多くてなかなかフッキングしてくれません。
「プルッと来たらラインをたるませてみな」
これでようやくポツポツとピンが釣れるようになりました。(^^;
しかし、まだシロギスの数が少ないのかそれとも活性が低いのか、なかなかダブルや連発がありません。
5月中旬では、ちょい投げの爆釣を期待するのにはほんの少し早過ぎたようです。
結果は、ジャリメ一杯3時間限定で、シロギス8つ(ピン~20cm)と30cmほどの小型のマゴチ1つでした。(^^;

せっかく館山まで来たので、このまま帰るはずがありません。(~o~)
「帰りは勝浦回りでドライブして帰ろうか?途中でコンビニでおやつ食べようね。」
「うん。」
・・・はい、一丁あがりです。(^^;
途中、コンビニのスイーツで場つなぎをしながら、なんとか18:00過ぎに外房のアジングポイントに到着。
コブ付きですが、いつものようにアジングもできることになってしまいました。(^^)
開始早々、青服さんも同じポイントに到着して日没から本気モードでスタート。
・・・ところが、アジのアタリがまったくありません。
青服さんがダメ出ししたところで、さすがに我々も断念。(^^;
ここで、青服さんはいつものルートへ、私はコブ付きなので明るくて足場のいいポイントをあと1ヶ所だけ回ることにしました。
次のポイントは、どんなに悪くても2つ3つは取れるはずなのに、この日に限ってノーバイト。
せがれの「腹減った」コールにせかされはしたものの、ついにアジングボーズとなってしまいました。(T_T)

来週はTSFさんのアジカップなのに、この状況は大丈夫なんだろうか?・・・
とりあえず、家族サービスの名を借りた「出撃」だったのでした。(~o~)
コメント (4)

豆バス三昧回想

2007-05-10 21:46:18 | ちょっと回想
会社に入って名古屋で初めての一人暮らしを始めると、名古屋市には住宅街にも係わらず野池がいっぱいあることに気が付きました。
名古屋のポイントガイドを購入してみると、ほとんどどの野池にブラックバスがいるらしい・・・。
都内育ちの私には、そんなに身近にブラックバスがいるなんてイマイチ信じられず、休日にわざわざ下見に繰り出してみました。(^^;
どこでも釣れるとは言い切れませんが、ほとんどの野池でスクーリングのバスが確認でき、中にはハナタレ小僧のりんたろうミミズに豆バスが入れ食っているところさえありました。
・・・これは次回実家に戻ったらバスタックルを持って来るしかない。(^^)
・・・一週間後・・・「次回実家に戻る」まで待ちきれず、バスタックルを購入して近所の野池に出撃していました。(~o~)
TWプラグと小さなクランクベイトとワーム一式を購入して、昼過ぎに現地に到着すると、周囲は小学生ばかり。(^^;
さすがにロッドを出すのがはずかしくなり、夕まずめに出直す事にしました。(~o~)
夕まずめに再出撃して、帰り支度の小学生に「釣れた?」と声を掛けると、意外にもほとんどの小学生が釣れていない模様。???
ルアーでは釣れないほどスレているのか?
(後からわかったのですが、昼間はスレていてルアーではほとんど釣れません。)
完全に暗くなってから、公園の街灯が届く辺りでTWプラグから始めてみました。
・・・バイトなし。
クランクベイトに変えても・・・バイトなし。
ところが、ワームに変えた途端に足元で連続バイト・・・でも乗らない。???ギルかな?
そのワームを半分くらいにちぎってみると、なんと!バスが入れ食いとなったのです。・・・が、
そのサイズは、15cm~せいぜい20cm。(~o~)
今の私なら苦笑いでおしまいとなりますが、その頃の私は、ブラックバスを1尾釣るのにえらく苦労した経験しかなかったので、そんなサイズでも「ブラックバスが入れ食い」に大満足してしまったのです。(~o~)
それから豆バスに飽きるまでの約1ヶ月間ほど、飲んで帰って来た日を除いて、ほとんど毎日のように豆バスの入れ食いを満喫したのでした。(^^;
・・・親に小言をいわれることもなく。(~o~)
コメント (5)   トラックバック (1)

イエローラインは凶?

2007-05-06 10:33:13 | 外房アジング研究会
0407と0504の2回の釣行で、アジングにイエローの3lbラインを使ってみました。(^^)
ずいぶん前に「激安セール」で衝動買いしたのですが、青服さんから「イエローラインは良くないよ」と言われていたので、買ったきりになっていました。

いずれの釣行もかなり渋い状況だったので、あまり参考にならないかもしれませんが、ひとまずアップします。(^^;

まず、0407釣行では、
最初のポイントは澄み潮。明るい常夜灯下なので、こちらからもラインがはっきり見えていました。
そんな中で、チビアジ1尾とは言え釣果があったことから「まったくダメ」ではないと思われます。
1時間ほどやって1尾でしたが、他にアジのバイトがなかったのはちょっと気になります。
クリアのラインだったら・・・イエローラインをアジに見切られている可能性は否定できません。(^^;
後半は雨が降ったので濁り潮。アジングが成立するギリギリの潮色でした。
ショートバイトあり、バラシありで4つゲットだったので、イエローラインが原因で釣果が悪化したことはないと思います。
こちらから見ても、濁り潮の中ではイエローはそれほど目立たず、使用を避けるほどのデメリットは感じませんでした。(^^)

次に、0504の釣行では、
2ヶ所で釣果がありましたが、いずれも澄み潮。
3~5名で並んでキャストすることになりましたが、特にイエローラインの私だけバイトが少ないようには思えませんでした。
また、ショートバイトが多くなるような傾向もなく、ラインの色で結果が変わるとは考えにくいと思えました。
更に、スローリトリーブとミディアムリトリーブの両方にバイトがあったことから、リトリーブの速度によって良い/悪いがあるとも思えません。

2回の釣行から自分なりの結論を出すとすれば、
「イエローラインを使っても釣果はそれほど変わらない」ということになりました。(^^;
ただ、人間様から良く見えるラインがアジに見えていない訳がないので、なんらかの影響があってもおかしくないと考えます。
一方で、イエローラインを使うメリットは?
「夜間釣行でも視認しやすくなる」くらいしか思い当たりませんが、そんなことに大きなメリットを感じないなら、
「わざわざイエローのラインを使うことはない」ということにもなります。(~o~)
コメント (11)

0504ようやくGW到来出撃。(^^)

2007-05-05 14:34:27 | 今日の釣りネタ
0504GWに入ってようやく出撃にこぎつけました。
前半は自虐的な休日出張、中盤にやむを得ずジジババ孝行、後半になってやっと虎の子の出撃を手にした次第です。(^^;
事前にKarmaさんと青服さんに連絡して、今回は「アジ&メバル房総朝までロード」の予定。(^^)
18:00ポイント着でアジングからスタートしました。

少し早めにポイントに入ると、後からユラさんとお連れさんが到着。
・・・ユラさん、相当アジングにのめり込んでますねぇ~。(~o~)
前日も出撃の青服さん,ユラさんによると、昨晩はそこそこの活性だったとか。
18:00に「爆釣」を期待して5人で並んでアジングスタートとなりました。
午後から吹き始めた強い南風にほんろうされながら、ひたすらキャスト・キャスト・キャスト。
18:15そろそろいい時間か?・・・キャスト・キャスト・キャスト
18:30いよいよゴールデンタイム到来・・・キャスト・キャスト・キャスト
18:45今日は群が遅いのかな?・・・キャスト・キャスト・キャスト
19:00???・・・ようやく、今日は群が入っていないことに気が付きました。(T_T)
ゴールデンタイムを1時間以上費やして15cm↓の豆一つとは・・・(T_T)

気を取り直して次のポイントへ移動。
群が入っていると言うほどではないものの、ピンポイントに2~3尾ずつ付いている感じです。
ミディアムリトリーブにも食ってくる活性の高いヤツもいて、ここではとりあえず6尾ゲットでおかず確保でした。(^^)

この後2ヶ所回ったもののいずれも異常なし。風向きを考えるとポイントもネタ切れとなってしまいました。
結局、最初のポイントに戻ってみることにしましたが、2つ追加するのが精一杯。
前半戦のアジングは、パッとしない釣果で終わることとなったのでした。

後半戦は内房へ回ってメバル狙いの予定です。
Karmaさんは今シーズンも横浜エリアでメバルを爆釣しているようですが、同じ東京湾でも千葉側と神奈川側では大違い。
千葉ではいいサイズのメバルをまとめて取るのはちょっと難しいのが現状です。
しかも、普段からメバルを狙っている訳でもないので、ずいぶん昔の経験だけを頼りにポイントを絞っていきます。
とりあえず、いないことはないのですが、釣れるメバルは8~10mmの極小サイズばかり。(^^;
それでも、ルアーと変わらないようなメバルをトップミノーで出してしまうKarmaさんのスゴ腕に驚きでした。(^^)
何ヶ所か回りましたが、いいサイズ(まともなサイズ)のメバルは一回も顔を出さず。
明け方まで風裏を求めて放浪した結果、しら~っと明るくなってくる頃まで豆メバルを釣ってお茶を濁すだけとなったのでした。(~o~)

Karmaさん、青服さん、ユラさん、おつかれさまでした。
いつが終りなんだか良くわかりませんが、今シーズンのアジングを最後まで楽しみましょー。(^^)
コメント (10)