手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

1123 サーフを極める心意気?

2014-11-24 20:51:29 | 2014今日のメッキ

1123 前日のヒイカカップで「ボ」、実は一人で二回戦もやって「ボ」、途中Hancha君、イイダコ君とジグヘッドイワシングで勝負して敗北・・・。
ヒイカカップは楽しかったのですが、釣果ではかなり鬱憤が溜まってます。T_T
明けて翌日の日曜日。
本日は勤労感謝の日、勤労サラリーマンは感謝されて当然ですから、連続釣行なんのそので迷わず出撃となりました。(~o~)
いよいよ終盤を迎えたメッキシーズン、さてどこでどんな攻め方をすればデカいメッキに会えるのか?
いつもよりデカいヤツを釣るには、いつもと同じことをやっていたのではダメでしょ。
では、どうするか?
やっぱり、サーフでしょ。(^^)
ということで、いつもはやらない房総サーフを極めるつもりで、一路南房へ向かったのでした。

08:00 まずは下げ潮で河川の払い出しが絡むサーフポイント。
河口付近を撃ってスカ、そこから河口右手に遠浅のサーフを撃って歩きます。
撃つ歩く、撃つ歩く、撃つ歩く。
たまに投げ釣り師を迂回して、また撃つ歩く、撃つ歩く。
たまにテトラや石積みの堤防周りを丁寧に探って、また撃つ歩く、撃つ歩く。
・・・。
・・・。
完全に砂地のサーフは、どうも狙い目がなくていけません。
記事の書きようがない。(~o~)
強いて挙げれば、デブがサーフなど歩くと熱くてやってられないということくらいでしょうか。(~o~)
ずいぶん歩きましたが、ルアーにちょっかい出したのはグーフーのみ。T_T
とりあえず「ここはいない。」と判断して、別のタイプのサーフを探ることにします。

10:00 その前に、ファミリーフィッシングで賑わう長~い堤防。
この堤防の付け根付近は、シャローに追い込まれたベイトを狙ってメッキの群れが溜まる・・・ことがあるのです。
ポイントに着くと、堤防付け根付近は底まで丸見えのスケスケ潮で、いつもいるはずのベイトの姿さえ見られません。
それにしては、長い堤防中ファミリーフィッシングで大盛況なので、ちょっと先端をのぞいてみることにします。
堤防を途中まで歩くと、そこそこベイトがいるじゃないですかっ。(@@;
先端付近ともなると、そこらじゅうベイトだらけ。
どうやら、ベイトが水深のあるエリアに払い出しているようです。
・・・でも、追われている様子はなし。
たまたま先端付近が空いていたので、一面のベイトの下を狙ってみることにします。
水深は約6m、魚道サバイバー50で一旦ボトムをとって、スローなピッチでトゥイッチアップしてきます。
数キャスト目、ボトムから立ち上げてすぐのトゥイッチに、突然ゴンッ!(@@;
サバかと思って上げてくると、何と!いいサイズのメッキじゃありませんかっ!(@@;
 23cm。いちおう狙い通り(ホントか?)に水深6mから引っ張り出しました。(^^;
後が続かず、サバを追加したところで見切りました。

11:00 二ヶ所目のサーフポイント。
ここも小河川の払い出しからスタートして、岩混じりの砂底サーフを流し撃っていきます。
今度はボトムの形状がなんとなく見えるので、岩と岩の間の砂地を目安にメリハリをつけて狙っていけます。
突然、ゴンッ!(@@;
「キタッ!」
思わず声が出ますが、ラインの向こうでイヤイヤしているのは・・・ダツ。T_T
 ビックリさせるなっ!
でも、コイツがいる場所はメッキがいてもおかしくないポイントです。(^^)
更にピリピリしながら流していくと、サーフは一旦終わって海岸線に設置された消波ブロック帯となります。
仕方がないので、テトラの上から岩盤底のシャローを広範囲に狙うと、
ゴンッ!(@@;
「ヨッシャ!」
またしても声がでますが、今度は重鈍くイヤイヤしています。・・・グーフー。T_T
 あんまり立派に膨らんだので思わずパチリ。(~o~)
歩いて撃って、テトラに上って撃って、また歩いて・・・
もう熱くて汗でグチャグチャ、とてもやってられません。
やっぱり、デブにはサーフ歩きは向いてないと悟り、極めるつもりの心意気は心意気のままお蔵入りとなったのでした。(^^;

14:00 サーフを撃つ一方で、かめさん親子は漁港ポイントで、メッキ、アジ、カマス、ムツと景気良く釣っている様子です。
もうだだっ広いサーフは懲り懲りなので、途中のポイントを3つ飛ばしに流しながら、かめさんのいる癒しポイントに到着。(^^;
さっそくアジングロッドと二刀流でポイント入りすると、Jr君がデイアジが好調と教えてくれます。
なにしろ魚が釣りたいので、メッキは後回しにしてひとまずデイアジ狙い。(~o~)
すぐにカマス風呂。(^^;
どうやらアジもいるようですが、折からの風にラインがとられてアジのレンジまでルアーがたどり着かないようです。
カマス、カマス、カマス、カマス・・・ひたすらカマス。
 こればっかし。(~o~)
ところが、Jr君を見ていると、3割ほどはしっかりアジを釣っているじゃありませんかっ!(@@;
聞くと、3gのジグヘッドを使ってアジのレンジだけを狙っているとのこと!(@@;
リトリーブアジングばかりやっているおじさんは、3gなんてジグヘッドもってないんだよねぇ~。T_T
それでもポツリポツリとアジを釣って、大き目のカマスをキープして、Jr君からおこぼれのアジをいただいて、お腹いっぱいBOXいっぱいでした。(~o~)
 私のイマドキアジングでは、ポツリポツリが限界でした。T_T

16:00 ここでの残るターゲットはメッキとムツ、どちらも良型が期待できるポイントです。
まずはメッキロッドに持ち替えて、潮のたるんだ港内ポイントを叩きます。
テトラ際、堤防際、船道、と多彩なポイントを叩いてみますが、イマイチ反応がありません。
そして、意外にも沖目の潮ヨレの中に放り込んだところで、着水バイトして一匹ゲットでした。(^^)
 ロウニン(オニヒラ?)なので回遊の群れではないようです。

17:00 メッキはこのへんにして、最後はjesse-edさん情報による25cm級の良型ムツ狙い。
暗くなり際で水面を意識するであろう良型ムツを、ミノーのトゥイッチで狙います。
軽くはたいてピタッと止める。
セイゴを狙うようなこのアクションがムツにも絶大に効くのです。
いよいよ暗くなってきたところで、止めたミノーにゴゴンッとバイト、狙い通りに22cmのムツゲットでした。
 ミノーで狙うのがオツです。(^^)

そしてここから5連発、最大23cmと突き抜けるサイズは出なかったものの、美味しいお土産に満足しながら本日の業務終了となったのでした。(^^)
メッキは?・・・次回がんばります。(~o~)


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ 残念ながらデブにはサーフ撃ちは向きません。同感の方「ポチ」一つお願いします。(~o~)

コメント (7)

1122 第4回ヒイカカップ

2014-11-24 20:42:05 | 今日の釣りネタ

1122 今年もヒイカカップを開催いたしました。
毎年10月の中旬になると、私にとって最もお手軽なヒイカエギングが開幕するのですが、今年は腰痛をこじらせて2回しか出撃できていませんでした。
そのうちの一回は5時間やって1パイ、もう一回は5時間やってボ。←これは記事にしてませんが、コレで済ませます。(^^;
一昨年とその前の年を思い出させる、何ともしょぼ~い前哨戦です。T_T
参加の皆さんの直前釣果を聞いても、約一名(誰だっ!)を除いて似たような撃沈話ばかりが聞こえてくる今シーズンの千葉ヒイカ。
さて、本番当日はどのような結果になったのやら。

今回の参加メンバーは、習志野Mさん、梨美香さん、かいきさん、CHICHIさん、チュコタンさん、かめさん、修平君、saku-37さん、ガンジーさん、けんけん君(小学校6年生)、けんパパさん、Hanchaさん、イイダコさんと私の合計14名。
小規模ながら、毎年これだけのメンバーに集まっていただけるので、主催者としてもやりがいがあります。(^^;
今年から大会中の連絡方法をメールからLINEに変更して、ワイワイガヤガヤ度は更にアップするはず。
事実、大会数日前から参加者入り乱れての激しいトークバトルが繰り広げられていたのでした。(~o~)

07:00 ヒイカカップスタート・・・ですが、ぬる~い大会なので集合はなし、各自スタートです。(~o~)
私は車の置き場に困りながらも、例年の定番ポイントに到着すると、昨年の覇者梨美香さん発見。
さっぱりだそうです。
それより、いつものところに陣取っている名人クラスのジモティーじいさんが、今日は誰も一つも上げてないとのこと。
・・・今日はヤバそう。
LINEの方もトークらしいトークもなく50分が経過。
ここで衝撃のメールが私だけに。(@@;
今回、けんけん君とけんパパさんだけがLINEからはずれていたのですが、そのけんけん君が1パイゲットしたとのメールが入ります。(@@;
07:53 「衝撃ニュース! けんけん君ゲットだそうです。」 
・・・あまりの渋さに、誰も反応しません。(^^;
そしてまた沈黙。
「〇〇釣れない。」
「××釣れない。」
「△△絶滅。T_T」
せっかくのLINEも活用されないまま1時間半が経過。
と、ここで、またもや私のスマホにLINEとは違うメールの着信音が。(@@;
案の定、けんパパさんから「けんけん君2ハイ目ゲット」のメールです。(@@;
08:36 「更に衝撃!けんけん君2ハイ目!」
・・・やっぱり、誰も反応しません。
・・・あまりの釣れなさに、みんなまったりしているのが目に見えます。
でも、小学生にトップ独走されたたらヤバイんじゃないですかぁ?(^^;
ここで、◆◆堤防で動きが出てきた様子です。
初出場のガンジーさんから
「周りで釣れ始めました。」
「水面までチェイスもあり。」
「バラシました。」
09:02 そしてついに、ガンジーさん1パイ目ゲット!
この様子を見ていた、前回覇者の梨美香さんはコソコソと行動を起こした模様。
「意地もプライドもなく◆◆堤防に向かってますwww」
09:12 ガンジーさんに2ハイ目!(@@;
「◆◆堤防確率変動かっ!?」
すると、割って入るように習志野Mさんから釣果報告。
09:23 「一パイゲッツ。◆◆堤防。」
習志野Mさん、相変わらず敏感な嗅覚をお持ちのようです。(~o~)
他の場所からは何の連絡も入りませんが、突然私の隣で出会い頭の交通事故が発生します。(@@;
09:27 隣でやっていたヒイカ初チャレンジのイイダコさんが1パイゲット。
デアイガシラトハオソロシイ・・・。
09:30 ヒイカカップ恒例のミッション発令です。
「一時間以内にヒイカを1パイ釣れ。釣れなかったらお菓子提供。」
とはいえ、スタートから2時間半も経過しているのに、釣果のあった人は4人/15人しかいないのです。
今年もミッションは企画倒れか・・・。
ところが、ちゃっかりと釣れてる場所へ移動した梨美香さんから連続の釣果報告。
09:45 「ミッション達成です。w」
09:55 「2ハイ目 ><v」
これも短期決戦を戦うためのゲームメイクとすれば、前回覇者抜け目なし。
結局、ミッションクリアは梨美香さんのみで、残りの13人は「何のこと?」状態のままミッション終了。
・・・。
・・・。
・・・。
 あまりにも釣れずまったりの絵も。(^^;
 背中がさみしい。(~o~)
11:30 そして、もう2度ほど釣果報告があったところでタイムアップ。
今年のヒイカカップの実釣終了となったのでした。

12:00 釣りを終えた皆さんが、大会本部に続々と集まってきます。
・・・なぜかお菓子の差し入れ多数。(~o~)
不参加ながらあっちゃんさんご夫婦も駆けつけていただき、カップラーメンを食べながらしばし歓談となります。
もちろん、釣りの話はヒイカの話などまるでなし、ほとんどヒイカ以外の話になります。(~o~)
 誰もヒイカの話をしないヒイカの大会とは珍しや。(^^;
 皆様からの持ち寄りの景品もいっぱい。いつもありがとうございます。
結果発表~!
今年の入賞者は5名、なぜなら、5人しか釣れなかったからです。(~o~)
第五位は、初チャレンジながら粘り強くキャストを続けて1パイゲットした、イイダコさんで~す。
 おめでとうございます。
第四位は、抜群の嗅覚で釣れてるポイントを嗅ぎつけた、習志野Mさんで~す。
 おめでとうございます。
第三位は、小学生ながら途中までトップを独走していた、けんけん君で~す。
 大健闘、おめでとうございます。
そして、第二位。
二週間前のオヤトメでも抜群のポイント選定で優勝した、ガンジーさんで~す。
今回も唯一釣れていたポイントにダイレクト入り、その嗅覚は習志野Mさん以上間違いなしです。(~o~)
 おめでとうございます。
最後に、今年の優勝者。
厳しい状況を誰より早く悟り、時間を削ってでもポイント移動した結果、短時間で3バイゲットした、梨美香さんで~す。
ガンジーさんとは同数でしたが、帰着順で梨美香さんが優勝となりました。
ここでも、数が伸びないと見て早目に帰着したのは、ゲームメイクの一部だったのでしょうか?
 いずれにしても、ヒイカカップ連覇おめでとうございました。(^^)

とんでもなく激渋なヒイカカップとなってしまいましたが、大会本部での歓談、そしていつもの釣り談義は、何より有意義な時間だったのではないでしょうか?
今回の出会いが皆様の釣りに更なる広がりとなっていただけることを期待いたします。
来年もやりますので、また懲りずにご参加ください。(^^;
ありがとうございました。m(__)m


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ 釣果はさみしくても、ヒイカカップは楽しいのです。「ポチ」して来年は是非どーぞ。(^^)

コメント (10)

1115 久々房総ロード

2014-11-20 00:11:31 | 2014今日のメッキ

1115 前回の房総ロードは1011だったので、ベストシーズンとも言える時期に、ホームの房総ロードを一ヶ月もお休みしてしまったことになります。
まぁ、腰痛をこじらせて一週間も寝たきり、治ったといっても怖くて遠出できず、そうこうしているうちにオヤトメ本番となり、房総ロードの近況がさっぱりわかりません。T_T
そうは言ってもホームで言い訳などできませんので・・・。
昨年の記事、一昨年の記事、その前の記事を読み返しながら、水温20℃の澄み潮、港外お出かけパターンを想定して、いざ久々のホームロードへ出撃となったのでした。(^^)

11:00 この時期、朝一のメッキは得てして調子が出なかったりします。
意外とメッキは朝寝坊・・・と感じているのは私だけでしょうか?(~o~)
・・・なので、私もゆっくり朝寝坊して、こんな時間にポイント入りです。(^^;
11月ともなれば、20cmアップに成長したメッキは、自分の体格に合うベイトを追い求めて港外を回遊中と考えるのが無難です。
そのお出かけ先の有力候補がサーフ。
では、サーフの狙い目とは?
『根や岩の点在するサーフで砂底フラットが好みですが、回遊ルートは根の真上ではなく、フラットな砂底に少しだけ水深の変化がある場所。』
なんて感じでしょうか?・・・僅かな経験値ではありますが。(^^)
こんな環境が高確率で発生するのが「サーフエンド」です。
この言葉、私の造語なんですが、説明なしで誰にでも理解していただける便利な単語だと思ってます。(^^)
サーフの端やサーフの真ん中に位置する堤防は、潮の流れを変化させるため、上記のような回遊メッキの寄り付き場になりやすいのです。
そんなサーフエンドを中心に、似たような環境を想定しながら今日のポイントロードを組んでみることにしました。(^^)

最初のポイントは、漁港の外向きサーフにあるテトラ帯。
テトラの配置や崩れ方をよく見ると、フラットであるはずの砂底に変化がありそうな場所が想定できます。
そんなところを順番にチェックしていくのが、効率よく群れを見つけるコツとなるわけです。(^^)
テトラのエンドに陣取って、かけあがりを作っているであろうコースにルアーを放り込みます。
一旦ボトムまで落として、スローなトゥイッチで水面までアピールすると、いきなり3匹のメッキがチェイスしてきます。(@@;
入れ替わり立ち代わりルアーに絡んで、そのうちの一匹が一際早い反転でルアーをひったくります。(@@;
これぞ正にメッキのサイトフィッシング!
 サイズこそ20cm↓ですが、視覚的には満足過ぎる一匹でした。(^^)
まだ2匹いたので続けてキャスト。
すぐに2匹が絡みますが、更に4~5匹の群れが合流して、グチャグチャグチャ~~~。
 し・あ・わ・せ。(^^)
 まだまだ爆チェイス。
 一際デカイのがゴンッ!(@@;で24cm。
もう一つ取ったところで、さすがに群れごとスレてきました。
と思ったら、すぐにルアーとの距離をおくようになって・・・
カラーを変えても、ルアーを変えても、じぇーんじぇん反応しなくなってしまいました。
イマドキノメッキハキビシイノ~。T_T

12:00 次のポイント、サーフエンドの超ドシャローです。
エンピツサヨリが一面に湧いていて、地元のオッチャン連中が目の色を変えて釣りまくってます。
当然、ベイト?がいるので、それを狙う?ヤツラもいっぱいいるようです。
 最初の1匹目は首尾よくメッキ。(^^)
 次はこれ。(^^;
毎キャスト5~6匹はチェイスしてきます。
セイゴ、セイゴ、セイゴ、セイゴ、・・・・・怒涛の12連発。
さすがに飽きました、次。(~o~)

13:00 出撃中のかめさんからLINEが入って、隣のサーフでそこそこ釣れているみたいです。
ちょっと寄ってみますが、既に移動した後のようで誰もいません。
「かめさんの後じゃぁ、ペンペン草も生えてないだろうなぁ・・・」
でも、ちょっとだけ生えてたみたいです。(~o~)
 サーフの波打ち際でパクッ。ちっこい。(^^;
 フルキャストの先でゴンッ。21cmなら満足。(^^)
まぁ、良しとしよう。(~o~)

14:00 更にサーフをロードします。
遠浅の海水浴場、干潮も重なってフルキャストの先でもチョロチョロの水深しかありません。
長いサーフを一流ししましたが、グーフーのチェイスのみ。
ここは見込み違いでした。

車に戻ると駐車場でかめさんとバッタリでした。
かめさんも同じくサーフを中心にロードしていたようですが、かなり厳しかったとのこと。
お互いに回ってきたポイントの情報を交換して、かめさんはサーフ撃ち、私は漁港ロードに向かい一旦お別れでした。

15:00 小河川の払い出しが絡む漁港内ポイント。
時期が時期なら爆裂もありうるポイントですが、やっぱりこんな時期のこんな時間にお出かけメッキが立ち寄るはずがありません。
足早に似たようなポイントを3ヶ所まわりましたが、チビの1チェイスがあっただけでした。
漁港ロードの4ヶ所目、磯絡みの小規模漁港ですが、堤防に囲われていないので回遊の群れが立ち寄る可能性があります。
水深に変化のあるスロープのブレイクラインを中心にサスペンドミノーで探りを入れていくと、いました、いました。(^^)
 群れではなさそうですが、意外といいのがいました。(^^)

16:00 朝一のサーフポイントに舞い戻ると、外向きテトラの一番いい場所でかめさん親子がキャストしています。
既に22cm級を二つとったとのこと。(@@;
「それにしても、そこに入りますかっ!てとらはこんなに長いのに、そこ一番いい場所ですよ。」
いつもいつも鼻が利きますなぁ・・・感心です。(~o~)
私が参戦してからは群れのチェイスはなく、Jr君が小さ目を2つ出しただけで終了。
Jr君、相変わらずキレキレのトゥイッチ、かっこよかったですよ~。(^^)

17:00 最後の悪あがきでもう一ヵ所。
小河川の河口のトゥワイライト回遊を狙い撃ちしてみます。
・・・。
んっ?チ~ン。
11月ともなると暗くなるのが早い、ほんの10分足らずで日没終了となってしまったのでした。T_T

今回はサーフを中心に流してみましたが、釣れたとも釣れなかったともいえないビミョーな釣果。
でも、狙いすましたポイントでいくつか出れば、この時期としては上出来なのかもしれません。(^^;
次回こそ、まだ今シーズンお目にかかっていない25cm級、あわよくば房総初の尺メッキに出会えるべく、渾身のランガンでのぞみます。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ サーフのポイント選定でお役に立てたら「ポチ」一つお願いいたします。(^^)

コメント (6)

第4回ヒイカカップに是非ご参加ください。

2014-11-18 00:30:45 | 今日の釣りネタ

先々週にご案内させていただきましたが、来たる11月22日(土)に千葉港周辺で『第4回ヒイカカップ』を開催いたします。
ヒイカエギングの大会?ではありますが、その趣旨はみんなで集まってヒイカを釣るだけ。(^^;
難しいレギュレーションもなく、いたってぬる~いヒイカ釣り大会なのです。
私設の大会なので参加費がない代わりに、持ち寄りの景品で順位を競うことになりますが、まぁ、景品云々より表彰式と言う名の親睦会が最大のお楽しみです。(^^)

そんな『第4回ヒイカカップ』は、ヒイカを釣る方ならどなたでも参加していただけます。

ヒイカの情報交換に、他のターゲットのディープな話に、また、釣りのお仲間探しに、是非是非ご活用いただければと思います。
今のところ、今年は参加者が少な目ですので、直前まで参加受付いたします。
皆さまでお誘い合わせのうえご参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。

エントリーの方法は、『今年もやります。第4回ヒイカカップ』の記事をご覧ください。
皆様のご参加をお待ちしております。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ これを一回「ポチ」すると、あなたもヒイカカップに出てみたくなります。(~o~)

コメント

1109 オヤジーズ伊豆合宿

2014-11-16 13:42:41 | 2014今日のメッキ

1108 オヤトメ表彰式終了後は、毎年恒例のオヤジーズ伊豆合宿となります。(^^;
いつもの参加者は、TATさん、てとらぽっとさん、ぱわぁほ~るさん、yuyaさん、Commyさんと私ですが、今年はメガーネさんも急遽参加となりました。
そしてもう一人、たまたま伊豆へ来ていたメッキ界のレジェンド野地文雄さんも合流していただくことに。(^^)
野地さんとは初対面の方も多く、皆さんレジェンドのオーラに恐縮した様子で、二回戦のメッキロードに突入となったのでした。(^^)

15:30 偶然にも、野地さんのおすすめポイントは、手のComコンビが本命視した小サーフ。
う~ん、なかなかいい狙いだったのかも?(^^;
それじゃぁってことで、全員で朝一のサーフポイントに向かいます。
レジェンドを筆頭に、メッキにはうるさいメンバーばかり8人が南伊豆の夕まずめを叩くわけですから、さぞ爆裂な結果になるはず・・・
・・・。
・・・。
・・・。
でしたがっ、
なんと!メッキチ8人が寄って集って叩きまくったわりに、全員「ボ」!(@@;
何ともオヤトメの低調ぶりを証明するような結果となってしまいました。T_T
 メッキチ8人が全力でのぞむも撃沈。T_T

18:30 野地さんはカサゴを調達しに来たとのことで、そのまま全員カサゴポイントに連れてっていただくことに。(^^;
そこへ、オヤトメノーエントリーにもかかわらず西伊豆ロードをしていたはるきちさんも合流です。
よくもまぁ、いかれたオヤジばかり集まるもんだ。(~o~)
野地さんだけが手堅くキープサイズのカサゴを釣る中、私は港内でピチャピチャやっているプチボイルが気になって仕方ありません。(^^;
カサゴそっちのけであちこちボイルを追いかけ、ついにボイルの主を捕まえました。
『プチボイル、正体見たり、チビセイゴ。』
チャンチャン。(~o~)
ボイルの主を3つやっつけたところで、オヤトメからスタートした長~い一日が終わったのでし・・・?
いや、まだ終わりません。
ひとまず釣りだけ終わり、野地さんとはここでお別れで、オヤジーズは西伊豆の民宿で三回戦に挑むのでした。(~o~)

21:00 スーパーでアルコールと食料を調達して、予約の民宿に到着です。
気がつけば、予定外のメガーネさんまで宿泊することになっています。(~o~)
メッキネタ、釣りネタ、メッキ界のレジェンドに会った話、車ネタ、プロレスネタ・・・酒も進んで、メチャメチャな夜は更けていったのでした。(~o~)
 「オヤジ宴 つわものどもが 夢の跡」(~o~)

1109 翌朝、ゆっくり起きて宿の廊下で一服していると、「おはようございます」と声を掛けられます。???
前日のオヤトメファイナル優勝のがんじーさんでした。
偶然にも同じ宿の隣の部屋にお泊りだったようです。(~o~)
あらためて、オヤトメファイナル優勝おめでとうございま~す。

そして、前夜は遅くまで大騒ぎして、大変申し訳ありませんでした。m(__)m

10:00 メガーネさんだけ早朝に帰宅され、残ったオヤジーズ6人でようやく合宿二日目のスタートです。
まずは全員で宿の目の前のサーフを叩きますが、メッキどころか外道のチェイスすらありません。
車が3台あるので、手分けして良さげなポイントを探ることにします。
手のComコンビはやっぱりサーフ狙い。
実績のあるサーフエンドの堤防沿いを叩きますが・・・まったく反応なし。
・・・まったり。(~o~)
そこへ、てとTATコンビが到着してサーフを撃ち始めると、さっそく何かヒットしています。(@@;
「セイゴ、セイゴ。」
とのことでしたが、魚っ気があるだけましということで、こちらもヘロヘロの体を引きずってサーフ撃ちに参戦します。
相手はセイゴのつもりで、ピタッ、ピタッと止めながらトゥイッチをしていると、
ガッ、ゴンッ!(@@;
ヂィヂィ、ヂィヂィヂィーーー!
ヒットと同時にドラグを引出して、遠くの方で切り替えしまでしています。
「メッキいた~~~っ!」
 伊豆二日目にして嬉しい23cmでした。(^^)
 すぐに二匹目、こちらは20cm。(^^)
そしてまったり無反応。
・・・。
・・・。
たま~にバイトがあっても、
 こんなのや、
 こんなのばかり。

13:00 あまりにもまったりしすぎて、ぱわぁさんはジャリメを買ってきてちょい投げなど始める始末。(~o~)
そんな中、地道にルアーを投げ続けていたTATさんにメッキがヒットします。
これを合図に、サーフ全体が少しだけ騒がしくなってきました。
キャストが届かない沖目でボイルが出たり、ピックアップ直前の波打ち際でバイトが出たり。
そして、タイミング良く目の前で出たボイルを直撃して1ヒット稼げました。(^^)
 ようやく追加の21cm、ここまで長かった~。(^^;

15:00 まだまだやり足らない感じですが、今日中に帰らなければいけないことを考えるとそろそろ潮時です。
なにせ、それぞれ大阪、名古屋、横浜、千葉に帰るのですから。(~o~)
今年でオヤトメは終わってしまいましたが、来年もまたオヤジーズ伊豆合宿を開催することを誓って、二日間に渡る伊豆メッキロードはお開きとなったのでした。


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ いい海といい仲間といい魚に感謝。オヤジーズはメッキを愛するお仲間を募集しております。(~o~)

コメント (4)

1108 オヤトメファイナル参戦記(vol.2)

2014-11-12 22:19:26 | 2014今日のメッキ

字数制限のため、後半の記事です。(^^;

前回に続いて今回も東海大学さんがライブメッキをご要り用とのことで、ライブフィッシュでウェイインすると入れ替えありの特典がつくのです。(^^)
朝釣った4匹の内3匹をライブキープしているので、一旦本部に立ち寄ってウェイインすることにします。

〜 計測中 〜 計測中 〜 計測中 〜
19cmが2つな感じ。T_T
まだまだ話になりません。次。

11:30 本来なら次のサーフへ繰り出すところですが、立ち寄ったつもりの本部の駐車場が一杯で、駐車するのにも順番待ちな状況です。
「一度出ると入れなくなっちゃいますね。」
「ヤバイかもね。」
「ここにもサーフありますから、ここでジャブリますか?」
「そうしますか。」
はい、本部前でウェーディング決定です。(~o~)
釣りと関係のない一般市民がたくさんいる中、駐車場でウェーダーをはきこんでサーフへ繰り出します。 ←ホントはかなりはずかしい。(^^;
Commyさんと二手に分かれて、風に乗せた50mキャストで船道のド真ん中を狙い続けます。
・・・。
・・・。
・・・。
心折れました。T_T

12:30 車に戻ると、さっきより更に駐車場が混雑しています。
「ますます出れなくなっちゃいましたね。」
「そうですね。」

「心折れちゃったから、禁を破っていつものお買いものに行きますか?」
「そうですね。」
いつものお買いものとは?・・・はい、この時間帯恒例となっている近くのスーパー前での悪あがきのことです。(~o~)
テクテク歩いて15分、悪あがき30分、帰りのテクテクに15分、ちょうどウェイインの締切時間じゃないですか。(~o~)

12:45 Commyさんと左右に分かれて、恒例のヘチ付き豆メッキを狙います。
「お〜い、今年も来ちゃったぞ〜。また遊んでくれるかぁ〜?(~o~)」
オヤトメアングラーに散々叩かれて出て来ないかと思いきや、意外にもすんなりと豆メッキ3匹が飛び出してきます。
 ほい、一丁上がり。(^^;
更にほい、もう一丁ほい、ついでにほいで4連発、当然全部お豆さんばかりですが。(^^;
 お前、いいヤツだなぁ。(~o~)
当然入れ替えとなるサイズではありませんが、本部を出る時、東海大学さんがライブメッキが足りないと言っていたのを思い出します。
バケツキープは4匹・・・これ以上釣ると、歩いて帰る間に酸欠になってしまいます。
シューリョー。(~o~)

東海大学さんに4匹のライブメッキを提供して、入れ替えなしの帰着報告。
いつもの通り尻すぼみな釣果で、私のオヤトメファイナルは完了となったのでした。

さて、表彰式です。
今年は相当渋かったようで、例年ほどのウェイインがないとのこと。
なんでも、2匹のリミットメイクが13名/150名だとか。(@@;
「んっ?ボク2匹釣ったぞ?」
「うぉ〜〜〜!13位以内確定!(^^)」
次々に入賞者が発表され、10位の方が呼ばれます。
この時点でシングル入賞確定。(^^)
私よりちょっとだけ小さい魚でリミットメイクしたyuyaさんが9位で入賞です。
おめでとうございま〜す。(^^)
8位、7位、6位、・・・あれっ?ボクそんなに大きいの釣ってないぞ?
そして、記念すべきオヤトメファイナルの優勝者は、ガンジーさんでした〜。
おめでとうございま〜す。(^^)
・・・で、ボクは?
いちおうリミットメイクでウェイインしているので、実行委員さんに申し出てみると、手違いで漏れてしまったようです。
正確な順位は7位とのこと。
初めてのシングル入賞、大変嬉しゅうございます。(^^)
・・・で、賞品は?なんてことは一言もいっておりませんが、実行委員の皆様の計らいで、次に抽選?を予定していた「東海大学賞」のロッドをいただいてしまいました。
ありがとうございま〜す。(~o~)
そして、抽選を期待していた参加の皆様、大変申し訳ありませんでした。(^^;
でも、一つ救いがあるとすれば、いただいたロッドが「東海大学賞」だとすれば、私は7匹のライブメッキを提供しているので、少しだけオプションがあったかも・・・です。(^^;

何はともあれ、5回目のオヤトメ参加で、8匹釣って初のシングル入賞。
狙い通りの釣りだったとは言えませんが、練り上げたゲームメイクの中で出した結果なので大変満足しております。(^^)
10年に渡るオヤトメ開催にご尽力いただいた実行委員の方々、お疲れさまでした&ありがとうございました。
また、楽しい企画がある時は、是非お誘いください。
仲間共々、いつでも下田に集結いたしますので。(^^;
それでは、主催の皆様、参加の皆様、10年のオヤトメお疲れさまでした〜。(^^)

 楽しい閉会式。盛り上がるじゃんけん大会。(^^;
 オヤトメ旗をお借りして仲間でパチリ。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ 10年続いたオヤトメに敬意を表して、皆さま一ポチお願いします。(^^)

コメント (15)

1108 オヤトメファイナル参戦記(vol.1)

2014-11-12 22:16:20 | 2014今日のメッキ

1108 今年もついにやってきました。
毎年11月の第一週に伊豆下田で行われるメッキチの祭典「オヤトメ」です。(^^)
今年で5回目の出場となるこの大会ですが、残念ながら第10回の今回が最後の大会になるそうです。
まぁ、地元のアングラーを中心とした私設の大会にもかかわらず、10回の開催を数えるうちに参加者は100名以上にもなってしまった大規模な大会です。
大会運営の方々のご苦労を考えれば、毎年の開催が難しくなるのもよくわかります。
名残惜しくはありますが、最後のオヤトメを楽しむべく、前夜の下田入りとなったのでした。(^^)

同じく前日入りのCommyさんでしたが、なんだかんだと上手くやって昼入りのプラロード。(~o~)
翌日の狙い目となるサーフポイントを中心に数ヶ所流した結果、23cm×2匹ゲットだったそうです。
「それ、明日出したら一桁入賞もんでしたね。」
「使っちゃったかなぁ?」
「はい、完全に使い切ったと思います。(~o~)」
なんてことを言いながら、居酒屋で作戦会議でした。(^^;
「川投げない、漁港投げない、サーフ遠投を貫き通す。」
と二人で誓いを立てて、大人になった手のComコンビは、近くのホテルでゆっくりと熟睡だったのでした。(^^)

06:00 大会本部に着くと、TATさんとてとらぽっとさんの名古屋コンビ、ぱわぁほ~るさんとyuyaさんの横浜コンビがゾロゾロと車から這い出してきます。(^^;
地元静岡のメガーネさんも合流して、出陣前のメッキ談義に花が咲きます。

07:50 受付が終了し開会式、今年は最後の大会とあって、出場者枠が広がり150名の参加だそうです。
主催のF原さんからスタートの声がかかると、数十台のアングラー仕様車が思い思いのポイントに散って行ったのでした。(^^)

08:20 サーフ一本槍の誓い通り、入り組んだ地形にある小サーフでスタートします。
狙いはもちろん、サーフを回遊している(はずの)25cm級のギンガメアジです。
それを狙い撃つために、今回はロングキャストが可能なぶっ飛びビッグルアーを準備してきたのです。(^^)
ダイワ「レイジースリムS 88mm」。
 オヤトメの秘策に温めておいた秘密兵器なのです。(~o~)
シバス用のシンペンですが、25cm級のメッキだけを狙うなら決して大きすぎることはないはず。
これをサーフからフルキャストして、沖目を回遊している(であろう)デカメッキを選んで釣ろうという、壮大な作戦でのぞむわけです。(^^;
さっそくサーフに立ってフルキャスト!
追い風に乗って軽く40m以上ぶっ飛んで行きます。(^^)
一投目を投げただけですが、予想以上の飛距離に満足して、半分釣った気分の私・・・
40m先に着水して、・・・1回2回とトゥイッチしたところで、・・・ガッツ~ンときて、・・・ヂィ~っとドラグが出て、・・・
のはずでしたが・・・
あれっ?
あれ、あれっ?
あれ、あれ、あれっ?
フルキャストの先にいるであろうデカメッキから、何の返事もありません?
腰痛で寝たきりの1週間は、こればかり妄想していたというのに、やっぱり妄想と現実にはギャップがあるようです。(~o~)
そうは言っても、これで諦めるわけにはいかないので、ひたすら40mキャストを繰り返します。
15分経過したところで、ようやく「ガツンッ」と一発来ました!(@@;
・・・ですが、40mキャストした割に、ヒットしたのはピックアップ寸前の5m辺り???
 20cm↓。だいぶイメージと違うんですが。T_T
でも、ファーストフィッシュは嬉しいから許しちゃお~うっと。(^^;

私もCommyさんもしばらくヒットなく続けていると、一ヵ所目をスカったぱわyuyaコンビが乱入してきます。
そして、すかさずyuyaさんがヒット。
「あ゛~、それオレの魚。でも、ちっこいからいいや。(~o~)」
またしばらく誰にもヒットなく時間だけが過ぎていきます。
と、突然ゴンッ!(@@;
 釣れたことには間違えありませんが、また手前の5mライン。何か違うんだよなぁ~。T_T
そしてここから連続ヒット。・・・やっぱり手前で。
 お~い、何か間違ってやしませんかぁ~?
 こらっ~っ!あなたが食っちゃいかんでしょ! ←リミットメイクのオトーサンはちょとだけ余裕。(~o~)
ここでは、1時間半粘りましたが、とりあえずリミットを確保できたまで。
これでは上位にも食い込めないので次です。
あっ、88mmのレイジースリムSが大きすぎないことは証明できました。(^^;

10:00 すぐ隣のジャリサーフへ移動します。
ジャリ場にメッキの気配がないことを悟って、少しだけある砂のサーフへ移動したまでは良かったのですが・・・
ここでも、波打ち際で背びれを出して追ってきたのはお豆さん。
yuyaさんが1つ出しましたが、私にとっては入れ替えサイズにならないので、早々に見切りをつけて次。

10:30 中規模河川の払い出し口。
既に潮位が下がっている上、正面から風が当たっていて潮位のある場所までルアーが届きません。
朝一で入ったてとTATコンビには何回かヒットがあったようですが、状況が変わる見込みがないので次。


字数制限のため前後半の記事となってしまいました。(^^;
後半につづく。



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ 10年続いたオヤトメに敬意を表して、皆さま一ポチお願いします。(^^)

コメント (6)

ボチボチ釣行記を再開します。

2014-11-10 23:46:18 | 2014今日のメッキ

しばらく釣行記事がありませんでしたが、ボチボチ再開しようと思います。
またよろしくお願いいたします。m(__)m
その前に、全釣行記事アップが自己縛りなので、溜まった釣行2回分を軽くお付き合いください。^^;

1018 腰を痛める直前の釣行です。
午後から出撃したものの、2ヶ所回ってメッキの気配すらなしです。
そこへ、かめさんから20up連発のLINEが!(@@;
しかも、サイズはどんどん上がって行き、25cm!!更には27cm!!!(@@;
「マジですかっ!(@@;」
気ばかり焦りますが、今日は翌月に控えたオヤトメで予定している秘密兵器を試してみるのがテーマです。
その秘密兵器とは、
ダイワ レイジースリムS 88mm
 こんなヤツです。(^^)

シバス用のシンペンですが、そのフォルムからしてぶっ飛びの予感です。(^^)
さっそくバビュ~ンと投げると、軽~く40mは飛んで行くじゃあ~りませんか。(^^)
港内ではありますが、メッキの回遊ルートへ気分よく放り込んでいると、
ガッ、ゴンッ!(@@;
「キターーー!」
 24cm。今シーズン最大。88mmは決して大きくないのです。(^^)
「フッフッフッ、今年のオヤトメはコレででかいの出しちゃうぞぉ~。(~o~)」

さて、その後は青服さん、はるきちさんと合流して、かめさんのおこぼれにあやかるべくにじり寄っていきましたが、時既に遅し。
粘るはるきちさんを残して、再び迷走ロードへ向かったのでした。
・・・が、後から聞くと、粘ったはるきちさんは最後に25cmをゲット、更にロードして27cmもゲットだったそうです。
はるきち眼力恐ろしや。(@@;

私のその後は・・・いつもの通り、小場所で小メッキ釣って終了。(T_T)
毎度毎度進歩のない釣りをしている自分に嫌気がさしてきます。
オヤトメでは誓いを立てて臨まなければ。(^^;
 こんなのや
 こんなのは釣れます。
 これはちょっとうれしいかも?(^^;
 今回からフィッシュグリップを起用。(^^;
 小場所ではやっぱり20cmに届きません。(T_T)

そして、この日はjesse-edさんと飲み会のお約束。
・・・既に腰が痛かったんですが。
jesse-edさんのアジング仲間・・・もとい、飲み仲間のNABEさん、ちゃいさんと楽しくご一緒させていただきました。
jesse-edさん、NABEさん、ちゃいさんまたやりましょー。(~o~)
そして、そして、このまま7日間の寝たきり生活に突入したのでした。
・・・自業自得。(T_T)


1101 この日は、出遅れていた千葉ヒイカの釣査。(^^)
まだ腰痛が抜けきらず、腰痛ベルトをガチガチに巻いての出撃です。  ←付ける薬がありません。
朝一でHancha君を誘って長~い堤防へ出撃でした。
開始10分でHancha君が1パイ。
 交通事故か?それとも実力か?
私は・・・
Hancha君も・・・
周りの常連じいさんも・・・
永遠と4時間も・・・
仕方なくポイントを変えると、2投目でお触り、3投目でヒット。(@@;
 今までの4時間はなんだったのか?
これで確変突入かと思いきや、それっきり何事も起こらず1時間。
ついに、腰が悲鳴を上げる直前でギブアップとなったのでした。
まぁ、リハビリなので、1パイ釣れただけでも良しとしよう。(^^;

以上、ずいぶん経ってしまいましたが、お休み前後の2釣行でした。(^^;


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ これでようやく遅れを取り戻しました。(^^;

コメント (8)

今年もやります。第4回ヒイカカップ

2014-11-06 00:21:01 | 湾奥ヒイカ研究会

11月になっても台風の心配などしておかしなことになっておりますが、今年も千葉ヒイカのシーズンがやってきました。(^^)
昨年はボチボチ釣れて楽しいシーズンでしたが、さて、今年の接岸はどんな感じでしょう?
私はギックリ腰で出遅れたので、さっぱり近況を把握しておりませんが、何はともあれ今年もやります「第4回ヒイカカップ」。(^^)
ヒイカエギングのスペシャリストも、またこれからヒイカを始める方も、みんなで集まってぬる~い大会で盛り上がりましょう。
皆様、奮ってご参加ください。(^^)


≪2014 第4回ヒイカカップ≫

<開催日時> 
2014年11月22日(土) 07:00~11:30

07:00各自スタート。
11:30終了。12:00までに大会本部に集合。

小雨決行。悪天候の場合は中止。
(中止の場合は、前日22:00までに携帯メールまたはLINEでご案内します)


<開催場所>
大会本部:千葉ポートパーク駐車場       
対象エリア:東京湾全域
(検量時に帰ってこれればどこでもOK。ただし船・渡船による釣り場はNG)

<参加条件>
(1)事前および当日、携帯電話もしくはスマホで連絡がとれる方。
スマホ必須ではありませんが、今年は大会中にLINEを使用します。
LINEが使用できない方には、主催者よりメールでご案内いたします。      

(2)LINE使用可能な方は、当日のLINEグループに参加願います。
参加ハンドルネームと現行LINEネームが異なる方は、大会中のみ参加ハンドルネームに変更をお願いいたします。
(3)参加者同士は当日の釣り場を公開してください。
(参加者に求められた場合は公開してください。このブログで公開されることはありません。)       
(4)小学生、中学生のご参加は、保護者の同伴をお願いいたします。

<参加費>
なし

費用はありませんが、景品用として釣り関連の安価な景品を一個ご提供願います。(複数提供大歓迎)

<対象魚/釣法>
ヒイカ(他のイカは全て対象外となります)

エギ(またはスッテ)によるエギング釣法に限る。
エギ(またはスッテ)は複数付け禁止。(エギとスッテのコンビもNGです)
オモリ、ウキ等によるリグの工夫はOKです。

<検量>
11:30終了後、12:00までに大会本部に釣果を持ち込んでください。
 ヒイカ釣果の匹数で順位を決定します。同匹数の場合は、検量の先着順とします。

<エントリー>
まず、この記事のコメントで参加表明してください。

に、左上の「メッセージを送る」から下記の(1)~(6)をご案内ください。
スマホ版サイトでは表示されませんので、スマホの方はPC版サイトに切り替えてください。(最下段までスクロール)

(1)氏名/年齢/性別
(2)参加ハンドルネーム
(3)現行LINEネーム(LINE使用不可の場合は「なし」でご案内ください)
(4)
携帯電話番号
(5)携帯メールアドレス
(6)ヒイカ歴
をご案内ください。
エントリーのメッセージをいただいたら、主催者よりスマホ/携帯電話に返信いたしますので、主催者「手のヒラアジ」をLINEで友だち登録してください。
後日、当日用のLINEグループに招待いたしますので参加願います。
既にご案内いただいている方も整理の関係上(1)~(6)のご案内をお願いいたします。
準備の関係上、一週間前には申し込みを締め切りします。

<定員>
そんなことはないかとは思いますが、参加者が30名を超えるようなら受付を終了いたします。


<ご注意>
●参加費はありませんので保険等の加入もありません。各自安全な釣りを心がけ、事故・けがのないよう注意してください。
●万が一大会中に事故・けが等があった場合でも、本大会では一切の責任を負いません。
●安全のためライフジャケットの着用をお願いいたします。
●ソーラスによる立ち入り禁止エリアが多くなっております。禁止エリアでの釣りはお控えください。
●車での移動・駐車の際には、交通ルールを守ってください。
●大会終了後の検量をもって帰着の安全確認を行います。釣果がなくても必ず大会本部に帰着してください。
●釣り場を汚さないよう心掛けてください。

 2014年の千葉ヒイカ。リハビリ、リハビリ。(~o~)


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ 皆様のご参加をお待ちしております。(^^)

コメント (22)

ブログ再開します。

2014-11-04 23:38:50 | 今日のネタ

どーも、どーも。
長らくご心配をおかけいたしました。m(__)m
ようやくギックリ腰の痛みもやわらぎ、人間らしい動きで日常生活ができるようになってきました。
今回のギックリは、これまでの痛みと違い、椅子に座ってPCに向くことができず、なかなかブログも再開できませんでした。
でも、もう大丈夫。
あらためて、ブログ再開宣言とさせていただきます。(^^;

いやぁ~、それにしても、今回のギックリにはひどい目に遭いました。
土曜日に少し痛むまま釣りをしたら、翌日の日曜日から丸々7日間寝たきりになってしまいました。(T_T)
医者に言わせると、年々症状が悪化するのは、ズバリ「加齢」が原因だそうです。
何とも情けない話ですが、歳はとりたくないですなぁ・・・。

まぁ、何はさておき、釣りができるようになったので、今週末はオヤトメファイナルに出場。(^^)
来週は、しばらく空けてしまった房総メッキロードと、いよいよ始まった千葉ヒイカ。
もう、休みが何日あっても足りません。(~o~)
いずれも、これまで通りブログアップしてまいりますので、引き続き「手のヒラアジのメッキ道鍛練中」をよろしくお願いいたします。m(__)m

そして、ヒイカファンの皆様にご案内、今年もやります「第四回ヒイカカップ」!!
現在企画を練っておりますが、11月22日(土)を予定しております。
例年ご参加の皆様、また初めての方も、是非恒例のぬる~いヒイカカップにご参加いただければ幸いです。(^^)
今週中には参加要項をアップできると思いますので、当日のスケジュールを空にしてお待ちください。m(__)m

よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ ギックリ全快とブログ再開に「ポチ」一つお願いいたします。m(__)m

コメント (10)