たて琴リラ(ライアー)工房

千と千尋の神隠しで有名になった竪琴リラ(ライアー)を製作している工房でのできごとを紹介します。

リラのキズ

2019-06-27 20:13:53 | 調整

たて琴リラの本体は木材で、その表面は水性ニスで保護されています。

そのため長く弾いていると、小さなキズやニスの劣化なども発生しまが、これはリラとの日々がうかがえるもので演奏家の勲章かもしれません。(ニスの塗り直しなどで修復できます)

ただ、高温の室内に長く置いたことでの変化やチューニングピンの回しすぎなどで生ずる故障は、手術的な修理が必要になります。

でも、長く愛用して頂き、たて琴リラを演奏者の分身のように思って頂ければ幸いです。 

 

 

 

コメント

myリラの歴史

2019-04-13 20:45:37 | 調整

今日のリラ工房は、数年前に制作したリラ2台の修理作業の日でした。

たて琴リラは長く弾いて頂くと調整が必要になることもありますが、今日のリラは部品の交換やニス塗りなどと、その後の弦張りチューニングなどで半月以上かかるものです。

そのため費用もそれなりにかかりますが、完成すると生まれ変わったリラとなります。

myリラはそれぞれの奏者と共に歴史を刻みます。 

 

 

コメント

リラのリペア

2019-01-28 20:59:57 | 調整

今日はTさんの25弦リラの弦交換と調整とニスの上塗りが終わり仕上げにチューニング(音程合わせ)をしました。

全て手作業なので厳密には同じ仕上がりではありませんが、フレッシュなリラを可愛がっていただけたら幸いです。

そして、リラのリペアはこれで終わりではありません。

myリラを心行くまで奏でて頂き、また必要な時期に工房に里帰りし、リペア補修など受けて頂く機会を楽しみにお待ちしております。

コメント

日帰り修理

2018-11-12 19:25:13 | 調整

今朝、ヤマト便で届いたMさん愛用の25弦リラを調整し、昼には同じくヤマト便のドライバーに集荷して頂き、明日の朝大阪に届けることができます。

これはいつもできることではなく、タイミングが良かったこともありますが、毎日練習を続けておられるMさんの熱意が、すべてをスムーズに動かせたように思います。

また、素敵な演奏を聴かせてくれると思います。 

 

 

コメント

リラのメンテナンス

2018-11-09 21:14:22 | 調整

たて琴リラを制作している立場では、なるべくメンテナンスで負担をおかけしないような作りにしたいと考えております。

が、弦も、駒などのパーツも消耗し、音色も変化します。

なので、演奏者と楽器職人とのコミュニケーションは大事にしたいと考えております。

今日は、Kさんのリラ演奏動画を拝見し、早速、25弦リラを工房に送って頂くことにしました。

毎日、弾いて頂いてる楽器なので、なるべく早く調整し、お返ししたいと考えております。

これからも、たくさん弾いて頂き、末永くご愛用頂ければ嬉しい限りです。 

 

 

コメント

リラの修理

2018-11-03 19:41:29 | 調整

今日、レッスンに来て頂いたNさんの25弦リラの調整をし、チューニングをしている時に気が付きました。

一番低い音、F音の音程が安定しません。

ごくまれに出る現象で、これは工房での修理が必要です。

それほど時間がかかる作業ではないので、すぐに修理し、そのまま持ち帰って頂きました。

工房に来て頂いたことが幸いしました。 

 

 

コメント

リラの調整

2018-10-25 20:16:10 | 調整

今日、千葉県からレッスンに来てくれたTさんのリラは2年前に制作されたものでした。

中ほどのg音が、どの角度でならしても雑音が混じります。

最初のレッスンから、だいぶ日にちが過ぎていたので、原因が分かりませんが、ネックと駒を調整し、弦も新しいのに取り替えたら、ビビリが消え、本来の美しい音になりました。

もし、毎日弾いているリラの音に違和感があったら、リラ工房をに調整依頼をお願いします。

コメント

新しい弦

2018-10-04 20:14:37 | 調整

今日の工房は、ニス塗の日でした。

帰宅してから、新しい弦のリラで、いつもの練習をしてみました。

新しい弦特有の、バラついた音と、鋭い響きがまじりあった、荒削りの音がします。

が、弾きこんでいくと、雑な響きがなくなり、それぞれの弦が落ち着いた音になり、全ての弦に統一感が出ます。

そして、長く弾いていると、音の伸びが少し短くなりますが、それを好む人もいて、弦交換は人それぞれで、数年同じ弦で弾くこともあります。

(写真は、新宿バスタの庭です)

 

コメント

久しぶりのレッスン

2018-09-20 20:33:39 | 調整

明日、神奈川県からVさんがリラを持って来られます。

数年前に一度お見えになり、その後、いろいろな事情で、あまり弾くことが出来なかったようです。

それで今回、リラのメンテナンスもかね、2時間以上かけて電車とバスを乗り継ぎ、おいでになります。

天気予報も気になりますが、リラ再開のお役に立てますよう、歓迎し、リラ工房でお待ちしております。 (写真は馬堀海岸)

 

 

コメント

新しい弦

2018-09-19 18:31:14 | 調整

この連休から、新しい弦のリラを弾いています。

張ったばかりの弦は、良く響くのですが、音程が下がりやすく、音色もビビったりで、力ある美しい音になるまでは、繰り返し弾きこみ、チューニングも繰り返す必要があります。

これは、弾き手が好む音色に近づけるという作業でもあるので、人任せにはできません。

毎日弾いていると言う、ベテランのリラ(ライアー)奏者も言ってました。

「本当に気に入った音になるまで、ひと月は弾き続けます」

これは、楽器(リラ)にもよるし、個人差もありますが、自分のリラがマイ・リラとなる道のりかもしれません。 

コメント