リラハープ工房

千と千尋の神隠しで有名になった竪琴リラ(ライアー)を製作している工房でのできごとを紹介します。

弦の消耗

2020-09-17 20:16:59 | 調整

弦楽器の中で特に弦の多い楽器はハープです。

その中でリラ工房で製作しているのは7弦、25弦と28弦のリラハープです。

6弦のギター、4弦のベースなどは一つの弦で多くの音程を響かせるので、弦の消耗に気づきやすく、よく弾く人は弦の交換を日常的に行っています。

多弦のリラハープは弾く人によっと、ほとんど響かせない弦もあり、フレットがないこともあり、弦交換もそれほど頻繁ではなく、年単位で同じ弦を使っている人も多いです。

そのため、弦の消耗に気づかないで弾いていることもあります。

弦の消耗は音色と音の伸びに現れます。できれば定期的な弦の交換をおススメします。

 

 

 

コメント

里帰りのリラ

2020-02-27 20:01:10 | 調整

先日到着した25弦リラのメンテナンスの日でした。

2年以上前から弾いて頂いてるリラですが、故障などの不具合は見当たりません。でも、日常的に弾いておられるようで、弦の劣化が目立ちます。

最初にすべての弦を取り外し、駒とネックの状態を診て、今回はネックの気になるピンを調整しました。

そして新しい弦を張り、時間をおいてチューニングをし、少し弾きこみます。

その後改めて、一音一音の響きを聴き、響きにムラがある場合はそれを修正し、最後に音全体の響きを診てバランス良く響いていたら、これで完成となります。

工房に里帰りしたリラの元気な姿を見てホッとしました。 

 

コメント

音合わせ

2020-02-12 19:55:04 | 調整

たて琴リラの弦は全て解放弦(ギターなどのにある指板がない)なので倍音も含めて豊かな音色が響きます。

そのため音合わせで使うチューナー機器も基音の他に複数の倍音にも反応します。

初めてリラを弾く方は音合わせ(チューニング)の際には、そのやり方のレッスンを受けると安心です。

そして慣れてくると耳で音程の違いも分かるようになります。

近くに先輩や先生がおられない方はリラ工房でもご紹介できます。

コツを学べば簡単ですよ。

コメント

調整依頼のリラ

2019-12-11 20:23:15 | 調整

今日調整依頼の25弦リラが届きました。

さっそく拝見すると外見は問題なさそうですが、弾いてみると3弦ほど荒い音質となっていたので、これは調整し解決しました。

弦はまだ使えそうですが、切れそうな弦が1弦あったので取り替えました。

チューニングも正確でよく弾いて頂いてようなので、今日だけで調整が完了しました。

明日、工房から演奏者のもとへお送りさせて頂きます。

これからも楽しく弾いてくださいませ。

コメント

リラの定期健診

2019-12-08 19:16:04 | 調整

今日のレッスンは昨年からレッスンを始めたFさんです。

毎回オンラインのレッスンですが教則本を使って日々練習を続けておられる様子が良く分かります。

今日は初めに音階練習で指の角度やリラの抱え方など再確認しましたが、音色にバラツキがあり、工房で点検させて頂くことにしました。

弾き始めから1年半経過しているので、このあたりで一度状態を診させて頂くことも必要と判断いたしました。

楽器、特に弦楽器は毎日少しでも弾くことが大事で、ある程度の月日が経過したら、異常があってもなくても工房での調整の時間を取って頂くことが楽器のためにも演奏者のためにも必要だと思います。

どうぞよろしくお願い致します。 

コメント

里帰りのリラ

2019-11-01 20:11:18 | 調整

この夏、2台の25弦リラが里帰りしました。

1台は2007年製作、もう1台は2013年製作のリラです。

2007年のリラは自宅レッスンに来て頂いた方のものですが、どれくらい弾いて頂いたかは不明です。

2013年のリラはフルに弾いて頂いたことが分かっています。

2台のリラを改めて見ると2台とも目立ったキズもなく問題なく弾くことができます。

でも、製作から数年以上経過したリラが故障したままになっていることもあります。

これも世界に1台のmyリラです。

リラ工房でリペアと調整など行いリフレッシュしたリラを弾いて頂きたいと願っています。

コメント

リラのキズ

2019-06-27 20:13:53 | 調整

たて琴リラの本体は木材で、その表面は水性ニスで保護されています。

そのため長く弾いていると、小さなキズやニスの劣化なども発生しまが、これはリラとの日々がうかがえるもので演奏家の勲章かもしれません。(ニスの塗り直しなどで修復できます)

ただ、高温の室内に長く置いたことでの変化やチューニングピンの回しすぎなどで生ずる故障は、手術的な修理が必要になります。

でも、長く愛用して頂き、たて琴リラを演奏者の分身のように思って頂ければ幸いです。 

 

 

 

コメント

myリラの歴史

2019-04-13 20:45:37 | 調整

今日のリラ工房は、数年前に制作したリラ2台の修理作業の日でした。

たて琴リラは長く弾いて頂くと調整が必要になることもありますが、今日のリラは部品の交換やニス塗りなどと、その後の弦張りチューニングなどで半月以上かかるものです。

そのため費用もそれなりにかかりますが、完成すると生まれ変わったリラとなります。

myリラはそれぞれの奏者と共に歴史を刻みます。 

 

 

コメント

リラのリペア

2019-01-28 20:59:57 | 調整

今日はTさんの25弦リラの弦交換と調整とニスの上塗りが終わり仕上げにチューニング(音程合わせ)をしました。

全て手作業なので厳密には同じ仕上がりではありませんが、フレッシュなリラを可愛がっていただけたら幸いです。

そして、リラのリペアはこれで終わりではありません。

myリラを心行くまで奏でて頂き、また必要な時期に工房に里帰りし、リペア補修など受けて頂く機会を楽しみにお待ちしております。

コメント

日帰り修理

2018-11-12 19:25:13 | 調整

今朝、ヤマト便で届いたMさん愛用の25弦リラを調整し、昼には同じくヤマト便のドライバーに集荷して頂き、明日の朝大阪に届けることができます。

これはいつもできることではなく、タイミングが良かったこともありますが、毎日練習を続けておられるMさんの熱意が、すべてをスムーズに動かせたように思います。

また、素敵な演奏を聴かせてくれると思います。 

 

 

コメント