たて琴リラ(ライアー)工房

千と千尋の神隠しで有名になった竪琴リラ(ライアー)を製作している工房でのできごとを紹介します。

一剣を磨く

2019-09-15 20:46:01 | リラちゃんの豆知識

たて琴リラの練習を始めても思ったように上達できないと感じることがあります。

そんな時のために思い出して欲しい言葉「十年一剣を磨く」です。

一つの目標に向かい十年間それを続けることで道がひらけると言われています。

でも私はたて琴リラの道は努力とか勤勉とか頑張りなどの言葉は似合わないと思います。

なぜならリラを弾くことは楽しみであり喜びであって辛いことではないからです。

それぞれの日常の一つとなりえるものだと思っています。

それが「一剣を磨く」に通じることかもしれません。

 

コメント

作詞家・有馬三恵子

2019-09-14 21:27:12 | 日記

昼のNHKFM歌唱スクランブルで、珍しく作詞家・有馬三恵子の特集をやってました。

懐かしいヒット曲が次々と流れ、詩を聴いても納得のものばかりでしたが、最後に4月に亡くなられたと言われ愕然としました。

有馬さんとは昭和の時代に一緒に仕事をさせて頂いたことがあり、その後も個人的な交流がありましたが、いつの間にかご無沙汰になってました。

リラ工房の仕事をしている今こそお会いしたかったと悔やんでいます。

ご冥福をお祈りいたします。 

(写真は、歌謡GSブルーシャルムのデビューシングルです)

 

 

 

コメント

星屑スキャット

2019-09-13 20:44:26 | 音楽体験

今日のTV「徹子の部屋」で初めて見ました。

3人の女装ユニット。

ミッツ・マングローブ、ギャランティーク和恵、メイリー・ムーの3人によって、2005年に結成された音楽ユニット『星屑スキャット』。

歌を聴いてびっくりしました。最近の歌謡番組では観ることのできない、それぞれの個性ある歌とコーラスのエンターテイメント。

番組ではカラオケ伴奏を使っていましたが、ステージではきっと生バンドだと思います。

私も実演奏を聴きたくなりました。 

 

 

コメント

誰もが勝利者

2019-09-12 21:41:02 | リラちゃんの豆知識

プロ野球、大相撲、サッカー、などなど、勝負は佳境に入っています。

やがて、勝者と敗者が決まり、そこは悲喜こもごもの様相となります。

音楽はコンクールで賞を取ることを目標にする人もいますが、それよりも自分自身が納得の演奏ができること、それが一番です。

音楽演奏には技術の優劣はあっても、演奏者の人柄や個性や心情や主張などが秘められていますので演奏表現を一律に判定することは難しいです。

なので、楽器演奏などの音楽活動をする人は、生き方次第で全員が音楽芸術の勝利者になる可能性があります。

 

 

コメント

フォークソング

2019-09-11 20:20:39 | 日記

午前中はNHKFMを聴きながらの工房作業ですが、今日はフォークソングと言っていいのか分かりませんが、「帰ってきたヨッパライ」ザ・フォーク・クルセダーズ,「戦争を知らない子供たち」ジローズ,「恋の花うらない」ビリーバンバン,などが流れました。

懐かしい曲ですが改めて聴くと歌詞の内容が軽すぎて、また聴きたいとか歌いたいとかにはなりません。

フォークソングとはそのようなものだったでしょうか?

時代を越えて心に残る歌曲はジャンルを問わずメロディーにも歌詞にも力がありますね。

今の路上パフォーマーもガンバッテます。


 

コメント

ブルガリア新体操チーム

2019-09-10 20:57:08 | 日記

オリンピック強豪のブルガリア新体操チームが山形県村山市で強化合宿を行ってました。

過疎化で悩む村山市は東京オリンピックのホストタウンを引き受け、市を上げて合宿を支援してます。

厳しい練習で失敗する様子も映し、選手の飾らない表情に、思わず「ガンバッテ」と言いたくなりました。

そして、さらに感動したのは、地元の子供体操チームとの交流です。

まだ入学前のあどけない表情の体操チームメンバーをメダル候補の選手が指導しくれました。

これがオリンピックですね。(8日のBS1)

 

コメント

マイ・リラが始まり

2019-09-09 17:52:57 | リラちゃんの豆知識

数ある楽器の中から「たて琴リラ」にご縁を頂いた方は、音楽を聴くことに加え自らが演奏するというパフォーマーの楽しみをぜひ手にして頂きたいと願っています。

それは新しいリラを手にした時、それが始まりです。

それぞれの生活と日常のなかで、限られた時間の練習かもしれませんが大丈夫です。

リラ上達の秘訣はただ一つ。続けること。

やがて演奏者としての自信と喜びが見えてきます。

 

コメント

夢中になれること

2019-09-08 20:27:29 | 日記

青春時代は何かに夢中になってた人も、年齢を重ねその夢がしぼむことは珍しくないです。

でも、何かに夢中になっている人は、やはりどこか違います。

そしてそれが自分も他人も感動させ心を和ませるものならば、いつまでも続けることでそれが自分の生きがいとなります。

その夢中になれそうなことが見つかったら、、、チャンス!

それが今です。

 

 

 

コメント

感動すること

2019-09-07 20:56:45 | リラちゃんの豆知識

脳の研究者・小暮信一医学博士は脳の活性化には「感動する」ことも大切だとし、「心底感動するためには”生きたもの”と接することです。」と述べられています。

☆例えば、同じ音楽でも、CDで聞くのとコンサートホールで聞くのでは、全然違います。生演奏の場合、耳だけでなく、目や皮膚など全身で音楽に触れていますから、その分、脳は、より活性化しています。『生老病死と人生を語る』池田大作著・聖教新聞社

リラ奏者はたて琴リラの生演奏で身近な人とふれあい友情の輪を広げ、さらには世界の人との交流も目指したいですね。

(写真は、リラ奏者 Kayo M.ホームページで演奏が聴けます)

コメント

猛暑日に思う

2019-09-06 17:49:13 | 楽器製作

今日のリラ工房は猛暑がぶり返しエアコンフル稼働で作業し、時々、伊香保温泉の涼しさを思い出していました。

夏日が続くといつも思うのは、涼しい避暑地で仕事をすることですが、寒がりの私に冬が耐えられるのか、、、?

楽器作りには資材の調達、工具など消耗品の調達、配送、などもともないます。

いろいろ考えると、結局、今の場所で頑張り、時々、ご褒美で国内リラ旅行をさせて頂くのが最高かもしれないと、いつもの結論に至ります。(笑)

失礼いたしました。

 

コメント