たて琴リラ(ライアー)工房

千と千尋の神隠しで有名になった竪琴リラ(ライアー)を製作している工房でのできごとを紹介します。

金沢

2010-09-30 16:09:05 | 日記
29日リラレッスンが終わり、Y.Mさんの案内で金沢市内の長町武家屋敷跡を見学しました。以前にも来たことはありましたが、生粋の地元人の案内はまた格別のものがありました。
ここで私はmyリラを持って立つことで、この歴史の街にリラの音が爽やかに鳴り響くことを祈りました。
コメント

リラ旅行 ☆小松 金沢☆ 2日目

2010-09-29 23:04:13 | リラ(ライアー)
朝から金沢市長町の公民館でY.Mさんにリラの説明と練習の仕方など基本的なことをアドバイスさせていただきました。Y.Mさんは金沢で生まれ育ち、お仕事もこの地でしている方で、今回、金沢の美味しいお店ににもつれて行って頂きました。
以前から金沢に魅力を感じていましたので、地元にお知り合いができとてもうれしいです。
写真も少し撮りましたので、後日ご紹介させていただきます。
コメント

リラ旅行 ☆小松 金沢☆

2010-09-28 16:37:14 | リラ(ライアー)
朝雨の東京は事故渋滞で、ひやひやしながら羽田に着き、雨雲で揺れる飛行機に乗って小松空港に到着しました。
そして、飛行場まで迎えに来ていただき、セラピストで音楽家のM.Tさんにお会いし、リラの説明をさせていただきましたが、すでにきれいな音色でメロディーを弾いておられました。
これからリラを弾きこむことでさらに深い味わいのある曲が弾けるようになると思い、私なりのアドバイスをさせていただきました。
リラ旅行初日、とてもうれしい日となりました。
明日は、金沢市のY.Mさんにお会いし説明させていただきますが、実はこれから一緒に食事をします。
続きはまたお知らせします。
コメント

着信

2010-09-27 13:27:21 | 日記

携帯電話が手放せなくなった今、時々不安になることがあります。それは、こちらから電話をかけて出なかったとき、その後相手からの返信がない場合や、留守電を入れても返事がない場合です。
私の場合は必ず着信を見て、気がついたらすぐに、こちらからかけます。
携帯電話は個人と個人のつながりなので、とても気になります。
私の感覚がおかしいのでしょうか。

コメント

ピアソラ

2010-09-26 09:40:27 | 音楽体験
昨晩のテレビで東京芸大卒のヴァイオリニスト川井郁子さんは、それまで学んできたクラシックの世界から、芸術家としての自分の音楽を模索するなかで、今の自分に大きく開花させたもの、それは、新しいタンゴを創造した「アストル ピアソラ」の存在だと言ってました。
我が家にもチェリスト「ヨーヨー マ」が演奏するピアソラのCDがあります。なかでも「リベルタンゴ」は大ヒットしましたし、私も大好きです。
現代の人の魂をゆさぶるような情熱が感じられるピアソラの音楽はこれからも見逃せないものですね。
コメント

微笑みながら

2010-09-25 13:55:59 | 日記
「希望を持ち続ける限り青年である」との言葉は肝に銘じてますが、ある程度の年齢になると物忘れが進むそうです。
これも考えようで、だいたい楽しい思い出よりもつらかったことの方が心に残ります。それに自分にとって忘れてしまいたいことも多々あります。
これらがいつまでも鮮明に残るようでは、歳をとるのもつらくなります。
ちょうど良く忘れられるのかもしれません。
微笑みながらの日々を送りましょうね。
コメント

成り行きまかせ

2010-09-24 13:46:44 | 練習
先日初対面の人といろいろお話したとき、私が「あなたはどんな夢や希望を持っていますか」とたずねた時の会話

「成り行きです」

「えっ!何ですって」

「成り行きまかせですよ!」

「...。」

私よりずっと年下の人がこんなこと言うなんて、すくなくともリラを練習してる人はこんなこと絶対に言わないと思います。
楽器に取り組むというのはすごいことですね。
コメント

やさしくなれる

2010-09-23 13:20:26 | 日記
人は皆つらい思いや、悔しい思いを数々体験し、それを乗り越えて今の自分があると思います。その体験は年齢をかさねても、終わることはなく、思いもしないところで悔し涙をながすはめになることもあります。
でも、それに負けずにあらたな目標に向かって頑張ることで、やがて、人の心の痛みが分かる、思いやりの心を持つ自分に気づくことがあります。
そんな心のひだを伝えることのできる楽器リラでありたいです。
コメント

静けさと過疎

2010-09-22 08:59:30 | 日記
「静かな田舎暮らしを満喫」というような記事を時々目にしますが、これはまわりにある程度人とのふれあいがあってこそのものだと思います。
それが過疎がどんどん進んで人が少なくなる現象のなかでは不安の方が大きいように思います。
理想は国内にバランス良く人が住み、移動もしやすく、情報量も不足しない街づくりだと思います。そしてそれぞれの街が文化活動を活発にすることが大事ですね。
リラもそのお役に立ちたいですね。
コメント

香りの小物

2010-09-21 13:58:11 | 日記
慢性の鼻炎があって耳鼻科には定期的に行っていましたが、今日は先生から「こんなに良くなっているとは驚きました」と言われました。
慢性の鼻炎はなかなか完治が難しいようですが9.11の日から完全ににおいも戻ってきました。
アロマテラピーアドバイザーでリラ奏者のtomokoさんからいただいた香りの小物をしっかりとたのしませていただきました。
「うーん 深くて素敵な香り」
tomokoさんありがとうございました。
コメント