たて琴リラ(ライアー)工房

千と千尋の神隠しで有名になった竪琴リラ(ライアー)を製作している工房でのできごとを紹介します。

暑い時に熱い作業

2019-08-16 21:02:32 | 楽器製作

先日の猛暑に比べれば今日は午前中雲がかかった時間もあり少し過ごしやすかったのかもしれません。

でも、作業は木を削るもので工房内の体感温度は、やはり熱い、、、です。

それでいつもよりインターバルを入れての作業工程にしました。

それから、家に帰りシャワーを浴びると強烈な睡魔が襲ってきました。

やはり暑さは体力も消耗します。

明日の東京はこの夏一番の暑さかもしれません。

体調を考え上手に猛暑と付き合いましょう。

(せめて写真だけは冬の小樽にしました) (笑)

 

コメント

10年前の夏

2019-08-14 21:47:49 | 楽器製作

10年前の夏も暑かったと思いますが、今日写真を探していたら見つかりました。

(Tシャツ姿で申し訳ございません)

その頃は自宅2階の4畳半で主に木工作業をして、1階の日当たりの良い部屋でニス塗りや弦張りなどの最終調整をしてました。

そこに遠方から訪ねてくれる人を駅までお迎えに行ったことも多々あり良い思い出となっています。

その後仕事も増えて、木を削るさいの騒音や木くずなど住宅街での迷惑を考えて今の場所に移ることとなり、ちょうど10年です。

写真では、それほど変わってないと思いたいのが人情ですが自分の思い込みかな、、、(笑)

コメント

木材到着

2019-05-03 21:01:02 | 楽器製作

リラ工房は大型連休中で静かな時の流れに乗って、木を切り、削り、つなぎ、サンディングなどの作業中です。

が、働いているのはリラ工房だけではありません。

いつもお世話になっているクロネコヤマト宅急便は一日も休まず動いています。

そして、いつも大事な木材を送ってくれる会社も通常どおりで、今日注文した木材が無事到着しました。

ご苦労様です。

私は趣味が仕事か仕事が趣味か、、、?でも、楽しみはリラ旅行に行くことかな、、? 

コメント

今年の夏は?

2019-03-19 21:03:21 | 楽器製作

昨年の夏は経験したことのない猛暑でした。

工房にはエアコンの他、1キロの氷を置いて37度をしのぎました。

一番影響を受けるのがニス塗りです。

乾きが遅く、多分湿度も影響してると思いますが、なかなか乾きません。

それで、送風機も使って室温も調整しました。

今年の夏は、予測がつきませんが、製作工程の見直しなど暑さ対策を今から考えます。

そして、私もリラを持って涼しい避暑地に行きたいと思っていますが、、、どうでしょう?

予測不能です。(笑)  

 

コメント

ニス塗り

2019-01-31 20:35:57 | 楽器製作

今日の工房はニス塗りの作業でした。

これは楽器作りのなかでは特別な工程です。

なるべく静かにゆっくりと行うようにしていますがBGMも必要で、これにもこだわります。

大げさかもしれませんが、心に波風をたてず穏やか進めたいので、音楽はModern Jazz QuartetのCDをかけることが多いです。

通称、MJQと言われるこのグループの演奏はジャズでありながら、クラシックもMJQの音楽に昇華させ、当たり前のように彼らの作品としています。

ニス塗りとの相性も抜群です。 


コメント

初荷

2019-01-04 21:13:38 | 楽器製作

今朝、リラ工房に届いた今年の初荷は声楽家からの25弦リラでした。

弦の全交換と調整の依頼です。

工房にもどったリラの梱包はまだ開けていません。

明日の朝、久しぶりの対面となります。

どんな曲を紡ぎ音色を響かせたのか、、、、

ご苦労様と言ってあげたいです。

リフレッシュさせて演奏者のもとに、また、お戻しさせていただきます。 

(写真は、リラ工房に続く遊歩道です)

 

 

コメント

自然乾燥

2018-10-02 17:43:09 | 楽器製作

リラ工房のたて琴リラには、楽器に多く使われているニスが塗られています。

何度も重ね塗りし、自然乾燥なので、猛暑と言われたこの夏の異常な暑さと湿気では、乾きにくく、いつもの倍の日数がかかりました。

やっと、涼しく爽やかな日もあり、ホッとしています。

長く弾いて頂いてるリラも、弦交換などの際に、さらにニスを重ね塗りすることもできます。

マイ・リラを、末永くご愛用くださいませ。 

 

 

コメント

電子オルガン

2018-08-19 21:00:46 | 楽器製作

今知りましたが、河合楽器の電子オルガン・ドリマトーンが2016年に生産中止になったようです。

少しさかのぼると、ビクターのビクトロン、松下電器産業(現パナソニック)のテクニトーンも先に中止になりました。

時代の流れとは言うものの、今となれば、必然だったと思います。

時代を越えて使われるのが、楽器だと思っています。

そんな楽器作りを目指し、たて琴リラを製作しています。 

コメント

夏休みの静けさ

2018-08-11 19:41:30 | 楽器製作

近くの幼稚園はすでに夏休みに入っていますが、今日から会社などもお盆休みのようで、何となく街が静かな感じです。

毎年この落ち着き感に、癒され、工房作業もイイ感じです。

工房作業は、リラ本体の組み立ての前に、小さなパーツ作りから始まります。

この部品がで出来上がると、板の切り出しが始まります。

その後の削りの作業は、細かい粉のような木くずが舞い上がり、体を覆います。

このホコリを取り除かないと、次のニス塗に進めません。

これらの作業を夏休みの静けさのなかで、もくもくとこなしてます。 

コメント

工房にツララ?

2018-07-24 19:08:52 | 楽器製作

気象庁は「命に危険が生じる暑さが続き、『災害』という認識だ」と言ってます。

そこで、リラ工房では、対策を考えました。

お隣のスギ薬局さんから、大きな氷を買ってきて、工房の中ほどに、上から、それをつるしました。

もちろんエアコンは全開です。

効果のほどはよくわかりませんが、つるした氷を、冬のツララと思えば、涼しさも感じられるかな、、、、?

と思って、作業を進めました。

明日も、ツララのお世話になります。

皆様も、お大事になさってください。  

 

コメント