たて琴リラ(ライアー)工房

千と千尋の神隠しで有名になった竪琴リラ(ライアー)を製作している工房でのできごとを紹介します。

どうみるエコブーム

2008-08-31 12:37:25 | 日記
今日の朝日新聞で、厚生省出身の加藤三郎氏が市民の意識が高まって
☆「環境力」が市民についてきた☆と言ってるのに対し、
養老猛司氏は☆国民に道徳を押しつけるな。官僚や政治家が、国際交渉の場で堂々と石油の生産調整を主張すべき☆と言い、
中野翠氏は☆実効性に疑いの余地のないエコを実現しようとするなら、豊かさや便利さを犠牲にするしかない。その覚悟があるか☆と言う。
読んでみることをおススメします。
コメント

ネクタイ

2008-08-30 09:07:23 | 日記
ネクタイをしなくなってからずいぶんたちますが、最近はクールビズの影響もあって、あまり失礼な状況というのはなくなりました。かえって住宅街にネクタイをした人が歩いていると、こちらが身構えてしまいます。これだけ温暖化とヒートアイランド現象が進んでいるんですから、涼しい方がイイですよ。
コメント

自宅が工房

2008-08-29 18:30:30 | 楽器製作
楽器作りに木工作業が欠かせません。そこでいつも気を使うのは騒音です。工房と言っても、元は家族5人と犬と猫が住んでた普通の家なので、作業中は全てのドアを締め切って誇りまみれになります。でも、住宅街の真ん中での楽器作りですので仕方ないですね。
コメント

CD不況

2008-08-28 12:16:29 | 音楽体験
レコード産業が衰退してるそうです。楽曲のCDとネット配信を合わせても、売上がここ9年で三分の二に減少したと言われています。これにかかわる事業者には「お気の毒」としか言えませんが、私としては他人が作った音楽の缶詰(CDカセットなど)で楽しむより、自分で演奏するか、生演奏を聴くことにシフトしていただくほうがどれだけ嬉しいことか分かりません。
コメント

これからの街

2008-08-27 11:00:08 | 音楽体験
一部の先進国だけが贅沢をする時代は終わり、これからは限りある資源を大事にし、皆が共存できるような仕組み作りが必要かもしれません。
国内でも一極集中を改め、地方がそれぞれ輝くような街作りが大事だと思います。その中で大事な要素の一つは「芸術文化が一般市民の間に花開くこと」だと思います。スミマセン。エラそうなことを。
コメント

プレスリー

2008-08-26 14:52:04 | 音楽体験
久しぶりにプレスリーの歌を聞き、惚れ惚れとしました。歌の上手な人がプレスリーの歌を同じように歌っても、決してプレスリーの歌にはなりません。それだけ音そのものに無限の種類があり、それに歌い方が乗じられたら、もはや同じものを探すことは不可能ですね。以前福岡にお住まいの大学教授N先生の音についての論文を読んだことを思い出します。
コメント

今年の夏

2008-08-25 12:32:08 | 音楽体験
まだ終わったわけではありませんが、今年も忙しい夏でした。結局どこにも行かず、仕事と少しの息抜き(居酒屋で水割り3杯程度)を友人と何度かしました。でも、頑張った分は、秋の実りとして楽しみにしています。それに昨日新しいMDCDコンポが届きました。これも秋の楽しみになりそうです。
コメント

五輪

2008-08-24 09:48:07 | 日記
今回のオリンピックはとても長く感じました。仕事の合間にちょこちょこ見てましたが、悲壮感と悔しさばかりが印象的で、正直楽しめませんでした。負けた選手の検討も讃える競技などを期待するのは、あまいですね。
コメント

人口集中

2008-08-23 09:41:59 | 楽器製作
新聞によると、東京圏に約3500万人が住んでいて、2位のニューヨーク圏の約1800万人を大きく引き離して断然トップだそうです。日本人の3~4人に1人が東京近辺に暮らしていることになります。通勤ラッシュでくたびれて、人間関係もギスギスしがちです。こんな暮らしを見つめなおすことが必要かもしれません。許されるなら、静かなところで楽器作りもしたいところです。
コメント

マイルス デイヴィス

2008-08-22 14:06:47 | 音楽体験
1956年に録音された「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」を久しぶりに聴きました。レッド・ガーランド(P)ポール・チェンバース(b)フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)と一緒にマイルスのトランペットが心に染み渡ります。失礼な言い方かもしれませんが、今聴くと、不必要な音は一つもなく、選び抜かれた音が丁寧に絡み合い、とてもまっとうな演奏だと感激しました。これからも世界のジャズファンに永く愛される名演奏だと思わされます。
コメント