世界の中心で吉熊が叫ぶ

体長15センチの「吉熊くん」と同居する独身OLの日常生活

平成最後の同期会

2018年12月15日 22時18分58秒 | Weblog
昨日はボーナス支給日。
このために仕事をしていると言っても過言ではない。
ほとんどは貯蓄に回す予定。
あと夏旅。
行先はどこがいいかななどと考えると口元が緩んでしまう。

そして昨日は退社後に平成最後の同期会+α。
転職して今は他の会社で頑張っているEちゃんとNちゃんと、そしてその他諸々と飲んだ。


二人(両側)とも相変わらず元気そうで安心した。
すっかり飲み仲間になっているその他諸々の人も元気そう。
笑いすぎて腹筋が筋肉痛。
鼻から煙を出しながら笑ってしまった。



たくさん飲んでたくさん食べたのに一人2,800円ほどだった。
コスパ最強。

部室みたいな簡素な店構えだけど、なんだか落ち着く居酒屋だった。

「また来年も飲もうぜええええええ」
と駅の改札で別れてお開き。

嗚呼、楽しかった。

帰りの電車が超満員電車だったので一回下りてホームで休憩。
決して飲みすぎたわけではないのだけれども、ちょっと気持ちが悪くなった。歳かな。



今朝は11時にお目覚め。
野暮用を済ませて池袋でお買い物。
クマ医師とお友達のプレゼントを買う。

百貨店でhideさん発見。
すごく嬉しい。





資生堂のカウンターで、化粧下地を買った。

20年近く愛用しているのはルーセントのブライトニング スポットコントロール ベース UV。
これがないと生きていけない。


人手不足なのか、最初、アルバイトの女性が接客してくれた。
おお、働き方改革なのか、これ。
途中からいつもの店員さんが接客してくれた。


ドラッグストアでマニキュアとファンデーションも買う。

プロランスのマニキュアは置いてあるときにまとめ買いする。
安いのに発色がいい。
エリクシールのファンデーションは使用歴10年弱ぐらい。使用感と仕上がりがいい優秀コスメ。

必要なものを一気に買っただけなのに爆買いした気分。
カフェで夕食と一服。

パンをかじりながら高校時代の友達に忘年会のお知らせを送る。
みんな相変わらずだなあ。
大好き!

ついでに店の予約もする。
楽しみ!!



本屋を徘徊。
日経WOMANの意識の高さを立ち読みで吸収。


お洋服屋さんを覗いて帰宅。
あのワンピースかわいいなあなどと思いながら。

師走なのか、街はいつもより多くの人が出歩いていた。
煌めくイルミネーション、きりっとした冬の空気、慌ただしく行き交う人の群れ。

忙しいけどやはり好きだ、師走。


コメント

ボーナス支給ソング

2018年12月13日 23時22分40秒 | Weblog
昨日は心療内科デー。
待ち時間は3時間半ぐらい。やや早め。
ずっと年賀状をしたためていた。


昔の上司(おっさん)がくれた今年の年賀状に「住所が変わっても苗字は変わらないのね」と書いてあるんだが、それを見てイラおこ再燃。
年始からすごく失礼だと思うよ、この人。
こういうデリカシーのない人間にはなりたくないなと思いながら、今年もしれっと自分大好き年賀状を彼に送るわたくし。


おにぎりをモグモグ。ほたてのおにぎりがまいうー。


さて診察。
クマ医師に先日の成人病検診の結果を見せた。

・貧血
なぜか数値がかなり悪い。市販薬ファイチも漢方薬も飲んでいるのに。
俺のFe、どうした?どこいった?

食事で改善してみましょう、とのこと。
お茶・コーヒーは控えましょうとも言っていた。
鉄分の吸収を阻害するんだとさ。



・胃
バリウム検査の結果、胃炎とポリープが発見された。
様子見なんだが。

「私はその分野が専門ではないのでわからないのですが・・・」という前置きのあと、やはり胃カメラをすすめられた。
年明けにどこかの内科で飲んでこよう。
昔飲んだことがあるけれどもバリウムよりは苦痛ではなかったはず。


都度、医学書を取り出して確認するクマ医師。
嗚呼、そうだ。クマ医師は精神科医・医者なのだと改めて感じた。
その間、私は絶賛放置プレイなんだが・・・。

精神的なことについてはあまりホジホジされず。

会計をしているとクマ医師が受付に降臨。
「これ・・・」
と紙を手渡された。
鉄分が多い食べ物ランキングをプリントアウトしてくださったものだ。
でも食材はなあ・・・料理しないから買っても食べられないYO!
はまぐりの佃煮は佃島とかで売ってるのかしら。


コンビニで買える鉄分を多く含む商品ランキングってないのかな。


処方変更なし。
ゾルピデム酒石酸塩、カームダン、当帰芍薬散、パリエット、補中益気湯

クマ医師はマジで頼りになるなあと深く実感。
そうだ。毎年恒例、クマ医師へのクリスマスプレゼントは何にしようかな。
そう、お歳暮ではなく彼に送るのはクリスマスプレゼントなのである。
その方が可愛いではないか。
12月って忙しくていやだけど、他の月よりも他の人をこんなふうに思い遣れる素敵な月だと思う。


今日は、一日中、制服の在庫部屋を掃除・整理。
超頑張った。
一人でサイズごとに分けたりハンガーにかけたり、黙々とこなした。
自分、やはり一人でコツコツとやる仕事が向いているんだと思った次第。
お昼はまた高校生男子の弁当みたいなメニュー。



帰宅後ネットを散策。

★華原朋美“涙のダイエット”成功で今度こそ完全復帰?

「(所属事務所の)社長から、痩せないとこのステージには立たせないと言われたので、根性で1か月で9キロ痩せました! 泣きながらランニングしました!」

華原朋美さんのこういうところが好き。
もうずっとずっと好き。

成功しているのに躓いてしまうところ。
でも不死鳥のように蘇って笑顔になるところ。
すごく人間らしいと思う。
椿山荘のディナーショー、行けばよかったかな・・・。


★TM NETWORK、「Get Wild」が来年2月公開『劇場版シティーハンター』EDテーマに

ゲッワイ!!!
小室哲哉ロスな私に朗報過ぎる朗報。

「Get Wild」のPVを見て香港行きを決めた2011。


ちなみに「シティーハンター2」のエンディングは「still love her~失われた風景~」(TM NETWORK)

歌詞に
「12月の星座が一番素敵だと
僕をドライブへと誘った
車のサンルーフから星をよく眺めたね
君はよく歌っていたね」

ってあるから、12月になると「still love her~失われた風景~」をヘビロテして口ずさむことが多い。

そんな12月もそろそろ半ば。
明日はボーナス支給日。
うぇぇぇぇぇい!!

なので「still love her~失われた風景~」はボーナス支給ソングでもある。

どこかにいる小室さんにこのことを伝えたい!

伝えたいんだ!!

ゲッワイ!!!



コメント (2)

ただいま

2018年12月12日 23時43分22秒 | Weblog
心療内科から帰還。
北風が冷たい!!
お風呂に入って寝ます・・・。

コメント

メリークルシミマス☆

2018年12月11日 23時06分04秒 | Weblog
我が家に年に一度の来訪者が出現。
クリスマスダッフィー!!
「メリークルシミマス☆」だって。
ちょっと早くないか?
てか、クルシミマスって!

かわいい顔して、けっこう辛辣なのな。


会社のお花もクリスマスバージョンに!!


師走も半ばが見えてきた。
加速度的に忙しさが増すと思うと、クリスマスダッフィーの冒頭の言葉も頷ける。

今日は登記の仕事をした。
年に一度の業務だ。
この業務をしていると、嗚呼、自分は総務に来たのだなと思う。


体調はちょっと風邪気味でイクナイ。
先週の木曜日、金曜日に背後の席の人がすんげー勢いで咳をまき散らしていたので、周囲の人はみんな彼の風邪をもらってしまったもよう。
私もその一人。目やに・水っ洟・喉がイガイガする。
スプリンクラーの如く風邪を撒き散らす彼はちょっとしたバイオテロリストである。


といっても食欲は変わらず。
今日も高校生男子みたいなお弁当。




毎日家族LINEでお弁当の内容を報告しているのだが、母ヨーコたんに
「毎日揚げ物は体に良くない。コンビニのサンドイッチにすれば?」
と言われた。

私もそうしたいのだが

朝 、 コ ン ビ ニ に 買 い に 行 く 時 間 が な い 。


一秒でも長くお布団にいたいじゃん?
春夏秋冬いつもだけど。

退社後はまったりカフェタイム。
♪ダバダ~


朝の天気予報のとおり、雨が降ってきた。
雪になるかも、と言われていたのだが、今のところは雨のまま。

雨は夜更け過ぎに雪へと変わらねぇよ!ざまああ!!←クリスマスによほど恨みがあるのか、俺。

ちなみにイヴは仕事だからな。

クリスマスダッフィー「メリークルシミマス☆」



JR東海 Xmas Express CM 1988年~1992年 & 2000年

もういい!
イヴの日は退社後、東京駅で疾風怒涛の如く走ってくるっ!!
牧瀬みたく。





コメント (2)

せんべいの耳

2018年12月10日 21時03分52秒 | Weblog
今朝はだいぶ冷え込んだ。
寒くてテンションが上がる。
しかし、体が冷えたのか今日も一日鼻水(水っ洟)がちょろちょろと出ていてウザい。

夕食は、両親がお土産でくれたかにみそと、母が炊いてくれたご飯。


水産庁推し。


止められない止まらない状態になった。
一生食べ続けたい・・・!
風味がクセになる。


それだけでは足りず、津軽路せんべいをモリモリ。
小山せんべいさんで買ったごませんべい、まいうー。
手焼きせんべいの小山せんべい店








せんべいの耳を食べる度に、はやぶさプロジェクトの川口淳一郎先生のお話を思い出す。


>持論の一つは「せんべいの耳は残さなくてはならない」。せんべいの型に生地を流し込み、挟んで焼くと、生地がはみ出して「耳」ができます。この部分を無駄だと考えて生地の量を減らしてしまうと、型いっぱいに生地は広がらず、肝心の中身が縮小してしまいます。無駄を省くことや、成功の確実性に重きを置いていては、こぢんまりとした進展しか描けず、イノベーションは決して生まれません。耳を残すくらいの気持ちが必要なのです。


吉熊「亮ちゃん、いつも・・・耳だけじゃん」

ひゃ~。そんなこと言うなYO!悲しくなるだろ!!




師走もそろそろ半ば。
クリスマスが近づくとこの動画を見ちゃう(聴いちゃう)。

【RIMIX】新幹線に乗ってたらひかりチャイムがクリスマスVer.だった


癒される~♪

帰りに寄った教会にて。





コメント

家族日和

2018年12月09日 21時28分24秒 | Weblog
天橋立、白鷺城、淡路島を旅していた両親が昨晩、我が家に宿泊。
普段は山上憶良の貧窮問答歌ばりに火の気がない我が家のガスコンロを使って母が朝食を作ってくれた。
休日の朝食はいつもカップ麺なので、とてもありがたく、美味しく感じた。


うちには食材がないので、お芋などを宇都宮から持参してくれた母。
重いのに申し訳ない。


お昼ぐらいに妹宅にお邪魔をし、大原の茶壺志る粉を御馳走になった。
甥っ子くんは、モリモリと逞しく育っていて、びっくり。
もうそこら辺をちょろちょろと歩くので目が離せない。




甥っ子は自我が芽生えてきて、気に入らないことがあると「え~ん!」と大粒の涙を零して泣くようになった。
握っているりんごジュースのペットボトルの蓋を締めようとするや否やギャン泣き。
「ああ、機嫌が悪いと変なことで怒るの」
と、妹は余裕。
甥っ子の成長もすごいけど、母親としての妹も立派に成長していることを実感。

孫にメロメロの父は一秒たりとも甥っ子と離れたくないっぽい雰囲気。


駅まで送ってくれた妹と別れて、私は両親と東京駅へ。

今日は風が冷たい。
鼻水がちょろちょろと滴る。

皇居(坂下門ー乾門)に到着。
私は先週に引き続き二回目!

二人とも喜んでくれたので良かった。
たくさん歩かせて申し訳ない。












東京駅に向かう両親。



とんかつをご馳走になった。


両親と別れる際、いつも通り寂しくなる。
これは20年近くやっていても慣れない。


両親からのお土産は兵庫県山陰香住港の香住かにみそ、淡路島産たこちりめんせんべい。

香住かにみそは、水産庁長官賞のもの。
ご飯(母が炊いて冷凍してくれたもの)にかけて、明日いただこう。わ~い!



三原山登山に行ってきた妹からのお土産椿油、パック。

椿油は髪にも体にも塗ってもいいそう。

ありがとう。


コメント

両親視察

2018年12月08日 20時51分54秒 | Weblog
さすが年末。
昨日は帰宅後、色々やっていたら疲れてしまい、寝てしまった。
毎年思うのだけれども年末って本当に忙しい。
師走っていうけど、師でない者もダッシュする季節なのではないだろうか。


今年は鯖が流行したというニュースを見たので、昨日の昼食は鯖の味噌煮にした。




美味しかった!!
でも母ヨーコたんが作る鯖の味噌煮には勝てないと思う。


夕食はドトールのサンドイッチ。

意識高い系な様相を呈している。


今日は両親が来るので掃除などをしていた。
ちょっと片付けただけで大量のゴミが出た。
大掃除も兼ねたのでクタクタに・・・。

両親は3泊4日で中国・近畿地方を旅していて、その帰りに、私の家に寄って宿泊。
父が好きな日本酒、ちょっとしたおつまみ(焼き鳥)を買ってスタンバイする私。
あと母が好きな納豆と卵も買った。
それからこの前の弘前旅行のお土産も贈呈しなければ。
明日は二人を連れて東京見学。

私ができる親孝行なんて限られている。
せめて後悔しないよう、今できることを尽くすのみ。

そうそう、今日はマツキヨのDMを握りしめ、買い物に行った。
柔軟剤、キューピーコーワ260錠、ファイチ120錠、その他諸々を爆買い。
このDMがあるのとないのではだいぶ違う。助かる。

夕食はジョナサンで牡蠣ドリア。

プリップリしてて美味だった。
吉熊も大喜び。

自分大好き年賀状も完成。あとは書くのみ。
嗚呼、やはり忙しい・・・!!



コメント

小室さん・・・

2018年12月06日 22時15分19秒 | Weblog

新駅が「高輪ゲートウェイ」に決定で小室哲哉ファンがざわつく理由とは?
2018/12/05 12:45


>個人のブログでは「Gatewayといったら、昔、小室さんが開設していたサイト『TK Gateway』を真っ先に思い浮かべてしまうぐらいに、私は小室さんが好き」と懐かしがるファンもいた。


私のようなファンがいるのねと思ってよく読んでみたら、紛れもなく私がブログに書いた文だった。
私が書いた一文を、小室さんが読んでくれているのではと思うと泣きそうになる。

取り上げてくださりありがとうございます。






コメント

日本の赤は 瞼にあつい 日本の赤は 心に溶ける

2018年12月06日 22時14分48秒 | Weblog
今日は退社後に友人とご飯に行く予定だったのだが、先方が風邪を引いたためにお預けになった。
私もあまり調子が良くないので却ってよかったのかも。
しかも今日は雨(湿気)で髪の毛が麻原彰晃みたいになっているし。

帰宅してのんびり。

先日の弘前旅行の画像をぼんやりと見入る。
今回は紅葉シーズンということもあり、赤色が印象的だったと思いながら。


雪の白さと紅葉・橋の赤のコントラストが見事だった初日の弘前公園。







弘前公園の喫煙所で何気なく撮影した一枚。



観光館前の紅葉。


カフェアンジュのりんごのスープ。



弘前駅のりんご。


ねぷた村の金魚ちょうちん。



最勝院の五重塔。


最勝院の石像。


最後に、弘前カトリック教会の隣の幼稚園で見たアンパンマン。
アンパンマンを見ると無条件で甥っ子を思い出す。



昔、花鳥風月(月桂冠)のCMで
「日本の赤は 瞼にあつい 日本の赤は 心に溶ける」
って言っていたけど、まさにあの世界観を味わった。



来年も素敵な旅ができますように。


コメント

コアに就いて

2018年12月05日 22時41分30秒 | Weblog
高校時代の友人Y君(クラシックヲタ)に「最近、ヘンデルにハマっているの」と伝えたら、博識な彼はヘンデルがプロデューサーだったことを教えてくれ、「今でいう小室哲哉みたいなもの」と喩えた。
バロック時代のTKだったのね。
ヤバい。ヘンデル、ガチで好きになっちゃう!!


イケメンだし。


帰りに素敵なお洋服を発見。


ぜんぶ欲しいっ!
いいなと思った服の前で動けなくなるのって久しぶり。
花柄大好き。

好きなものを好きだと自覚したり、素敵なものを見ていいなと思う行為は心が元気だから発生する。
だから今はたぶんとても元気なのだ。


帰りに肉まんのお店で肉まんを購入。




中にハンバーグかと思うほどのジューシーな塊が入っている。
肉まん、大好き!!


もう一つ、私の好きな嶽本野ばら先生がブログを更新されている。

ルーベンス、鏡、ロリータ

>内容よか、文章の調子で
過去の自分が
どのような表情だったか推し量ることが出来る。


私もたまに自分のブログを読み返してみるけど、「ああ、この時はこんなにイライラしていたんだな」「こんなことが好きだったんだな」と発見することが多々ある。自分の書いたものなのに。

>変わってしまったことは悪いことではない。
 変わってしまったことを
 知ることがとても大切なのですよ。

なるほど。
なんだか励まされた気分!
野ばら先生、いつもありがとうございます。

どんぐりブレスレットを入手してから2年が経過した。

2016年12月4日 Riot Grrrly Lab💕

読み返すとあの日の状況とそのとき感じたことが鮮やかに蘇ってくる。
やはりブログをやっていてよかったと思う。

野ばら先生は最近のご自身を「優しくなった」と日記に書かれていたけれども、この時も優しかった。
一緒に記念撮影をしたいと申し出たところ、なんと野ばら先生が少し離れた場所にいた会場スタッフにシャッターをお願いしてくださったのである。
あの時の野ばら先生のお背中は眼に焼き付いている。
読者を大切にするお気持ちは私がサイン会に参加した当初(乙女のトリビアのころ?)から変わらない。
いや、池袋の喫茶店でお声がけした(2001年)のときもお優しかった。

たしかに変わることもあるけれども、人のコア(核)は変わらないのだと思う。
野ばら先生は何時だってお優しい。
こんなちっぽけな読者に対しても。

私も変わったことは多いけど、コアはきっと変っていないはずなので、たぶん明日も明後日もこのブログは続くのだと思う。







コメント

Gateway

2018年12月04日 23時38分20秒 | Weblog
今日はとても暖かくて、マジで小春日和だった。
湿度がやや高めで春だと錯覚してしまうほど。
ていうか蒸し暑いと思ってしまった。帰り道では半袖の人や腕まくりをする人が多くいた。髪の毛も湿気を吸ってもわもわに。
師走、どこ行った?

月一恒例支払の締めに奔走。
建物附属設備とか超久々に見たので経理の人に聞きながらやった。


流行語大賞が決定したそう。
そだねー…知らなかった。
冬季五輪の、しかも開会式だけを10分ほどしか見ていないからしゃーないか。
NHKの番組「チコちゃんに叱られる!」は内容が面白いと思うけれど、チコちゃんの声色と言葉遣いが耳障りで、番組が始まるとすぐに消してしまう。
私は寛容性が低い人間なので、もしもあんな子に「ボーっと生きてんじゃねーよ!」などと言われたら「うっせぇんだよ、このクソガキが!」ってムキになって言い返してしまいそう。
でも大人なので、大人しくテレビを消す。

「eスポーツ」「(大迫)半端ないって」「ご飯論法」にいたっては聞いたことがない。

だったらあなたが思う流行語は?と訊かれたら困ってしまう。
うーん。うーーーーーん。
思い浮かばない。
年始の小室哲哉さんの引退しか覚えていない。
したがって2018年を象徴するようなワードが「引退」しか出てこない。
でもやはり「災害級の暑さ」は実感した。
暑さが辛くて、引きこもりの休日が多かった気がする。



山手線に新しい駅ができるらしい。

山手線新駅は「高輪ゲートウェイ」 2020年春開業

Gatewayといったら、昔、小室さんが開設していたサイト「TK Gateway」を真っ先に思い浮べてしまうぐらいには、私は小室さんが好き。

http://web.archive.org/web/19990224210102/www.komuro.net/index-j.htm

懐かしいな。
おうちにパソコンなんてなくて、いそいそと大学のパソコンルームへ小室さんのサイトを見に行っていたっけ。しかもマッキントッシュ。
私がインターネットというものに触れた最初のことである。
1996年、春。
Yahoo! JAPANのことを「ヤホージャパン」ってドヤ顔で言っていた、パソコンルームに入り浸っていた台湾人の留学生のこととか地味に思い出す。やほー。訂正してあげようかと思ったけどシャイな私はスルーしたった。やほやほー。


夕ご飯は、大好物の油そば。
東京油組総本店にて。

熱いうちにラー油と酢をかけてまぜまぜしてモグモグ。
並盛にしたけどトランス状態で食べていたらすぐに完食。
大盛りでもペロッといけちゃうかも。
美味しかったなあ。


帰宅して早々、エアコンを入れる。
除湿20度に設定する俺。
暑いのは嫌だ~!!
明日も暑いのだろうか。
弘前の寒さが恋しい。



コメント

爆睡スランプ

2018年12月03日 22時57分40秒 | Weblog
じつは金曜日から謎の頭痛にさいなまれている。
肩こり由来のものと思われる。
首筋から後頭部がずきずきと痛むので鎮痛剤を常用するようになってしまった。
その名もリングルアイビー。



見よ、この無駄に煌めくエメラルドグリーンを。



かれこれ15年程ナロンエースを愛用していたのだが、どうも副作用で浮腫むような気がしたので変更。
効果はまあまあ。即効性はある。副作用の浮腫みも感じられない。
綺麗なので、飲む前に光に照らして眺めたりする。
リングルアイビー愛好家になった。リンガラー。

今日は支払の締め業務を中心にした。
あと前任者の引き継ぎで面倒なものがあるのだけれども、今週中にやればいいかな。
週の後半は取引先業者(意識高い系)が年末の挨拶に来る。

プライベートの予定はもっと賑やかに入っていて、師走感満載。
ヲサレ雑誌の「OL着回し一ヶ月コーデ」のような、或いは、パリピのような明るい予定はなく、赤ちょうちんの店で同志と飲むとか、あくまでも地味な予定である。
あ、でも第九とキエフのバレエはかなりキラキラな予定。

コバケン第九
Beethoven's 9th: Czech Philharmonic Part4



その間に、年末に実家に送るいくらの配送の手配、年賀状書き、高校時代の友達との飲み会の店をポチる、クリスマスカードの手配、冬のボーナスのあれこれ、などをせねばならない。

師走。
師でない者も・・・走る走る俺たち~♪である。

そうそう、今日、上司が「爆睡スランプ」って言った。
普通に。しれっと。ナチュラルな感じで。
「あの人をあの席に移動させちゃったら、きっと寝ちゃうよ。爆睡スランプだよ」って。
あ、それいただき!って思った。
先般の友人わたの「やばたにえん」もそうだったけど、真似したくなる言葉に遭遇したときって、ちょっと嬉しい。



今日のお昼は日替わり弁当。
安定の高校生男子の弁当のようなカロリー。


夕食は駅ビルの寿司屋のお持ち帰り品が安くなっていたので求めたスタミナ丼。
私の隣のリーマンも手を伸ばしたが、私の方が2秒早くタッチしたのでゲットできた。



明日は頭痛がおさまっていますように。

コメント

クリスマス会

2018年12月02日 23時38分52秒 | Weblog
会社のNパイセンとデート。Nパイセンとは毎年この時期にクリスマス会を決行している。
彼女が異動で離ればなれになってからはこうして半日を都内でデートするというのが恒例。

彼女とは好きなものが似ているので一緒にいて居心地が良い。
丸の内ブリックスクエアの喫煙所で待ち合わせというのも我々らしい。



皇居の乾門一般公開に行きたかったのだけれども、Nパイセンは寒がりなのでダメかな?と思い、恐る恐る提案してみたのだが、彼女も行きたかったというのでさっそく皇居に向かう。以心伝心。

皇居乾通り一般公開について - 宮内庁


待ち時間はほぼなかった。
手荷物検査が厳しい。
でも係員が親切だった。みなさん、とてもにこやか。
パットボトルの飲料を持ち込む際は係員の前で一口飲まなくてはならない。
Nパイセンは全て飲み干さないといけないのかと思い込んでて「膀胱破裂しちゃうじゃん」と一人であわてていた。
落ち着け、パイセン。




宮内庁や紅葉を見てウハウハ。


係員のアナウンスがとても愉快。
「今年『カメラを止めるな』という映画が流行りましたね。混雑しているのでここでは『カメラを止めて』歩いてください。歩きながらの撮影はご遠慮ください」という言葉にみんなクスクスと忍び笑いをしていた。









局門。










見事な紅葉を見てお腹いっぱい。



乾門。



皇居を出る。
イチョウが綺麗。






お腹が空いたので我々喫煙者のオアシス・フレッシュネスバーガーでモグモグ。
2時間ほど語る。
Nパイセンは最近伯母さんデビューをした。
「姪っ子がかわいくてかわいくて・・・」
と目尻が下がりっぱなし。


カラオケ「コート・ダジュール」へ。
ラグジュアリーな内装が素敵。

アラフォーの香ばしい選曲でノリノリ。
あいみょんから演歌まで振り幅がスゴい。
一応、クリスマス会なのでクリスマスらしい歌(山下達郎)で締める。









煙草片手に歌ってポテトをつまみながらお酒を飲んで、話してまた歌ってポテトをつまんで・・・この無限ループ最高!!!



もちのろんで希望の歌も。
「希望の歌~交響曲第九番~」FULL


彼女も毎年年末に第九を聴きに行く。
今年はどこの第九にする?という会話をする。
でも一緒にはいかないという・・・。
この距離感が私にはちょうどいい。

ほろ酔いで煌びやかな街を歩く。
ここコリドー街は最近ナンパで有名らしい。


丸ノ内のイルミネーションを見て更にはしゃぎまくり!


丸ビルのニットのツリーがとても斬新。


丸ビル、光を放っている。神々しい。



三菱一号館美術館のツリー。

センシティヴである。






吉熊もうっとり。





ペニンシュラホテルホテルのクマの可愛さは異常。



吉熊、どこだ?



帝国ホテルにて。
これは今年の2月の私の誕生日の食事会でも撮影した。あれから10ヶ月が経つのだな。早い。


帝国ホテルのツリーはシンプルなんだけど重みがある。



東京ミッドタウン日比谷のイルミネーションは時間の経過とともに色合いなどが変化するので面白い。



うっとり。


イルミネーションを見ると「今年も終わりか」と感じる。
同時に今年も健康な状態でイルミネーションを見ることができる幸せに感謝したくなる。



東京駅でNパイセンと別れる。
別れ際は二人して静かになる。いつもちょっと寂しい。でも笑顔で別れる。


パワーチャージ、完了。
笑顔で年末を迎えよう!!

コメント

師走に突入

2018年12月01日 23時27分39秒 | Weblog
そんなこんなで11時に起床。
寝汗&怖い夢で魘されて起きたのが8時。
またうとうととして宅急便&工事の音で起こされたのが11時。
室内が少し寒くて、くしゃみを連発。
朝食は冷凍のお好み焼き。



今日は、年賀状の作成を依頼しに写真屋に行った。
機械相手に格闘。
お店の人に半分手伝ってもらいながら自分大好き年賀状作成を申し込んだ。

それから薬局へ。
昨日処方箋をポストに入れておいたので待たずに済んだ。
薬剤師さん曰く、今日の心療内科は激混みらしい。
年末はもっと混むので覚悟しておいた方がいいとも言われた。
ええ、存じ上げております。通院歴12年ですからね。

一週間前はちょうど青森を旅していた。
あの日に戻りたい。

新青森駅で棟方志功の版画を見た。




棟方志功の版画は実家にもある。
お宝探偵団みたいな番組にいつか出したい、と母が言っていたがどうなんだろう。

そうそう、以前行った秋田。
なまはげさんがユネスコ無形文化遺産に登録されたというニュースを見た。

ナマハゲなどの「来訪神」無形文化遺産に決定 8県の10行事を登録

4年前の画像。


なまはげさん「泣く子はいねが~」
吉熊「ひゃ~。こわいよ~」


なまはげコスプレ。


国内外問わず、積極的にコスプレをしているけれど、これが一番反響が大きかった。


男鹿真山伝承館でなまはげさんライブを見てゲラゲラ笑ったのを覚えている。
[HD]なまはげ体験ノーカット〜男鹿真山伝承館〜


嫁のミツコ、なまはげ台帳・・・懐かしい。

地元の方たちのなまはげさんの文化を大切に守っていくという意気込みが感じられる旅だった。


はあ。
またどこかに行きたい。

それを実現するべく、またお金を貯めなくては。
今日はお給料を下して月初の予算の振り分けをした。
12月はすでに遊ぶ予定がパツンパツンに入っていて大変。

頑張ろうと思った師走一日目であった。


コメント

津軽路

2018年12月01日 12時11分21秒 | Weblog
昨晩は心療内科デー。
待ち時間は4時間半。
成田ー香港のフライト時間で済んだ。
女性セブンの最新号がなかったので手持ちの「木橋」(永山則夫)を読み返す。
永山則夫が子供のころ、母親に連れられて弘大医学部病院で脳波の検査を受けていたくだりを再確認。
あと、飼っていた鳩を殺されるくだりは何度読んでも泣いてしまう。


そうこうしているうちにうとうと。
意識が遠のくのを感じながら、死ぬときってこんな感じなのだろうかと思う。
死んだら世界はそのまま流れていくのだろうけど、自分が感じる「世界」はもう終了なのだな、と思って怖くなる。
感じること、見ること、食べること、笑うこと、悲しむこと、悔しがること、すべて強制終了されるだなんて。
いったいどんな感じなのだろう。
でも自分がまだ生まれる前の平安時代、とくに痛くもかゆくもなかったことを考えると、死っていうのは何も感じない場所に「還る」ことなのかなと思ってみたり。

落ち着いた照明。フカフカのソファ。無限ループの癒し系BGM。
薄暗い心療内科の待合室はリラックスさせるためにこういう設備にしているんだろうけど、どうも私の場合、いろいろと考え込んでしまう。

そうそう、クマ医師にお土産を買った。
津軽路のおせんべい。


手焼きせんべいの小山せんべい店


8年前に弘前の桜まつりに行った際、母が出店で買ったのをみんなで食べた。
その味が忘れられなくて、以来、弘前に行くたびに買い求めてしまう。
弘前といったらアップル関係のものが全面的に推されて売られているんだけど。

そんなこんなで診察。

前回の診察前は、パキシルきぼんぬっていうぐらいぐったりしていたのだが、この2週間はとっても安定していた。
それは前回の診察でクマ医師に言われたとおり、物事を事実のみで受け止めるということを改めて実践していたからだと思う。
自分がされたことのみを受け止める。
どうせ一日8時間会社に居なくてはならないので、自分の居心地をよくするために自分ができることといったら感じ方を変えるよりほかない。
他人の考えを変えることはできないのだから。
そのようなことを述べたら、クマ医師はちょっと嬉しそうだった。
「PMSで辛い時期でしょうに、どうしてそんなに前向きになれたのですか?」
と訊かれたが、自分でもわからぬ。
三連休に大好きな弘前に行ってリフレッシュできたからというのも一因かも。
でも何より、クマ医師の一言があったからこそ。
精神科医の一言はメスより鋭いって誰かが言っていたが、まさしくそうだと思う。


んで、先日会社で受けた健康診断の結果を見せた。
こういうデータを見せると、彼は食らいつくように見るので、嗚呼、やはりお医者さんなんだなと思う。

貧血は鉄剤を飲むほどではなく、普段の食生活で数値UPを図れると思うのでガンガレ、とのこと。
LDL(悪玉コレステロール)はすぐに数値が上下するのでそんなに気にすることじゃないと言われた。
安心した。
たぶんストレスで前日にポテトチップスを大量に食べたのと、喫煙量が多かったのが原因だと思う。言わなかったけど。

処方変更なし。
ゾルピデム酒石酸塩、カームダン、当帰芍薬散、パリエット、補中益気湯

ゾルピデム酒石酸塩(マイスリー)はやはり5ミリ×2でないと不安で眠れない。


弘前のお土産を渡すと、クマ医師はとても喜んでくれた。
「前回の弘前旅行の時に『どうして弘前に行って斜陽館に行かないんですか?』と言われたので、今回は行きましたよ。」と報告。
クマ医師、爆笑していた。

で、待合室でコートを着ていたら、いきなり降臨。
「こ、これ。どうぞ。お返しです」
と野菜ジュースをくださった。

なんという深夜の物々交換。
こんなことを深夜にやっている人々は日本中で我々ぐらいだろう。

はにかみながら去っていくクマ医師の後頭部がかわいかった。

処方箋を薬局のポストに入れて歩く。
金曜日の繁華街は酔っ払いがたくさんでイラつく。

「あ、水が切れていたんだっけ」
と24時間スーパーに向かっていたところ、警察官を発見。
よく見たら、昨日私に職質してきた警察官のお兄さんだった。
お互い「あ!」となった。
「ごきげんよう。お疲れさまです」と挨拶したら「どうも」と言われた。
この辺、そんなに治安が悪いのだろうか。
重いミネラルウォーターを持ちながら用心して帰宅。


今週の会社の花は薔薇。



嗚呼、一週間前はみちのく一人旅の真っ最中だったんだな。
ちょうど賽の河原地蔵尊を見学中。




雪を被りながらも凛と前を向くお地蔵様。
着せてもらった着物があるから大丈夫、といった健気さが心に響く。

あそこに行って、だいぶ死生観が変ったのかもしれない。




コメント