ザ・クアトロ

クアトロの父のたわごと

肉の物語~牛タンの赤ワイン煮

2022年05月24日 | 魚の話

「レミーのおいしいレストラン」子供向けアニメと敬遠していたが、これが中々おもしろい。
独特の3Dアニメの映像も素晴らしかったが、やはり脚本がよく書かれている。
ディズニーの作品の特色ではあるが、脚本のチームはかなり洗練されている。
随所に料理の格言をちりばめてあるところも良い。
「ひとつひとつの素材の美味しさが合わさるとさらに数倍美味しくなる、それが料理の楽しみだ」
確かにその通りである。その素材選びからこだわるところから料理は始まるのだが、最後は料理に愛情を吹き込むことが出来るかが美味しい料理をつくる秘訣であると締めくくる。
クアトロのおすすめ「牛タンの赤ワイン煮」も、素材の美味しさを合わせて凝縮させ、最後に愛情を吹き込みました。

※火曜の夜と水曜日全日は、定休日になります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

魚の物語~サクラマス

2022年05月23日 | 魚の話

座頭市は故郷の笠間に帰ってきた。
一度は追われた故郷だ。
座頭市は、渡る世間の荒波にもまれ居合抜きの達人となって帰ってきた。
しかし、故郷の人々は座頭市を化け物のように見る。
座頭市シリーズの中の名作「新座頭市物語 笠間の血祭り」である。

クアトロにサクラマスが仕入れられて来た。
サクラマスは、川で育ったが故郷を追われ大海へ旅立ち荒波にもまれ育つ。
故郷の仲間はヤマメとして故郷で幸せに過ごしているのだろうか。
すっかり立派になって脂も乗ったサクラマス。
しかし、クアトロのお客さまは無残にもこのサクラマスをグリルにして味わおうとしている・・・。
クアトロ魚料理シリーズの名作「サクラマスのグリル」絶賛公開中!

※本日の夜の営業は、
 夜、8時30分お料理のラストオーダー、最終入店
 9時30分閉店とさせていただきます。
 お酒とデザート、ドリンクの提供は9時30分までとなります。
 また、1テーブル4名さままでのご案内となります。

※クアトロのシェフが、BSジャパネットの料理番組に出演しております。
スマートフォンから「つながるジャパネット」アプリで“キャシー中島のHappyレシピ作ってみて!”の見逃し配信で視聴できます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジイジ中島のハッピーレシピ~初夏の甘姫

2022年05月22日 | 食材の話

ファームひこべから、今年も“甘姫”が届いた。
ミニトマトの品種で、特別に甘いトマト。
このトマトが届くと初夏の知らせである。
ミニトマトは小さい粒の中にビタミなどの栄養素が豊富。
特にリコピンが注目である。
リコピンはガンの抑制力なども注目されている。
また高血圧や花粉症にも効力があると云われている。
食べ物は決して薬ではないが、無味乾燥の薬を飲むよりも、楽しく食べて効力があれば、申し分ないものだろう。
朝起きて、高血圧の薬、痛風の薬、花粉症の薬と薬漬けのクアトロの父はしみじみと思うものだ。
甘姫を薬代わりではないが、美味しくいただいて、安心してお酒を飲むのが、ジイジ中島の矛盾したハッピーポイント。
近々、この甘姫ををソースにした冷製トマトのパスタも登場予定。

※本日の夜の営業は、
 夜、8時30分お料理のラストオーダー、最終入店
 9時30分閉店とさせていただきます。
 お酒とデザート、ドリンクの提供は9時30分までとなります。
 また、1テーブル4名さままでのご案内となります。

※クアトロのシェフが、BSジャパネットの料理番組に出演しております。
スマートフォンから「つながるジャパネット」アプリで“キャシー中島のHappyレシピ作ってみて!”の見逃し配信で視聴できます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジイジ中島のハッピーレシピ~初夏のクラフトビール

2022年05月21日 | ビールの話

クアトロの好評クラフトビール四種の品揃えが新しく夏バージョン。
(解説は、それぞれの作り手によるもの)

①東京ホワイト
フルーティかつドライで、シャープな口当たり。
苦味も少なく飲みやすい。
小麦のふくよかさと華やかなホップの香りをのせた、オリジナリティ溢れるウィートセゾン。

②ブルックリン ラガー
ニューヨークNo.1クラフトビール。
爽やかな飲み口と、華やかなホップの香りやカラメル麦芽の余韻が楽しめる。

③常陸野ネストだいだいエール
茨城特産の「福来みかん」を使用した、華やかな香りのIPA。
ほどよい苦味と果実のフルーティーな香りが絶妙にマッチした味わい。

④Afterdark(アフターダーク)
ラテのようなふくよかさと澄んだ飲み口の、異次元の濃色ビール。
柔らかな甘味と上質な苦味を引き出し、味のふくよかさと飲みやすさを兼ね備える。

汗ばむ季節になるとやはりビール。
そこでジイジ中島のハッピーレシピは、クラフトビール四種飲み比べ。
ハッピーポイントは、天然真鯛、オジサン、金目鯛、トビウオなどの初夏の魚のカルパッチョに合わせてみること。
試してみて。

※本日の夜の営業は、
 夜、8時30分お料理のラストオーダー、最終入店
 9時30分閉店とさせていただきます。
 お酒とデザート、ドリンクの提供は9時30分までとなります。
 また、1テーブル4名さままでのご案内となります。

※クアトロのシェフが、BSジャパネットの料理番組に出演しております。
スマートフォンから「つながるジャパネット」アプリで“キャシー中島のHappyレシピ作ってみて!”の見逃し配信で視聴できます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジイジ中島のハッピーレシピ~初夏のABC

2022年05月20日 | ワインの話

ワイン通ともなると白ワインのシャルドネを敬遠する。
ABCという合言葉さえある。
 Anything But Chardonnay=シャルドネ以外のものを飲ませろという意味である。
白ワインといえばシャルドネがあまりにも一般的でシャルドネはワイン通が飲むものではないという意味だ。
クアトロの父もワイン通ぶっているのか、クアトロのワインリストにあまり樽熟のシャルドネは使わない。
樽熟のシャルドネはクアトロの魚料理に合わせづらいのである。
昨日のブログで紹介した“ロッソピチェーノ”と同じ作り手の“ヴィッラ・アンジェラ・シャルドネ”は、樽熟ではないシャルドネで、リンゴ酸豊富な果実味のある白ワイン。
アンジェラさんと云う女性の作り手が、粒を選んで収穫し、丁寧に熟成させたシャルドネ。

また、ウニ通ともなるとウニのパスタのクリームソースを敬遠する。
ABCという合言葉はまだ普及していないが、Anything But Cream=クリーム以外のソースでウニの美味しさを強調しろという意味である。
とくに、特上ウニともなると、クリームで味付けするのがもったいないと思えるものだ。
そして、この初夏にクアトロの特上ウニのペペロンチーニに、アンジェラ・シャルドネを合わせるのが、ジイジ中島のハッピーポイント“ABCの法則”だ。

※本日の夜の営業は、
 夜、8時30分お料理のラストオーダー、最終入店
 9時30分閉店とさせていただきます。
 お酒とデザート、ドリンクの提供は9時30分までとなります。
 また、1テーブル4名さままでのご案内となります。

※クアトロのシェフが、BSジャパネットの料理番組に出演しております。
スマートフォンから「つながるジャパネット」アプリで“キャシー中島のHappyレシピ作ってみて!”の見逃し配信で視聴できます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする