日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

タランティーノ 最新作。


登場するキャラは全て、自意識 vs リアル、の乖離 をえんえんと表現し続ける。

彼らは実力があろうがなかろうが、幸運も悪運も、自分ではほぼコントロール出来ない。

 

・主人公 リック・ダルトン(ディカプリオ)

数年前、TV西部劇で大人気の俳優。

だがその人気には陰りが見え始めており、焦っている。

自分は「大脱走」のマックイーン役だったかも?な妄想シーンが悲しくも面白い…

 

・相棒 クリフ・ブース(ブラッド・ピット)

ダルトンのスタントマンで、彼をサポートしている。

ブラピ級のオトコでも運がないとこんな境遇…という感覚がじょじょに染み出す…

 

・シャロン・テート(マーゴット・ロビー)

ダルトンの住む高級住宅街の隣の家に引っ越してきた女優。

彼女は ロマン・ポランスキー の美人妻!

という超羨ましい境遇にもかかわらず、映画館で自分の映画をタダ見の交渉(笑)

自分の出演シーンがうけているか、を観察しつつ自己満足に浸る…

 

と、どのメンバーも 自虐的!

 

 

今回特に凄いのが、タランティーノ の 妄想ぶり。

背景などの看板、映画館などのディテールがあまりにリアルな1969年。

というのも、6歳から住んだ地元のハリウッドが舞台、だからか?

 

そしてその 妄想ぶり が、ハリウッド愛が、ラストに炸裂する!

どう炸裂するか、は劇場でご確認いただきたい。

 

 

結論:チャールズ・マンソン事件をネタに、タランティーノ のハリウッド愛が妄想となって炸裂!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« バルサ、アウ... 読後評:シェ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集