goo

わらしべ長者な午後 @ Here and there everywhere

小雪舞う昨日の朝、東山にある 「 月天心 」 さんへ今シーズン最初の『さくら餅』を買いに行ったところから変てこな出来事は始まった。 見るからに美味しそうなその『さくら餅』を何個かまとめて買ったところ、今日で今年は最後となるのでと橋本くんから 『 いちご大福 』 を厚かましくももらってしまった。 これが、あとから食べて見ると、美味しいのなんのって。 中に入っている 「 べにほっぺ 」 の甘 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「特選とりそば」 @ Noodle Kicthen TERRA

先月「名古屋コーチンの丸鶏が定期的に入って来ることが可能になった」ということで二日間だけ試験的にメニューとして出されていた「あっさり塩そば」が「特選とりそば(900円)」と改めて名付けられレギュラーメニューとして定番化されたと聞いて昨日ちょこっと食べに行ってきた。 (※1月の時のエントリーはコチラ) そして前回はトッピングが普通にのって出てきたので、今回は「あっさり煮干し中華」同様にとお願 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「ロンドン・ブルバード - LAST BODYGUARD - 」

「ディパーテッド」の脚本でオスカーを獲得したウィリアム・モナハンが、ハリウッド映画の古典「サンセット大通り」(1950)を下敷きにしたアイルランド人作家ケン・ブルーエンの犯罪小説を基に監督デビューを飾ったハードボイルド・サスペンス作品。 ヤードバーズの「 Heart Full Of Soul 」が流れ、シネスコサイズの画面という 60年代のイギリス映画テイストたっぷりのオープニングクレジット . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

季節限定「香りとこくのイカスミカレー」 @ 金沢 四十万 シエスタ

すっかり春めいた一日となった昨日の遅い目の昼食は毎度お馴染みの「シエスタ」で、これまたお馴染みの季節限定メニューである 『 香りとこくのイカスミカレー(950円)』 を。 実はとある事情で、今年はいつもの年より1ヶ月ちょっと遅くなってからの登場だったのだけど、ほぼ1年振りの味わいはまた格別。 というか、「シエスタ」ではご存知のように春なら 『 ヒリッヒリ トマトカレー 』、夏は 『 夏野 . . . 本文を読む
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

西の茶屋街近くでのんびりランチ @ 金沢 野町 「亜汰」

東山や主計近辺にはいろんな飲食店が増えているけれど、西の茶屋街周辺には古くからある何軒かの店(それはそれでどれも風情があって良いものなのですが)を除くと、気軽に行ける店というのは案外少なかったりする。 そんな中、かれこれ20年ほど前からの知り合いの人がそのエリアでお店を構えたと聞いて、遅ればせながら昨日ようやく行くことが出来た。 ともあれ、建築家の人が見つけてくれたという築80年以上もの古い . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新鮮な「地物づくし」で超お手頃寿司ランチ

これまで大変失礼ながらその店名から行くのを躊躇していた回転すし店へ先日ひょんなことから入ってみた。 そしてそのあまりのリーズナブルさに思わず Facebook で 真鱈の白子に、生さば、カワハギの肝のせ、能登かき、そして地物甘エビが加わった「地物づくし」。 これで 600円というのは、確かに凄いなぁ~ (^-^) というコメントともにアップしたところ(上の写真はその時のものです)、えらい反響 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE 」

2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件により父親(トム・ハンクス)を失った少年オスカー(トーマス・ホーン)が、あの日以来初めて入った父親の部屋で1本の鍵を見つけ、その鍵を手掛かりに父親とのかかわり合いの続きを求めて街へ向かうといったのが、大まかなストーリー。 9.11 以降、残された側の内面を描いた作品としてはアダム・サンドラーとドン・チードルの演技が光った「再会の街で」( ← . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

塩焼きそば & 極旨餃子 @ 小松 園町 「中華レストラン珍龍」

小松には美味しい中華料理店が多い分、特に家族と一緒だとなおさら中華でランチすることがよくあり、今日のお昼も小松アピタ近くの 「 珍龍 」 でランチ。 1965年の創業というから、すでに半世紀近くの歴史のあるお店なんだけど、普通の街場の中華屋さんらしい雰囲気とメニュー構成につい心惹かれてしまうのであります。 多くの人が絶賛するキャベツやニラなど野菜たっぷり入った細長い形の「餃子(7個:42 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「ドラゴンタトゥーの女 / The Girl with the Dragon Tattoo 」

世界的ベストセラーとなったスウェーデンのミステリー作家スティーグ・ラーソンの 『 ミレニアム 』 3部作の1作目である 『 ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 』 を、2009年のスウェーデン版に続きデヴィッド・フィンチャー監督の手によってアメリカ版としてリメイクされた話題作。 実は相当に面白いと前から評判だった原作は未読で、かつ「歓びを歌にのせて」のミカエル・ニクヴィストが主演しているとい . . . 本文を読む
コメント ( 6 ) | Trackback ( 5 )

最後の晩餐 in 金沢 @ 泉野出町 「割鮮のむら」

昨日の夜は、笠岡から極上の鰆(さわら)※が送られてきたので、どこかで調理して欲しいという加納くんの願いを叶うべくガレタッソのご近所にあり、心の姉妹店である「のむら」さんにお願いして持ち込んで、S谷夫婦とともにささやかに加納くんにとって金沢では最後となる晩餐を。 (※ちなみに前にも書いたと思うけれど、金沢では「カジキマグロ」のことを何故か「さわら」と呼び、「さわら」のことは独自に「柳さわら」と呼ん . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

グリエ料理で新年会 @ 金沢 片町 「グリエジョー」

先日、仕事でお世話になっている某テレビ局の遅い目の新年会ということで、いつものメンバーでジローくんこと寺西シローくんのグリエ料理の店「グリエジョー」へ。 そして雪が降り続く今の時期は比較的静かな店が多い中、相変わらずの繁盛ぶりでさすが人気店だなと改めて実感。 そしてそんな中、実はこの日は本当は定番化したコースメニューのほうがお店的には楽なのは承知していながら、量はいらないし、デザートもいらない . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

THE FAREWELL PARTY @ galetasso

昨日の夜は仕事でブータン王国へ3年の長きにわたって行くこととなった加納くんの送別会だった。 どちらかというと主賓のキャラなのか、単にウダウダと飲み続け、送別会という名の飲み会的な様相を呈していたと言えないこともないけれど(苦笑)、彼の4年にわたる金沢での生活を反映して多くの人たちが集まってくれて、温かくて楽しい夜となったのでした。 ということで一部の人しか映っていないのですが、その夜のスナッ . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )

きちんとしたチキンの惣菜 @ 香林坊大和地下 両国茶屋

先日、知り合いを訪ね久しぶりに香林坊大和に行ったとき、そう言えばと古くからの友人が働いている鶏専門のお惣菜屋さんに顔を出し、売られている商品が美味しそうだったので買ってみたのだけど、これがなかなか美味しくて、ちょいと嬉しくなってしまった。 専門店とあって、良質な国産素材を使っているのはもちろん、すべてフレッシュな状態で送られてくる鶏肉を店内厨房で調理し出来たての味を提供しているとあって、美味し . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

醤油らーめん @ 東京 淡路町 「神田 磯野」

「伊藤」で食べた後、時間的にもお腹的にもそれなりに余裕があったので、物はついでと今度は「 TERRA 」の柳島くんが勧めてくれた丸の内線・淡路町駅近くにある「磯野」へ。 行列付いていたら遠慮しようと思っていたけれど、8席あるカウンターにちょうど1席空いていたのでそのまま入店。 そして塩と醤油から選べる中、流れ的に「醤油らーめん(780円)」をチョイス。 ラーメン屋というよりビストロ系の容 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

究極のシンプル中華そば @ 東京 王子 「中華そば屋 伊藤」

先日東京に行った際、ついでにとラーメン屋も2軒ほど回ったのだけど、そのうちの一軒が「神楽」の宮本くんに勧められた王子にある「伊藤」。 行き方を調べて見ると京浜東北線王子駅から徒歩20分とあり、歩こうかしばし迷った挙句、つい日和ってタクシーに乗り行き先を告げたところ、偶然にも運転手さんが実は店主の伊藤さんの運転手時代の同僚ということで、ひとしきり店の歴史を教えてもらいながらの訪問という珍しいパタ . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ