goo

何ら奇を衒わない真っ直ぐな料理に心弾む @ 金沢 泉野 「 日本料理 しげ乃木 」

古くからの友人の誕生祝いを兼ね、以前から行こうと思いつつ、なかなか機会がなく行けてなかった料理屋さんへ先日ようやく訪ねることが出来、その真っ当な料理の数々にすっかり魅了させられたのでありました。 住宅地の中にあって、決して華美ではない、ひっそりとした佇まいが、何とも良さげな雰囲気を感じさせてくれます。 そして友人が誕生日だということを事前に伝えてあったこともあり、祝いの一献を頂いた . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

「 五人展 - それぞれのかたち vol.Ⅵ 」 include 佳代ちゃん @ 金沢 クラフト広坂

陶芸作家の山口佳代子さん、というか、佳代ちゃん( @ ガレタッソ ) も参加しているグループ展が、21美そばのギャラリーで始まり、初日だった昨日、佳代ちゃん本人が在廊とあって、ならばとレッツラゴーだったのでありました。 実は遅ればせながらの教員資格を取るために、教育実習を含め、通常よりさらに忙しくなっていたはずなのに、その展示作品の多さにちょっとビックリ。 加えて、今までとは違う造 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

業務連絡と言うか、営業時間のご案内 2014.06

例年にも増して雨が降らず、おまけに湿度も低く、とても梅雨だと思えない日が続く金沢ですが、いかがお過ごしでしょうか? 人生いろいろではありますが(ん?)久々 今週末の日曜日( 6月29日 )、恒例 『 昼タッソ 』 を行ないます。 営業時間は午後2時から午後7時過ぎあたりまでを予定しています。 昼だからこそ旨い 「 ヒューガルデン 」 の生! とか夏の定番 「 モヒート 」 などなど… . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

かばやき屋という名のかばやき屋で、かば焼きを買うの巻 @ 金沢 金石

昨日の日曜、久しぶりに鰻のかば焼きでもと近江町市場に行ったものの、残念ながらというか、案の定 「みやむら 」 さんも 「 杉本水産 」 もお休み。 さて、どうしたものかと思いつつ、ピカッと頭の中で閃いたのが、先日金石在住の人から教えてもらった金石で評判だという 「 かばやき屋 」 さん。 思えばおばあちゃんが一人で頑張っている 「 森茂鶏肉鶏卵店 」 とか、惜しくも閉店してしまったけれど、さつ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

心弾む B'day cake @ 金沢 広坂 「 Patisserie Ofuku Hirosaka 」

今日は相方の誕生日ということで、 前もって誕生日ケーキをお願いしていたところ、 さすが「マンダリンオリエンタル東京 」で ペストリースーシェフだった西川くん! ビックリするほど素敵なケーキを作ってくれた。 美しすぎて、カットするのがもったいないよ~ (^^; と、フェイスブックにアップしたバースディケーキ、せっかくなので詳細をもう少し。 スイーツ系にはとんと明るくはないのですが、今回の 「 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

“ 美川県一の町 ” で 「 生しらす丼 」  @ 白山市美川   山長寿司

対ギリシャ戦あと、何とも切ない朝を迎えた昨日のお昼、久しぶりに時間に余裕があったので、ならばと漁の終了時期が一か月延期されたというしらすを使った 「 生しらす丼 」 を食べに、かつて北陸自動車道沿いの水槽塔に 「 美川県一の町 」 と大きく表記し、話題となっていた美川までクルマでひとっ走り。 そして港近くにあり、その丼が唯一食べられるという「 山長寿司 」さんへゲッリイン。 平日だ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

本格派な新店で焼肉&冷麺ランチ @ 金沢 本江町 「 韓国料理 宮Gung 」

金沢中心に韓国食材の製造と卸・店舗開発を手掛ける会社が、以前紹介した金沢では珍しいソルロンタンの店である「 班家ソルロンタン 」 ( 詳しくは → コチラを ) に続いて、食材はもちろん、建具や調度品に至るまで韓国産にこだわり、雰囲気から味まで本場韓国を再現するという韓流料理店をオープンさせ、これが結構お手頃に楽しめると知り、仕事の合間を見つけて一人ちょいとスタコラ行ってきたのでした。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

リニューアルされた 「 魚介つけ麺 」 @ 金沢 玉鉾 「 自家製麺 のぼる 」

昨日の日本代表の試合、この4年で進化してきたはず ( もしくは、つもり ) のものが全く発揮できず、観ている側以上にやっていた本人たちは相当に悔しかっただろうけど、それがワールドカップという舞台なんだろう。 そして 「 進化 」で言えば、年毎というか、季節ごとに確実に進化しているのが、のぼるくんが作るラーメンだ。 もちろん味というのは、個々人の好みがあるので断定することはできないけれど、数あ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

心ほのぼのする午後のひと時 @ 富山 福光 「 春乃色食堂 」

早い目に仕事が終わった先日の午後、角間の金沢大学方面に用事があったついでに、ならばと、以前から機会があれば行ってみたいと思っていた、南砺市旧福光町の街中にある 「 春乃色食堂 」 へ クルマでひとっ走り。 大正レトロ風な食堂として知る人ぞ知る同店だけど、実際見てみると、前田藩の米蔵を改装し、大正12年に営業開始して以来ほぼそのままと言う外観は良い感じで鄙びていて、しみじみと街に溶け込んでいまし . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

グランド・ブダペスト・ホテル THE GRAND BUDAPEST HOTEL

1932年、格式高いグランド・ブダペスト・ホテルには、“伝説のコンシェルジュ”と呼ばれるグスタヴ・H がいた。 究極のおもてなしを信条とする彼は、宿泊のマダムたちの夜のお相手もこなし、多くの客が、彼を目当てにホテルを訪れる。 しかし、彼の人生は一夜にして変わる―― 長年懇意にしていた “ マダム D ” が殺され、貴重なルネッサンス時代の絵画と莫大な遺産争いに巻き込まれたのだ。 ベルボーイのゼロ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

豊かな経験に裏打ちされた料理を堪能 @ 金沢 東別院門前 「 菜喰 安心院 」

唐突ながらだけど、プライベートで、来月のとか、来週のとかといった、先々の約束するのが、行事的なものを除けば、どちらかと言うとあまり得意じゃなかったりする。 そんな中、日頃お世話になっているKさんから先日、前回の 「 酒屋 彌三郎 」 に引き続いて、当日の、しかも夕方になって突然 「 都合が付きそうだったら? 」 と、お誘いを受け、こういったのは大歓迎とばかり、長年 「 杉の井 」 で料理長をな . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

やわやわっと、日々を過ごしていきたいものです。

今日の夕方、何も考えず、ふと思いつきで 自宅からガレタッソまで往復 8km ラン。 そして帰って薄暮の空を見上げると、 ハーフムーンと呼ぶにはいささか太り気味な 月がぽっかり。 とりたてて何もない平凡な日々、 されど、かけがえのない日々の積み重ねに 心しみじみ・・・ そんな穏やかな日曜日の夜なのです。 (以上、FB投稿からの転載) 先日、とあることで思い悩んでいた際に、友人から 「 焦らず . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

「 フルートベール駅で 」  FRUITVALE STATION

2009年の元日、米サンフランシスコのフルートベール駅のホームで、3歳の娘を持つ22歳の黒人青年が警官に銃殺された事件が起こる。 ごく普通の市民にすぎなかった青年が、なぜそのような悲惨な死を遂げたのか、それまでの日々を描きながら、一般市民の青年が警官に銃殺された実在の事件を映画化 ----。 アメリカでの白人警官による黒人への不当な対応というのは、これまでも幾度となくさまざまなメディアで報道 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鴨の釜揚げラーメン @ 金沢 有松 「 麺や 福座 」

なんだかんだあって、結局、昼飯をすっ飛ばさざるを得なかった昨日の夕方、ならばと久々に行った 「 福座 」。 そこで、大好評だった 「 海老とんこつ 」 に続くアフターヌーンメニュー第2弾 「 鴨の釜揚げラーメン 」 なるものが登場していたので、早速実食。 「 釜あげ 」 と謳っているだけに、「 釜揚げうどん 」 同様、麺は茹で湯の中をゆらゆらして提供され、それとは別に温かい「つけだれ」が供 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

蕎麦屋での楽しみ 2014年初夏編 @ 金沢 柿木畠 「 更科 藤井 」

ちょっと前のとある日曜の夕方、ざるを1枚と日本酒を1杯だけで軽く済まそうと訪ねたものの、結局いろんなものを少しずつ出してもらい、ついつい飲んでしまった日があった。 そしてどうせならもうちょっとゆっくりと飲み直したいと思い、先週改めて、前の日からお願いしての、久々 “ 藤井飲み “ だったのでありました。 ちょうどこの日、海釣りしていたKくんの釣果であるフクラギの漬けからスタート。 唐辛子 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ