goo

和と洋のハイブリットショップ @ 金沢 広坂 「 Patisserie Ofuku Hirosaka 」

以前このブログでも紹介した豆大福で広く知られていた 1919(大正8)年創業の「お婦久軒」。 それまで三代目の西川健一さんがあんドーナツをはじめ季節季節の和菓子を作って販売していた中、「 マンダリンオリエンタル東京 」 の洋菓子部門でスーシェフを務めた開人くんが帰郷したのを機に、親子で腕を振るうことができる新しい店として今年のバレンタインデーに新築移転し、再オープンして早や9カ月。 ここん . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

実直な人柄を感じさせる鮨との出会い @ 金沢 示野中町 「 鮨 八や 」

先日、金沢にやってくると鮨を食べるのが楽しみという友人とともに、以前から行きたいと思いつつ、場所的なこともあり、なかなか行けてなかった 「 八や 」 に先日ようやく行くことが出来、御主人である八ちゃんの丁寧な仕事ぶりが伝わる料理&寿しの数々を堪能させてもらったのでした。 塩辛までにはなっていませんが… という言葉とともに最初に出てきた柚子がアクセントなっていた 「 スルメイカのワタ和え 」 . . . 本文を読む
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

新たなるワインやビールとの出会い @ 野々市市 粟田 「 クラ印 」

昨日の夜、とあるイタリアンシェフと一緒に飲んでいた際、「 先日ワインの試飲をしていたところ、旨いと思ったワインが3本あったけれど、それがたまたまかも知れないけれど、全て自然派ワインだった 」 と話してくれていたけれど、あ~やっぱりそんな時代が来たんだなと実感。 ※詳しくはこちらの記事を読んでみてください          ↓ http://www.president.co.jp/dan/bac . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

正しい焼き肉屋のひとつのカタチ @ 金沢 米泉 「 焼肉 かわだ 」

久しぶりにゆっくり出来て、充実した休日となった今日の夜、何故か急に焼き肉が食べたくなってしまった。 そこで、ならばと、肉卸し業を営んでいる利平くんから以前教えてもらった店に行ったところ、さすが餅屋は餅屋というか、まさに大当たりな店だったのでありました。 思えば最近焼き肉と言えば換気バッチリで無煙ロースターが当たり前となっている店が多い中、煙もご馳走のひとつとばかり一歩店に入るとモクモク状 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

心ほのぼのな蕎麦昼食 @ 金沢 熊走 「 手打ち蕎麦処 なごみ 」

昨日のお昼は、先日山道ドライヴをしていた際に偶然見つけたものの残念ながら営業時間が過ぎていて入れなかった蕎麦屋へ再度れっつらごー! そして蕎麦はもとより、まさに店名の通りホンワカした雰囲気にすっかり和ませてもらったのでありました。     どれもこれも思わず目が点になる価格の並ぶメニューの中から、せっかくなので、そば、おにぎり、そばおやき、天ぷら、煮もの、漬物、さらに季節のひと品がついて . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

移転前の最後の夜 @ 金沢 泉が丘 「 ラ・ヴィータ 」

と、お知らせDMにあるように少しの距離だけど移転することとなった中森くんの店の、昨日は旧店舗での最終日でした。 そして行きたいけど店もあるしなぁと思っていたところ、黄昏仲間のマッチ&ひとみさんからお誘いメッセージを貰い、たまたま(なのか?)その時、ガレタッソは nobody's here 的状態だったので、ならばと照明は点けっ放しにして伝言をドアに貼り付けて、ちょこっとだけ顔を出してきたのであ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

石川県唯一のミニシアターとして、1998年12月19日に開館したシネモンド

当時の金沢は街なかにも映画館こそあれど、ほとんど邦画や洋画のメジャー作品のみ上映されていて、カンヌ国際映画祭やベネチア国際映画祭などでグランプリを受賞したような作品はほとんど観ることができず、またアジアの作品やドキュメンタリー作品などを観る機会も自主上映を除けばほぼないに等しい状況でした。 そんな中、初代支配人でもある土肥さんの、 「 映画業界で働き、多種多様な映画が観られて当たり前の東京から . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

紅葉 2013年 その1

今年はあまりきれいな紅葉を見ることが少ないという話をあちこちで聞く中、この前の土曜日の午後、天気も良かったこともあり MG とともに市内をちょこっとだけ廻って、お気軽紅葉狩りにレッツラゴー! この写真は、このブログを読んでくれている人ならお馴染みの金沢 四十万にあるカレーショップ 「 シエスタ 」 の壁面。 午後、それも西日があたる3時から4時頃のここの風景が、個人的には一番の紅葉の見どこ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

石臼挽き自家製粉の十割手打ちそば @ 小松市八幡町 「 そば処 松晶 」

小松うどんで名を馳せているくらい小松はうどんの街らしく蕎麦はあまり人気がないのか不明ながら、市内で本格的な蕎麦を食べさせてくれる専門店というのは知る限りでは、これまでほとんどなかったような気がする。 そんな中、去年の秋に石臼挽き自家製粉の店がオープンしていたと最近知り、今日ようやく行くことが出来ました。 そして 「 もりそば 」、「 かき揚げ付きもりそば 」 の “ 冷や盛り ” と “ あ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ヤサイの CURRY UDON @ 金沢 古府 「 IRIE CURRY HOUSE 」

数ある麺類の中で、かなりの頻度で食べたくなるメニュー、それが 『 カレーうどん 』 だ。 季節に関係なく月に一度くらいのペースで食べているので、特徴あるカレーうどんは? と問われれば、即座に 10軒くらい紹介できるのが、妙な自慢だったりして…(笑) そんな中、カレーを食べようと久しぶりに行った古府の藤井病院の向かいにあるツッチーの店で、たまたま昨日から始まったという 「 ヤサイの CURR . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

美味しい法事な午後 @ 金沢 泉野出町 「 割鮮 のむら 」

おとといの日曜日は母の25回忌と父の17回忌とを併せての法事ということで、法要のあといつもお世話になっている 「 のむら 」 さんところで食事ということに…。 そして相変わらず丁寧な仕事をされている料理の数々を穏やかな雰囲気の中、存分に楽しむことが出来たのでありました。 中にリンゴが入った鴨ロース、ムカゴの玉子寄せ、カツオの梅煮、アジの棒寿し、そして胡麻和えの入った青梗菜とバラ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

これからより楽しみなフレンチランチ @  「 Couleur ( クルール )」

先日のお昼、ちょいと込み入った打ち合わせを食事でもしながらということとなり、ならばと、この前の夜に引き続き吉田くんのところへお邪魔し、ゆっくりとしたフレンチランチと相成ったのでありました。 今のところ、前菜にスープ、魚料理と肉料理、それに飲み物とデセールとフル装備! な日替わりコースのみということでそれをオーダーし、まず出てきたのがこの付け合わせの野菜も美味しい 「 サーモンマリネ セリ風 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

The Band 「 Live at the Academy Of Music 1971 」

先日、このブログでザ・バンドの「 ROCK OF AGES 」のアナログ盤のダブルアルバムのうちの1枚目を紛失したことを書いたところ、そのエントリーを読んでくれた人から 「 こんなスペシャルアルバムがリリースされていますよ 」 と教えて頂き、思わずアマゾンでポチってしまったのが、CD4枚にDVD1枚、そしてブックレットが加わったこのボックスセット。 ロックライヴアルバムの名盤として名高い「 R . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大人の夜遊び < 郊外編 > @ 金沢 高尾 「 居酒屋 箸一 」

久しぶりに懐かしいメンバーが揃った火曜日の夜。 ガレタッソの閉店後、せっかくだからどこかへ行こうということになり、たまたま居合わせた某ドクターからもらったチケットを使いタクシー2台に分乗し、自分以外誰も行っていない 「 箸一 」 へレッツラゴー! そして 「 この時間帯でこのクオリティのものが出てくることは繁華街でもなかなか少ない 」 と皆が絶賛してくれた料理の数々に大いに舌鼓をうったのでありま . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

リーズナブルなイチ押し弁当 @ 金沢 石引 「 セラーズ キタガワ 」

消費税率引き上げのため、世の中は景気良くなっているように見せかけようと、いくらお上が画策しようとも、実感ではそんな風にはとても思えない今日この頃。 そんな中、思い切った低価格で頑張っている個人店、それが「本多の森ホール(旧・厚生年金会館ホール)」近くにある「 セラーズ キタガワ 」だ。 日替わりで毎日用意される8種類のバラエティ豊かなお弁当は何れもナント、ナント驚きの 260円! 食 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ