goo

「金沢ものがたり 主計町あかり坂」 五木寛之

多分中学生の頃だったと思うけれど、「さらばモスクワ愚連隊」、「蒼ざめた馬を見よ」、「海を見ていたジョニー」、「青年は荒野をめざす」 といった五木作品に憧憬に近いものを感じて、よく読んでいたものだった。 あれから幾星霜(←こればっか:苦笑)、長年の友達である主計町の芸妓(匿名希望?)から「私がモデルになって五木先生が書いてくれた小説が載っとるげぇ」と手渡されたのが、「オール讀賣」の4月号。 実は . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

「人のセックスを笑うな」

「会えなければ終わるなんて、そんなもんじゃないだろう」 ---- フム 自由奔放な20歳近く年上の女性に恋をして翻弄される青年の切なくも瑞々しい姿を描き、第41回文藝賞受賞し、第132回芥川賞候補作にもなった山崎ナオコーラのデビュー作を永作博美、松山ケンイチ主演で映画化した恋愛ストーリー。 印象的な構図を考え抜きフィックスされた絵作り、どこか柳町光男あたりの自主映画が持っていた音の世界を想起さ . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 15 )

いざ、ベルリンへ! なのか?

Attached, please find some shots of our tiny pretty cherryblossom in Berlin, a 5-minute Walk from our house...not much, ne , but quite nice as well, ne All the best from Berlin and I hope, you will . . . 本文を読む
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」  MY BLUEBERRY NIGHTS

It took me nearly a year to get here. It wasn't so hard to cross that street after all, it all depends on who's waiting for you on the other side. アメリカに行ってもウォン・カーウァイは、やっぱりウォン・カーウァイだなと実感させるセンス良い実力派キャ . . . 本文を読む
コメント ( 7 ) | Trackback ( 30 )

「やわらかい手」  Irina Palm

かつてミック・ジャガーと浮名を流していたマリアンヌ・フェイスフルの「あの胸にもういちど: The Girl on a Motorcycle 」以来40年ぶり(うひょー!)の主演作。 話そのものは病気の孫を救うためロンドンのオックスフォードサーカス近くのとある店で知られざる“才能”を開花させて窮地を脱するという、とてもわかりやすいものながら、とにもかくにも孫の身を案じる中年おばさんを演じるマリアン . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 18 )

勝駒 @ 人情料理 いたる

小さな手造り酒やですから 年に、そう、こっぽり(沢山)とはできません。昨日の夜は金沢にやってきた仕事関係の知り合いを誘って柿木畠の「本店 いたる」へ。 そしてとりあえず「生ビール」で口を潤したあと、いたるにおすすめの日本酒を頼んだところ出てきたのがこの富山県高岡市の酒、「勝駒」の純米酒。 作り手が僅か5人しかいないという本当に小さな造り酒屋で造られているというこの日本酒、米の旨味と香りが際立って . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

「サタデー・ナイト・ライブ コンプリート・ファースト・シーズン」

1970年代の後半に生まれてはじめてニューヨークに行ったとき、さまざまなものに大いに感激したものだったけれど、そんな中のひとつが「サタデー・ナイト・ライブ(SNL)」を思いっきり見ることが出来たことだった。 ジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、ビル・マーレイ、エディ・マーフィー、マイク・マイヤーズ、ウィル・フェレル、アダム・サンドラーといった、コメディアンを輩出し続けているこの公開コメディバラ . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

「魔法にかけられて」  ENCHANTED

いやはや「白雪姫、ニューヨークに行く!」とでも言えばよいか、とにかく今までの “ happily ever after ” を身上としたディズニー映画のセルフパロディぶりが上手く機能して大いに楽しめる娯楽作。 アニメと実写との融合というのはこれまでも幾多行われていたけれど、おとぎの国と現実の世界(しかもニューヨーク)での落差というか、違いをCGを取り入れつつ見せられ楽しいったらありゃしない。 . . . 本文を読む
コメント ( 8 ) | Trackback ( 36 )

はしご酒ならぬ、はしごディナー

昨日の夜は奥田英朗の痛快小説「ガール」に出てくる登場人物がまさにピッタリとはまってしまうアクティヴでアトラクティヴなOL( ← ソフィー・マルソーの1歳年下!)をやっている古くからの友人と久々金沢で食事。 せっかくの金沢だからということで実は和食な魚料理をご所望だったけれど、生憎市場が閉まっている日曜ということもあって行きたい店も見つからず魚料理は断念し、ならばと急遽思いついたのが、夜の食事の分割 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

「 さよならコロンバス 」  GOODBYE, COLUMBUS

真夏のプールサイドで出会った二人は、 次の日プールの底でぶくぶく泡立つ接吻 をかわしていた。ニューヨークの高級住宅 地に住む女子大生と下町の叔父の家に 下宿する貧しい青年の恋。空虚なアメリカ の繁栄のなかにうまれた、若々しくはりつ めた恋の物語を、甘やかな抒情とペーソ スでとらえた青春の自画像。 (文庫本の裏表紙の紹介より)以前ちょっと書いたと思うけれど、さまざまな本を読んでいた20代の頃(という . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

日本料理コンペティション?

昨日NHKで 「和食の極み ~ 第1回日本料理コンペティション~ 」 なる番組が放送されていて何気なく最後まで見てしまった。 なんとも大層なネーミングのこの競技会、主催しているのが 『日本料理アカデミー』というこれまたオイオイと突っ込みたくなるネーミングの団体で、名称だけ見てみるとどこか胡散臭さが漂っていて、実際全国各地で行われたという予選会に石川県からは誰も参加しなかったというのも何となく判る . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「ガチ☆ボーイ」

うーん、確かに泣かせるし、素直に感動したいところだったのだけど、前評判の高さから期待するところが大きかった分いささか物足りなくもあった青春ガチンコムービー。 映画「4分間のピアニスト」ならぬ「20分間の学生プロレスラー」とでも言うべきか、終盤の“ NO CG ”、“ NO WIRE ”、“ NO STUNT ”で展開される熱きガチンコバトルは、その前段の仲里依紗の自転車の疾走シーンを含めて確かに . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 11 )

ミシシッピ Mississippi

ミシシッピ【Mississippi】 米国南部、ミシシッピ川下流の東岸にある州。州都ジャクソン。綿花のほか大豆・トウモロコシなどを産し、畜産・工業も発展。 さっき 米大統領選の民主党候補指名のニュースをテレビを見ていたらNHKの画面に「ミシシッピ」とのカタカナ表記が出ていて、今頃になってはじめて「ミシシッピー」と最後を伸ばすのじゃなくなったんだと気付いた。 思えば、アメリカを代表するスポーツカー . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

合格祝い @ 割鮮 のむら

今年の春は長男が大学受験、そして三男が高校受験という「W受験の春」だったこともあって、実は多少気ぜわしい日々を過ごしていた。 そんな中、二人揃って希望していた学校(どちらも親思いの国立校!:感涙)に何とか合格することが出来て、とりあえずそいつぁー目出度い!ということで、おとといの夜は久々家族で「のむら」さんへ。 そしてここでは普段、中年親爺らしく野菜や魚中心のチョイスが多いのだけれど、子供と一 . . . 本文を読む
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

「バンテージ・ポイント」  Vantage Point

いやはや、そう来たかという(「羅生門」はさておき)今までにありそうでなかった異なった視点から繰り返される構成と小気味良い演出で一気呵成に見せてくれるサスペンスアクションの快作。 スタイリッシュなタイトルバックを見ただけで何となくワクワクして快作の予感がしていたけれど、そうした思いを超えた仕上がりに大いに満足。 国際サミットのため訪れたスペインのサラマンカの広場でアメリカ大統領が大群衆の前で . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 35 )
« 前ページ