goo

「ルパン」  Arsène Lupin

モーリス・ルブラン原作のルパン・シリーズ生誕100周年記念作品。 「カリオストロ伯爵夫人」をベースに「813」「奇巌城」のストーリーを取り入れ、フランス王家の宝探しや父と子の宿命の対決、情熱的な恋物語などなど、ロマンとサスペンスてんこ盛りで描かれる怪盗紳士アルセーヌ・ルパンの冒険ストーリー。 まさに“ ルパン・ビギンズ ”といった趣きのオープニングから以降いろんな話をいささか詰め込みすぎたため、話 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「レベッカ」 REBECCA

実はこの前、以前書いたブログにマリリン・モンロー主演の映画「百万長者と結婚する方法」がトラック・バックされてきて、その時はじめてYhoo! のプレミアム会員(プレミアムといっても月額確か300円足らずの会費なのですが)だと、ストーミングで様々な映画を観ることが出来ることに気付いた。 中でも目に引くのが『世界名作映画ライブラリー』としてライナップされている36本。 「オペラの怪人」、「郵便配達は二 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「8月のクリスマス」

父から受け継いだ写真館を営む山崎まさよし演じる鈴木寿俊は、訪れる人たちの幸せな瞬間を写真に収めながら、静かな日々を暮らしている。ある日、その写真館に小学校の臨時教員、由紀子(関めぐみ)がやって来て、やがて写真館の常連となり、寿俊との何気ない会話を楽しむようになる。寿俊は、自分が病気で、間もなく死ぬことを知っている。由紀子との出会いは、運命を受け入れ日々を淡々と過ごしていた寿俊に、小さな喜びを与えて . . . 本文を読む
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

Cream LIVE DVD

In May of 2005 Cream returned to London's Royal Albert Hall-to the same stage where they had completed what was thought to be their final performance in 1968. It was one of the most eagerly anticipate . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Birthday Alarm その2.

以前ご紹介した“ Birthday Alarm ”。(以前の記事はこちら→http://blog.goo.ne.jp/nikidasu/e/a9e12ba62de4b43c756dcf9f858bb4db) 実際に何人かの友人に「誕生日教えてくれ~」のお願いメールを送ったところ、返ってきたメールはすべて自動的に BirthdayAlarm.com のほうに登録され、その結果をひとつひとつ知らせてく . . . 本文を読む
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

「ボブ・ディランの頭の中」 MASKED AND ANONYMOUS

舞台は内戦で混乱状態にある某国。音楽プロモーターが借金返済のため思いついたベネフィット・コンサートを中心に物語は展開するボブ・ディラン主演のこの映画、ある意味とても凄い。 まず原題と似ても似つかない邦題が凄い。ただ実のところボブ・ディランが別名で脚本参加しているので、そう言われればそうなのかと、つい思ってしまうところも 凄い! そしてディランと共演できるのならと、ジェシカ・ラングの他にも、ジェ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

サマー・ウエイブ

暑くて長かった夏もようやく終わり、急に秋めいてきた今日この頃。 ところがところが、夏に一度咲いた後、すっかりご無沙汰だった「サマー・ウェイブ」が突如また咲き始めている。 流行モノに弱い(!?)性分からか、5年前から突如ガーデニングなるものをはじめ、その楽しさも少しずつわかってきたものの、今年の夏はなんだかんだ忙しく、特に8月の旧盆以降は花を摘むことも追肥も満足に出来なかったのに、花はすくすく伸び . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「忍 SHINOBI」

長きに渡り、戦うことを禁じられていた忍者の二大勢力、伊賀と甲賀。ふたつの忍は互いに憎しみあっていたが、それぞれの跡取りである朧と弦之介は互いの立場を知らずに出会い、運命的な恋に落ちる。だが、宿命とも言うべき悲劇が二人を待ち受けていた。それは天下人・徳川家康からの指令。伊賀と甲賀、五対五の忍術合戦でどちらが生き残るかによって、次期将軍を決するというものだった。(作品資料より)巷間、遠くから芳しくない . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

「シンデレラマン」 CINDERELLA MAN

とにかくアイリッシュでボクシングと来れば、やはりあのアカデミー作品を想起してしまい、終盤のタイトルマッチのシーンでは必要以上に緊張感すら感じてしまった映画「シンデレラマン」。 40代とはとても思えないラッセル・クロウの鍛えた肉体には脱帽だし、レネー・ゼルウィガーもびっくりするほど役になりきっていたし、3人の子供たちの演技っぷりもお見事。 昔、極真空手の大会で“ 見るだけで痛い ”という秀逸なコピ . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

Yahoo! Music Engine

アップルの音楽管理ソフトiTunes の使いやすさは使ってみてはじめてよくわかるもので、ほとんど直感的に誰でも使いこなせるのは、さすがアップルといったところだけど、今日たまたまダウンロードしたアメリカの Yahoo! Music Engine という同じく音楽管理ソフト、これがまたすぐれもので思わずご紹介。 iTunes 同様インストールと同時に PC 内の音楽ファイルをあっという間に取り込んで . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「チャーリーとチョコレート工場」 Charlie and the Chocolate Factory

オープニングのチョコレート工場内のテンポ良い、そして「らしい」世界観溢れる造形の映像を観ているだけでワクワク&ドキドキ感が見事に高まってしまった。 そしてフレディ・ハイモア演じるチャリーとその家族、そして選ばれし他の4人の子供たちとその家族、それぞれの描き方が温かくてシニカル、真摯だけどちゃらんぽらん、ハートウォーミングなんだけどブラック的要素もたっぷり、といった具合にさすがティム・バートン&ジ . . . 本文を読む
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

1st Anniversary

昨日たまたま友人から言われて気付いたのだけど、昨年の9月にブログをはじめて、いつの間にかちょうど1年が過ぎてしまった。 思い起こしてみると「日記」と名の付くもので長続きしたことって、今までの人生の中で多分小学校のときに夏休みの宿題で書いた絵日記を除けば、まるでなかった。 そういった意味では毎日ではないにせよ1年で248本、よくもまあ続いたものだと我ながら感心しています。 それにしても今書いてい . . . 本文を読む
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

鮎川誠さん

昨日、映画「サマータイムマシーン・ブルース」を観終わったとき何故かふとシーナ&ロケッツの“ You May Dream ”が頭の中に浮かんでいた。 そして今日、とあるコンサートの前日リハをやっている元・憂歌団の木村くんに会いに会場へ行ってみると、そこにはえらいカッコイイおっさんがシャウトしていて、よく見るとなんとなんと鮎川誠さんご本人で、かなりビックリ。 その鮎川誠さんにコンサート主催者である . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「サマー・タイムマシーン・ブルース」

夏の暑い日、とある大学のSF研究会で本体では操作できないクーラーのリモコンが壊れる。そしてさらに暑くなった次の日、部室に突如としてタイムマシンが現れ、「そうだ!昨日に行って壊れる前のリモコン取ってくればいいじゃん!」と乗り込んむのだけど・・・。 せっかくタイムマシンが手に入ったのに、せっかくSF研究会なのに、使い方が昨日に行ってリモコンを取り戻すという、そのスケール感のなさがとにかく秀逸。 おかげ . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

「イン・ザ・プール」 In The Pool

「ガッビーン!」 なさそうで、やっぱりありそうな、否、絶対ありそうな様々な症状、「継続性勃起症」「強迫神経症」「プール依存症」、それぞれひとつひとつのエピソードに思わず妙に納得させられてしまうのが可笑しい。(それにしてもバーニング・カブトムシに至ってしまう発想が凄い!) 加えて「治療」と言いつつもほとんど何もしないどころか、患者と一緒に遊んでいるうちに、結果オーライになってしまう滅茶苦茶いい加減 . . . 本文を読む
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ