goo

Congratulations! Martin Scorcese

Martin Scorcese won best director for "The Departed." Presenting him with the award were, from left, Francis Ford Coppola, George Lucas and Steven Spielberg. すでにご存知のように過去に5度もノミネートされつつ無冠の帝王だったマーティン・スコ . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 12 )

『キング 罪の王』 THE KING

海軍を退役した青年エルビスは、亡き母から聞かされていた父親に会うため、テキサス南部の小さな町コープス・クリスティへとやって来た。父デビッドは、今では牧師となり、美しい妻トゥワイラと2人の子ども、息子ポールと娘マレリーと幸せな家庭を築いていた。そんなデビッドにとって、突然現われたエルビスは平穏な家庭を脅かす厄介者でしかなかった。結局、冷たくあしらわれてしまったエルビスは、マレリーに接近、異母兄妹であ . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 12 )

Fried Pride!!!!

毎回ライヴが行われる度に平賀さんから熱い熱いお誘いを受けながら、いつもどうしても都合が合わず、ずーっと行きそびれていたフライド・プライド。 そんな彼らのステージを昨日ようやく観ることが出来た。 いやはやなんと言うべきか、“ 聞きしに勝る ”とはこういう場合のための言葉だろうと思ってしまうほど、素晴しいステージでウーンと唸らせることしきり。 聴いているうちに徐々にテンションも上がり、アンコールの最 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ドリームガールズ Dreamgirls

うーん、なんだろう、このもどかしさは。 80年代トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルを映画化した作品としての期待も高く、実際に観てもジェニファー・ハドソン扮するエフィーが仲間との別れを余儀なくされたときにまさに熱唱する“ And I Am Telling You I'm Not Going ”やビヨンセが籠の鳥からの脱却を情感込めて歌う“ Listen ”、あるいはあの時 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 51 )

「あなたになら言える秘密のこと」  The Secret Life of Words

とてもとても強くのしかかってくる映画だ。 サラ・ポリー演じる主人公ハンナの曰くありげな淡々とした日常を描く前半。 補聴器、りんごと白米とチキンの入ったランチボックス、すぐに取り替える大量の石鹸…。 そして、無理やり取らされた休暇で訪ねた町でたまたま見つけた別の仕事(=時間つぶし)。 行く先は海の沖合いに浮かぶ油田掘削所。 そこで出会った人生のレールからはみ出た、しかし心優しい男たちとの何気な . . . 本文を読む
コメント ( 8 ) | Trackback ( 25 )

新年会

今週は今頃になって行われた「新年会」に立て続けに誘われ参加。 片や「アロス」の24時スタート(遅ッ!)の「新年会」。 飲食店関係者がそれぞれの店舗の閉店後に集うという会の流れから夜もどんどん更けていき、久々朝まで。 ただ各自飲み物持参とのことで、ワインを中心にいろんなお酒が数十本飛び交うさまはまさに壮観。 しかも当然のことながら持ち込まれたそれぞれがこれまたレヴェルの高いもの揃いで、鼻と舌の良い . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )

Dixie! Dixie! Dixie!

第49回グラミー賞の結果が発表された。 ■□■□■ 主要4部門賞受賞者/受賞曲 ■□■□■ ・年間最優秀アルバム賞:ディクシー・チックス「テイキング・ザ・ロング・ウェイ」 ・年間最優秀レコード賞:ディクシー・チックス「ノット・レディ・トゥ・メイク・ナイス」 ・年間最優秀楽曲賞:ディクシー・チックス「ノット・レディ・トゥ・メイク・ナイス」 ・年間最優秀新人賞:キャリー・アンダーウッド そのほかに . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「バブルへGO! タイムマシンはドラム式」 Go to the Bubble

近未来ならぬ、17年前という近過去の六本木を中心に繰り広げられるタイムスリップ・SF・ドタバタコメディといったこの作品、まさにバブル絶頂期のあの頃に漫画に映画にと活躍の場を広げていたホイチョイ・プロダクションズらしい作りで、当時の風俗を振り返るといった意味ではそれなりに楽しいことは楽しい。 今でもタクシーの運転手さんから「千葉経由で横浜」(!!)とか、いかにバブルの頃は凄かったかということを時々 . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 26 )

Birthday Present 2. 「一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-」

長男がくれたノラ・ジョーンズのアルバムとともに中学で陸上をやっている次男が「ゼッタイ面白いから」と言ってプレゼントしてくれたのが、この佐藤多佳子の「一瞬の風になれ」。 これが本当に本当に、すこぶる面白くて、久々一気読み。 大まかに言えば、高校入学を機にずっと続けていたサッカーをあきらめ陸上部に入学した高校生が、親友と部活の仲間たちとともに「速くなる!」ことを目指してただただ走り続ける、それだけ . . . 本文を読む
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

Birthday Present 1. “ not too late ”

先日、誕生日に子供からノラ・ジョーンズの3年ぶりの3rdアルバム『ノット・トゥ・レイト』をプレゼントしてもらった。 前2作のイメージを期待して聴いてみると、ある意味裏切られてしまうこのアルバム(苦笑)、正直言って最初聴いたときはさほど心動かなかったけれど、何度か聴くうちにかなりお気に入りになりつつある。 特にまるでまんまトム・ウエイツみたいな“ Sinkin' Soon ”、従来の路線でかつア . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「明日へのチケット」 Tickets 

エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチというカンヌ映画祭の最高賞・パルムドール受賞者の3人による、オーストリアのインスブルックからローマまで向かう特急列車を舞台にした、オムニバスではないけれど微妙に繋がりのあるそれぞれの物語。 「恋は遠い日の花火ではない」みたいに仕事先の会社の親切な秘書(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ!)に心惹かれていく初老の大学教授の夢想と回顧、そして心温ま . . . 本文を読む
コメント ( 5 ) | Trackback ( 9 )

70歳になったら  “ When I'm 70 ”

~ When I get older, losing my hair,   many years from now,   Will you still be sending me a Valentine,   birthday greetings, bottle of wine?   If I'd been out 'till quarter to three,   would you lock . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「世界最速のインディアン」 The World's Fastest Indian

ニュージーランド南端の町、インバカーギル。小さな家に独りで暮らしている初老の男バート・マンローは、40年以上も前のバイク“1920年型インディアン・スカウト”を自ら改造し、ひたすら速く走ることに人生を捧げてきた。そんな彼の夢は、ライダーの聖地、アメリカのボンヌヴィル塩平原(ソルトフラッツ)で世界記録に挑戦すること。いよいよ肉体的な衰えを痛感し、もはや挑戦を先延ばしにはできないと悟るバート。そして . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 35 )

「墨攻」 A Battle Of Wits (Muk gong)

時は紀元前370年頃の春秋戦国時代。 趙と燕の国境にある小国である梁の城に、燕へ侵攻を目指す趙の大軍が攻め込もうと近づいてくる。 そして長いものには巻かれろ的に降伏を覚悟する梁の王のもとに、守備戦術のプロ集団“墨家”から革離がやってくる。 彼は明晰な頭脳を駆使し、10万人の趙軍から城を守ろうとするが・・・・。 原作は本も漫画も一切読んでいなかったので、ってことは「七人の侍」や「荒野の七人」みたいな . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 37 )

「 Lust,Caution / 色・戒 」

先日行われたヴェネチア国際映画祭で、前作『ブロークバック・マウンテン』に続き、アン・リー監督としては2作品連続での金獅子賞受賞、しかも審査員全員一致で決まったという話題の映画『 Lust,Caution 』が29日より全米で公開された。 そしてたまたま電子版を無料購読しているため最初に読んだニューヨークタイムス紙での評価は、(多分)随分的外れな酷評だったけれど、例えばローリングストーン誌では . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ