goo

「ゆれる」

東京で写真家として成功した弟の猛(オダギリ ジョー)と地方に残り実家の家業のガソリンスタンドを継ぐ兄の稔(香川照之)。二人は幼なじみの智恵子(真木よう子)とともに懐かしい渓谷へと足をのばす。そこで起こったひとつの出来事。事故なのか、事件なのか。その出来事をめぐって、弟と兄の人生がゆれ動く……。
何度か観た予告編から受けた印象では、もしかして観念的な思い込みの強い映画なのではといったお節介極まりない危惧があったのだけど、とんでもない! そんなものすっかり消え失せ、その見事なまでに完成された映画世界を大いに堪能することが出来た。

賢兄愚弟というべきか、あるいは愚兄賢弟とでも言うべきか。とにかく兄たり難く弟たり難し、そして兄弟優劣遜色なしと言うけれど、対称的なシチュエーションに置かれた二人の兄弟のまさに「ゆれる」思いがスクリーンを通して見事に伝わってくる。



「自分が人殺しの弟になるのが嫌なだけだよ、猛。」

そして二人の互いに揺れる気持ちとともに、予想が次々と裏切られ、観ている側は何が真実なのか確信をもてなくなってしまう二転三転する構成。
そうした二人の心情を凡百の法廷ドラマよりはるかに緊張感高く描かれる裁判の場に持ってくることによって明らかにしてみせる鮮やかな演出。
さらには見事に練りこまれたリアルさ溢れる兄弟二人のキャラクター。

とにもかくにも、原作本を安易に映画化することが目立つ最近の日本映画界において、監督自ら書いたという人間の心理の奥深くに切り込んだスリリングな脚本が圧倒的。
そしてそんな監督の確かな人間観察力が窺い知れるひとつひとつの仕草や表情に見られるそうした思いの的確な描写、とにかく見ごたえ充分の秀作であることに間違いない。



大都市での上映はほぼ終わっているようだけど、芸達者な香川照之に劣らず、多分今までの中で一番役者として最高の演技を見せているオダギリジョーの好演ぶりも含め、機会があれば是非。強く強くオススメ。



今日の1曲 “ Reason To Believe ” : ROD STEWART

あくまでも個人的嗜好で言わせてもらうならば、この映画で唯一残念だったのが、エンディングで流れる少々明るすぎる曲調の曲でした。
あれはあれで歌詞的に映画にあっていたかもしれませんが、いささかあの場にはそぐわなかったような気がしてなりませんでした。はい。
と言いつつ、この曲が似合っているとは決して思いませんが、何となく題名(元々は知る人ぞ知るティム・ハーデンの曲)から無理矢理(!?)引っ張ってきてみました。
ソロ初期の頃のロッドって、本当にイカしていて、そんな中でも71年リリースのこのアルバム「Every picture tells a story 」は本当に名盤デス。
騙されたと思って、是非TSUTAYA、もしくは iTune Music Store のコチラへゴー!ちなみに悲しいくらい体型がすっかり中年してしまっている(苦笑)アンプラグドでのライヴの模様はこちら

コメント ( 9 ) | Trackback ( 22 )
« 頭が「ゆれる」 「きみがくれ... »
 
コメント
 
 
 
ゆれる・・・ (ミチ)
2006-10-06 08:10:51
nikidasuさん、こんにちは♪

この映画ご鑑賞の前は頭が「ゆれ」たとのこと、災難でしたね~。

なるべくゆとりを持って行動するのが身上なのですが、私も時々とんでもなく慌てていろいろやらかしてしまう事があります。

打っちゃったところは大丈夫ですか?



さて、「ゆれる」ですが、私もヒゲメガネの支配人さんから「土日はあふれるほどの人だったんですよ~」と嬉しそうに報告していただきました。

一昨日みにいたときも半分くらいは入っていたし、シネモンドには珍しいですよね。

口コミの力だと思うのですが、このように心ゆすぶられる作品がじわじわと観客を集めるって素晴らしいと思います。

世間では「フラガール」が大絶賛です。

あちらは誰もが感動できるいい映画ですし、大きなハコで動員力もあるでしょうが、この「ゆれる」もぜひぜひたくさんの人の目に触れたらいいなと願っています。
 
 
 
TBありがとうございます。 (mig)
2006-10-06 08:17:05
いつもありがとうございます☆



素晴らしい脚本と素晴らしい役者たちの演技で

とても感動する作品でした。



このふたりだから良かったんだろうな、、、、
 
 
 
ベスト ()
2006-10-06 15:43:22
私にとっても今年の邦画のベストは、これになるでしょう。nikidasuさんおっしゃるように、この監督の脚本、演出力は抜きんでていますね。しかも、メジャーなエンタテインメントにもなりうる可能性を持っていることに期待(?)してしまいました。
 
 
 
むむ、巧いッ。。。 (ツボヤキ)
2006-10-06 22:49:19
あ、これアップですね。

う~む、またも遅れている(苦笑)

ま、その内に、ですね。



オダギリジョー儲け役でしたね。

一人の役者の巧さが周囲を照らす。

照らされた周囲がその明かりの下で

いっぱしの反応を演らされた、という印象も

あるデスね。結果OK、と。



香川照之、いっつもどこでもそこそこ巧い印象を

残す、といった存在に終始してたですが、

それは、彼が際立って活かされる場所が邦画には

なかったからデス。

この監督の存在は、邦画界においても「大」です。
 
 
 
コメントありがとうございます (nikidasu)
2006-10-07 09:41:20
■ミチさんへ



さすがオダギリファンのミチさん。確か公開当時、京都で2回観てらっしゃった?

はずなのに、またまた鑑賞とは。

でも確かに、再度観たくなる映画でした。



■mig さんへ



>このふたりだから良かったんだろうな

絶対とは言えませんが、多分そうだなと思わせてしまう好演ぶりでした。

キャスティングと演出の幸せな出会いだったのではと。



■雄さんへ



そうなんです。ひとつの方向性に固まらず、いろんな展開をして欲しい監督

だと思いますし、それが可能だと思わせる才能を感じました。

とにかく今年の邦画では一番印象に残る作品でした。



■ツボヤキさんへ



確かにオダギリジョーは「儲け役」だったです。

それでも監督の要求に応えた演技は、彼に対する認識が変わるだけの

ものがありました。

そして「演出」のある映画の面白さを堪能させてもらいました。





 
 
 
そうなんですよね (カオリ)
2006-10-07 19:24:25
邦画と言ったら、漫画や小説の映画ばっかりで・・・と思っていたところにこの映画。オリジナルがなおさら新鮮にみえますね。



TBどうもでした~
 
 
 
nikidasuさんはどっちですか? (mimia )
2006-10-09 19:41:48
ラスト兄はバスに乗ったか乗らないか、意見の分かれるところですが…。二人の心理戦、ほんとに見ごたえありました。
 
 
 
お返事、遅れました (nikidasu)
2006-10-12 02:23:50
■カオリさんへ



原作があると、どこかをはしょったりせざるを得ないことが多々ありますが、

オリジナルではそんな余計なことが発生せず、時間内にドラマがしっかり収まる、

これってやっぱり大事だと思います。



■mimia さんへ



映画の流れ的には、あそこはやっぱり「乗って」しまったんじゃないかと

思いますが、どうでしょう?

兄弟だからこその駆け引きに、見ている側もまた引き込まれざるを得ない!

本当によく出来た脚本でありました
 
 
 
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-03-12 21:03:18
 TBどうもありがとうございました。
 
 主演2人の好演で、見ごたえありましたね。
 ラストシーンには号泣でした。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
映画「ゆれる」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ゆれる」 『蛇イチゴ』の西川美和監督のオリジナル脚本による第二作目。 サスペンスタッチのストーリーと裁判劇という全く私好みの作品。どこから感想を書いていいかも分からないほどいろいろ言いたいことが山のように出てくる。とにかく“ゆれ”ま ...
 
 
 
ゆれる (我想一個人映画美的女人blog)
恥かしながら...オダギリジョーの演技、初めて観た、、、、{/hiyo_s/}{/kaminari/} あまり関心なくって、ドラマも観てないし、、、、でもびっくり☆ 自然で素晴らしい役者さんなんだ。(今頃 {/dogeza/}{/ase/} やっと観てきましたー。 どうしても公開中に観た ...
 
 
 
『ゆれる』のもうひとつの可能性 (Days of Books, Films)
『ゆれる』の評判がいい。僕の行った平日の最終回(新宿)もほぼ満員。オダギリジョー
 
 
 
ゆれる (ギョニー・デップの界王拳)
 評価/★★★★☆ (シネアミューズにて鑑賞)  監督:西川美和  いや~、ゆれたw  佳作であった『蛇イチゴ』からさらなる進歩を見せた西川美和監督。『蛇イチゴ』よりもさらに地に足がついたそんな感じ。  女性監督が決して多くない日本においてこ ...
 
 
 
ゆれる(06・日) (no movie no life)
「どうして、俺とお前はこんなに違うの?」 兄と弟。 どこまでも、この映画は兄弟をアシンメトリーに映し続ける。 刑務所の面接室の中、同じ床、同じ設備、しかしその間にはどうしようもないガラスの壁。 山梨で父とともにガソリンスタンドを経営する実直な ...
 
 
 
ゆれる (ネタバレ映画館)
てくてくと歩いて帰る足取りも軽くなったが、キム検事のしてやったり顔を思い出して目の前が揺れていた。
 
 
 
「ゆれる」:恵比寿四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}遠くにウェスティンホテルが見えるわね。 {/kaeru_en4/}恵比寿は、東京でもおしゃれな町だからな。 {/hiyo_en2/}撮影スタジオも多いとか。 {/kaeru_en4/}カメラマンになるのを夢見て地方から来る若者も多いんだろうな。 {/hiyo_en2/}「ゆれる」の弟み ...
 
 
 
『ゆれる』 (mimiaエーガ日記)
★★★★☆ここのところ分かりやすいノリノリ映画が続いていたので久しぶりに腰を据
 
 
 
『ゆれる』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
ゆれた・・・西川美和というその名前を確実に認識したのは、私がお願いした「夢の映画バトン」 の記事で、-ソウウツおかげでFLASHBACK現象-の現象さんが"S臭が香る監督・西川美和を相手に感情を激しく高ぶらせ、言動を荒々しくさせたい。"という興味深い発言を ...
 
 
 
ゆれる  @渋谷アミューズCQN (シュフのきまぐれシネマ)
ゆれる  @渋谷アミューズCQN  7月13日 企画:是枝裕和 原案・脚本・監督:西川美和 出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、木村祐一、ピエール瀧、田口トモロヲ、蟹江敬三 公式サイトはコチラ 【ストーリー ...
 
 
 
ゆれる(映画館) (ひるめし。)
あの橋を渡るまでは、兄弟でした。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:西川美和 出演者:オダギリジョー/香川照之/真木よう子 時 間:119分 [感想] これす~~んごく観たかった映画!! チネチッタもダイスの上映してくれないからDVD待ちだと思ったら ...
 
 
 
ゆれる (いろいろと)
出演 オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀 ほか 監督 西川美和 母の一周期で帰省
 
 
 
ゆれる (CinemA*s Cafe)
公式サイト メゾン・ド・ヒミコを見てからオダジョーをスキなのだけど、この映画でもさすがのオダジョーの魅力を余すところなく見せてくれた感じで大満足。 お話自体はけっこう重く、兄弟愛や家族愛をとっても考えさ
 
 
 
ゆれる (Akira's VOICE)
揺れるよ揺れる,どこまでも・・・
 
 
 
【ゆれる】 (+++ Candy Cinema +++)
◆監 督   ・・・ 西川美和 ◆脚 本   ・・・ 西川美和 ◆音 楽   ・・・ カリフラワーズ ◆CAST   ・・・ オダギリジョー/香川照之/真木よう子/伊武雅刀/新井浩文/蟹江敬三/木村祐一/ピエール瀧/田口ト
 
 
 
ゆれる [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「ゆれる」(西川美和:監督)    かなり高評価なのを耳にしていた本作品。  昨夏公開時に見逃し、  さらに今年2月の「アサヒベストテン映画祭」でも  当日体調を崩して観れず。  DVDにてようやく観ることができました。  「あの橋を渡るまでは、...
 
 
 
か細い橋は朽ちていなかった●ゆれる (Prism Viewpoints)
「兄を取り戻す」 取り戻したのは、兄が弟を取り戻していた。 主人公のカメラマンである、弟の早川 猛(たけし)役には、 『激辛カレーを食べて、あなたは「辛い!」と怒ります?●SHINOBI』や、 『ラストま
 
 
 
『ゆれる』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ東京でカメラマンとして成功している猛(オダギリジョー)は母の一周忌で帰省する。彼は実家のガソリンスタンドを継いだ独身の兄の稔(香川照之)や、そこで働く幼なじみの智恵子(真木よう子)と再会し、3人で近くの渓谷に行く。猛が単独行動している間に、稔と...
 
 
 
ゆれる (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『あの橋を渡るまでは、兄弟でした。』  コチラの「ゆれる」は、7/8公開になったオダギリジョー主演の家族ドラマの要素が強いミステリー映画です。オダジョーに香川照之と新井浩文といった実力派のキャストで、見応えもありました。またオダジョーの演技の幅が、広...
 
 
 
映画「ゆれる」 (おそらく見聞録)
監督:西川美和(ググったら カワイイ人で驚いたですよ賞 受賞) 出演:オダギリジョー(◎)香川照之(絶品!) 真木よう子  出演:木村祐一(とてもいいエッセンス)伊武雅刀    東京で写真家として活躍する弟。田舎に残った兄。ある時、 弟の昔の恋人で現在...
 
 
 
ゆれる (★YUKAの気ままな有閑日記★)
      ~明けましておめでとうございます              今年も宜しくお願いします~今年最初の記事は、年とは何の関係もないコチラです―レンタルで鑑賞―【story】東京でカメラマンとして成功している猛(オダギリジョー)は、母の一周忌で帰省する...
 
 
 
「ゆれる」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
なんとなーーく、邦画のレビューが続いてるひらりん。 本作は、鶴瓶主演の「ディアドクター」も評判の良かった西川美和監督作。 もちろんこの作品の評判も耳にはしてましたが、 兄弟ドラマはあまり興味なかったので敬遠してました。