goo

心豊かに過ごす大人な昼下がりのひととき

先日、とあるお店の女将から遅ればせながら誕生祝いとして食事にでもと誘われ、いろんな意味でなるほどと感じ入ってしまい、とても有意義な午後となったのでありました。 とにかく、「 待ち合わせは天神町のたもとで、お昼の 12時にね、」 という設定から、心騒いでしまったけれど、そこから小雪が舞う中さほどではないけれどある程度の距離を歩くとお目当ての店があり、思えば20年以上ぶりの訪問と相成ったのでした。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

 < ガレタッソの営業時間のお知らせ 2月20日~ >

バブルが始まるまでまだ時間があった1980年、 今ある場所に店舗を移転してきた台湾料理の麗郷。 オープン直後から瞬く間にミュージシャン連中の間で話題となり、 東京で外国ミュージシャンのコンサートを観た帰りよく行ったものでした。 そしてそんな 「 麗郷 」 の代名詞とも言える 腸詰 を 縁あって頂いてしまい、白ネギ・香菜を用意し、ともに食べ、その変わらぬ美味しさに一人悶絶した中、今週は下記のよう . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

獰猛な顔つき、その名も 「 京シゲキ 」 @ 金沢 玉鉾 「 自家製麺 のぼる 」

「 シャモ & コーチン 」、「 シャモ しお 」、そして「 + ヒナイ 」 という地鶏を使った清湯スープ3部作を作り上げた のぼるくんより、少々久しぶりのスパイス系で、かつ何とも素敵過ぎる面構えの 「 京シゲキ 」 なる新作が登場したと知り、ならばと遅ればせながら昨日食べに行ってきたのでありました。 今回の新作はあちこちで「辛い」「辛い」と連呼されていますが、唐辛子的辛さではなく、以前 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

久しぶりに唯一無二な土手鍋を堪能 @ 金沢 主計町 「 みふく 」

今からずーっと前、ちょうどウディ・アレンが 「 おいしい生活 」 というキャッチコピーとともに西武百貨店の広告に登場していた頃、どういうわけかコピーライターの真似事みたいなことを片手間にやっていたことがあった。 そして会社を辞めフリーになった年の年末に、何故か金沢在住のコピーライターが集まって行なう忘年会の幹事を仰せつかる羽目になり、結構厳しい予算設定の中で見つけ出し、参加者に概ね好評をいただい . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

地元客で賑わう餃子専門店 @ 神戸 元町通り 「 ぎょうざ大学 」

昨日、神戸へ仕事で行ったついでに、久しぶりに学生時代よく行った 「 赤萬 」 で餃子を食べようと思いつつも、残念ながら元町店も三宮店も定休日でお休み。 かと言って、観光客でごった返す 「 元祖ぎょうざ苑 」 の長蛇の行列に並ぶ気はとてもしない中、以前からちょっと気になっていた南京町の路地横にある何とも微妙なネーミングの餃子屋に行くことに…。 そして昼食前の前菜として、これはこれで結構楽しめたので . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「 Kilchoman Bramble Liqueur  キルホーマン ブランブル リキュール 」

創業2005年。アイラ島に124年ぶりに誕生した蒸溜所であるキルホーマン蒸溜所。 ウイスキーとして完成された商品の販売がまだ出来なかった創業当時、ビジターにニュースピリッツを使った何かを提供することができないかと 創業者の夫人であるキャシーさんの考案したアイデア商品として知られ、以降、キルホーマン蒸溜所のビジターセンターのみで販売されていたこのリキュール。 ボトルデザインも一新され、蒸溜所以外で . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鴨鍋を超えた嬉しすぎる至幸のひととき @ 金沢 柿木畠 「 更科 藤井 」

おとといの日曜日の夜は家族のリクエストでお馴染み藤井さんのところで 「 鴨鍋 」 を突っつくこととなったのですが、鴨鍋の言わずもがな的美味しさに加え、肴の充実ぶりが年々進化しているというか、とにかく素晴らし過ぎるライナップで、家族一同大いに満足させてもらったのでありました。 用意された食材は、艶々な鴨肉に、菜の花、下仁田ネギ、エノキ、シメジ、白菜、そして 能登の原木シイタケに、丸葉春菊と、 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

 < ガレタッソの営業時間のお知らせ 2月13日~ >

昨日もフェイスブックにちょこっと書きましたが、 例えばお子さんの進学や結婚が決まったことを教えてもらってともに喜んだり、 かと思えば、小さい子と一緒に来てもらって孫を見る気分になったり、 はたまた時として人生の岐路に立ちあったりと、日々さまざまな出来事があって 一日として同じことがない仕事というのはやはり楽しいなと思う今日この頃。 ということで、今週もまたよろしくお願いいたします。 2月13日 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

素晴らしきかな、八寸の楽しみ @ 東山 「 蕎味 櫂 」

雪がなかなか降らない今年の冬ですが、時折り雪が舞って風情を感じた先日の夜、ちょっとお祝い事で東山の 「 蕎味 櫂 」 に行き、いつもながらというか、いつにも増して美味しい食事とともに楽しいひと時を過ごしたのでありました。 お祝いということでまずは 泡もの で乾杯だったのですが、200ml という日本のスパークリングでは珍しいサイズも用意されているこの 「 嘉yoshi スパークリング / . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雰囲気抜群な中国料理店が登場 @金沢 尾張町 「 中国料理 梅梅 」

昨日のお昼は久しぶりに会う食いしん坊な “ 食べ友 ” とともに、たまたま縁があってオープンしてまだ2日目だという新しい中国料理店に行くことに・・・。 そして見事にイノベーションされた設えの中、あれこれ食べて楽しい昼食となったのでありました。 この日は最初ということで、「 本日の肉定食 蒸し餃子付 」 と 北京ダック、鴨餅、ゆず麺、小菜、杏仁豆腐がセットとなった 「 北京ダックセット 」 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

祝・開店! 「 鮮魚麺 海里 」 @ 金沢 堀川町 「 ラーメン 大河 」 すぐ近く

工事の関係で予定よりちょっと遅れて1月30日にオープンした 「 大河 」 の寺田くんによる新展開の鮮魚出汁ラーメン店、その名も 「 鮮魚麺 海里 」。 オープンからちょうど1週間が過ぎそろそろ落ち着き始めたかなと思った昨日、2枚看板メニューのひとつである貝出汁のラーメンを食べに行き、その美味しさにかなり満足させてもらったのでありました。 思えば鯛出汁といった魚系出汁のラーメンはこれまで何度 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

 < ガレタッソの営業時間のお知らせ 2月6日~ >

おとといの土曜日はいろんな人が集まってくれて、とにかく楽しすぎて ついつい朝の4時過ぎまで久しぶりに大幅な延長営業だったのでした。 遅くまでお付き合いいただき、どうもありがとうございました。 そして今週は日曜日の 『 昼だけタッソ! 』 を含めて、 こんな感じで営業する予定ですのでよろしくお願いします。 2月6日(月) 20:30 - 24:00 1月7日(火) 20:30 - 25:00 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

やっぱり鮨が好きだ! @ 金沢 木曳野 「 寿し肴 菊屋 」

昨日の昼ご飯は先日夜に伺ってすっかり気に入ってしまった 菊屋 さんで鮨ランチ。 残念ながらカウンター席はいっぱいでテーブル席での食事となってしまい、一貫ずつ食べることは出来なかったのですが、これはこれで自分のペースで食べることが出来、相変わらず美しい鮨をカウンターにいた漁師さんたちの話にも聞き耳を立てながら(笑) 十分堪能させて貰ったのでありました。 左上から、平目、中トロ、ヤリイカ、アジ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

30年目のティラミス @ 金沢 柿木畠 「イタリア料理 VIVI ( ヴィヴィ ) 」

古い話で恐縮だけど、今から30年ほど前、当時勤めていた会社の半地下のフロアに 「 リコッタ 」 というイタリア料理店があった。 時はその後起きる空前の “ イタ飯ブーム ” のまだ前夜ということからか、北村シェフの作る本格的なイタリア料理をちゃんとわかってくれる人はそれほど多くなく経営的には結構大変みたいだったけれど、はじめて出会った料理をあれこれと美味しく頂いたものだった。 そしてそうした中 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

  < ガレタッソの営業時間のお知らせ 1月30日~ >

相変わらず例年以上に雪の少ない金沢ですが、 全豪オープンを観ているうちに、いつの間にか今週から2月に突入し、 春の兆しがあちらこちらで見え始める今日この頃。 そうした中、ガレタッソは相変わらずボチボチと営業していきますので、 今週もまたよろしくお願いいたします。 1月30日(月) 20:30 - 24:00 1月31日(火) 20:30 - 25:00 2月1日(水) 20:30 - 25: . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ