goo

肉も、 美味しいイタリアンの新星 @ 金沢 玉川町 「 Trattoria cicala 」

去年11月オープン以来、行こう行こうと思いつつなかなかタイミングが合わず行けていなかった山本ほうらいくんの店に先日ようやく訪れることが出来、その予想を上回るに素敵な料理の数々を力いっぱい楽しませてもらったのでありました。 まず最初に出てきた見た目にも綺麗で、バーニャカウダ? と思ってしまった ピンツィモーニォ なる 「 いろいろ野菜のスティックサラダ 」。 これをオリーブオイル、ワイン . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

期間限定 「 スパイシー 」 @ 金沢 新保本 「 麺屋 夕介 」

先日ガレタッソで会ったときに、実は次回の期間限定ラーメンはスパイス系のものを出そうと思っていると言っていた夕介くん。 そんな彼の新作であるその名も 「 スパイシー 」 を食べ、数多くのスパイス系を作り続けているのぼるくんのものとはまたひと味違う美味しさを堪能することが出来たのでありました。 最近食べることがとても少なくなってしまっている豚骨スープなんだけど、のぼるくんが清湯スープをベースに . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夏の名残りとともに過ごすひととき @ 金沢 柿木畠 「 更科 藤井 」

先週の平日のとある夕方、前から一緒にご飯しようと言っていた友達から 「 今まで蕎麦屋でそばしか食べたことがない 」 という話を聞き、ならばとお馴染みの店へと案内し、いつものようにあれこれ出してもらい、普段ジャガイモ店主に相手してもらいながら一人で飲むのとはまた違った楽しさがそこにはあったのでありました。うひゃ 「 魚屋が勝手に入れてくる 」 とぼやきながらも、 それを使ってこんな上等な . . . 本文を読む
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

  < ガレタッソの営業時間のお知らせ 9月19日~ >

この時期、街なかでは様々なイヴェントが行なわれていますが、 今週のガレタッソはなかなか思うように営業が出来ず、 下記のような休みがちなスケジュールとなってしまいました。 というわけで、そうした中、ぼちぼち営業していくのでよろしくお願いいたします。 9月19日(祝)  すいません、休みます。 9月20日(火)  20:30 - 26:00 9月21日(水)  22:30 - 25:00 遅いス . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

サイクルショップの新たな楽しみ @ 金沢 茶屋街近く 「 バナナ自転車店 」

香林坊109、じゃなかった香林坊スクエアの裏手にある知る人ぞ知る自転車専門店 「 MODEL-T 」 のアキくんこと中島昭彦くんによって、観光客が行きかう浅野川大橋のたもとにて自転車の販売・修理、レンタルを行なうショップをオープンした。 なんと言ってもバナナをモチーフにした強烈なキャラクターに、バナナ自転車店というインパクトある店名に心惹かれるけれど、通常の新車販売に加え、修理にも力を入れ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

過ぎ去りし夏へ想いを寄せる 「 冷やしラーメン 」 @ 金沢 窪 「 そらみち 」

雨によって気温も下がったこともあって、すっかり秋めいてきた昨日の夕方。 ならばと、ここんとこすっかりご無沙汰の 「 TERRA 」 へとクルマを走らせるものの生憎の定休日。 ということで、それならと何かと話題となっているという 「 中華そば 」 を食べにこれまたさらに久しぶりの 「 そらみち 」 へ向かうものの、こちらは営業こそしていたもののお目当ての 「 中華そば 」 は残念ながらソールドアウ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

  < ガレタッソの営業時間のお知らせ 9月12日~ >

先週は案外静かなことが多かったガレタッソでしたが、そうした中、県外から何かのついでに? 来て頂いた方が何人かいて、いろいろお話できて楽しかったです。 そして今週はほぼ 20時台には営業開始することが出来そうなので、深夜じゃない早い目のガレタッソもまたよろしくお願いします、なのであります。 9月12日(月)  20:00 - 24:00 9月13日(火)  20:30 - 25:00 9月14 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ちょっと使いの居酒屋の理想形

金沢は街の規模に比べて飲食店の数が多いとよく言われるけれど、実のところ気が張らず料金的にも手頃で、尚且つ味的にも納得できる普段使い出来る店の絶対数は案外少ない気がする中、そうした日頃の小さな不満を見事に解消してくれる店に久々出会うことが出来た。 まずは、カウンターに所狭しと置かれたおばんざいと言うか、料理の数々を見てもらうとわかると思うけれど 例えば、地物の五郎島の金時芋やトマトがこん . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

その名も「スパイス」なる新作が登場 @ 金沢 玉鉾 「 自家製麺 のぼる 」

ラーメン店で “ 期間限定メニュー ” というものをより多く見かけるようになったここ10数年。 もちろんレギュラーメニューだけで通している店もあるし、そんなにあちこちのラーメン店に出かけるわけではないので、各店の取り組み方や思いなど詳しい事情は不明ながら、そうした期間限定もので新作が出るたびに 「 イヒッ! 」 とさせてくれて楽しみにしているのが、のぼるくんが作るエスニックシリーズのラーメンだ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

久しぶりながら、すっかり和んだ黄昏のひととき @ 金沢 新橋橋詰 「 Bottega di Takamazzo 」

数ある飲食店の中でも、味がとか、価格がとか、はたまた内装や立地が、といった尺度で測れない 相性の良さを感じる店 がいくつかあるけれど、そうした中でさしずめ 「 タカマッツオ 」 はその個人的な筆頭グループ店の中のひとつだったりするのであります。 思い起こせば5年前の春にオープンして以来、この街の飲食店に大きな影響を与えたことは間違いなく、こうした盛りだくさんの前菜の盛り合わせも、ひとつひと . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

7年間お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

ことのはじまりは中国の唐の時代の詩人、于武陵(う ぶりょう)の唐詩選に収められた 五言絶句の「勧酒」だった。 勧君金屈巵 満酌不須辞  花發多風雨  人生足別離 君にこの金色の大きな杯を勧める  なみなみと注いだこの酒を遠慮はしないでくれ 花が咲くと 雨が降ったり風が吹いたりする  人生に別離はつきものだ それを井伏鱒二意訳し、「 さよならだけが人生だ 」 という題で広く知られ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

   < ガレタッソの営業時間のお知らせ 9月5日~ >

先週はとても静かな日があるかと思うと、外の椅子に座ってもらう忙しい日があったりと、日によってとても差がある日が多い週でした。 そんな中、今週は土曜日の 「 夕方からタッソ 」 をはじめこんな感じで営業していく予定なのでよろしくお願いします。 そして、先週体調不良で早く店を閉めてご迷惑をおかけしましたが、体調は完全に戻りましたので、何卒よろしくなのであります。 9月5日(月)  20:30 - . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

美味しい料理で暑気払いしチャイナ @ 金沢 寺町 「 中国料理 麟 」

先日、とある放送局の編成部から “ 暑気払い ” をするにあたってどこか良い店はないですか? というリクエストを頂き、人数や予算から玉川町の 「 チカーラ 」 と併せて二択で提案したのが大ちゃんの店の 「 麟 」 だった。 そして 「 チカーラ 」 は残念ながら席数を確保することが出来ず見送りとなり、結局 「 麟 」 で行なうこととなったのだけど、当日参加した11名のうち自分以外では一人しか来 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「 シング・ストリート 未来へのうた 」 9月17日より公開決定!

80年代、大不況のアイルランド、ダブリン。父親が失業した14歳の少年コナーは、劣悪な環境の公立校に転校させられた。喧嘩ばかりの両親は離婚寸前。彼の唯一の楽しみは。音楽狂いの兄とロンドンの音楽番組を見ることだ。そんなある日、年上のラフィナに一目惚れしてしまったコナーは、「ボクたちの音楽プロモーション・ビデオに出ない」と口走ってしまう。後に引けなくなったコナーは慌ててバンドを結成。猛練習、曲作りの日 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

  < ガレタッソの営業時間のお知らせ 8月29日~ >

先週は夏風邪をひいてしまい、39度超えの熱が出たにもかかわらず、翌日行なわれた暑気払いで調子にのってビールに加え、紹興酒まで飲んでしまい体調をさらに悪化させ、いろいろとご迷惑かけてしまいました。 というわけで、今週はリハビリを兼ねてボチボチと営業していくつもりなので、またよろしくお願いいたします。 8月29日(月)  19:00 - 25:00 8月30日(火)  20:30 - 25:00 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ