河村顕治研究室

健康寿命を延伸するリハビリテーション先端科学研究に取り組む研究室

英文校正依頼

2017-12-30 | 研究・講演
他の仕事に追いまくられて、後回しになっていた自分の研究で書いた英語論文をやっと英文校正に出すことができた。

メールで北海道の業者に提出したのだがすぐに以下の返信があった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

受け取りました。
ありがとうございます。
年末の休みに入っています。
新年は5日からの営業です。
お返しは1月5日になります。
よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年末のこの時期に依頼するのは非常識だけれども、それでも1月5日には仕上げて返してくれるというのだからありがたい。

世の中はさすがに年末年始のお休みモードだが、私の場合はこの時期にこそやらなくてはならない仕事がたくさん残っている。
コメント

仕事納め

2017-12-27 | 大学
本日午前中は定例の会議の後、学長・事務局長とともに高梁市役所、高梁商工会議所に年末のご挨拶に伺った。

先ほど午後2時より関連学園をTV会議で結び、仕事納めの式が行われた。
慌ただしい1年であったが、あっという間に終わった感じである。

正確に言うとまだ仕事は終わってはいない。
年末年始に片付けなければならない仕事がたくさん残っている。

新年早々の予定も続々と入り始めており、全く年末らしくない。

今日はこれから今まで放置していた自分の投稿論文に手を入れる予定で、夜には岡山市内で忘年会が予定されている。

明日、あさってとまだ病院での診療は残っており、ほんとの仕事納めはないのと同じである。
コメント

大学院研究計画発表会

2017-12-21 | 保健科学研究科
忘年会も済んだのだが、年末の行事は立て込んでいる。

今日は看護学科の講義でギプス巻き実習を行ったのだが、同時進行で大学院保健科学研究科の研究計画発表会が行われた。

私が今年度から担当している博士課程1年のM君の発表があり、ギプス実習を慌ただしく切り上げたのだが発表の冒頭部分は聞き逃してしまった。

それでも何とか無事に発表は終了し一安心である。

講義については本日で私の担当はすべて終了した。

後は会議をこなしながら27日の仕事納めを待つのみ。
コメント

順和会忘年会

2017-12-18 | 大学
本日午後、岡山キャンパスにおいてインドネシア共和国 Universitas Buana Perjuangan Karawangと教育交流協定を締結した。
これで、本学の教育交流校は世界中で78大学になる。

来日されたUniversitas Buana Perjuangan Karawangの理事長、学長、副学長一行をゲストに招待して、夕方より岡山ロイヤルホテルで順和会忘年会が行われた。
高梁市長や、本学園の理事の方々も招待している。

今年の忘年会では理事長の発案で各部署ごとに何か一つ出し物をするというカラオケ大会が行われた。

めいめいがいろんな仮装をしてみんなで歌を歌うというものである。

ちなみに学長はさかなクンで、理事長はブルゾンちえみになりきっていた。

私はちょっと言えない格好をさせられた。

今、NHK「連続テレビ小説」では吉本興業の創業者吉本せいがモデルの『わろてんか』が放映されているが、「日本中を笑顔にする」というのがテーマである。

現在本学のような地方私学は少子化により厳しい環境にあるが、笑いで逆境を乗り切るというのは素晴らしいアイデアである。

ちょっとはずかしかったが、これで教職員の連帯感が得られるのであれば多少のことは目をつぶろう。
コメント

入学前説明会

2017-12-17 | 大学
高梁キャンパスと岡山キャンパスにおいて、来年度入学が決まっている高校生とその父兄に対して入学前説明会が行われた。
TV会議システムで2つのキャンパスを結んで学長が挨拶を行った後、私が高梁キャンパスで吉備国際大学の学生支援体制について説明を行った。

実は、先週急に学長から学生支援体制について説明を行うように指示があり、慌てて説明用スライドを作成し、ぶっつけ本番で今日説明を行ったため、あまり要領よく行うことができなかった。

学術的な講演ならふだんから慣れているのでぶっつけ本番でも良いのだが、こういった大学の教学関係の説明をするのにはまだあまり慣れていない。

日曜日を潰して高梁に出向いたのだが、なんだかすっきりしない1日であった。

次回、再度同じような説明会が行われる時にはもっとうまく説明を行いたいと思う。
コメント

2017-12-11 | 大学
今日は寒いと思っていたら、夕方には雪が舞い始めた。
明日の朝は凍り付いているかもしれない。

コメント

第45回中国四国リハビリテーション研究会

2017-12-10 | 研究・講演
第45回中国四国リハビリテーション研究会ならびに第40回日本リハビリテーション医学会中国・四国地方会が米子コンベンションセンター BiG SHiPで行われ、参加してきた。

特別講演として下記の講演を聴講した。

『発達障害・高次脳機能障害にどのように対応するか』
    はしもとクリニック経堂 院長 橋本圭司 先生

講演を聴いていると、発達障害・高次脳機能障害に悩む人は社会の人口の相当なパーセンテージを占めているらしいことが理解できた。

ニューヨークでは総額500万円を患者自らが負担して治療を受けるコースが開催されているそうだ。

逆に言うと本当に治るのなら(直らなくても症状が改善するのなら)500万円の負担をいとわない患者が多数存在すると言うことである。



理事会・幹事会では中国四国リハビリテーション研究会の予算が逼迫してきていることを受けて、医師会員の年会費を増額することが決定した。

基本にあるのは会員数の減少であり、より魅力ある研究会にすることが求められている。
コメント

雪と霜

2017-12-06 | 大学
今朝、高速の吉備インターを降りると、路上にうっすらと粉雪が降り積もっていた。
また、周辺には霜が降りていた。

車の外気温はこの冬初めて氷点下であった。
コメント

ゼミパーティー

2017-12-02 | 大学
日頃あまり面倒をみてやれないゼミ生を招待して、少し早めのクリスマスパーティーを行った。

私は何もできないのだけれども、1羽まるごと焼いた鶏を切り分けてサーブしたり、皿洗いくらいはできないこともない。

いつもの忙しさは忘れてしばし楽しいひとときを過ごした。


コメント (2)