新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

馴染みの店

2019年06月14日 19時12分06秒 | 写真と俳句

  太宰忌や馴染みの店の隅の席   ひよどり 一平

 (だざいきやなじみのみせのすみのせき)

   ・・・・・・・・・・・

 昭和23年6月13日、小説家太宰治が玉川上水において、愛人と入水自殺ををした。太宰治は39歳。

14歳の私にとって、とても衝撃的な事件であった。

 そのことがあって以来、私は太宰治の作品を貪り読んだ。

 「死のうと思っていた。ことしの正月、よそから着物を一反もらった。お年玉としてである。着物の布地は麻であった。鼠色のこまかい縞目が織り込まれていた。これは夏に着る着物であろう。夏まで生きていようと思った。」

 上は太宰治の第一創作集『晩年』の書き出し。当時の一平少年は、すっかり嵌ってしまったのだ。

 毎年の6月19日、三鷹の禅林寺の墓前において、桜桃忌が修せられている。

 現在はほぼ禁酒状態の私なのだが、桜桃忌の前後だけは、禁酒の戒めが緩んでしまう。

 困ったものだ。

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 夏薊 | トップ | あっという間 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (太郎ママ)
2019-06-15 06:35:13
「太宰忌や馴染みの店の隅の席」

やはり、大文豪らしい書き出しですねぇ。
あまり根詰めないで居たいものです。
太郎ママさんへ (ひよどり)
2019-06-15 07:35:14
自殺未遂を幾度かしていましたから、
やはり「市」への感覚が少し独特だったようですね。

コメントを投稿

写真と俳句」カテゴリの最新記事