ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

映画 ザ・ドライバー(1978) 渋いカーアクションです

2013年04月28日 | 映画(さ行)
 この世の中において車好きの人間はたくさん居るが、そんな人々の需要によって支えられているのがカーアクションと言われるジャンルの映画。確かに信号無視しながら突っ走ったり、歩行人を跳ね飛ばしそうになったり、走っている車から走っている車に飛び移ったりするシーンを観ていたら実に爽快感でいっぱいになる。そんなの有りえね~、なんて思わずツッコミを入れながら観るのもなかなか楽しいものである。
 しかしながら、制限速度をしっかり守って運転する俺にとっては現実感の無いカーアクションばかり見せられるのも何気に辛くなってくるのも事実。そんな俺と同じような感想を持っている人にとっては、今回紹介する映画ザ・ドライバーはお勧めだ。

 強盗などの犯罪者を逃すための運転手である男ドライバー(ライアン・オニール)は、今回も執拗な警察のマークを振り切って強盗犯を逃がすことに成功。その男は報酬を受け取って、クールにその場を去っていく。
 一方で、いつもドライバー(オニール)の正体を掴めずに、取り逃がしてばかりいる刑事(ブルース・ダン)は悪質な手段を使ってでも、ドライバー(オニール)を逮捕することに執念を燃やしている。今回もドライバー(オニール)を現行犯で逮捕することは出来なかった。
 しかし、ドライバー(オニール)の正体は、現場に居た謎の美女(イザベル・アジャーニー)に目撃されていて・・・

 主人公の男の仕事内容は世間一般から見れば誉められたものではないが、顔色ひとつ変えずに黙々と仕事をこなす様子はプロフェッショナルでとても格好良い。手際良さ、度胸、プライド、時間厳守、規則、寡黙・・・仕事のできる男が女にモテル理由が良くわかる。ちょっと人付き合いが苦手なところがマイナス部分だが、この主人公に限ってはそんな欠点ですら長所に見えてくるから不思議だ。
 
 そんな主人公の魅力もさることながら、もちろんカーアクションの出来の良さも特筆だ。数台のパトカーとのカーチェイスシーンは普通に面白いし、特に主人公がドライビング技術を試されるシーンは非常に印象的。特にバックしながら扉を開けて、ぶっ飛ばすシーンは最近では味わえないぐらいの爽快感を得られる。
 そして倉庫内で繰り広げられるカーチェイスシーンが今観ても新鮮。よく倉庫内に銃を持った犯人が逃げ込むのを刑事が追いかけるシーンがあるが、それを車でやってのける。とても静かで、緊迫感のあるシーンだが、こういうのを演出が上手いと言うのだろう。

 ドライバーが実は拳銃を使わせても一流だったり、時々突拍子も無い展開を見せたりするが、そんな細かいことを気にしなければ抜群に面白い映画。そして最後の結末もカーアクション映画のジャンルにしては余韻が残る。トランスポーターという大ヒットシリーズ映画があるが、きっと本作の影響をモロに受けているに違いないザ・ドライバーはお勧めです

ザ・ドライバー <HDリマスター版> [DVD]
ライアン・オニール,ブルース・ダーン,イザベル・アジャーニ,ロニー・ブレイクリー,マット・クラーク
Happinet(SB)(D)


 監督はアクション映画でヒット作を連発しているウォルター・ヒル。ヤンキー軍団の抗争を描いたウォリアーズ、ダイアン・レインがバリバリだった頃のストリート・オブ・ファイヤーがお勧め。

 主演のドライバーを演じるのがライアン・オニール。悲しいストーリー、音楽で知られるある愛の詩が有名。他にスタンリー・キューブリック監督の文芸大作バリー・リンドンがお勧め。

 えげつない刑事役に個性派俳優のブルース・ダーン。アルフレッド・ヒッチコック監督のファミリー・プロット、ジョン・フランケンハイマー監督のブラック・サンデーがお勧め。

 謎の美女の役にフランスを代表する名女優のイザベル・アジャニー。この人のお勧めはフランソワ・トリュフォー監督のアデルの恋の物語がお勧め。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします







 

 

 
 

 

 
 
 
 
 
 

 

 

 
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 競馬 天皇賞(春)予想  ... | トップ | 映画 黄金(1948) 僕も金... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事