ISOな日々の合間に

土曜日は環境保護の最新の行政・業界動向、日曜は最新の技術動向を紹介。注目記事にURLを。審査の思い出、雑感なども掲載。

環境ニュース 080525-080531

2008年05月31日 | 週間ニュース:ピックアップ
◎(経5/31企業13)日本百貨店協会は7月7日から1か月間店内の冷房を弱めにする,通常より2度高めに設定,昨年の実績踏まえ(通常の設定温度は不明,対策の基準が時期で気温でないのは不合理では)

◎(経5/30経済5)サマータイム制度推進議員連盟は10年からサマータイムを導入する新法案を今国会に提出する方針,省エネと経済効果(経済効果が曲者,会社の減少分が他所で増大を予測に計上しないで評価はおかしい)

●(環5/28表紙1)経済産業省はマネジメントシステム規格の関係者向け指針を策定。不祥事対応で制度の信頼性向上へ,認証留保や有効性重視等

●(環5/28表紙1)群馬県は前橋市内の水道水源から検出のTCAの汚染源が渋川の坂東工業団地と推定する調査結果,調査命令も視野に(TCA;テトラクロロエチレン、カーバイド屑埋設し県が団地造成)

○(経5/28総合3)国連は6月上旬の食糧サミットで採択する宣言原案で穀物高騰に配慮してバイオ燃料政策の見直しを検討を盛り込んだ

●(経5/27夕刊社会18)首都大学東京の研究グループは都会の高層ビル群の風下に当たる地域で局地的大雨の危険性が高いと都心での調査結果

◎(経5/27総合3)政府の温暖化問題に関する懇談会は政策提言原案に50年の削減量を明記,排出量取引明記せず,中期目標は必要性を<具体性乏しく>

●(経5/26アジア6)日本経済新聞はオーストラリアで回収二酸化炭素を石炭層に注入し炭層ガスを採集し液化し輸出する事業が相次ぐと

◎(経5/26社会39)石原産業は四日市市の工場周辺住民に対して説明会を開催,社長が上司にノーといえない体質で不正と存続に理解を求めた<懲りない企業>

◎(経5/25表紙1)G8環境相会合は森林保護の国際連携強化の必要性で一致,食料価格の高騰とバイオ燃料増産の関連を懸念の声相次ぐ

●(経5/25総合2)中国政府は世界貿易機関の対中貿易政策審査でコークスや希少金属の輸出制限を環境や自然保護のためと弁明(環境戦争か,中国国内も規制しているか不明)

●(経5/24夕刊社会10)気象庁は2007年の大気中の二酸化炭素の平均濃度が観測史上で全3地点で最高値06年比で1ppmほど上昇(与那国島で386,大船渡綾瀬で387,南鳥島で385)

**************************************
加入しているNPO法人JEMASが配信する「EM新聞編」から先週の記事で気になる
ニュースを抜粋。追加のコメントを<>で付記。なお、記事中の「刊」は日刊工業
新聞、「日経」は日経新聞、「環」は環境新聞の略。
コメント

図書館で出合ったワルターの懐かしい名演

2008年05月30日 | お楽しみ
写真は、ブルーノ・ワルターが彼のために新たに編成されたコロンビア交響楽団を指揮して1959から1960年に掛けて録音したモーツアルトの後期6大交響曲の復刻CDです。(写真をクリックすると拡大します)

それらの演奏がLPで発売された頃、私は大学生でした。当時のコロンビアレコードから40番と41番がカップリングされたLPを購入し、それこそ溝が磨り減るほどに何度も何度も聞いていました。

その後、社会に出て仕事に追われ、結婚して子供達が生まれてからはLPを聞く精神的ゆとりもなく、やがて音楽のメディアがCDに世代交代するにつれLPの存在が薄くなり、やがて我が家からも消えて行きました。

今回図書館で出合ったこれら3枚のCDは、最新の高音質技術を用い<Master Sound シリーズ>として復刻され、音域やダイナミックレンジも広く、雑音さえカットされ、まるでつい最近録音されたかのようなクリアーな録音で、懐かしの名演を楽しむことが出来ます。

記憶のはるか奥深いところで長いこと眠り続けていた鋳型にワルターの演奏の一音、一音やフレーズ、リズムの刻み、強弱などの記憶の一つ一つが寸分の違いもなく次々にぴったり埋まって行くような感覚でこの演奏を受け入れています。この感覚は、もう一方の名演と言われるラファエル・クーベリック/バイエルン放送交響楽団の演奏では感じることがなかったもので、それほどにワルターの演奏に馴染んでいたことを実感しました。

ところで、これら三枚のCDは1998年に発売されましたが、それ以前にも1990年に「後期6大交響曲集」として2枚組CDが発売されています。こちらも図書館に所蔵されていますが、聞き比べると<Master Sound シリーズ>の素晴らしさがよく分かります。

AMAZONで検索するとこれら3枚は今でも入手可能ですので、ワルターの心温まるモーツアルトを是非ご堪能下さい。
コメント

PFOS/PFOAについて

2008年05月28日 | 法改正など
先日、コンサル顧客から以下の依頼がありました。

顧客の納入先から以下の連絡を受けたので、関連情報を提供して欲しいと。
①納入する製品・部材・その生産工程中において、PFOSの使用・利用・中止の情報を入手されている場合は、連絡して欲しい。
②PFOSを使用する部材については、本文書をお受け取り以降、原則として納入を禁止する。

PFOS/PFOAは、それぞれピーフォス/ピーフォアと通称され、ペルフルオロオクタンスルホン酸/ペルフルオロオクタンカルボン酸のことです。

PFOS/PFOA は、低表面張力、起泡性、親水性や親油性を持つ等の特性を有しているので、PTFE樹脂(テフロン)の乳化重合時の分散、ピンホール・はじき防止など液の濡れ性改善、反射防止等に優れ、工業会ではかなり広い分野で利用されて来ました。

しかし、2006年の夏や秋に、原料メーカーからのPFOS/PFOAなどの代替品のセミナーがいくつかあり、化学原料として使用する企業サイドでは対応はほぼ済んでいるようです。

しかし、フッ素化合物は一般に高耐熱性、耐薬品性を有し分解されにくいのが特徴であり、天然には存在しないこの物質が極微量ながら人体に蓄積し始めていることも知られています。

このような視点から、例えば、「地球を汚染する過フッ素化合物類 PFCs   Environmental Working Group のレポート紹介」ではこの危険性をWEBで紹介しています。
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/research/ewg/pfc/03_09_ewg_pfc.html


その中の卑近な例では、テフロンのフライパンを空焚きしたときに発生する煙は有毒なのでくれぐれも吸い込まないように注意したほうが良さそうです。(インコの死亡例参照)
とは言え、確かにテフロンコートしたフライパンは焦げ付かず便利です。でも、でも、餃子をはじめ美味しい中華料理にはやはり鉄鍋でしょうね。

何れにしろ、これらに関する現状については以下の資料の1-10頁に整理されているので参考にすると良いでしょう。
http://www.fluorotech.co.jp/pfospfoa.pdf

追記:最近の記事で記載したURLにはハイパリンクを貼りました。
コメント (1)

Windows XP Service Pack 3などへのアップグレード

2008年05月26日 | 雑感
土日かけて私の2台と家内の1台、計3台のPCのソフトウエアーのアップグレードを実施しました。目的は定期的なデフラグや使用と共に溜まったWindows上の問題を解決する作業も兼ねています。手順の概要は以下のとおりです。

先ずは、Norton System Work を使用して
① 散乱ファイルや不要なファイルをクリーンアップ
② WinDoctorでWindowsシステムファイルの問題やレジストリーエラーなどを修復

次いで、スタートボタン→すべてのプログラム→Windows Update を起動。するとWEB経由で Microsoft Updateに繋がり、利用できるUpdate プロがラムを検索されます。
今回は以下の3種が利用可能でした。
① Windows XP Service Pack 3
② Office 2003 Service Pack 3
③ Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール

それぞれのインストールの都度、予め、ウイルス検索ソフトなどの常駐ソフトを終了してから、インストールし、再起動を掛けソフトを利用可能にします。

その後、更にInternet Explorer 7をWEBからダウンロードし、インストールしました。

一連のインストールが終わると、再度WinDoctorでWindowsシステムファイルの問題やレジストリーエラーなどを修復し、最後にデフラグを掛けハードディスク上でのファイルを整頓して終了です。

仕事の合間を縫ってのメンテだったので3台終了するのに二日掛かってしまいました。

その後、更に調べて見ると「Microsoft IME 2003 最新語辞書更新 2008 年 5 月版」も利用できます。が、またの機会にと思っています。
コメント

注目ニュース 080518-080524

2008年05月25日 | 週間ニュース:ピックアップ
○(経5/23企業13) 大阪のエコビズは帝人,NECなどと物流梱包材を耐用期間終了後にリサイクルする事業を7月に開始,ポリエステル繊維製

○(経5/22夕刊社会22) 環境省などは22日に神戸で子ども環境サミットin KOBEを開催,温暖化対策について子供たちが意見を交換しメッセージ

◎(刊5/22環境11) サイペイントJは太陽光線を92.3%反射する遮熱性塗料を発売,微細中空シリカとアクリルシリコン樹脂

◎(環5/21土壌9) 東北大学,産業技術総合研究所,DOWAは重金属の量と存在形態情報を地理情報システム上で統合化するシステムを開発

◎(刊5/21環境12) 名古屋のアサダはオゾン層保護活動で米環境保護局の08ねえんオゾン層保護賞を受賞,回収装置で

◎(刊5/20全面広告12) ソニーはソニーが田んぼではじめた未来,工場で使ったぶんの地下水は田んぼから返す,地域の農家と協力してと全面広告

●(刊5/20表紙1) 東海大学の森本教授は希少金属使用のネオジウム磁石を使わない誘導モーターを開発,駆動効率は同等

◎(刊5/20科学技術20) 産業技術総合研究所の研究グループは10nmまで対応可能な強誘電体ゲート電界効果トランジスタ素子を開発

●(経5/19夕刊表紙1) 東京工業大学の研究グループはコニカミノルタIJと共同で鉛を含まない圧電材料を開発,アルカリ・ニオブ酸系,プリンタ用

●(経5/19科学13) 三機工業と荏原は共同で消費電力を7割削減する排水処理システムを開発,空気を含むスポンジを活用

●(経5/19科学13) 山形大学の研究グループは有機ELの寿命を大幅に伸ばす技術を開発,3種同時蒸着で応力改善

◎(経5/20企業15) 出光興産とソニーは有機ELの内部発光効率を28.5%に高めることに成功,消費電力抑制

注:5/20投稿の「堂後温泉立ち寄り」を修正・追記しました。
コメント

環境ニュース 080518-080524

2008年05月24日 | 週間ニュース:ピックアップ
◎(経5/23社会42)国土交通省は耐火性能偽装で新たに大建工業,積水化成,三菱樹脂,イトーキ,くろがね,MRCデュポンが基準未達と

●(経5/23経済4)政府は途上国に温暖化対策と公害対策が連動する技術を移転へ洞爺湖サミットで提唱

●(経5/23表紙1)東京電力は柏崎刈羽原子力発電所の想定地震の揺れを従来の5倍に変更し運転再開に向け補強工事を開始,再調査結果で

◎(刊5/23環境13)大成建設とタイセイ総研はフィルム型太陽電池を使用した外壁パネルを商品化,リフォーム向けなど市場開拓へ

●(経5/22社会38)英ネイチャー・ナノテクノロジー(科学誌)は長いカーボンナノチューブがマウスで石綿繊維投与と同様の症状と警告

●(経5/21夕刊総合2)参議院本会議は食料と競合しない原料のバイオ燃料生産を促進するための農林漁業バイオ燃料法を可決成立させた

◎(経5/20夕刊総合2)政府は07年度の水産白書を閣議決定,季節ごとの国産魚を食べれば食用魚介類の自給率を59%から4%向上などと

◎(経5/20経済5)日本経済新聞はニッポン農政の不思議シリーズで海外でコメ不足なのに国内はコメ余り,コメ輸入の義務続くと政策の矛盾指摘

●(経5/20社会39)東京都の専門家会議は豊洲の土壌汚染対策で環境基準超過土壌はすべて入れ替えるべきと提案,揮発性ガスの影響回避にため(対策費用負担は東京都なのか東京ガスなのか)

◎(刊5/20東日本30)東京都千代田区は地球温暖化対策条例を施行,実践促進のための推進協議会もあわせて発足,独自環境マネジメントシステムも

●(経5/19夕刊表紙1)日本経済新聞は欧州各国が環境対応車を優遇,自動車税に二酸化炭素排出量を基準に購入で優遇税制,多いと罰則なども

◎(経5/17夕刊表紙1)政府はメタンハイドレートの商業化に向け米政府と共同で研究開発の方針,実務者で非公式協議開始
コメント

宇和島城へ

2008年05月22日 | 旅先にて
21日の審査先は宿泊先ホテルから徒歩で10分ほどの距離にあることを前日に確認済みです。しかも審査の開始時間は9時です。一方、ホテルから1km程の距離に宇和島城があります。

そこで、21日は6時に起床し早めに朝食を済ませ、7時にホテルを出て小1時間ほど宇和島城を見てきました。

宇和島城については、NETではWikipediaの他、以下のサイトが平易で分かりやすい。http://www.asahi-net.or.jp/~qb2t-nkns/uwajima.htm

ビジネスホテルでも貸し出し用の自転車を置いている場合が多く、泊まったホテルでも無料で貸してもらえました。自転車で10分ほど行くと城門に着き、そこから古い石段を登り地上80mにある天守閣を目指して登りました。

天守閣の下には児童公園もあるので、なだらかな登り道も用意されています。しかし、せっかくのチャンスですので、段差も石の配置も不ぞろいの石段を何とか登りきりました。少し肌寒い位の気温で、空気が乾いた晴天でしたので、登りきって天守閣を見上げたときは何とも爽快でした。

審査中は、食事をしっかり摂るにも係わらず、どちらかと言えば運動不足になりがちです。
朝食と夕食に限らず、昼食も結構ボリュームのあるものを摂っています。なぜなら、所属審査機関が、審査員の昼食用に千円相当の昼食を用意するようにお願いし、請求書から実費分として差し引いているからです。

今回は時間に余裕があり、晴天に恵まれ、ホテルから近かったので、ちょっとした朝の運動を兼ねて観光を楽しめました。
コメント

道後温泉に立ち寄り(改)

2008年05月20日 | 旅先にて
明日21日、明後日22日は、四国でISO14001の審査です。初日は宇和島、2日目は松山で審査の予定。ので、今日は羽田空港→松山空港→JR松山→宇和島と移動し、宇和島に前泊します。

今朝は何時もより早めに家を出て、松山で何がしかの空き時間を設定して、その間に道後温泉に立ち寄るつもりでした。
http://www.dogo.or.jp/pc/honkan/index.htm

 
当初は2時間の余裕を持ち、道後温泉の二階神の湯でゆっくり1時間過ごすつもりでしたが、台風4号の影響で12:15羽田発松山行きの便が45分ほど送れました。このため駆け足の立ち寄りになりました。

タクシーで往復30分(往路のタクシーが帰りも待っていてくれました。)、一階の東西の神の湯(単に東西の二箇所に分けてあるだけのように見えました)につかって30分。それで十分温泉を味わうことが出来、すっかり体が温まりました。

タクシーの替わりにJR松山駅前から市電(坊ちゃん電車)を利用する場合は往復1時間程度を見込むと良いでしょう。温泉はやや熱めの湯なので長湯は向いていません。立ち寄りなら30分か40分の入浴時間を見込めば充分でしょう。

本館は市が経営し、朝6時から入れるます。地元の人にとっては銭湯感覚で通っているようです。入浴料400円、貸しタオル50円也。私が行ったのは15時頃だったので、入浴者は東西で各々5~6人程度と空いていて、ビジネスマンと思しき観光客と地元の人が半々でした。

余談:タクシーで観光する場合の基本料金は1時間4800円とのこと。3時間ほどで主なスポットをまわれると言う。時にはそうした観光も良いのかも・・・。
コメント

ようやくISO9001の審査員に

2008年05月19日 | 審査・コンサル
5月19日(月)は都内にてISO9001の審査に参加しました。品質マネジメントシステム審査員としては、既に日本規格協会に認定・登録されていますので、公には審査員と名乗ることは可能です。しかし、審査実務に係わるには所属する審査機関のルールに基づいて一定の審査経験を積み、更に審査機関の検証審査員立会いのもとで実際の審査の評価を受けて認定されなければなりません。

先ほど、認定された旨の電子メールが届き、ほっとしています。

いまや、ISO9001の新規登録件数は少なく、中小の建設業者などでは認証登録を返上する傾向があるなど、登録件数が暫減傾向にあるので、いまさらISO9001の審査員になるメリットは少ないように見えます。しかし、ISO9001とISO14001の両方の規格の認証を受けている組織にとっては、両規格を審査できる審査員が担当すれば、同時に審査を受けられる、審査工数削減に伴う審査費用の低減が期待されるメリットがあります。

コメント

注目ニュース 080511-080517

2008年05月18日 | 週間ニュース:ピックアップ
●(経5/17経済5) 環境省は温暖化ガスの国内総排出量が06年度で前年度比1.3%減の13.4億トン,原因は暖冬と,90年度比6.2%増(90年度比で産業-4.6%,業務+39.5%,家庭+30.0% 原因が暖冬とは!)

◎(刊5/16環境12)  シャープは出力密度0.3W/1ccのダイレクトメタノール型燃料電池を開発,従来比7.5倍,携帯で実用化へ

●(刊5/16科学技術24) 米IBMは大型レンズで太陽光を集光し液体金属で85度に冷却し通常の5倍の電力を得る技術を開発,低コスト化

◎(経5/15商品28) 鳥取県境港の日本海かにかご漁業協会は日本海沖合で捕獲するベニズワイガニを対象にマリンエコラベル認証取得申請

●(刊5/15環境12) 大阪チタンと住友金属工業は高活性可視光応答型光触媒を開発,酸化チタンに金属酸化物添加でVOC分解速度5倍に

○(刊5/13情報通信9) IDサイエンスは印刷作業でのインクと用紙の使用量を制御するプリンター統合管理ソフトの新製品を投入,強制白黒印刷等も

○(刊5/13環境12) 日本特殊陶業は発電効率60%の固体酸化物型燃料電池発電モジュールを開発,実用化へ改良し実証試験へ

○(刊5/13環境12) 三菱商事は中国でのN2O削減プロジェクトが国連CDM理事会の承認登録された

◎(経5/12科学13) トヨタと豊田中央研究所,産業技術総合研究所は共同で種子の油分を遺伝子組み換えで2割増に成功,シロイズナズナ

◎(経5/11企業7) 山武は長野県中野の太信から排出枠23トンを購入し自社削減目標達成へ,証書化した排出枠をトン当たり2000円で(資金力で他社の努力分を自社削減分に組み込むのは如何か)
コメント   トラックバック (1)

環境ニュース 080511-080517

2008年05月17日 | 週間ニュース:ピックアップ
●(経5/17社会39) 東京都は都の豊洲地区の土壌汚染問題でシアンが環境基準の860倍検出,対策費1300億円と試算(汚染者東京ガスの責任に言及なし)

◎(経5/17第二部13) とことん試します欄で温暖化ガス我が家の挑戦,チリも積もれば3割減と具体的実践例を紹介(毎日測定がカギ,京都議定書達成には3割では不十分,36%以上の削減を要す)

●(経5/16経済5) 環境省の有識者検討会は,温暖化ガス国内排出権取引制度導入案の中間報告,鉄鋼化学電力事務に4案,家庭民生は間接的に

◎(経5/16社会42) 千葉県警はギョーザ中毒事件で被害者宅に残っていた調理済みギョーザの川から濃度3%のメタミドホスを検出

●(経5/15社会43) 経済産業省などは大阪の石原産業に化学物質排出量の虚偽報告で過料を科すよう大阪地裁に通知,化学物質管理促進法違反

●(経5/13経済5) 日本経団連会長は国ごとに目的を持たないと戦略実行サイクルが回せないと国の削減目標設定に理解を示した,総合政策を要望

◎(経5/13表紙1) 政府税制調査会はガソリン税の暫定税率を環境目的に維持する考え,一般財源へ使えるかなど検討へ(環境税創設反対と矛盾)

●(経5/13総合2) 政府は温暖化ガスの国内排出量削減目標で2020-30年の中期目標の設定を先送りする方針,早期意見集約困難と判断(目算なしの長期目標が露呈)

◎(刊5/13素材13) JFEスチールとJFEエンジニアリングは溶接材料の使用量を半減し速度など能率を2倍以上にしたアーク溶接技術を開発(目算なしの長期目標が露呈)
◎(経5/12科学13) 温暖化ガス排出量の削減目標値で政府の大幅削減の実現可能性について論評,地中貯留など新技術が必要と(日本のエネルギー効率は世界最高レベルで削減の余地なしと断定してよいのか)

●(経5/10夕刊表紙1)中古の船舶や自動車の国際取引価格が過去最高圏に達したと(資源枯渇へ一歩一歩)

◎(経5/10夕刊社会11)東京都は都内の大規模事業者を対象には二酸化炭素排出削減を義務付けるためなどに条例改正案を6月の定例都議会に提案
コメント   トラックバック (2)

図書館で出合った2枚の名盤

2008年05月15日 | お楽しみ
アルビノーニのアダージョ、パッヘルベルのカノン&バッハ:
G線上のアリア/パイヤール
RCAレッド・シール・ベスト1枚、1998-1990録音

BMGのHPには次のように書かれている。
LPレコードの時代から、バロック・ブームの一翼を担ってきたパイヤールがデジタル録音した当ディスクは、おなじみのラルデやピエルロといった名手たちも参加。誰もが楽しめる楽曲が、優美さと幸福感をたたえたアプローチで演奏されており、弾むようなリズム感が確保されている点も特徴だ。丸みのついた高い天井を備えた教会で収録された潤い豊かな響きもすばらしく、まさに演奏・選曲・録音の3拍子が揃った名盤である。
http://www.bmgjapan.com/redsealbest/artist/150591.html

アダージョ・カラヤンと同じ流れをくむコンピレーションですが、このCDには取り分け気に入っている曲が入っています。「オーボエ、チェロと弦楽合奏のためのアダージョ (ツィポーリ/ジョヴァンニーニ編)」です。哀愁に満ちたオーボエと、艶やかなチェロの組み合わせが奏でる心洗われる名曲です。何度聞いても聞き飽きることがありません。この一曲だけで充分な価値があります。

もう1枚は、「ディ・ステファノ/カタリー(ザ・ベスト・オブ・ナポリタン・ソング)」です。
EMI Classic の一枚。1950年代の録音であり、モノとステレオが混在しています。

ジュゼッペ・ディ・ステファーノは第2次世界大戦後のオペラ黄金時代の大スターです。それでいてオペラ歌手とは一味異なるナポリ民謡を聞かせてくれるのは、オペラ歌手として成功する前に既にナポリターナの歌手として活躍していたからです。モノラールの録音でさえ聞き惚れてしまいます。

今は昔、私が高校でコーラス部にいた頃に盛んに耳にした曲です。50年ぶりに再開したとても懐かしいアルバムです。このLP版がベスト・セラーになりナポリ民謡が日本で一般に良く知られるようになりました。
コーラス部の取り分け声量のある仲間達が「カタリー」、「帰れソレントへ」、「オ・ソレ・ミオ」等を盛んに歌っていたのを思い出します。

これらは何れもAMAZONで検索するればヒットするので入手可能です。
コメント

井筒屋の駅弁

2008年05月13日 | 旅先にて
ゴールデンウィークも終わり、何時もの忙しさが戻りつつあります。11日の日曜日は、昼過ぎに家を出て、東京→米原を経由して福井市へ移動し駅近くのホテルに前泊。翌12日月曜日は9:00から17:00まで市内の某所で環境審査。

17:37福井発しらさぎ14号で帰途に就く。米原にて乗り換え時間10分で18:54発ひかり428号に乗り継ぐ。東京着は21:10の予定。このスケジュールでは落着いて夕食を摂る余裕はない。しよう無く米原駅新幹線ホームに出ている駅弁屋で慌しく夕食を購入。

写真の駅弁はそのとき買った井筒屋の「牛肉弁当」(950円)。味もそこそこによく、ボリュームも多すぎず、値段とのバランスも取れている。JR新幹線駅で買う駅弁にやや食傷気味だったはずなのに、何となく記憶に残り、井筒屋のホームペイジを覗いてみました。

「長浜船着場前にて、旅籠井筒屋を営んでおりました。明治22年東海道開通と時を同じくして駅弁を始め、米原駅と共に歩み続けて百有余年。」とあります。客が絶えず変わるとは言え、駅弁で100年以上も商いが続いているなんて、何と素晴らしいことでしょう。

今回はスケジュールの都合上止む無く購入したのですが、来年は井筒屋ご指名にて別の駅弁を楽しんで見ましょう。この種の出会いも悪くないものです。
コメント

注目ニュース 080504-080510

2008年05月11日 | 旅先にて
○(刊5/5環境8)日刊工業新聞はNEWS拡大鏡で自治体と事業者,地域住民の3社協力によるレジ袋削減活動が進展と紹介

○(刊5/5環境8)静岡の鈴与は静岡県森林組合連合会の植林事業に48万円寄付,2回目

◎(刊5/5環境8)三ツ星ベルトはみどりの日の自然環境功労者として環境大臣賞を受賞,ビオトープつくりに貢献

○(経5/7夕刊総合2)日中環境大臣は中国農村部の排水処理事業で協力する覚書を締結,08年から2地区でモデル事業

◎(刊5/8自動車5)ジェイテクトはドリルの寿命を10倍にする自社開発切削加工機の導入を加速,クーラントの吹き出しを工夫

◎(刊5/8機械7)埼玉県朝霞のE&Mエンジニアリングはセラミック製造向けに排気燃焼炉付脱脂炉を発売,バインダーを完全燃焼し無害化

◎(経5/9首都圏33)横浜市は東京大学と泉区庁舎の省エネで共同研究,建物の改修や新たな設備導入しない範囲で省エネ,センサーで窓開閉など

◎(刊5/9大学24)早稲田大学と北京大学は環境・持続可能な発展学分野の共同大学院の設立で基本合意,09年から教育開始

◎(刊5/9環境12)大分県宇佐の三和酒類は焼酎かすを全量飼料や食品素材にする処理施設を着工,来春稼働へ
コメント

環境ニュース 080504-080510

2008年05月10日 | 旅先にて
●(経5/5企業9)英産業連盟会長は温暖化ガス半減で先進国は80%減が必要,業種別削減はキャップ&トレード方式が堰堤と(産業界の発言は重たい)

◎(経5/6国際5)アジア開発銀行は温暖化で東南アジアの穀物生産が半減し水不足で洪水被害頻発など深刻な影響を試算

○(経5/7夕刊表紙1)首相は中国国家主席と会談しポスト京都議定書の枠組み作り交渉に積極参加や環境とエネルギーを協力の重点分野で一致

◎(経5/8企業総合9)ロームはCPUノメモリー回路に電荷蓄積素子を組み込み待機電力をゼロにするLSIを開発(世界初は疑問)

◎(経5/8国際7)インテル,サムスン電子,電路製造の3社は2012年に直径450mmウエハーを使って半導体素子を量産することで一致(3,40年前は直径45mmだった,隔世の感)

◇(経5/8経済5)中国国家主席は日本経団連ほか経済団体主催の歓迎昼食会に出席し省エネや環境分野への積極投資を我が国産業界に訴えた

●(経5/8社会34)国の公害等調整委員会は東急が購入した土地の土壌汚染の原因は川崎市がごみ焼却灰などを埋め立てにあると48億円賠償命令

○(経5/9首都圏 33)川崎市は東急が購入した土地の土壌汚染に市が責任との公害等調整委員会の判断に不本意と司法判断を求める意向

●(経5/8表紙1)経済産業省は商品に二酸化炭素排出量を表示する制度(カーボンフットプリント)の検討と同時に小売大手と指針を作り実証へ

◎(刊5/8環境11)松下電器会長は家電製品の買い替えによる二酸化炭素排出削減量を排出枠とし認定し政府が買い取る制度の導入を提唱<排出量の絶対値などは評価しない、検証なしの拡販策、故紙の二の舞に>
コメント