シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トゥルーロマンス

2005-08-23 | シネマ た行
まだ、「パルプフィクション」を撮る前のクエンティンタランティーノが脚本を書き、トニースコットが監督をした作品。クリスチャンスレーターパトリシアアークエットが主演ですが脇でゲーリーオールドマンブラッドピット(←超ジャンキー)がちらっと出ていたりします。

ストーリーはかなり短絡的なもので、誕生日プレゼントとしてあてがわれた娼婦と恋に落ちた主人公がそのポン引きを殺しちゃって二人で逃走。彼女の服が入っていると思って持ってきたカバンにはヤクが大量に!なので、追われる身となるんですが、登場人物が例によってみんなイカレちゃってます。主人公の二人からしてねー。ビデオ屋の店員(ほとんどチンピラ)と娼婦なんですが、いきなり恋に落ちちゃって激しく愛し合ってます。 (電話ボックスの中でまで…えーーーっ)んで、二人で仲良く平和に暮らせばいいものをねぇ。ヤクを売りさばいて一儲けしようなんて思うからロクなことにならんわけですよ。と言いつつ、でもこの二人の馬鹿さ加減&一直線度がキュートでねぇ、なんか応援しちゃうワタクシなんですが。

当時ものすごく珍しいなーと思ったのは、追っ手のジェームズガンドルフィーニにパトリシアアークエットがボコボコにされるシーンですね。女性があんなにボコボコにされて血まみれになるシーンっていうのはかなり少ないんじゃないかと。TV放映の時にはもちろんカットされてますけどね。目を伏せたくなるような壮絶なシーンです。

全体的にはタランティーノのウダウダ加減をトニースコットが非常にうまく料理して、スピード感あふれる作品に仕上げたっていうところでしょうか。それでも、エルビスの亡霊(生霊???)が主人公を元気付けるとこなんかはかなりタランティーノ節入ってます。音楽もやっぱり良くてサントラ即買いしました。バイオレンスラブストーリー(とまた勝手にジャンルを作る)がお好きな方に
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 血と骨 | トップ | バージニアウルフなんかこわ... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
14インチ (lucky777_sw)
2005-08-23 09:52:52
この映画、今はほとんど見かけないLDで、14インチのテレビで見ました。しかもワイド画面!覗き込むようにして観たのを覚えていますW。そんな見方でも、女性がボコボコにされるシーンはかなりインパクトがありました。ほんとに珍しいですよね。すごく痛そうでした・・・
TBありがとうございました (tomiya)
2005-08-23 10:18:07
こんにちは!

私も最近観ましたが、とてもいい作品でした~!

記事を拝見しますと、私が「いいなぁ」って思う作品と、結構かぶってます~笑
Unknown (coky)
2005-08-23 10:42:52
lucky777_swさんへ

LDって懐かしいですねー。あの頃LDプレイヤーが欲しかったのだけど今から思えば買わなくて良かったです



tomiyaさんへ

いいと思う作品がかぶっているということなので、また遊びに来てみてください!よろしくお願いします。

栄光のクリスチャンスレーター (リディック)
2005-08-23 23:45:22
トラックバックありがとうございます。

初めてです。 「トゥルーロマンス」は僕の中で印象に残る映画の一つです。 映画マニアじゃないですけど、キャスティングと映画の内容がマッチした作品は好きです。

 ブルースオールマイティは映画館で見ました。 ジムキャリー最近出ないですね 「マスク2」も違う俳優だったし…
リディックさんへ (coky)
2005-08-24 09:22:42
TBが初めてだったのかな?一番乗りしてしまいましたか。光栄です。



そう言われてみればジムキャリー最近見てないですね。最近、新作情報をあまりチェックしていなくて。何か情報のある方教えてください。
Unknown (pirania twist)
2006-05-08 10:52:32
恋愛映画は基本的に好きじゃないけど、唯一好きなのがトゥルーロマンスです。自分ランキング1・2位を争うくらいですね。とにかく熱い!アラバマがボコボコにされるシーンも印象的だったけど、それよりもアラバマが反撃するシーンに感激しました。あんな気合が入った女はいない!全体の構成や細かいギャグも絶妙で、本当に何回観ても飽きない映画です。
pirania twistさんへ (coky)
2006-05-08 16:36:07
コメントありがとうございます。



この作品は恋愛以外にもいろいろな要素が含まれているので、恋愛映画の苦手な方にも受け入れられやすいかもしれませんね。



ワタクシもアラバマがやり返すところに感動したのを思い出しました!
Unknown (PINOCO)
2006-08-31 16:30:18
一番印象的な場面はゲイリーオールドマンの箸の使い方うまいところと、アパラマが「カンクン」と言うシーンです。

大好きですこの映画。・・・音楽最高で、サントラをリピートしながら聴いています。
箸ですか… (coky)
2006-09-01 16:12:31
PINOCOさんコメントありがとうございます。

ゲーリーオールドマンが箸を使うシーンというのは忘れてしまいました…最近よくお箸を使って食べているシーンが映画に登場しますね。



ワタクシもサントラ持っています。いいですよね~

コメントを投稿

シネマ た行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

DVDレビュー(トゥルーロマンス ) (群馬ではたらく社長のブログ(笑))
えー、「アナタはいったいいつ寝てるんですか?」というご質問を 数名の方から頂いておりますが、ちゃんと寝てますよ、ご心配なく♪ さて今回の作品。 アミューズソフトエンタテインメント トゥルー・ロマンス カンフー映画好きのクラレンス
トゥルー・ロマンス  (映画まみれ)
トゥルー・ロマンス』(‘93/アメリカ) 監督:トニー・スコット ? 一言で言うなら、「愛の逃避行」にたっぷりのバイオレンスを散りばめた作品。 脚本はおなじみクエンティン・タランティーノ。いかにも、と思えるシーンがてんこ盛りだ。 ソニー千
1日3本ポメが効く (横浜西口ポメラニアンズへっぽこスタジアム)
 こんにちは、学校の課題は一向に進まないけど映画はしっかり見ているワシです。  先日は「真夜中の弥次さん喜多さん」 関連記事「デッドエンドラン」関連記事・関連記事・「トゥルーロマンス」関連記事・関連記事を見ましたポメ。  「真夜中の弥次さん喜多さん」 あ.
トゥルー・ロマンス (レンタルだけど映画好き )
ロマンス/犯罪 1993年 アメリカ 監督 トニー・スコット 出演 クリスチャン・スレイター/パトリシア・アークエット/デニス・ホッパー/ヴァル・キルマー/ゲイリー・オールドマン/ブラッド・ピット/クリストファー・ウォーケン/サミュエル・L・ジャクソン/マイケル・ラ
トゥルー・ロマンス  (映画まみれ)
トゥルー・ロマンス』(‘93/アメリカ) 監督:トニー・スコット ? 一言で言うなら、「愛の逃避行」にたっぷりのバイオレンスを散りばめた作品。 脚本はおなじみクエンティン・タランティーノ。いかにも、と思えるシーンがてんこ盛りだ。 ソニー千
トゥルー・ロマンス (明治大学映画研究会)
トゥルー・ロマンス/クリスチャン・スレイター ¥9,500 Amazon.co.jp 1994・米 監督:トニー・スコット 脚本:タランティーノ 出演:クリスチャン・スレーター     パトリシア・アークエット     デニス・ホッパー     ヴァル・キルマー  ...
トゥルー・ロマンス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どう猛な愛だけが生き残る』  ブログ開設1本目の映画は「ベリー・バッド・ウェディング」だったんです。で、2年目突入の記念すべき1本目の映画はクリスチャン・スレーター繋がりで、コチラの「トゥルー・ロマンス」にしたいと思いま~す♪  今となっては相当豪...
「トゥルー・ロマンス」(1993年、アメリカ) (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「トゥルー・ロマンス」(原題:TrueRomance)は、1993年公開のアメリカのクライム・アクション&ラブ・ロマンス映画です。クエンティン・タランティーノ脚本、トニー・スコット監督で、...