シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

奇跡の教室~受け継ぐ者たちへ

2017-08-30 | シネマ か行

人種、宗教が入り乱れるパリの公立高校。アンヌゲゲン先生アリアンヌアスカリッドのクラスは落ちこぼれがほとんどで学級崩壊状態。教師を20年やってきたゲゲン先生の前ではそれもなんとか抑えられているが、ゲゲン先生が家庭の事情で休んだ日の代理教師の前ではひどかった。そんな態度に怒ったゲゲン先生、何をするのかと思いきやこんな落ちこぼれクラスをとあるコンクールに出場させることにした。

生徒の一人として出演しているアハメッドデュラメが実際に高校時代体験したことを脚本に書いて映画会社に持ち込んだ作品だという。

さて、そのコンクール、テーマは「アウシュビッツの若者と子どもたち」
はぁ?なんだよそれーと反抗してみせるクラスだったが、参加は自由よと言われてなんとなくほとんどが参加することに。

フランスというお国柄、子供のころからナチスの蛮行は学んでいるのかと思いきや高校一年生の彼らはアウシュビッツについてほとんど何も知らないっぽい。むかーしむかしお隣のドイツであった酷いお話でしょ、くらいの感覚らしい。だってフランス人は善良な国民だろ。普段多人種多宗教の地域にいて差別、被差別をひしひしと肌で感じているはずの彼らでさえ、ナチスのことなんて俺らには関係ねぇくらいにしか感じていないようだった。

数班に分かれてさらにテーマを絞り込み研究を始める彼ら。最初は嫌々やらされてる感の彼らもアウシュビッツという現実の重さに次第に真剣になっていく。バラバラだったクラスのみんなとも協力して研究するうちに結束を深めていく。人種的なことでもめていた連中もそんな偏見を軽々と越えていく。

マリー=カスティーユ・マンシヨン=シャール監督の演出と演者たちの瑞々しい演技でドキュメンタリーなんじゃないかと錯覚を起こしそうだ。生徒たちだけではなくて、ゲゲン先生も本物の先生かと思った。アリアンヌアスカリッドという役者さんは「キリマンジャロの雪」という作品で見たことがあったにも関わらず。

最初はひねくれて参加してこなかった子が少しずつ自分から参加し始める姿、実際にアウシュビッツの生存者を呼んで講演してもらったときの生徒たちの涙、「買い物のついでに近くだから虐殺資料館に行くわ」と言っていた女生徒が、「そろそろ買い物に行かなくていいの?」という先生の言葉に「買い物は別の日にします」と被害者の写真に見入る横顔にこちらも胸が熱くなります。

落ちこぼれ高校生たちが与えられたテーマに沿って、どんどん自主的に学んでいこうとする姿勢とそれをまっすぐにサポートする教師の真摯な姿が素晴らしいです。ゲゲン先生は校長先生から「あんな落ちこぼれたちに時間を割かずに、優秀な生徒に割け」と言われますが、それを無視して信念を貫きます。彼らの姿とナチスのユダヤ人他虐殺を学ぶという2つの視点から見ることができる作品です。

彼らの純粋な学ぼうとする姿を日本の歴史修正主義者たちに見習ってもらいたい。

コメント (2)

ジャングルブック

2017-08-28 | シネマ さ行

実はディズニーのアニメ版は大昔に見たのでそんなに細かいところまでは憶えていないのですが、音楽は良かったけど、全体としてはそんなに好きな作品ではなかった記憶があったので、この実写版が公開になったときも見に行きませんでした。今回WOWOWで見ました。

結果は大きなスクリーンで見たかったと思いました。モーグリ以外全部CG!って宣伝されていたけど、もう本当に息をのむほどの美しさです。ジャングルの風景も素晴らしいし、動物たちも信じられないくらいリアル。もちろん、動物なんてあんな演技するわけないんだからCGしかありえないし、そもそも動物たちがしゃべるわけだから「リアル」と表現するのはおかしいのかもしれませんが、この“ジャングルブック”という世界の中では「リアル」と言っていいと思います。

そして、モーグリを演じるニールセティくんがめちゃ可愛い。これが映画初出演ということらしいのですが、無邪気なモーグリそのものでした。

例によって声優陣が豪華なんですが、スカーレットヨハンソンがモーグリを惑わすヘビのカーを演じていて得意の歌声も聞かせてくれます。オランウータンのキングルーイはクリストファーウォーケンだったのですが、歌も彼が歌ったのかなぁ。キングルーイは超不気味でした。モーグリの親友になるクマのバルーをビルマーレイがやっていて、これがまたぴったりでした。

ワタクシは犬を飼っているので、オオカミの子どもたちがめちゃくちゃ可愛かったです。モーグリを育てたオオカミのお母さんラクシャルピタニョンゴの愛情がたまらない。

トラのシアカーンイドリスエルバは執拗にモーグリの命を狙い、オオカミのリーダー・アキーラジャンカルロエスポジートを殺してしまって、悪者には違いないんですが、彼なりに人間に恨みを持つ理由もあってそう単純にシアカーンだけが悪いとは思えませんでした。もちろん、モーグリを狙っていて怖いし、見ている最中にはシアカーンをやっつけろ!みたいに思っちゃいますけどね。

最後に人間の村から動物たちが「赤い花」と呼んでいる「火」を持ってきてシアカーンをやっつけるモーグリですが、その道中に森中に火を放ってしまうことになって山火事を起こしてしまうところは「おいおいおいおい。一番悪いのんモーグリやんけー」って思って、動物みんなからモーグリが責められるのかと思いきや象たちが水を消してくれて一件落着したので、ちょっとびっくりしましたが、まぁとりあえず丸く収まって良かったです。

エンドロールもお楽しみがいっぱいで、こういうところのジョンファヴロー監督の遊び心がすごく好きです。

ちょっと子供向けかなとは思いますが、ワタクシはこういう子供向けの作品も好きなので楽しむことができました。

コメント   トラックバック (3)

帝銀事件 死刑囚

2017-08-25 | シネマ た行

ケーブルテレビで見ました。1964年の作品です。戦後間もない1948年に起きた帝銀事件という有名な事件をドキュメンタリータッチで描いています。

1948年東京の帝国銀行に役所から来たという男が近所で赤痢が出て、そのうちの一人がこの銀行を訪れていたため、予防のために行員全員に薬を飲んでもらうと言い、その場にいた16人に毒薬を飲ませ、うち12名が死亡、行員たちが苦しんでいる間に男は現金と小切手を奪って逃走した。

苦しみもだえながらもなんとか銀行の外に出た行員がいたため事件が発覚するが、すでに犯人は姿をくらましていた。

生き残った人たちの証言から作成した似顔絵と犯人が銀行で渡した名刺を持っていたことがあった平沢という人物が捕まるが、生存者たちは彼が犯人とは言い切れないとした。しかし、警察は平沢を犯人と決め付け連日の拷問のような取り調べで自白を強要し、平沢は裁判で死刑が確定してしまう。

この事件を追っていた新聞記者たちが毒物の特殊性や飲ませ方の専門性などから元731部隊の関与を疑うが、当時日本を統治していたGHQによって731部隊について調べることを禁じられてしまう。

冤罪事件の例に漏れず、警察は証拠を捏造し、自分たちが作り上げた事件のストーリーに沿うように平沢に自白を強要していく。自殺未遂をするほど精神的に追い詰められた平沢は自白するしかなくなっていく。

1948年当時のことだから現在とは事情が違うことが沢山あって、知ってはいてもやはり驚く。事件現場や病院で新聞記者が大量に押し寄せズカズカと好き勝手に動き回っているし、いったん犯人が捕まったということが分かると犯人を輸送する電車の車両にまで押し寄せるし、沿道では一般の人たちも犯人を人目見ようとものすごい群衆が押し寄せている。現代のテレビで犯人逮捕のニュースの後ろでピースをしている学生が不謹慎とか袋叩きに遭うことがあるけど、昔の日本じゃそんなの比べ物にならないくらいの野次馬根性っぷりだ。

新聞記者や刑事たちもいつでもどこでもタバコをぷかぷかやっていたり、夏場はもちろんエアコンなどないから会社に氷柱を買っていてそこに布巾をたくさん乗せておいて外から帰った人が涼を取っているのなんてものすごく時代を感じる。あぁ、昔はそうやって涼んでいたのか。新聞記者たちが料亭みたいなところで会議をしているときはみんなほぼ下着姿だった。さすがに社内ではちゃんとスーツを着ていたけど。

まぁそんな時代背景を映画的に楽しみつつも、平沢さんが辿った運命は悲しすぎる。娘さんも日本にいられなくなってアメリカに移住したようだし。この作品は平沢さんは冤罪であるという立場に立って作られていて、映画の最後では昔の日本の制度ではこんなことも起こったという表現をしていたけど、この映画で語られている時代背景は変わっても、警察や検察の犯人を決めつける姿勢は現在も何も変わっていない。この事件にはやはりおそらく731部隊が絡んでいたのだろうと考えざるを得ないし、GHQからの圧力もあったのだろうけど、だからと言って平沢さんを犯人に仕立て上げた言い訳にはならない。

白黒の古い映画ですが、あ、この役者さん昔よく見たなぁという方たちもたくさん登場しますのでそういう点でもオススメします。

コメント

THE FORGER~天才贋作画家 最後のミッション

2017-08-23 | シネマ は行

ブログ記事のタイトルを書いた瞬間、随分とまぁ大そうな副題をつけたもんだと苦笑しましたが、まぁ、一応最低限内容には合っている副題です。

あと9か月で出所が決まっている贋作詐欺師レイジョントラヴォルタが敵のボスに検事を買収してもらって無理やり出所してきた。あと少しなのになぜ?と思うのだが、実は15歳の息子ウィルタイシェリダンがガンに冒され余命いくばくもないので共に時間を過ごしたいとボスに借りを作ってまで出てきたのだった。

そのボスにお金を返すためモネの贋作を製作し、美術館の本物と交換してくるよう脅されるレイ。息子と貴重な時間を過ごしつつ、最後の大仕事に出る。

まぁこのジョントラボルタが天才贋作画家に見えないこと、見えないこと。でもワタクシはジョントラのファンなので、いーんですっ!の精神でなんとか見ました(笑)モネの贋作作る過程も結構雑だったしな。この仕事部分と息子との絆部分を描かなくちゃいけなかったのでその辺は仕方なかったのかな。

死にゆく息子の最後の願いを叶えてやろうとするところは素直に泣けますね。特に麻薬中毒で別れたお母さんと会わせてあげるところね。お母さんも精一杯頑張ってニューヨークで成功しているという嘘を吐くんですが、お母さんと別れてから「嘘を吐いてくれてありがとう」とお父さんに言うウィルに泣けます。

このウィルを演じるタイシェリダンくんは「X-MEN:アポカリプス」でサイクロップスの若い頃を演じていましたね。めちゃカッコいいとかじゃないけど、なんかキュートな感じでこれからの活躍に期待しています。

最後の大仕事のシーンはオチは分かるし、なんだか都合良くうまくいったなって感じはしますが、どうしてもレイが悪いヤツとは思えなかったし、息子のこともあるから単純に応援してしまいました。

ジョントラボルタに関しては、彼が実生活で16歳の息子さんを亡くしているだけに、よくこの役を引き受けることができたなぁと思って、その分なんだか妙に感情移入してしまいました。

コメント

ミリオンダラーアーム

2017-08-22 | シネマ ま行

落ち目のスポーツエージェント・JBバーンスタインジョンハムが流行のタレントショーよろしくインドのクリケット選手をメジャーリーガーにスカウトするという企画を思いつき、インドで「ミリオンダラーアーム」という番組を制作し、優勝者をメジャーのテストを受けさせようと奮闘する物語。これが実話だというのだからすごい。

インドに渡ったバーンスタインはアメリカとは事情が違い遅々として進まない仕事に翻弄されながらもなんとか「ミリオンダラーアーム」を成功させようと駆けずり回る。同行したベテランスカウト・レイアランアーキンは寝てばかりだが、選手が投げる球の音だけで球速を言い当てる名人だった。アランアーキンは最近こういういわゆるおいしい役が多いなぁ。

果たしてリンクシンスラージシャルマとディネシュパテルマデュルミッタルが選ばれアメリカへ。インドの貧しい村を離れ言葉も分からずアメリカで大きなカルチャーショックを受ける2人。バーンスタインは野球のことはコーチビルパクストンに任せっきりで、新しい契約に夢中になったりして全然リンクとディネシュの面倒を見ない。生活面でもインドで雇った通訳のアミトピトバッシュに任せきりだ。コーチ役のビルパクストンは地味な役でしたが、ユニークな指導法をする人らしく野球好きのワタクシとしてはちょっと彼にも興味が湧きました。

2人のことを商売道具としてしか見ていないバーンスタインにはっきりと最低だと言い放ったのは、ちょっといい感じになり始めていた間借り人のブレンダレイクベルだけだった。ブレンダはバーンスタインの知らない間にリンクとディネシュと仲良くなっていた。

ブレンダに叱られたことで目を覚ましたバーンスタインはきちんとリンクとディネシュの面倒を見ることを誓う。それからは野球の面でも生活の面でも2人は安定し始め、実際にメジャーのテストを受けるというところまで行きつくことができたのだが、緊張し過ぎで初めてのテストは大失敗に終わるのだった。

バーンスタインがインドに行ったときのカルチャーショックとリンクとディネシュがアメリカに来たときのカルチャーショックがうまく対比されて描かれている。リンクとディネシュは小さな村から来た素朴な青年たちで、とても可愛らしく愛おしい存在だ。あんな右も左も分からない若い子を自分の都合でインドからアメリカに連れてきてほったらかしにするなんてバーンスタインにはとても腹が立ったのだけど、ブレンダがはっきり怒ってくれたのですっきりした。

バーンスタインが心を入れ替えてからは、アメリカ映画お得意の楽しい場面をダイジェストで見せていくシーン。これがねー、あぁパターンだなぁと感じつつも好きなんですよ、ワタクシ。

最終的にもう一度テストを受けることができ、(ここでレイがひと肌脱いでくれました。アランアーキンが前半だけで終わるわけないと思っていたらまたまたおいしいところをさらっていきました)2人とも合格してピッツバーグパイレーツに入団したんですね。ディズニーが映画化した話だからロサンゼルスエンジェルズに入団したのかと思っていたのですが違いました。入団後は残念ながらあまり活躍はしていないみたいなんですが、それでもやっぱりインド人初のメジャーリーガーになったというのはすごいことだし、そのきっかけを作ったバーンスタインもただ仕事のためとは言えすごいですよね。

最後に本物の彼らが登場して、ちゃんと本物のブレンダもそこにいたのでびっくりしました。ミリオンダラーアームという企画はインドの青年の人生だけでなくバーンスタインの人生も大きく変えたようですね。

エピソードなどはどれくらいフィクションか分かりませんが、とても楽しめる実話の映画化でした。

コメント

PAN~ネバーランド、夢のはじまり

2017-08-18 | シネマ は行

これも先日WOWOWでやっていたので見たのですが、ネットでレビューを見ると結構評価が低いんですね。ワタクシ、普通にめっちゃ楽しんで見ました。最初の期待値が低かったからかな?

ピーターパンの前日譚を描く物語。赤ちゃんの時孤児院の前に母メアリーアマンダサイフリッドに捨てられたピーターリーヴァイミラーがいかにしてピーターパンとなったかをジョーライト監督が描く。

孤児院から海賊にさらわれたピーターはネバーランドに連れて行かれる。ネバーランドは黒ひげヒュージャックマンが支配していた。黒ひげ登場の場面でニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」を全員で歌うシーンがあったので、お、これはまさか「ムーランルージュ」みたいに現代のポップやロックをミュージカル風に歌っていく作品なのか!?と思いきや、それはここだけでした。残念。

最初黒ひげがフック船長だと思って見ていたのですが、途中でピーターを助けてくれた青年がのちのフック船長ギャレットヘドランドだと判明してビックリ。お~フック船長とピーターは最初友達だったんだー!と面白い展開。

タイガーリリールーニーマーラも、人魚たちも時計ワニもスミーアディールアクターもティンクも全員ちゃんと登場して、満足してしまったのですが、ピーターパンのお話が好きな人にとってはピーターとフック船長が友達だったなんてありえないし、タイガーリリーとフック船長のロマンスなんてのも絶対にありえないのでしょう。歳のころも合ってないですしね。あとは時代背景も合ってないのですね。ワタクシはその辺りのことは全部うっちゃってこの作品を楽しめる程度にしかピーターパンそのものに思い入れがないのでしょうね。

そういう意味では前日譚というよりも、ピーターパンの登場人物を使ったパラレルワールドのお話と考えた方が楽しめるかもしれません。

ピーターが飛べれば本物の勇者だと認められるんですが、1回飛べてから2回目が全然飛べないんですよ。何度も何度もいまか?いまか?というシーンがあるんですが、普通にドスンと落ちるだけ。いつまで引っ張るねん!と腹が立った人も多かったようですが、ワタクシは毎回楽しんで見ました。

最後に「僕たち親友だね」「そうさ、ケンカなんてありえない」と言っていたピーターとフック船長がどういういきさつでピーターがフック船長の腕を切り落としワニに食べさせるようなことになったのかと想像するのも楽しいもんだなと思いました。

ピーターパンを演じるリーヴァイミラー君がすごく可愛かったのでこれからが楽しみです。

コメント

ゴーストバスターズ

2017-08-08 | シネマ か行

公開当時、見ようか迷ったのですが、メリッサマッカーシークリステンウィグということでなんとなくやり過ぎ感あるコメディというイメージで見に行きませんでした。今回WOWOWでやっていたので見たのですが、全編めっちゃ笑えました。

心配していたメリッサマッカーシーとクリステンウィグのやり過ぎ感は今回完全に封印されていて、ちょうどいい塩梅の面白さになっていたのが一番良かったです。そして、ケイトマッキノン演じるクレイジーな科学者が最高でした。なんか外した感のある彼女。ぶっとんでて意味不明っていう部分とマッドサイエンティスト的な天才部分の融合が最高でした。彼女が後半二丁拳銃で戦うシーンが最高にカッコ良かった。なぜかするっと仲間に入ってきたレスリージョーンズもなんかいい味出してました。

出てくるゴーストも旧作のなつかしい奴らが結構いて楽しい。マシュマロマンの扱いもうまかった。同じようにラスボスとしてマシュマロマンを持ってくるのかと思ったのですが、それはさすがにやめておいて正解でしたね。

アホな秘書を演じたクリスヘムズワースも良かったけど、あれは完全に女性客へのサービス?それも含めてギャグってことなのかなと思います。

オリジナルキャストも亡くなったハロルドライミス以外全員登場してくれて嬉しい限り。最後のクレジットで絶対ハロルドライミスのことも言及してくれるだろうと思って見ていたら、ちゃんとしてくれたので嬉しかった。彼らがリメイクを良く思っていなかったら絶対に出てくれなかっただろうし、それぞれがいま現在も活躍しているのが嬉しい。

リメイク版で、妙に避けたりする傾向のあるテーマソングもばりばり使ってくれて、現代風にアレンジしているバージョンもちゃんと例のフレーズのところはそのままでフラストレーションが溜まることもないのが良かったな。

下品という評価をしている人もいるようですが、ワタクシはあんまりそんなふうには感じなかったです。アメリカのコメディのもっと下品なやつ見慣れてるからかな?




コメント   トラックバック (1)