シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ファインディングドリー

2016-07-20 | シネマ は行

近所の映画館で字幕版がなかったので不本意でしたが吹替え版で鑑賞。少し前にテレビでやっていた前作をおさらいしてから行きました。(見るつもりなくテレビでたまたま見たんだけど、おさらいしてから行って良かったー)

前作から1年。前回の冒険ですっかり仲良くなったマーリン木梨憲武、ニモ菊地慶父子とドリー室井滋。ドリーもニモにくっついて小学校に行っているようなんだけど、小学生たちとのふとした会話から自分にもパパとママがいたことを思い出すドリー。パパとママに会いに行かなきゃ。マーリンもニモもドリーが心配で一緒に行くことに。

前作同様大海原を泳いで行って人間の世界である陸地でも冒険を繰り広げるわけだけれども、その陸地での冒険が前作をはるかに超える荒唐無稽っぷり。行きがかり上ドリーを助けることになったタコのハンク上川隆也の活躍が半端じゃない。いやーもうタコすげーわ。最後にはトラックまで運転しちゃうんだから。魚であるドリーを陸地で活動させるためにはタコという存在を思いついたのはすごいと思うけど、それにしてもちょっとやりすぎ…いくらピクサーでもな…とは思いつつ、、、

ニモはそもそも片方のヒレが小さくてそれでお父さんのマーリンはニモが普通の子みたいには色んなことができないと心配ばかりしていた。そこに現れたなんでもすぐに忘れちゃうドリー。今回はそこに目の悪いジンベイザメのデスティニー中村アン(彼女の吹き替えの演技が上手でした)頭を打ってエコーロケーションができなくなった白イルカのベイリー多田野曜平、人間の子供に脚を一本ちぎられたタコのハンクというふうに何らかの障がいを抱えたキャラクターがたくさん登場します。これだけ障がいを持ったキャラクターが登場するアニメというのも珍しいかもしれません。

みなが障がいを持ちながらも、それを克服しようと奮闘したり、それでもやっぱりできないことは友達の力を借りるっていうところがワタクシは好きでした。ただその個人が頑張って克服するっていうだけじゃなくて、できないことは助けを借りていいんだよっていうところがいいな。ドリーは明らかに脳に障がいがあって物事を覚えていられないけど、「こんにちは、私ドリー。何でもすぐに忘れちゃうの。助けてくれませんか?」と周りの人に助けを求めることを恐れていないし、それをカッコ悪いなんてまったく思っていない。「がんばる」「努力する」「克服する」ってよくあるメッセージだけど、「助けを求めていいんだよ」ってなかなかないメッセージで、とても良いメッセージだと思う。

そして、ドリーが助けを求めるだけじゃなくてマーリンやニモが困ったときに「ドリーならどうする?」というふうにドリーが瞬発的に考え過ぎずに物事を解決していく力があるっていうのもきちんと表現されていたのが良かったな。この「〇〇ならどうする?」(What would 〇〇 do?)っていうのはよくアメリカ人が使う発想ですね。

ドリーのパパとママがドリーがいつか貝殻を辿って自分たちの家を見つけられるようにと子供の時に教えた通り、貝殻を家の周りに並べていた風景はまるで幸せの黄色いハンカチのようで泣けました。

あとは単純に子供のときのドリーが可愛い!マーリンは相変わらず人面魚感がすごかったけど、ドリーは可愛いな。ワタクシも“可愛い物を見たら立ち止まってしまう人間”の一員です。そりゃラッコの抱っこなんてたまらんわな。全体的にCGの技術がまたまた前作より上がりまくってるので、波の映像なんて実写?って目をこすってしまうほど。

出番は少ないけどカメとかかもめとか前作に登場したキャラもちゃんと出てきたのが良かった。ギルもちゃんと登場するからエンドクレジットが終わっても最後まで劇場にいてね。

オマケ1純粋に楽しめた人もいたかもしれないけど、あの八代亜紀のくだりは必要なかったと思う。せっかくピクサーの世界にいるのに余計な演出だと思う。英語版ではシガニーウィーバーらしいんだけど、そっちも「シガニーウィーバーです」とか言ってるらしいから吹替え版のせいではないんですね。

オマケ2途中ひとつ腑に落ちなかったのが、マーリンを助ける鳥のベッキーと2頭のアシカに仲間外れにされている1頭がどちらも少し知的障がい者っぽい雰囲気で、周りに利用されたりいじめられたりしてるふうだったのが気になりました。あれは世間で障がい者があんなふうに扱われていることもあるという描写?と思ってしまうのは深読みし過ぎでしょうか?

コメント (2)

疑惑のチャンピオン

2016-07-14 | シネマ か行

「ペレ」はサッカーの伝説の人でしたが、こちらも自転車界の伝説の人…になるはずだった人。ランスアームストロングと言えば自転車の門外漢でも知っている名前でしょう。

自転車の最高峰のレース、ツールドフランスで前人未到の7連覇を成し遂げたアメリカ人のヒーローは実はドーピングをしていたことが発覚し2012年すべてのタイトルははく奪され、自転車界から永久追放された。

ランスアームストロングベンフォスターが、どのようにドーピングに染まって行ったのか。当然その過程を見られるであろうことを予想して見に行ったわけですが、たった25歳でガンに侵され過酷な化学療法で見事ガンを克服した彼が勝利に固執するあまり追い詰められてついにドーピングに手を染める…といったような展開を想像していたワタクシはしょっぱなから驚かされた。彼はガンにかかる以前からドーピングを行っており、ガンを克服してからは自らドーピングを積極的に研究している医師ミケーレフェラーリギョームカネに会いに行き、自分から積極的にドーピングを行い、それを自分のチームメイトにも推奨(強制?)していた。

そうだったのか、、、スポンサーとか周囲の期待とかそういうもののプレッシャーに負けてしまってやむなく薬に手を出してしまった堕ちたヒーローだと勝手に思っていたのだけど全然違っていた。

彼はフェラーリ医師の指導の下、ドーピングだけでなく、ドーピングの証拠を隠す方法も巧みに実行していて、ドーピングの検査に来た検査官を待たせて点滴を絞り出して入れて成分を薄めたり、ドーピングしていない時の血液を試合後に戻すなどおぞましい(という強い言葉を使っていいくらいの)行為まで普通に行っていた。

1回目のツールドフランスでの優勝の時、ヒルクライムで驚異的な走りを見せたアームストロングに疑惑を持ったのはたった一人(いや、心の中の疑惑に目をつぶらなかったのはたった一人と言うべきか)アイルランド人ジャーナリストのデイヴィッドウォルシュクリスオダウドだけだった。彼はここからずっとアームストロングのドーピング疑惑を追い続けることになる。しかしなかなか決定的な証拠を挙げることはできないし、その疑惑を追っているというだけで周囲からつまはじきにされた。(それもすべてアームストロング側の裏工作だった)

ランスアームストロングというヒーローを得た自転車界、スポンサー、ファン、ガン治療の支援団体などなどなど、すべてが彼を中心に回り始め、この良い雰囲気を壊す奴は許されないという空気が広がり始める。皆がだんまりを決め込んでいれば、何も問題なんてない。恐ろしい悪循環の始まりだ。

アームストロングはキング。何をやってももうアンタッチャブルな存在。ドーピング疑惑を堂々と否定し、自らアンチドーピング機関に高額のドーピング血液検査の機械を贈るというなんとも傲慢で高慢ちきなことまでやってみせている。

そんなキングにもほころびが出来始める。常にアームストロングの影にいた元チームメイトのフロイドランディスジェシープレモンスがドーピング検査に引っかかる。アームストロングに冷たくあしらわれた彼はデイヴィッドウォルシュに連絡を入れた…そうなると彼に優勝報酬を支払わされた会社側も黙ってはいなかった。

ベンフォスターが見せるアームストロングの勝利への異常なまでの執着に一気に引き込まれる。アームストロングの人生そのものがまるで暗示にかかったようにドーピングへと突っ走っていく。彼に罪悪感はかけらもなく、周囲もそれを引きとめることなく一緒に乗っかってオイシイ思いをしようとしている。そこは自転車界だけではなく巨額のカネが動くスポーツ界全体の腐敗も示している。

周りのみんなが「せっかく盛り上がってるのに雰囲気ぶち壊すようなこと言うなよな」という空気の中で、疑惑を堂々と口にし調べていったデイヴィッドウォルシュのジャーナリスト根性に脱帽しました。彼こそが本物のスポーツファンと言えるのではないでしょうか。

上映時間103分。もう少し長くてもいいから、アームストロングの奥さんがドーピングとそれがバレたときにどういう反応をしたのかというのが見たかった気がします。出会いと結婚式のシーンだけ一瞬ありましたが、後は存在していないかのようだったので。(奥さん側に許可取れなかったとかそういう問題かな?)それ以外はスリリングな演出でとても良かったと思います。

オリンピックを前にロシアが組織的なドーピング違反で出場停止なんて言っていますが、本当にロシアだけ…???

コメント   トラックバック (2)

ペレ~伝説の誕生

2016-07-12 | シネマ は行

予告編を見て良さそうだなとは思ったのですが、ちょっとベタ過ぎるかなぁというのと、別にサッカーファンでもないのになぁという気持ちでどうしようか迷っていたのですが、見に行くことにしました。

そんなサッカーファンでもないワタクシでも知っているペレのお話。ブラジルのスラム街で育ったペレは類まれなサッカーの才能を持っていた。洗濯物を丸めたボールで裸足でしかプレーしたことなかったけど。学校と靴磨きの仕事の合間に近所の子たちと狭い路地を一度も(手作り)ボールを落とさずにパスを回していく少年たち。その中にペレがいた。

ある日、少年サッカーの大会がありプロチームのスカウトが見に来るというので試合に出るペレと仲間たち。その試合で初めて本物のサッカーボールを蹴った。洗濯物のボールと違ってやたらと飛ぶ。でもすぐにコツを掴んで自分たちのプレーで勝ち上がっていくペレたち。お金持ち集団の本物のサッカー少年チームと決勝と戦い負けてしまうが、スカウトはペレのお父さんセウジョルジに名刺を渡して帰った。

1950年のサッカーワールドカップ決勝で負けてしまったブラジルは自分たちの華麗な個人技サッカーを捨て、ヨーロッパのフォーメーションサッカーを取り入れようとしていた。そんな時代の流れとペレの華麗な個人技は真っ向から対立。プロのチームに入ってからは個人技を封印してヨーロッパ型のサッカーを仕込まれうまくいかない。でもペレを拾ってくれたスカウトはペレの才能を信じ、彼自身のプレーをしていいと背中を押してくれる。

ブラジルの華麗な個人技がブラジルに連れて来られた黒人奴隷の“ジンガ”(のちにカポエイラに派生する)という格闘技から来ているなんてまったく知らなかった。黒人奴隷が解放されてからその格闘技を恐れた白人にカポエイラは禁止され、その動きを生かしたのがサッカーでの個人技だったというのだ。これはサッカーをよく知っている人には常識なのかもしれないけど、ワタクシはまったく知らなかったのでとても感動した。

そして、当時ヨーロッパから南米の国自体が馬鹿にされ、南米のチーム自体も洗練されたヨーロッパに追いつくことを目標としていた中で、ペレがあるがままの姿でチームを優勝に導いたことは、彼らに大きな希望を与えたのだろう。ペレを馬鹿にしヨーロッパ人に憧れていた白人チームメイトのジョゼディエゴボネータが「僕はヨーロッパ人じゃない。ブラジル人なんだ」と自分に誇りを持てるようになるシーンも印象的です。いつの時代もどこの世界でもやっぱりありのままの自分を自分自身が認めるということができれば、人は顔を上げて歩いて行けるのだと思う。それを身を持って示したのがペレだった。

映画そのものの作りが非常に単純で素直。ただただ天才ペレの伝説の誕生を一気に盛り上げる作りになっている。元プロサッカー選手でアドバイスをくれる父、静かに見守りながら応援してくれる母マリアナヌメシュ、対立するライバル、結束を強くしていくチームメイトたち。そしてやはり何よりもブラジル人の魂に染み込んだ“ジンガ”を体現するペレのサッカー。すべてに胸が熱くなりました。息子の活躍をしっかり見つめるお父さんもいいんだけど、息子の活躍を見たいけど怖くて見られないというお母さんの姿に涙が出ました。演出が単純で素直というのは、このペレという偉大な選手を語るのに何も余計なものなど必要ないということなのかもしれません。

世界興行を考えると仕方ないけど、この偉大なペレ伝説の映画が英語だったのはブラジルの人からしてみればもしかして残念ポイントだったのかなーと関係のない日本人としては推測するしかないのですが。

途中で本物のペレがカメオ出演しているシーンがあって嬉しくなりました。きっとカメオ出演してるだろうと思っていたのですが、かなり分かりやすい形で出てくれていました。海外の映画館なら大きな歓声が挙がったかもしれないな。

ペレが打ちたてた数々の記録はいまだに破られていないものが多いらしいのだけど、最後に1試合でヘディングで5ゴールを決めたのはペレのお父さんだけというテロップが出て、お父さんへの敬意にさらに感動しました。

コメント   トラックバック (1)