シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バイオハザード~ザ・ファイナル

2016-12-26 | シネマ は行

「ザ・ファイナル」ついに。はぁぁぁ、やっと終わる。いや、このシリーズ好きなんですけどね、4作目以降はちょっともうええやろ、みたいになってきてまして。それでもミラが好きだし、この作品の全体的な世界観が好きだから絶対に見に行くんですが。

5作目の最後にジルが正気に戻って、やったー、またジルとアリスミラジョヴォヴィッチが一緒に戦うんやー。これでアリス、ジル、クレアアリラーターの3女性戦士3ショットが見られるやーん!とめちゃくちゃ楽しみにしていました。(もはや、ストーリーはどうでもいい)

な、の、に!

ジルは???ジルはいつ出てくるの?あ、いまこの窮地をジルがどっからともなく表れて助けてくれんの?とジルの登場を今か今かと待てど暮らせど出て来ず。どうやら、ジルは前作「5」とこの「6」の間に死んだっていう設定だったらしい。っていうのはいまこのブログを書こうと思ってネットで調べたら載ってた。いや、そんなん知らんやん。映画のノベライズ版で「5」と「6」の間の出来事が書かれてあるらしいのですが、そんなん誰も読んでへんわ!(あ、誰も、は言い過ぎか)というわけでアリス、ジル、クレアの待望の3ショットは見られませんでした。待望のってワタクシだけ?

冒頭にアリスのナレーションで色んなことを説明させといて後は爆走するっていうのが、このシリーズのパターンですが、今回の爆走がまたすごい。暗い画面の中でよう分からん巨大な異常生物と戦うアリス。画面が暗い上に動きが早過ぎて何がどうなってるのかサッパリ。どうやってやっつけたんかはよう分からんけど、とにかくアリスが勝ったみたい、みたいな。

レッドクイーンエヴァアンダーソンに48時間以内に人類が絶滅するからその前にハイブの中に戻ってアイザックスイアングレンが持っているT-ウィルスの抗体を奪って空気にばら撒けば、アンデッドたちは死滅すると聞いたアリスはハイブに向かいます。レッドクイーンを演じるエヴァアンダーソンというのは、ミラとこのシリーズのポールW.S.アンダーソン監督の娘です。来日もしてレッドカーペットを歩いていたので、ちょろっと出演しているのかなぁと思っていたら、ちょろっとどころかレッドクイーンという重要な役でした。後で登場するアリシアマーカスとアリスとレッドクイーンの関係を考えるとミラの娘が演じるというのはぴったりの役どころでした。

レッドクイーンが見せてくれたT-ウィルスが蔓延する前の会議の様子の時にアイザックスの真正面に座っている人の声がミラの声やなぁと思って、何かアリスに関連のある人だなとは思ったけど、アリシアマーカス、アリス、レッドクイーンの関連性にまでは思い至りませんでした。ストーリーはどうでもいいと言いましたが、この3人の関係のところは好きでした。

「5」でなんか知らんけどアリスの味方をしてくれたウェスカーショーンロバーツがまた敵になっていてよう分からん。これもノベライズのほうで何かあるとか。もー。

ハイブに行くまでに登場したケルベロスの姿がすっかり変わってしまっていて残念だったな。強くなっていたんだろうけど、まだ犬の形を留めていたころのほうがカッコ良かった。

ハイブ内のレーザービームの部屋もこのシリーズではお馴染み。最後に見られて良かった。いや、もっと細かいレーザー出したら終いやん、と心の中で突っ込みつつも、アリスがレーザーをよける姿にはドキドキしました。

「ザ・ファイナル」ということでやっとこさ、ラスボスは死ぬけど、なんかクローンとかウィルスの話って続けられようと思えばいくらでも続けられますよね。いや、もうほんと最後にしてほしいけど。

最後にアリシアの記憶を継ぐアリスの表情がとても良かった。「1」で目覚めた以前の記憶がないアリス。そして、それは当然のことだったと分かるのですが、そこに初めて流れ込んでいく幼少時の記憶。ミラの泣き顔って昔から変わっていなくて好きだなぁ。

いや、もうね、ほんまにやっと終わったわ。っていうのが正直な感想です。いやとにかく終わって良かった良かった。なんにしてもシリーズ途中で映画化できず中途半端に終わってしまう作品も多い中一応最後まで作れたってだけでもすごいです。同じ監督、同じ主演っていうのもすごいし、2人が夫婦でいまもうまくいってるってのもハリウッドではすごいことかも。アクション以外のミラも好きなので、これからも色んなミラを見たいです。

オマケ結構すぐ死んじゃったけどローラも頑張ってましたねー。

コメント   トラックバック (2)

マダムフローレンス!~夢見るふたり

2016-12-21 | シネマ ま行

音痴なのにカーネギーホールでコンサートをしたフローレンスフォスタージェンキンスメリルストリープのお話。お話自体も面白そうだったのですが、ワタクシの目当てはメリルでもフローレンスの夫シンクレアを演じたヒューグラントでもなく、ピアノ伴走者コズメマクムーンを演じたサイモンヘルバーグでした。あまり日本では知られていないと思うのですが、「ビッグバンセオリー」というドラマで活躍を見せている役者さんです。「ビッグバンセオリー」では頭は良いんだけど、マザコンでオタクのちょっと気持ち悪いエンジニアを演じている彼ですが、今回は小さい時から習っていたピアノの腕前を見せてくれるとのことで楽しみにしていました。サイモンヘルバーグは脇役としてすごく光っていて主役の2人の次に重要な物語の要ともなる役で、ゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされたことが先日発表されましたね。

そして、もちろん、いつものごとくメリルストリープは素晴らしかった。これまで映画の中で歌うメリルを見たことがある方ならお分かりかと思いますが、彼女は歌が上手です。そんな彼女が音痴の役を演じるのは逆に難しかったんじゃないかなと思いますが、彼女のことですから、その辺りはもう何の問題もないのでしょう。そして、歌うシーン以外でもマダムフローレンスのキャラクターを存分にワタクシたち観客によおく分かるように演じてくれる。

そのマダムフローレンスを支える夫にヒューグラント。え?ちょっと若過ぎない?と思ったんですが、実際フローレンスより7歳年下の旦那さんだったそうです。メリルとヒューは11歳差なので、ちょっと若過ぎない?という感覚はおかしくはなかったんでしょうけど、老けメイクで見ている分には特に違和感はありませんでした。ヒューのキャラクター的にこのシンクレアという男性にとてもよく合っていたと思います。

このマダムフローレンスという人は父親からの財産を引き継いでニューヨークの社交界で有名だった人のようで、そのおかげで批評を書くライターを夫が買収したりとか、小さいリサイタルの時はフローレンスをヨイショするような(彼女の歌を聞いても笑わない)客ばかりを集めたりとかできたんですよね。結局はカーネギーホールのコンサートだってお金持ちだからできたわけで…その辺りがちょっとなんだかなと思わずにはいられなかったけど、マダムフローレンスの人柄を考えるとそんなに彼女のことを悪く言う人もいなかったっぽいですけどね。(それすらもお金持ちだったからか?と勘ぐることもできるんですが)

マダムフローレンスが自分が音痴だと気付かないようにシンクレアが一所懸命にあらゆるところに手を回すのだけど、それって本当に彼女にとって幸せなこと?真実を知ったほうが良いのでは?と思ったりもしたんだけど、マダムフローレンスにとってはどうだったのかなぁ。実際彼女が実は気付いているのかどうかってところがよく分からなかった。シンクレアにしても最初の結婚で夫に初夜に梅毒うつされていつ死んでもおかしくない状態のマダムフローレンスに夢を見させてあげたいという気持ちがあったから、あそこまでのことをしてあげたのかもしれません。

マダムフローレンスが梅毒で夫婦関係を持てないことからシンクレアには公認の愛人・キャサリンレベッカファーガソンがいたことに関してはそれぞれ賛否あると思うのだけど、マダムフローレンスもこればっかりは仕方ないと思って諦めていたのでしょうね。2人が住むマンションのお金もマダムフローレンスが支払っていたようだし、、、要するにシンクレアはヒモ的な人だったのだろうけど、それでもやっぱりマダムフローレンスにはかけがえのない人だったのでしょうね。

愛人キャサリンを演じたレベッカファーガソンてキレイな人だなぁと思ったら、こないだ「ガールオンザトレイン」で見たばかりだった。あの時は金髪だったので気付きませんでした。

なんだか色々ともやっとする部分のある作品ではあったのですが、メリルとヒューの絶妙な演技を見られたことはとても良かったと思います。

コメント

ハンズオブラヴ~手のひらの勇気

2016-12-06 | シネマ は行

ベテラン刑事のローレルジュリアンムーアは職場ではゲイであることを隠していた。ある日、ステイシーエレンペイジという随分歳の離れた女性と出会い恋に落ちる。2人は年齢も環境も職業も何もかもかけ離れていたいたが、とても惹かれあい愛し合うようになる。

郊外に一軒家を買って住み始める2人。収入はローレルのほうが多く、家の購入費、ローンはローレルが負担し、その代わりステイシーは家のリフォームをがんばった。まだ法律的に「結婚」という形は取れない2人だったが、パートナーシップ制度を利用しパートナーとして郡に登録をした。家を買い犬を飼い幸せな生活が続いていたある日、ローレルが検診にひっかかり、末期のガンであることが判明する。

刑事のローレルには遺族年金というものがある。自分が死んだら年金をステイシーが受け取れるようにしてほしい。ローレルの要望は簡単に郡の委員会に却下された。

隠れゲイだったローレルに初めはショックを受けた様子だった長年の仕事上のパートナー・デーンシェルズ刑事マイケルシャノンはその決定がおかしいとローレルを手伝ってくれることに。初めは反発していた職場の仲間たちも最終的には賛同してくれる人が増えていく。

ローレルの訴えがゲイの人権団体を率いるスティーブンゴールドスタインスティーヴカレルの耳に入り、その団体が援助してくれることになる。しかし、この団体の最終的な目的は法律的に同性婚を認めさせること。ローレルは同性婚を望んでいるわけではなく、ただ単に自分のパートナーに他の夫婦と同じように“平等に”年金を支給してもらうことだけだった。その辺りの違いはありつつも、やはりゴールドスタインの人脈でデモが行われ、世論や郡政委員会が動かされたのも事実だった。

髪が抜け声も満足に出せなくなったローレルが訴える″Equality"(平等)という言葉が胸に突き刺さる。もし男女のカップルであれば、たったいま出会ったばかりでも、長年夫婦というだけでそこに愛なんか全然存在していなくても、どんなに優秀でない刑事であったとしても、結婚さえしていれば何の問題もなく遺族年金が支給される。自分たちが同性同士というだけでどんなに愛し合っていようとも平等には扱われない。自分がどんなにこの地域に貢献した刑事であったかということすら関係ない。どうしてこんな簡単な希望が、当然の権利が否定されなくてはいけないのか。

郡政委員はそんなことを認めてしまったら財政が立ち行かなくなるとかなんとか言っているけれど、刑事の人数と同じだけ遺族年金が支払われる家族がいるとすれば、そんなものはくだらない言い訳でしかない。

ジョッシュチャールズが演じる一番若い郡政委員が、ローレル側に立ちたいけど立場上賛成できず「妻と娘に連続殺人犯を見るような目で見られている」というシーンがなぜか印象に残りました。郡政委員のじじいたちはローレルのことを理解しようとしないけど、世論はそちらに傾いているんだなというのがよく分かるシーンでした。

お金なんかいらないからくだらない運動に時間を費やさず治療に専念してほしいというステイシーの気持ちもとてもよく分かりました。市民運動に利用されている時間など自分たちには1秒たりともない。そんな中最後には2人で過ごしたあの家を自分に遺したいと思ってくれているローレルの気持ちを汲み、苦手な人前に出て話をするステイシー。そんな愛を見つけることができたことは幸運だったけれど、やっぱりもっと長い間一緒にいさせてあげたかったと思います。

ジュリアンムーアはいつものように素晴らしく、周りを固めるキャストもみな素晴らしかったと思います。なぜかあまり取り上げられていない作品ですが、オススメです。

コメント