司法書士のオシゴト

会社にかかわる登記を中心に素朴なギモンにお答えします♪ 

区制施行による支店所在地の変更登記(!?) その2

2019年10月08日 | いろいろ

おはようございます♪

今日のハナシは、またまた愚痴が入っておりマスが。。。えへっ(^^;)
愚痴がお嫌いな方は読み飛ばしてくださいまし!

え~。。。前回ご紹介した以前の記事を読んでいただくとお分かりかと思うのですが、区制施行後の住所というのは、自動的に職権で登記される場合もあるんですよね。

例えば、本店所在地が政令指定都市になったとしますと、それ、区制施行後の「●区」が職権で登記されます。
支店所在地で区制が施行された場合には、本店管轄で登記されている支店所在地の住所は変わらず、支店管轄で登記されいる支店所在地の住所は、職権で区制施行後の住所が登記される。。。ということなんです。

なんで取り扱いが違うのか??。。。ということですが、商業登記規則42条1項で「登記官は職権でその変更があったことを記録することができる」との規定が根拠になっていまして。。。。
地元?当該登記所の管轄地?の場合には、もちろん、区制施行の事実は分かりすぎるくらいに分かってますし、もちろん、正式な表記に変更するのが好ましいワケだから、職権登記をするのでしょう。
しかし、その取扱いを全国どこでもやらないといけない。。。ってことになると、法務局の負担が大きい(昔はコンピュータじゃなかったしね)ので、それ以外の地に関しては「申し出があれば職権で登記する」。。。つまり「職権で登記できる」とされたのではないかな??と思います。

ただ、「登記されているハズ」でも、現物を確認しないとね!!。。。と思い、支店登記の登記情報を取得してみましたら、ちゃ~んと登記されておりました。

つまり、現在、本店管轄における支店の住所は「●県●市××●番地」、支店管轄における支店の住所は「●県●市●区××●番地」となっていて、本店管轄と支店管轄では支店住所の表示が一致していないってことです。

 

で、余談なんですけども(^^;)
例えば、商号変更によって、支店登記も行わないといけない。。。という場合、支店の住所ってどっちを書けば良いのでしょうかね???(◎_◎;)

本支店一括申請だったら前者、支店単独で申請するなら後者なんだろうか??? 読み替えってことは、どっちでも良いのか???
この会社では、そういう申請がなかったので、今回ふとギモンに思いました。

 

え~。。。話は戻りまして。。。(^^;)

今回の支店所在地の変更登記ね。。。これ、本当のコトを言うと「変更登記」ではありません (◎_◎;)
じゃあ、何なのか???。。。というと、前述の「職権登記(商業登記規則42条1項)の申出」というモノなんです。
(なので、お題に「!?」が付いてるのです(#^.^#))

つまりね、そのまんまでも読み替えられるんだけど、それだとキモチが悪いんで正式な表記に登記し直したい。。。という場合には、「申出によって、職権登記をしてもらう」ことができる。。。ワケです!(^^)!
ということなんですが、その方法としては「変更登記に準じる」ことになっております。

法務省HP http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/content/000131025.pdf

 

さて、これを踏まえまして。。。(~_~;)。。。今回の登記の添付書面としては何だと思いますか?
(あ、委任状は必要ですよ。)
ま、一般的には「区制施行の証明書」ってことになるのでしょうケドもね。。。
だけども、「職権登記の申出」ですからね、「登記申請と同じじゃない」でしょ? だったら、正式な証明書は必須じゃないハズなんですよ。
本来の変更登記だったら非課税証明が必要になりますが、「変更登記に準じる」だけで変更登記じゃないですからね。
添付書類も「これ!」って決まっているわけじゃなくて、「それらしければ良い(←準じる)」のだと思っておりますが(~_~;)。。。どうでしょう?


しかも、今回は支店管轄ですでに登記されているんだから、支店の登記情報とか、支店の管理番号などを提供することによって、市役所(又は区役所)で証明書を取得しなくても良いんじゃないかな?と思ったのです。

支店が職権で登記しているなら、同じように登記すれば良いだけのハナシじゃないの??
それを信じないってことはないでしょう!??

区制施行の証明書は、確かタダですけどね、取りに行く手間だってあるしね~。。。(^^;)

というワケで、管轄法務局に聞いてみたのですよ。

そうしたらね!!!
「相談票を出せ」って言うんですよ!

そんなの、協議するような話なんでしょうか?
相談の記録とか要ります???

そこまでしたら、結局、普通に証明書を取ってきてもらった方が安上がりになっちゃいますからね~。。。(-"-)
もう相談するのはやめました。

個人的には、明確に証明できれば良いハズじゃないかと思うんですよね。
大体、「公知の事実」だから読替えられるんでしょ?
とはいっても、突然申請されたって、全国すべての内容が即座に分かるワケじゃないので、何等かの書面を添付する必要があるってことは分かるんですよ。
だったら、変更年月日と内容が分かれば良いんじゃないでしょうか?

とは思いましたが、まぁ、わざわざ試すというほどのコトもないんで、今回は無難に証明書を取ってきていただくことにしました。

「準じる」ってトコロがミソでしょうか?

やっぱり、支店の登記情報でやってみればよかったかなぁ~。。。今更ちょっと後悔しております。。。(-_-;) 

コメント (1)

区制施行による支店所在地の変更登記(!?) その1

2019年10月04日 | いろいろ

おはようございます♪

本日は(いつもか?)ちょっとしたオハナシでございます。

え~。。。最近は支店を設置している会社はすごく減っていましてね。。。ま、支店登記を申請する機会がとっても少ないということもあると思います。
が、私の担当先では、かなり多くの支店を設置している会社サンが数社ございます。
業務の関係上ってことなんですけどね。。。(登記された)支店が20か所近くあったりします(^^;)

 

そうなりますと、支店の移転という話も結構出てくるワケですが、先日のケース。。。支店を移転するものの住所は変わらないということでした。
敷地が広いらしくって。。。同じ敷地に建っているお隣のビルに引っ越すのだそうです。
しかも、ビル名は登記していませんので、「じゃあ、決議はするけど登記はなしですね♪」と言っていたんです。

ところが!!

「あの~。。。支店の登記が間違っているみたいなんですケド。。。(>_<)」 という連絡が。

「えっ!!! 間違ってる!?」
焦りました(~_~;)

確認したところ、現在は政令指定都市になっているところでして。。。支店を設置したのは政令指定都市(区制施行)になる前だったものだから、「●区」 が抜けていた。。。ということでした。
これ、区制施行後の住所(「●区」が入るだけ)に関しては、読み替え規定が働きますんで、変更登記を申請する必要はないってことです。

しかも、それ、ウチの事務所で依頼されたモノでもなくって、「なぁ~んだ。。。ホッ♪」。。。と、一安心。
そこで、間違ってませんよ。。。と、事情を説明したのですけどね。。。会社の方たち、そのことに全く気が付いていなかったらしく「じゃあ、支店移転を機に(?)正しい住所に登記しなおしたいですっ!!」という(~_~;)

ぃや~。。。支店移転とは全く関係ないんだけどね。。。(^^;)
まぁ、やりたいならやりましょう♪。。。ということになりました。

。。。で、政令指定都市への移行に伴う区制施行に関しては、ずいぶん前にも書いておりましたんで、ご興味のある方は読んでみて下さいまし m(__)m  

https://blog.goo.ne.jp/chararineko/e/eb113e025d2804c6b38c366b686b1545

 

しかし、この話はまだ続くのであります!

コメント

熊本県司法書士会 研修会

2019年09月13日 | いろいろ

おはようございます♪

お礼が大変遅くなりましたが、先週の土曜日(9月7日)は、熊本県司法書士会の研修会に講師としてお招きいただきました。
熊本県会の皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました m(__)m

え~。。。テーマは、「議事録作成の実務」と「株主名簿と株主の管理」ということでして、4時間の長丁場でした。
しかも、研修会自体は、朝10時から夕方5時過ぎまで (^^;)
大変ですよねぇ~。
受講された皆様方、お疲れ様でございました。

 

熊本県には、10年ちょっと前に伺っておりました(個人旅行でね)。
その後地震が起こり、地元の方々は大変ご苦労されたことと思いますが、地震の前と遜色なく、街は大変賑わっているようにお見受けしました。
熊本城が元通りになるまでは、しばらくかかるようですけど、復興に対するすごいエネルギーを感じました。

講師として九州にお招きいただいたのは初めてのことでしたが、皆様とても熱心に受講していただいていましたし、休み時間に質問に来られる方もおられました。
ただね~。。。またしても、時間配分はあんまりうまくいかず(>_<)。。。申し訳ありませんでしたっ m(__)m
横道にそれちゃうんですかね??
ホント、こんな講師で情けないのですケド、どうすれば良いのやら。。。( ;∀;)。。。どなたか教えてくださいませんか???

それから、法務局の取り扱いは東京とは少し違うみたいですけれども、若干保守的な感じもしましたので、勇気のある方は(機会があれば)是非意見を戦わせてみてはいかがでしょう?(^^;)
残念なコトに、私自身は熊本法務局に登記申請をしたことはないのですが、福岡の会社さんからは何度かご依頼をいただいたことがございます。
その時の印象としては、福岡法務局はすごく東京に近い考え方をされていて、やり易いなと思っておりましたけどもね。


で、研修会に関しては、何か話しが漏れていたりとか、ご不明な点があったりしたら、ブログの方にコメントいただくか直接メールをいただいても構いませんので、ご遠慮なくご連絡くださいませ。
ご意見、ご感想も大歓迎でございます。

ところで、熊本県というトコロは、海もあり山もあり、美味しいモノがたくさんあるなぁ~。。。と思っておりましたケド、今回ちょっとビックリしたのは、「タコ」。
あっちこっちでタコが売ってましたね。生で(^^;)

馬肉は有名ですけれども、タコ(丸ごと)の煮物とか「へぇぇ~!!」な感じ。
それから、「お米」。

田んぼが多くって、ごはんがすごく美味しかったです。新米も売ってました。 
鯛めし、絶品でした。

関東では、基本的に東北・北海道のお米を食べてるもので、九州のお米って「どうなの?」と、若干侮っておりましたが、どうしてどうして!美味しい美味しい!!
お米大好きはワタクシにとっては、嬉しい驚きでした。

研修会に関しては良かったのかどうか全然自信はないのですが、ワタシ自身は熊本県を堪能させていただきました♪
至るところに「くまもん」がいるのも、とっても素敵!!

台風の影響で行き着くことができるか心配しておりましたが、行き帰りともに問題なしっ!!(#^.^#) でございました。

色々新鮮で、とぉ~っても楽しかったです!!
ご迷惑でなければ、また呼んでいただけると嬉しいデス。

。。。というわけで、得難い機会を与えてくださり、感謝感謝でございます。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします m(__)m

コメント (1)

営業保証金供託 その6

2019年09月11日 | いろいろ

おはようございます♪

長々引き延ばしましたが、今日で終了でございます♪

さてっ!
事務所に戻りまして、早速に再申請し、(「納付」ボタンが選べるようになったら)供託金をオンライン納付しまして、納付が確認できますと供託書正本(電子ファイル)が入手できます。

この辺は、不動産登記の「登記完了証」とか、「登記識別情報」みたいなものですね。
もっとも、不動産登記は「電子か紙」どちらかを選ばないといけないんで、ソコが違います。

けどね~。。。供託書正本の電子ファイルって何に使えるのかしらね???
まぁ~ 供託金の取戻しに使えるのでしょうね。
しかし、行政書士さんに「電子ファイル要ります?」って聞いたけど、「紙の写しが欲しいです」って言われたんで、そっちには使えなかったのでしょう。

翌日。。。

とうとう、(みなし)供託書正本の受け取りでございマス♪

(引用)窓口での受け取りの場合は,申請用総合ソフト等の「電子納付」画面を印刷し,申請番号,申請者名等が記載されたものを供託所窓口に提出してください(この画面を印刷したものに代えて,申請番号,申請者名の情報を記載した書面を提出したものでも差し支えありません。)。

ということですんで、ご注意ください!。。。と供託書のヒトにあらかじめ言われてまして、ようやく受け取りました。
(供託預け入れの委任状は「提示」なので、供託書正本を受け取る際に(原本還付じゃなく)返ってきました。そういえば、前からそうだった。。。(~_~;))


。。。で、供託書正本を見て思ったこと。

登記申請の場合って、「別紙」のスペースは空けないで! っていうルールがありますから、同じようにしちゃったんですよ。
そしたら「記」が中央じゃなくて、左寄せになっちゃって。。。ちょっと見た目が悪い。。。え~ん (>_<)

 

。。。とこんな感じで、色々ありましたが、一応滞りなく終了したのでした。
なんで供託でこんなにドキドキするのか。。。(~_~;)

ま、しかし、今回も良い経験をさせていただきました m(__)m

 

オマケ:

不思議なコトがありましたので、一応、お知らせしておこうかと。。。(◎_◎;)
最初のオンライン申請は、供託所の窓口において紙の取下げ書で取り下げたのですけどね。。。
そういう場合って、申請ソフト上は「取下げ」の表示がでると思うんだけど、なぜか「手続完了」の表示になっております(~_~;)
つまり、取り下げた申請と再申請の両方が「手続完了」になってるのデス。なぜだろ~????
う~ん。。。間違いだろうな。。。きっと。。。(~_~;)。。。ケド、ま、大したことじゃないのでしょうかね?

触れなくて良っか。。。お互いに。。。ははは。。。

コメント

営業保証金供託 その5

2019年09月09日 | いろいろ

おはようございます♪

相変わらず、盛大に引っ張っておりますが(~_~;) 前回の続きです。

 

取下げ勧告の電話がかかってきたということでね。。。(>_<)
そんな重大な誤りが!??(>_<)
全然思い当たらないんだけど。。。。と思い、どういう内容か聞いたら。。。むぅぅ~。。。そんなトコで取下げ???????(◎_◎;)

けどなぁぁ~、どっちみち、供託書正本は後日受け取るつもりなのだし。。。委任状持ってきちゃっているし、途中まで移動して来ちゃってるし、登記所で他の用事もあるし。。。なので、とりあえずそのまま行ってみることにしました。

。。。で、申請書のドコがダメだったか。。。ということですが、

供託者として

(1)「氏名又は法人名」と(2)「代表者(資格・氏名)又は 代理人(住所・氏名)」という欄がありまして。。。

 (1)●●株式会社 (2)東京都港区●● 司法書士●●

と記載したのですけども。。。ココ、

(1)●●株式会社 代表取締役●● (2)東京都港区●● 代理人 司法書士●●

としないとダメだったらしい。。。(;_;)

言い訳ですけどね!!!
オンライン申請の手引書には、法人が供託者になる場合の記載例がないんですモン!
しかも、代理人が申請する場合に代表者の資格氏名が要るようには思えないじゃん!!!。。。愚痴デス( ;∀;)

取下げ自体、大した事じゃないけど。。。これくらいのコトで取り下げないといけないんだ。。。ガッカリ。。。(/ω\)

 

 

そして、供託所に到着。
「先ほど事務所にお電話いただいたみたいですみません!! 委任状を持ってきたのですケド、先にお預けすることはできますか?」。。。って聞いてみたら、OK。。。と。

そもそも、今日は委任状を出しに来ただけなんでね。。。とりあえず、受け取って貰えましたから当初の目的は果たせたワケです。ホッ♪
ついでに、窓口で「紙」の取下書を書いて、その場で取下げ完了。

ちなみに「あのぉ~。。。これって、補正では駄目だったんでしょうか、?? もしかして、「電子署名あり」だったら、「取下げ+再申請」は要らなかったんでしょうか?」 と聞いてみました。
すると。。。「え~と。。。(~_~;)。。。補正もできますよ。補正したかったですか???」という。。。(◎_◎;)

取下げ書出してから言われてもな。。。供託所のヒトもオンライン申請に慣れていないのか???。。。(~_~;)。。。と思いつつ、「いえいえっ!!戻ったら即刻再申請するんで大丈夫ですっ!!!!」とお答えしました。
えっとね。。。登記申請の場合の「オンライン申請」と「登記事項のオンライン提出」という関係とはかなり違うみたいで、結局、電子署名をしたかどうかにかからわず、どっちでも補正はできたみたいです。
勝手な想像ですケドね。。。供託所からオンライン申請してね♪って通知が来るってことは、オンライン申請が少ないってことでしょう?

 

結局、供託所のヒトですら、それほど慣れてないってコトのようです。
なぁ~んだ ♪

。。。などと、若干気が大きくなったりしましてね(^^;)

次回へ続く~♪

コメント