司法書士のオシゴト

会社にかかわる登記を中心に素朴なギモンにお答えします♪ 

福島県司法書士会研修会 ご報告とお礼

2021年11月16日 | いろいろ

しばらくぶりの更新でございます。。。(@_@;)。。。m(__)m
と、毎回言ってますんでね~~。。。もはや言い訳も難しい状況でございますが。。。でも、スミマセン m(__)m m(__)m m(__)m

 

先週の土曜日は、福島県司法書士会の研修会に行ってまいりました♪
県をまたぐ移動自体が、もぉぉ~。。。チョー久しぶりでね、とっても楽しみにしておりました。

福島県には。。。子供の頃から、旅行に行ったり、学校行事で出かけたり。。。と、かなり頻繁にお邪魔しておりました。
オシゴトも、ボチボチご依頼いただいていまして、コロナ前は、数年に一度は打ち合わせに。。。。という感じ。

。。。で、研修会のときには言いませんでしたケド、以前、福島県の会社のオシゴトをしていたときにですね。。。「うちの顧問の先生がナンチャラ。。。、○○先生にお願いすれば。。。」みたいな会話があって。。。。「んっ?」。。。「福島の?。。。〇〇先生?。。。」「あれ~???。。。もしや??!!」。。。と思い、聞いてみたら。。。何とっ!!

その会社の顧問の司法書士さんが、受験生時代からの友人だったんです (≧◇≦)
同じ歳で、同期合格のH君!!

びっくりして、電話しちゃいましたよ。
そしたら、「古賀さ~んっ!!」みたいな感じで、ぃやあ~。。。変わっていなくて、とても嬉しかったデス♪
若い頃の友人って、本当に何年たっても良いモノだな~。。。と思いました。

。。。で、今回もH君に、お声をかけていただきました。
特別枠か??

。。。というわけで、H君と二十数年ぶりの再会!!。。。となりました (#^.^#)
お互い、老けましたけどね~。。。でも、あんまり隔たりは感じませんでした。
ただ、周りのヒトビトは、ちょぉ~っと引いていたかも!?(@_@;)

 

研修会の方は、何といますか、3時間はとても久しぶりだったので、結構緊張しました。
(現地に行かないWEB研修の講師につきましては、回線の不具合とか機材の操作が怖くてお断りしております。せっかくお誘いいただいた皆様、申し訳ありません。)
しかし。。。最近会得した「あんちょこ読み原稿」のおかげで、時間はOK。。。アハハ~。。。(≧◇≦)

お題は、会社法の改正と商業業登記規則の改正でした。
WEBですので、会場の方の反応が全く分からないのが、ちょっと残念ですけども。。。出席された皆様、どうでしたかね~???
ご感想をお聞かせいただけたら嬉しいですっ♪

 

会長の角田先生にも、一日中お付き合いいただいて、お手数をお掛けいたしました。
関係者各位にも、大変大変お世話になりました。

これからどうなるか分かりませんケドも。。。ぃやぁぁ~。。。コロナが一段落して良かったですよ。ホント~にっ!!
しみじみ~。。。(ノД`)・゜・。

やっぱりね。。。WEBはベンリなんだけど、もの足りないワケですよ!!
特に、現地に行かないと、新たな人間関係ができないじゃないですか??

ようやく、東京から移動しても冷たい目でみられなくなり、嬉しいのなんの。。。という一日でした。

ありがとうございましたっ!! m(__)m m(__)m m(__)m

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年2月15日以降の商業登記の変更点 その4

2021年10月12日 | 株主総会

おはようございます m(__)m

 

前回までのハナシ。。。分かりましたかね~(~_~;)。。。すごく分かりにくいような気がするんだけど。。。とにかく、今のところは

・印鑑の提出はこれまでどおり必要だと思っていればOK♪
・印鑑の提出はオンラインでもできる。。。ケド、登記申請と同時の場合に限る!!

という感じで良いと思います。

ハンコとか、印鑑証明書が(ほとんど要らない)世の中になったら、また考えましょう(≧◇≦)

 

といいつつですね。。。
もうちょっと、印鑑が提出されていない場合のコトを考えてみましょう(ワタシのアタマの整理のため。。。(~_~;))。

 

商業登記の添付書面には、会社の届出印を押さないといけない(あるいは、任意に押す)書面があるじゃないですか?
そういう書面が、どうなるか。。。というハナシです。

まず、しつこいんだけど、登記申請の委任状ね。。。
これは、印鑑が提出されていなければ、紙で作成することができません。

次に、商業登記規則61条8項の辞任届です。
こっちは要注意でございます。
条文を見てみましょう。

商業登記規則61条8項 代表取締役若しくは代表執行役又は取締役若しくは執行役(登記所に印鑑を提出した者がある場合にあつては当該印鑑を提出した者に限り、登記所に印鑑を提出した者がない場合にあつては会社の代表者に限る。以下この項において「代表取締役等」という。)の辞任による変更の登記の申請書には、当該代表取締役等(その者の成年後見人又は保佐人が本人に代わつて行う場合にあつては、当該成年後見人又は保佐人)が辞任を証する書面に押印した印鑑につき市町村長の作成した証明書を添付しなければならない。ただし、登記所に印鑑を提出した者がある場合であつて、当該書面に押印した印鑑と当該代表取締役等が登記所に提出している印鑑とが同一であるときは、この限りでない。

いかがですか??

モトモト、対象者は印鑑を提出した代表取締役とされていまして、印鑑を提出していない代表取締役が辞任する場合はこの規定の適用は受けない。。。とされていましたよね。
ところが、印鑑を提出しない会社の場合は、印鑑を提出したヒトがいないんで、代表取締役であれば全員が61条8項の適用を受けてしまいます。
そして、会社の印鑑がないから、辞任届には個人の実印を押して、印鑑証明書を添付しないといけない。。。んですよっ!! (@_@;)

おおっ!!そう言われてみればそうだよね。。。って思いません??
ワタシなんて、印鑑を提出したヒトがいないんだから、辞任届に個人の実印を押さなきゃいけないケースはないんじゃ??。。。とか思っちゃいまして、アブナイ、アブナイ(^^;)

 

。。。というワケで、ちょっと短いですけど、本日はこれにて終了いたします♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年2月15日以降の商業登記の変更点 その3

2021年10月04日 | 商業登記

おはようございます♪

えーっと。。。前回は「印鑑提出の任意化」からハナシが横道にそれてしまいました (;O;)
実は、ワタシ自身、まだモヤモヤすることが多いんで、間違っていることもあると思います。
なので、「ホントかよ?!」。。。って思ったら、コメントくださいませ m(__)m

というワケで、今日こそ「印鑑提出の任意化」についてでございマス!!

 

先日ご紹介したように、印鑑提出はオンラインでもできるようになったんですケドね。。。
しかし、「印鑑の提出」ってモノは、オンラインで提出できるとはいえ、「紙にハンコを押すコト」が前提なんで、例えば、完全オンライン申請だったら、ハンコを押す場面はない。。。ってコトですよね。

つまり、手続の電子化を進めていこうとした場合、印鑑提出は必須じゃなくて良いんじゃない?。。。というコトなんだろうと思います。
そこで、商業登記法20条が廃止された。。。というのが、今回の改正デス。

じゃあ、印鑑を提出しなくっても不便じゃないの???。。。というと。。。そりゃあ不便ですっ!!(#^.^#)
不便というかねぇぇ~。。。(~_~;)。。。現時点では、ずぅ~っと印鑑を提出しなくても困らない会社って、存在しないんじゃないかと思います。
だって、印鑑を提出しないと、印鑑証明書が取れないんですからっ=3

例えばですね。
マイナンバーカードを持っている個人が、「スーパー・ファスト・トラックオプション」を使って設立をしますよ。。。とか、法人設立ワンストップサービスを利用しますよ。。。というような場合には、印鑑提出をしない方が便利でしょう。。。(^^♪

ただ、設立後は銀行口座を作りますよね?
その時って、普通は会社の印鑑証明書を提出する必要があるでしょう???

そのほかにも、契約書に実印を押して印鑑証明書を添付する。。。ってコトは、日常的に必要な気がします。

 

では、単純に、登記申請の場面だけ考えるとどうなのか??。。。。(◎_◎;)

予め印鑑の提出が必要な場合。。。つまり、会社の届出印を押さなければいけない場合というのは二つありまして。。。。


一つ目。
司法書士に登記申請を委任する場合の委任状を「紙」で作成する場合です。
これには、必ず、会社の届出印を押さないといけませんので、「印鑑提出をしておく必要」がありますね ^_^;

二つ目。
こっちは、ワタシ達司法書士にはあんまり関係ありませんが、本人申請の場合の登記申請を紙でする場合の申請書です。
これも、会社の届出印を押印することが必須になっています。

 

なのでね~。。。ワタシが考えるに。。。(ーー;)。。。完全オンライン申請を目指す会社以外は、印鑑を提出しないという選択肢はないんじゃなかろうか。。。と思いマス。

え~。。。だけど。。。ちょっと待って、待ってっ!!
他にも「会社の届出印を押さないといけない書面」もあるでしょ?。。。と思いますよね?

えーっとね。。。(~_~;)。。。これは、「押印の見直し」の方と関係するんで、ちょっと待っててくださいマセ m(__)m

 

考えてみると、アレコレちょっこっとずつ関連してるんですよね~。。。だからゴチャゴチャになるんだわ。。。(-"-)

。。。というワケで、次回へ続く♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年2月15日以降の商業登記の変更点 その2

2021年09月29日 | 商業登記

おはようございます♪

本日は、「本題」の続きでございます(ーー;)
長々と引き延ばしてしまい、大変大変失礼いたしましたっ!! m(__)m

順番をどうしようかなぁ~。。。。と悩みましたケド、まずは、印鑑提出の任意化からいきましょうかね。。。^_^;

 

え~。。。
印鑑提出のハナシは、法人設立ワンストップサービスが検討されている頃から問題になっていたように思います。
一連の手続きを「紙」なしでやろうとした場合に、どうしても「印鑑提出」が障害になってしまう。。。というコトのようでした。

当時のハナシは、コチラ → https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/hojinsetsuritsu/dai7/siryou3.pdf

 

じゃあ、印鑑提出もオンラインでできるようにすれば良いのでは?。。。と思うワケですけども、改正前は「印鑑提出は書面に限る」とされておりました。
書面に限るとされていた理由は、

→ 1.印鑑届書をPDFデータに変換すると画質が悪くなり,印影の照合が困難になるおそれがある
  2. データ画像は自由に拡大・縮小でき,印影の正確な大きさを担保できないおそれがある

ってことだったようです。

 

そこで、今般の改正では、オンラインでも印鑑提出ができる。。。ってことになりました!
。。。んで、1の回避策については、解像度の目安は600dpi程度とし、解像度が低くて不鮮明な印影等であると登記官が判断した場合には、原本を提出するケースもありますよ。。。と。
2の回避策については、法務省のHPから目盛付の専用書式をダウンロードして、原寸大でスキャンしているかどうか確認できるようになっている。。。と (^^)
PDFファイルの目盛が長かったり、短かったりする場合は、これも、「原本を提出しなさいっ!」。。。って言われるんだろうと思います。


そんなこんなで、印鑑提出もオンラインでできるようになりましたんで、一応、障害はなくなった。。。ということにはなりそうです。
ただし、オンラインで印鑑提出ができるのは、登記申請と同時に行う場合に限りますので、注意してくださぁ~い!!

 

これに関連して、先日ちょっとしたご相談があったんでございマス。
えーっとですね。。。東京本社と大阪支社がある会社でして、東京本社で会社の実印が管理されています。
この状況下で「震災等で、東京本社が機能しなくなった場合、大阪支社(=つまり大阪法務局)で、現在の印鑑とは別の印鑑を登録(=つまり改印)できますか?」というご相談。

コレ、どう思います??(◎_◎;)

まず、印鑑の提出は、本店を管轄する登記所でしか行えませんから、大阪法務局に対して印鑑を提出することはできませんよね。
それから、仮に改印できるとしても、代表取締役の印鑑証明書が必要になりますから、これもハードルが高そうな気がします。(#^.^#)

。。。となると???
予め商業登記電子証明書(又は代表取締役のマイナンバーカード)を取得しておき、オンラインで改印届出すれば良いんじゃない??。。。と思ったんですよ (#^.^#)
改印する場合でも、商業登記電子証明書は引き続き使用できるはずだし、電子証明書を使えば代表取締役の印鑑証明が要らなくなるじゃない??。。。と。
(ハナシの順序がちょっとビミョーなんですが、どうして「商業登記電子証明書」が使えるか。。。については、改めてご説明します(~_~;))

そうすれば、大阪本社で改印届出を作成し、これをPDF化→電子署名(商業登記電子証明書又は代表取締役のマイナンバーカード)→大阪から東京法務局へオンライン申請できるでしょ??

我ながら、ナイスアイデアじゃない!!。。。と思ったんだけどね。。。登記申請と同時にしないとダメだった。。。Σ(゚д゚lll)ガーン。。。ということで、これは使えないことになりました。

 

しかしですよ!?
またまたハナシの順序がおかしいんですが、商業登記電子証明書の発行請求は単体でオンライン申請できるのに、どうして印鑑の提出はダメなんでしょうか?
紙なら(場合によって)単独でできるのに。。。むぅぅ~。。。(一一")

 

。。。という感じで、完全に紙とオンラインが対応しているワケでもないんで、頭を柔らかくしないと、ゴチャゴチャになっちゃう気がしておりマス。

印鑑提出の任意化のハナシはどこへ???。。。あれっ?。。。(~_~;)。。。っと思いつつ。。。次回へ続く~♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一般社団法人 日本財産管理協会(略して「日財協」)研修会のご報告とお礼

2021年09月24日 | いろいろ

おはようございます♪

またしても、更新をサボっていましたら。。。(◎_◎;)。。。あっという間に前回の更新から2か月も経ってしまいました。
わわわっ。。。申し訳ございませんでしたっ m(__)m m(__)m m(__)m

忙しかったというほどではなかったんですが。。。^_^;
やっぱり、ちょっとサボり始めてしまいますと、自分でも不思議なんだけど。。。更新する気持ちが萎えてしまう感じなんですよね~。

。。。ですけど。。。先日、一般社団法人日本財産管理協会(https://www.nichizaikyo.jp/)主催の研修会の講師にお招きいただきまして。。。本日の更新に至りました。

といっても、研修会は9月11日(土)だったんで、お礼も、ちょ~遅くなりました。
失礼いたしました m(__)m

関係者の皆様には、大変お世話になりました。
色々お気遣もいいただきまして、ありがとうございました m(__)m m(__)m m(__)m

 

 

 

 

 

で。。。この研修会ですケドも。。。商業登記倶楽部との共催でございまして、神奈川の夏期セミナーを兼ねて開催されておりました。
なので、神崎満治郎先生もご登壇され、㈱リーガルさん、ワタクシ、神崎先生という順でお話をさせていただいた。。。という次第デス。

神崎先生とご一緒したんですよ!?。。。ビックリでしょう??
なんかね~。。。それだけでキンチョーしてしまいました 汗汗汗

リーガルさんは、添付書面の電子化に関すること。
ワタシは一応、商業登記規則の改正(いわゆる10号通達)について。
神崎先生は、会社法改正ほか諸々。

。。という内容でした。

 

ただですね。。。元々は神奈川県司法書士会の司法書士会館でWEB併用のセミナーのハズだったんですケド。。。緊急事態宣言が延長されちゃったモンだから、急遽、WEBオンリーになっちゃいました。。。(;O;)。。。残念っ!!

それにしても。。。受講されているヒトのカオが見えないって、何とも味気ない気がしております。
苦手な講師をお引き受けする楽しみって、受講されている方の様子を見たり、懇親会で色んな方々とお話しをしたり。。。っていうのがメイン(←あくまでも「ワタシが」ですが)なのに、顔が見えないって。。。。う~ん。。。調子が出ませんね(-"-)

 

まぁでもね。。。感染者も減ってきましたし、ワタシも2回のワクチン接種を終えましたんで、研修会も、少人数だったら直接会場に来ていただけるようになるかな~。。。と、ちょっと期待をしています。
年内にお引き受けしている研修会もありますので、そちらも終わりましたら、ご報告したいと思っておりマス♪

 

。。。というワケで、とりとめのないハナシでございましたケド、ご報告とお礼でした。

 

今回は、ちょっとリハビリをさせていただいたので、本来の更新も早めに再開したいと思っております。
(じゃないと、またサボってしまいそう。。。(ーー;))

どうぞよろしくお願いいたします m(__)m m(__)m m(__)m

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする