ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

NICU新生児集中治療室再開のお知らせ

2018-07-31 13:21:40 | 市役所でのこと


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

NICUとは新生児集中治療室の略で、普通の産科では診きれないハイリスクの母子を診てくれる機関です。

この6年間、NICUはお医者さんが見つからず、圏域内の母子は埼玉医大にお世話になっていましたが、ここでお医者さんが見つかり、

NICUが3床ですが、7月1日より再開いたしました。

県としては、県内の地域にそれぞれ母体、胎児、新生児に高度な医療を施せる病院を地域周産期母子医療センターと位置づけ設置しています。

この圏域(所沢、飯能、入間、狭山、日高)では、国立西埼玉中央病院が担当してくれていました。

いざというときに重篤な未熟児などを診てくれるベッド数は9ベッドでしたが、

24年9月にお医者さん2名が退職し、機能できなくなってしまいました。

この任務は、責任が重いうえに激務の連続で、お医者さんの引き受け手がいないのでした。

そこで、回復治療室(GCU16床)もあわせて受付できなくなりました。

さらに25年4月からは1年間出産の受け付けもなくなりました。

市としてもNICUの再開を要請していたわけですが、



ここで担ってくださるお医者さんが見つかったことは本当にありがたいことであり、感謝の気持ちでいっぱいであります.




ラーメン食べて腹いっぱい
(ただし12年前)44才

コメント

大相撲所沢場所8月7日 開催迫る!! 少しまだ席あり!

2018-07-30 17:56:17 | 行事を見たり聴いたり活動


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします

8月7日 市民体育館 にて 大相撲所沢場所 が開催されます。

席はまだ あります。

チケットお求めの方は、ぜひこちらから。

申し込みは8月2日までらしい

席は 4000円~14000円 まで。


チケット大相撲協会
http://sumo.pia.jp/ticketInformation.do?eventCd=1819073&rlsCd=004



チケットぴあ(こちらは8500円~)
http://www.kaigiroku.net/kensaku/cgi-bin/WWWframeNittei.exe?USR=saitoks&PWD=&A=frameNittei&XM=000100000000000&L=1&S=15&Y=%95%bd%90%ac29%94%4e&B=255&T=0&T0=70&O=1&P1=&P2=%93%fc%91%f2%96%4c+&P3=&P=1&K=131&N=1154&W1=%93%8c%91%ba%8e%52&W2=%82%c6%82%b1%82%eb%83%6f%83%58&W3=&W4=&DU=0&WDT=1

コメント

東村山市と ところバス 乗り入れの協定(吾妻循環)を結びました

2018-07-30 12:22:19 | 市役所でのこと


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします

7月27日(金)


             藤本 と 東村山市 渡部尚(たかし)市長

東村山市多摩湖町 に 吾妻循環コースのバスを乗り入れることにしました。

きっかけは、I議員さんからの質問です。

http://www.kaigiroku.net/kensaku/cgi-bin/WWWframeNittei.exe?USR=saitoks&PWD=&A=frameNittei&XM=000100000000000&L=1&S=15&Y=%95%bd%90%ac29%94%4e&B=255&T=0&T0=70&O=1&P1=&P2=%93%fc%91%f2%96%4c+&P3=&P=1&K=131&N=1154&W1=%93%8c%91%ba%8e%52&W2=%82%c6%82%b1%82%eb%83%6f%83%58&W3=&W4=&DU=0&WDT=1
昨年6月議会、

「東村山市の多摩湖町の人々がコミュニティバスが入れない地域で困っている。(多摩湖町まで東村山中心部から入ってくるのが難しいらしい。)目の前をところバスが走っているのだから、少し回り道になるが、回れないか?」

との質問だった。

そこで、検討して、今日にいたった。

東村山市長からは「本当に感謝している。高低差のある高齢者の多い地区だが、これで助かる。県境をまたいでのバス交流は初めてではないか。」と感謝された。

本市としても買い物などで所沢に来てくれる東村山市民だし、今までも東村山市とは、

多摩湖、狭山湖周辺魅力アップ自治体5市消防応援自治体としてともに活動し、

市長としても淵の森でともに掃除参加している間柄。役に立ててうれしい。

これからも助け合って両市を発展させていきましょう! と約束しあったのでした。


今までは、競輪場脇をそのまま走っていましたが、(所沢市側に家はない)

これからは、南に折れて多摩湖町の周辺を回って(黄色路線)、元のコースに戻ります。

行く先は所沢駅。

コメント

長野県上田市と 産業交流に関するフレンドシップ協定 を結ぶ!

2018-07-27 12:31:44 | 市役所でのこと


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

私はこの頃思うことがあります。 Mr.チャンスマン(好機)は前髪しかありません。 
好機が向こうから来た時に、前髪をつかまないと 通り過ぎてからつかもうとしても (後ろ髪がないから)
チャンスを逸してしまうのです。


私は比較的、遠慮気味のタイプですが、市長なんだから自ら動いて
所沢市民にとって後々生かせそうなご縁や運や(やチャンス)は積極的に生かしていこう! 
と思って活動しております。(スロバキヤ行き も然り)


             上田市の 土屋市長さんとイメキャラのゆきまるくん(真田幸村)

今日24日、長野県上田市と『産業交流に関するフレンドシップ協定』を結びました。

簡単に言えば、

農産物、物産品、イベントなどで交流して、それぞれの良さを交換(交歓)していきましょう!

という内容の約束をしたっていうこと。

きっかけは、昨年、ヒョウの被害を受けた上田市を所沢市が助けたことから始まりました。

そもそも、所沢市民フェスティバルにいつも上田市から「りんご」が販売される。そんなお付き合いは平成18年から続いていました。

しかし、昨年、上田市のりんごがヒョウに撃たれて被害を受けてしまったのです。

味は変わらないのに傷がついて、売り物にならない。ジュースにしか使えない・・・。

そこで、上田市から所沢市に「少し買っていただけないか?」 打診がされたのでした。


本市はすぐさま快諾し、 市職員が傷ついたりんごをたくさんたくさん注文しました。

また、その後も、種類の違うりんごが出荷されると、傷ありですので同様に市職員で注文し、

さらに市民のみなさまにもお知らせし、買っていただき、

所沢祭りでも販売して、なんと全部で13トン分 所沢で買ったのでした。

その協力の甲斐あって、上田のリンゴ農家は苦境を脱し、また、生産に勤(いそ)しむことができた、というのです。

そんなたすけあいの友情が芽生え、これから仲良く、互いの農商工の産業を応援したり、人々の交流もできたらいいですね、

ということになりました。

上田市には狭山茶を紹介し、飲んでもらっております。(あちらは今までは静岡茶がメイン)

上田市は、温泉あり、ワインあり、棚田あり(オーナー制 募集中)、少年活動施設あり、ラグビー場あり(菅平の上田市内)

ここから高速で2時間です。交流の輪は広がりそうですね。

今後どう発展するか楽しみです。

昨年10月(シナノスィート)



昨年11月(シナノゴールド)





 

コメント

『所沢市障害のある人もない人も共に生きる社会づくり条例』 記念シンポジウムで目が醒めた!!

2018-07-02 14:14:35 | かんじたこと、つぶやき


にほんブログ村←クリックよろしくお願いいたします。

どんなに才能がある天真爛漫の子どもでも、罵倒され泥水をかけられ、否定され続ければ、
自己を疑い、人を信じず、笑顔のない表情のない子どもになってしまうだろう。



7月1日、今日は『所沢市障害のある人もない人も共に生きる社会づくり条例』の施行日であった。

この条例、先の3月議会では、「地域新電力会社設立事業」とともに所沢市が他市に誇る先進的な議案の1つ、
いわば、秘蔵っ子として、議会に提案したものである。

さぁ、認められ褒めてもらって、市民のため頑張って来い!

ところが、市議会では、

ここもダメ、あそこもダメ、あんたなんか価値はない。なんで中途半端で生まれてきたの?!

そんな趣旨の質問ばかりを浴びせられた。 

市民のためになる先駆的な条例、議会にもさぞかし喜んでもらえるだろう、

そう思って差し出した秘蔵っ子は、

議会ではさんざんにけなされ、否定され、

最終的には可決されたものの、すでに往時の華やかさは失せ泥水にかすんで かすかに息する体(てい)で産み落とされた。

そんな感じだった。

そうやっていつしか3ヶ月が経ってしまった。

ところが、今日7月1日のシンポジウムは、

泥にまみれ自信を失ったこの条例に、もう一度清冽な水をそそぎ顔をぬぐって、

本来の、華やかで希望に満ちた秘蔵っ子の姿に戻してくれるもの
だったのだ。

まず、障害者施策推進協議会委員、条例検討会会長の早稲田大学、田中英樹教授からは、この条例の価値が語られた。

すなわち、障害のある人は全国に950万人、なんと13人に1人が当てはまること=他人事でなく自分事。法律ができて、「不当な差別の禁止」と「合理的配慮の必要」がうたわれたのだが、法律にはまだ定義不十分な部分がある。所沢市の条例は、それを穴埋めし、あっせんの場などがきちんと設定されていること。 そもそも法の理念をつぶさに市民に広めるために、この条例は役立つし、所沢市の場合、「障害のある人の役割」も定義され、さらに、手話言語条例を制定を望む人々が求める理念ももれなく盛り込んだものとなっている。 
条例の前文には、所沢市とこの条例制定に至るまでの歴史が表され、社会的障壁を取り除くための具体的な補助制度も同時に準備されている。ゆえに本条例を県内に先駆けて作った(2番目)ことは、非常に意義深いことである。

また、条例つくりのために長く奔走されてきた障がい者団体協議会会長で障害者施策推進協議会委員の一木昭憲さんからは、

法律が26年に成立してからずっと条例の必要を説いてきた。が、市民からも役所からもなかなか理解されなかった。
条例なんか作るよりも、みんなが仲良くなればそれでいいんじゃないの、とも言われ、障害者差別(社会的障壁の存在)を真正面から取り上げようとは誰もしなかった。27年、市長が選挙の時に、自分(一木さん)の意思を受けて公約に入れ、それから話は進み始めた。
自分も検討委員の一員になって、1年半話し合い論議しあって、やっと所沢市独自の条例ができた。ここからがスタートだ。

という趣旨のお話をいただいた。

お二人とも、産みの苦労を語りながら、一つ一つの条文に込めた思いを語り、これからしっかりと共生社会に役立つように、

その誕生を祝ってくれた。


ああ、そうだったのだ。

議会で余りにも腐(くさ)されて、この条例を作るまでの多くの苦労と所期の願いを、
                        この私自身までもが忘れてしまっていたのだった・・・。

まるで望まれぬ子のように、この条例の素性も隠して(私の公約であったという素性)執行部も説明をする気の使いようであった。
(市長の公約だというと余計に反発が強くなると執行部は認識している)

そうではなくて、やはりこの条例は、願われて期待されて生まれてきた天真爛漫の秘蔵っ子なのであった。

かけられた泥を拭(ぬぐ)ってやって、
「心配するな。お前は素晴らしい子どもなんだ。お前の良さを存分に発揮して、
                   共生社会実現のために力いっぱい頑張っておいで。」

と声をかけてやることも私は忘れてしまっていた・・・。

・・・・・・・私は心底情けなかった。


その後シンポジウムは障害のある3人のアスリートが共生社会への希望を語り、

不自由な体を押して林家かん平師匠が「人生は明るく楽しく」と私たちを笑いへ誘い、

「障害のある人もない人も共に生きる」社会の素晴らしさを私たちに完膚(かんぷ)なきまでに感じさせてくれたのだった。


この条例は大切な大切な条例なのだ。
そして、この条例はこれから思う存分活躍して、社会を変えていく条例なのだ。


スタートはこれからで、これからこそ真価が問われるのだ。 

田中先生、一木さん、3人のアスリート伊藤さん、安達さん、竹本さん、そして林家かん平さん。  

この方々に、澄んだ清い水で顔を拭われ、素顔が覗いた秘蔵っ子は、少し笑ったよう だった。

久々の笑顔であった。

この子のこの笑顔をもう決して消しはすまい、僕は、思わず彼を引き寄せ 抱きしめた。 


3人のアスリート 左から伊藤さん(車いすバスケ) 安達さん(ゴールボール) 竹本さん(デフバスケ)


  脳こうそくを克服し 高座に出ている 林家かん平さん「人生は明るく楽しく」

 




コメント