ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

所澤を知るイベント part2

2017-02-27 09:38:35 | 市役所でのこと


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします

実は先日フランス大使館の国防武官のピポロ海軍大佐が市役所においでくださいました。

というのも、所沢は日本で初めて飛行場ができた町。

そのとき、飛んだのは、フランスのアンリーファルマン機、飛行技術を教えてくれたのはフォール大佐以下フランス空軍の人々。

フォール大佐来日100年を記念してもう一度、往時を振り返り、価値を共通認識し、さらなる親交を深めたいと考えています。

その時初めて学んだのが、有楽町にある美好軒の「フォールカツレツ(とんかつ)」だったりするんですよ。

ってことで、航空発祥記念館で特別展も開きます。

題して、「日本 仏蘭西・百年飛行の旅」

期間は4月9日(日)まで、そして、公開講座など催します。




『旅鞄いっぱいのパリ』
3月12日(日)13時~14時30分
堤信子さん(アナウンサー)
仏蘭西の旅の魅力や思い出などトークショー形式でお話されます。
定員200名
事前申込制 往復はがきまたはインターネットで(締め切り3月5日)
ご住所・お名前・年齢・電話番号・開催日と講座名
ただし、親子で参加の場合、お子様の学年と人数を必ず!
〒359-0042 所沢市並木1-13 航空発祥記念館 公開講座担当あて 


『知られざる日仏交流史』
3月18日(土)13時~15時
クリスチャン・ポラックさん
参加人数60名まで
事前申し込み制 往復はがきまたはインターネットで(締め切り3月10日)
ご住所・お名前・年齢・電話番号・開催日と講座名
高校生以上に限る
〒359-0042 所沢市並木1-13 航空発祥記念館 公開講座担当あて



『航空機を安全・快適に飛ばすには・・・』

4月2日(日)13時~15時
小野寺英幸さん JALエンジニアリング技術部
定員60名まで
事前申し込み制 往復はがきまたはインターネットで(締め切り3月22日)
ご住所・お名前・年齢・電話番号・開催日と講座名
ただし、親子で参加の場合、お子様の学年と人数を必ず!

〒359-0042 所沢市並木1-13 航空発祥記念館 公開講座担当あて

そのほか、

★飛行機工作教室  13時30分~1時間程度

3月5日紙飛行機「スカイカブⅢ」 

3月26日ゴム動力飛行機「スカイハートⅡ」 定員各40名

春の航空公園を味わいながら、日仏の歴史に浸ってみてはいかがでしょう!



おっと、もう一つ、忘れちゃいけない。

生涯学習センタープロデュース

『入門 所沢市史 かけ足で学ぶ所沢の歴史』

前編、後編ともに 13時30分~15時30分
 
場所:生涯学習センター

3月19日(日) 「所沢の自然 考古 中世、江戸時代の所沢」

3月26日(日) 「近現代の所沢と文化財 民俗入門」 (講師はふるさと研究グループ職員)

申し込み 電話またはFAX又はメール

☎04-2991-0308  FAX 04-s991-0309

メール b29910308@city.tokorozawa.lg.jp

コメント

所澤を知る、感じるイベント ご紹介

2017-02-23 12:45:51 | 行事を見たり聴いたり活動


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

今日は議会は議案調査の日。

本会議や委員会が表とすれば、今日は裏の日。

執行部は全部の会派を回って、議案についてご説明いたす。議員も忌憚なく質問して整理する。

ゆえに、職員としては一日中議会の会派の部屋を回っている。

そこで今日はイベントのご紹介。



所沢中心市街地の商店などが協力し合って、お店にお雛様を飾ってお客様をお出迎え。

町造り商店では、古いお雛様の展示ほか、様々なイベント開催中。

今、すでに行われていますから、どうぞ遊びにいらしてください。

合わせて、12日(日)には、所沢の市、『三八の市』が開かれる。

生涯学習センターでは、

ふるさと研究フォーラム『ところざわのお宝!郷土資料を未来へ繋ぐ』と題して、

市の古き資料をどう活用すべきか、など話し合いを行う。

講師は、「たばこと塩の博物館」などに関わってきた半田昌之さん、

博物館展示論が専門の山田英徳さん、そして、本市 文化財保護担当参事の木村立彦

どんなフォーラムになるか、乞う! ご期待!


さらに、生涯学習センター関連でもう一つ、

名人・達人に聞くシリーズでは、3月12日(土)午後2時より

『太平記ゆかりの地 所澤』と題して、講演会が開かれる。

講師は、新田義貞の末裔、新田隆昭さん

新田さんは義貞から37代目の子孫にあたる人です。






コメント

議会開会 施政方針演説でまずは、伝えました。

2017-02-22 08:48:24 | 議会のこと


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。



おかげさまで 市政運営の方針や 実施事業を発表する 施政方針演説を終えました。

その後、各部の部長が登壇し、

それぞれの部の新年度の事業について大まかな説明をしました。

昨日は、

企画部、危機管理、総務部、福祉部、子ども未来部、

健康推進部、環境クリーン部、市民部、街づくり計画部

の各部長が、

自分の担当する議案の説明をいたしました。

今日も引き続き朝10時から、

建設部、教育委員会、財務部、市民医療センター、上下水道部 

の順番で約2時間、議案の説明をする予定です。

施政方針演説で申し上げた内容は、後日何かしらでまとめてアップいたします。

コメント

新年度予算議会2月21日開会10時 施政方針演説します!

2017-02-16 15:00:39 | 議会のこと


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。



平成29年度の1年間で市がやることの95%分が決定する、当初予算案ができました。

どんな考えで市政運営していくのか、

市の向かう方向はどこか、

そのために具体的に何をするのか、

市長としての意見を言うのは、議会開会日初めに行われる

「施政方針演説」

であります。

市長としては、
一年間の中で最も重い発言をする瞬間
であり 

そのために準備を進めてまいりました。

みなさま、どうぞ21日(火)午前10時から約1時間 施政方針演説を聞きにいらしてください。

聴いてわかるように極力わかりやすく、演説します。

傍聴は市役所3階で受け付ければすぐ入れます。

インターネット中継もありますが、生で見たほうが緊迫感が違います。

お誘いあわせでいらしていただければ、政治に携わる者として嬉しいです。

コメント

歌声喫茶 ともしび の所沢出張に参加

2017-02-05 13:17:30 | 行事を見たり聴いたり活動


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。


      (写真は 所沢神明社にて 節分祭  写真と記事は無関係 スミマセン)

袖ひぢて むすびし水のこほれるを 

                 春立つけふの 風やとくらむ     紀貫之

(夏のころ、袖をぬらして水を手ですくった、その水も凍っていたが、

                                     立春の今日の春風が 吹き解かしているのだろうか)

2月4日(土)、立春である。

3つの行事、3つの新年会にお邪魔したのだが、

その中に初めて出席する楽しい会があった。

新宿にある歌声喫茶 ともしび の所沢出張 である。

集まられた方々の年代は、60台半ばから70台という感じ。

歌集を渡され、みんなで懐かしの歌を歌うのである。

ボニージャックスも応援にかけつけて、

「春よ来い」「緑のそよ風」「ステンカラージン」「若者たち」・・・

とても懐かしいものだった。

ボニージャックスさんは曲の紹介にこういっていた。

・春よ来い 関東大震災の時に謳われた。復興を願う歌でもある。同じように、東日本大震災の時も春の歌が歌われましたよね。(きっと、『花は咲く』のことだろう。)

・みどりのそよ風 太平洋戦争に負けて、子どもたちに謳われた歌。 もう戦争がない、もう自由がある、と子どもたちはこの歌を歌って何もない荒野でしたが、心を表現したのでした。


途中で退席したものの、前半の部の歌は、自分はほとんど歌うことができた。 

学校で、そして、小さいころ母親が歌ってくれた歌だからだ。

春よ来い の時は、母親を思い出した。

哀しくなった。

きっと、これらの歌のど真ん中は 80歳代の人なんだと思う。 

隣の席で歌っていたYさんは、昭和36年ころ大学に在学された、と教えてくれた。

その時はねぇ、ソビエトの歌が全盛だったねぇ、と。


さて、うたごえ喫茶的な活動は市内にもあるという。

所沢・うたごえ喫茶LOVE&PEACE 毎月第1月曜日14:00~16:30 1500円 フリードリンク、貸し歌集つき
04-2993-6861大関
所沢パークホテル白峰の間 


こういう活動もいいなぁ、とつくづく思った。

なお、新宿の歌声喫茶 ともしび は
http://www.tomoshibi.co.jp/sinjyuku/

03-3341-0915 西武新宿近くにある。




コメント

倉本聰さんのお芝居にエキストラとして出演

2017-02-04 16:00:16 | 本・映画など


にほんブログ村←クリックお願いいたします。

倉本聰さんの『走る』にエキストラ出演してきました。


2月2日から5日まで、池袋サンシャイン劇場にて公演中。

http://www.kuramotoso.jp/hashiru2017.html
その後は、静岡へそして全国各地に3月初旬までの公演。

人は何の為に走るのか。

何に向かって走るのか

我々が出演するのは、終盤。

サラリーマンとして戦後成長期の日本を支えてきた一人の男が、人生を振り返る場面。

「考えてみると我々は、日本のため、家族のため、豊かになるため、

ゴールを目指して一所懸命走って(働いて)きたが、

いったい何を求めて、走ってきたのか。 何をゴールに走ってきたのだろうか。

もしかしたら、テレビが家に来た時、

もしかしたら自動車を買った時、

もしかしたら冷蔵庫を手に入れた時、

その時が、ゴールだったのかもしれない。

しかし、我々は走ることをやめずに、さらなる何かを求めて、走り続けてきた…。」

というようなセリフが語られた後に、

背景に、必死に走り続ける40人のサラリーマンが登場する。

そのうちの1人として走るのだ。

今回、そのお話をいただいて、役所の職員にも一緒に出てみないか誘ってみた。

6人の人が呼応してくれた。

自分としては、倉本さんの大切なお芝居に、出演させて戴けて幸せだったと思っている。

また、職員有志とともに行動できたこともうれしい。

このお芝居の中に、きっと、

倉本さんが今に生きる人々に伝えたいこと、言っておきたいこと

が詰まっているに違いない。

 
           当日エキストラ出演した 40人の同志の皆さん 

コメント (1)

地下鉄12号線東所沢へ延伸要望

2017-02-02 19:05:43 | 市役所でのこと


にほんブログ村←クリックお願いいたします

新座市、清瀬市、練馬区と共に埼玉県知事に

延伸の要望にいってきました。

毎年行っていますが、今年は明るい雰囲気で、共に条件を整備して、東京都にも伝えていこう、という感じに上田知事もいってくださいました。

まずは、県とともに市も区も協力して。 


左 上田埼玉県知事  要請文を読み上げる 並木・新座市長 渋谷・清瀬市長 藤本

コメント