ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

臨時議会開催 5月29日

2009-05-29 12:54:51 | 議会のこと
夏のボーナスのカットについて
議案が提出された。

議員の方も呼応してカットするということで
その調整などで、今日は一日かかるようだ。

1時から、文教委員会(学校の先生や事務職員の給与について)と
総務県民生活委員会(県職員の給与について)が開かれ、審議される模様。
傍聴に行ってみよう。

詳しい報告は
ホームページをご覧ください。
コメント

新型インフルエンザ 埼玉県の状況

2009-05-29 12:49:58 | Weblog
5月29日現在、2人の罹患者がいて入院されている。
その他には発生していない。

保健医療部は部をあげて交代で電話相談等にあたっている。
職員のみなさんも疲労が蓄積しているらしい。
がんばっていただいている。

保健所や県庁で行っている電話相談の件数は、
5月27日1396件。
そのうち発熱外来に行ってもらった人は5人
5月28日1239件でそのうち発熱外来に行ってもらった人は5人
今までの累計で電話相談件数は25329件。
発熱外来に行った人は126人だそうだ。

厚生労働省ももう普通の対応でよい、といいながらも終息宣言は出していない。
ウイルスが変異すると強毒性になるかも知れないからだ。
責任を問われるから、安全!!とは言えないのだろう。
よって、それまで県も対応体制を解かない。

県職員も体に気をつけて欲しい。
県民のためにがんばっているのもマスコミなどで放映されるといいんだけどなぁ。
コメント

お茶も種から植えると(実生)違う品種になってしまう!!?

2009-05-28 09:28:25 | 行事を見たり聴いたり活動



23日は毎年恒例の県立 茶業特産研究所のお祭りだ
新茶摘みも楽しんだ

そこで面白いことを伺った
・お茶をはじめ樹木類は雌しべに同じ株からとった花粉をつけても種はできない。
だから、たとえば「やぶきた」でおいしい品種が開発されても、
その花から実がなって、その種を植えても同じものはできないんだって。
(そういうのを実生(みしょう)というらしい)
種ができたってことは、別の親の花粉由来だということだ。

だから、挿し木だったり接木だったり、とにかく品種は株で繁殖させるのだそうだ。
クローンづくりである。

人間も近親で子どもはできない、のと同じなんだ! 
自然はすごいって思った。

んでもって、草花だと同じ親の花粉でもOKだとか。
なんでだろう?
また、果物なんかは種は親そのままじゃないんタネ。
(食べているのが胚乳部分だから我々は関係ない)

その後、ミツバチ不足のこともうかがった。
日本ではなぜか女王蜂ができなくて、海外から輸入しているのだが、
禁止しているダニが見つかって、海外から輸入禁止になった。
しばらくはミツバチ問題は解決できないだろう、とのことだった。

何で日本では女王蜂ができないのだろうか?
・・・・・である。

コメント

さいたま市長選考

2009-05-26 10:07:47 | かんじたこと、つぶやき
自分は数日前のブログで、

政党で判断するのでなく、個人が勝負なのだ!!

と書いた。が、
まったく同じコメントを現職相川宗一市長の選対責任者が敗戦直後のテレビの取材でコメントしていた。

「本来候補者の政策で勝負されるべきなのに、政党対決に利用され、
巻き込まれてしまって、負けてしまった・・・。」

それを聞いた自分はこう思った。

1、いまさら、それはないよ。相川さんだって自民、公明に推薦願いを出したんじゃあないか? また、自民県連も躍起になって
「民主党の奴らに負けてなるか!! これは前哨戦なのだ!! 政党対決だ!!」
と追い込んで地方都市の市長選に、県を挙げて前代未聞の応援をしてたんだよ。


その後、冷静に考えて次の結論を導いた。
責任者の言うことはこういう事実を浮き彫りにしていたのだ。
つまり
2、今の時代、民主党を敵に回し、自民党に応援されたら負けてしまうってこと。
だ。

地方自治体の選挙は、できる限り政党を入れないで進められれば御の字で、
でもそこに、政党が入り込んでくる。
(政党だって組織だから生き残りをかけて必死なのだ。そして
今回は民主党が、阻害されていた清水氏にうまく入り込んだ。)
どうせ入り込まれるなら、できれば民主党に支持されたい。

いささか過激な言い方だが、
そういうことが含蓄されたコメントだったのだ。

民主党はうまくやった。
自民党は残念だった。
清水さんはそれでも受かったのだからよかった。
相川さんはこの状況下、どうしようもなかった。

そんな風に見えるのである。

自民か民主か
そうやって勝ってきた自民党が同じ手法で追い込まれている。
マスコミも完全に政権交代派になって臆面もない報道をしている。

農耕民族云々というのも少々安易な物言いだが、

しかし、2大政党制なんか日本には合わない、

とやはり思う。




コメント

地獄の? ネギラーメン ラーメン仙龍

2009-05-24 01:22:56 | おいしいものなど



「仙龍のネギラーメンを食べずして所沢のラーメンを語る資格はないね。」
友人が言った。

うんじゃ、食べてやろうじゃないのぉ、
なんてったって僕はネギも好きだし、量が多くたっていっつもペロリだもんね。

ということで連れてこられたラーメン仙龍。

だが、最後には食べきれずに残してしまった。
ラーメンを食べ切れなかったのは大学2年生のとき以来だ。

写真だとわからないが、食べても食べてもネギは減らない。
ラーメンのつゆもネギの味になってしまう。
キャベツなら食べられるが、ネギは刺激が強くて、胃にも来る。
数年前ニンニクを入れすぎて気持ち悪くなったことがあったが、
その感覚の再来である。
後でお兄ちゃんに聞くと、ネギを4本半入れたそうである。

無念で仕方がない。
でも再挑戦は絶対にしない。

チャーシューがおいしいので、今度はチャーシュー麺にしよう!!


ラーメン仙龍 
柳瀬小学校の交差点と日比田の交差点を結んだところ。
JA柳瀬斜め

コメント (2)

新型インフルエンザ対策 その5

2009-05-22 16:56:59 | Weblog
福祉保険医療委員会で本日、
新型インフル対策の現状と今後、そして、その他県の施策について
説明を受け、質疑など行った。

医療体制はさらに変化して

相談体制・・・電話相談です!!

全日 24時間) 疾病対策課 048(830)3572,3557  FAX 048-830-4809

全日 午前8:30~午後5:15
・各保健所 (所沢保健所は04(2903)1777)
・さいたま市保健所は24時間
・川越市保健所は8:30~午後7時

発熱外来   19箇所→21箇所に拡大

また、蔓延期を想定し、発熱外来の拡大をさらに医療委機関に要請すると共に、
医師会に協力を要請中である。

県内の発生状況によっては介護の通所施設などは臨時休業をしてもらうことにした。その代わり、自宅介護に切り替えるためどの程度まで訪問介護サービスを提供できるか、大手4社と協議中。また、そうでなくても新たな通所受け入れは自粛してもらうことにもした。通所系障害者事業所も同じ。

保育所、認可外保育所に対しても場合によって臨時休業を要請する。但し、医療従事者の子供を預かってもらわねば困るので、一部の園を指定して預かってもらうことも視野。

「 既に蔓延期であり、死に至らないのだから、地域の診療所にもふつうのインフルエンザ同様に診察してもらうように覚悟しなければパンクするぞ!!」

との声が、委員からはあった。 執行部は頷(うなず)いていた。
その上で、予算の前倒し執行や補正追加も検討中との報告が追加された。


 なお所沢市でも
市保健センターにて電話相談
しています。
毎日8:30~21:00 04-2993-7361(相談専用電話)

また、留意事項など県のホームページをご覧ください。 http://www.pref.saitama.lg.jp/A04/BU00/kansen/index_butainnfuru.htm

 
コメント

埼玉県内でも新型インフルエンザ発生

2009-05-22 10:09:41 | 議会のこと
福祉保健医療委員会に報告あり。

鷲宮町在住の29歳男性
5月17日~19日大阪府と京都府に滞在。
19日自宅に帰宅の後、咳が出始め、20日には39度に。
21日発熱外来受診。
本日未明新型インフルエンザと確認。

現在患者は入院中。熱も下がり、容態は安定。

県としては、
19日以降の本人の足取りと同行者の様子、同居家族の状況を調査中。

以上であります。
コメント

新型インフルエンザ対策 県教委の場合

2009-05-22 09:27:16 | 議会のこと

教育委員会を傍聴した。
新型インフルエンザの対応が報告された。
5月18日、国内発生を受けて次のことを市教委と県立学校に求めたという。
・欠席者がいたらその理由をよく把握すること。
・修学旅行など十分慎重に。
・部活の対外戦など下痢や嘔吐の子どもは出席させないこと。
・校内で1人でも罹患者が出たら休校にせよ。
ということであった。

執行部が報告した後、教育委員さんから質問が出る。

委員 「修学旅行を中止したなんて報道があるが、それはかわいそうじゃないか? 誰が決めているのか? 県内の学校はどうなのか?」
それに対し
課長 「決定は校長判断です。しかし、このような場合、必ず市教委に相談の上決めているでしょう。5月18日現在、この近辺で修学旅行については中学校の50校が何らかの変更をし、55校がそのまま挙行しています。高校は定時制がこの時期の旅行ですが、3校が延期しました。中学50校のうち、5校は中止、他は延期又は行く先変更です。」
委員 「やはり子どもにとって思い出になるのが修学旅行だから、中止にはしないで欲しい。」
教育長 「以前4県の教育長会での申し合わせは、4県内で1人でも出たら全校休校だった。というのも、強毒性の鳥インフルエンザのようなものを想定していたから。もう国の対応も変わりましたからねぇ。」
委員 「キャンセル料なんかはどうしているのか?」
課長 「発生しています。何百万円となっている市町村もあるようで・・・市町村も厳しいようです。国が検討しているらしいです。」
教育委員長 「校長の判断も難しいねぇ。行ってみて1人でも発生したら行かなきゃよかったとなる。なにもなければ行ってよかったとなる。」
委員 「学校だけでなく放課後の学童保育なんかはどうするつもりか?」
課長 「どうすべきか方針を福祉部が検討中です。」
委員 「登録していない民間学童もあるから漏れのないように。福祉部との連携もしっかりとしてください。」

こんなやり取りがあった。
教育委員会傍聴記は私のホームページにてもう直ぐアップされます。
ぜひご覧ください。
http://www.gutsfujimoto.com/

コメント

議会報告 もう直ぐ終了!! と思ったら・・・

2009-05-22 01:15:43 | かんじたこと、つぶやき
昨日、今日と県庁に行った後の時間を利用して議会報告を配っている。
総会などもあって、なかなか時間がまとまって取れない中、
なんとか少しの時間を見つけてやってきた。

きのうは三ヶ島を歩いた。
今日は緑町の残り。

これでなんとか!! と思ったら、まだ配られていないところが発覚した。

あーぁ、12月議会の報告を今配っている議員なんているんだろうか?
内容的には一刻を争う内容ではないので、と思っているが。

ちなみにこのところダイエットもかねている。
なんと、この1週間で4%も減ったのでアール。
すごいでしょっ!!
コメント

さいたま市長選挙

2009-05-20 11:10:29 | 議会のこと
さいたま市長選挙が行われている。
現職の相川宗一さんには公明・自民県連推薦
新人の元自民県議清水はやと氏には民主支持
新人の元自民党衆議院議員の中森ふくよ氏には自民党本部の応援しきり、
新人の松下裕氏は共産党推薦
という様相である。

こんな時代になっているのだから、
もう政党で判断するのはやめよう!!
といいたい。

政党が議員を制御する弊害が、今の政治を
「きっぱりしない」「にぶい」
ものにした気がする。

それでもって、各議員の意志は組織決定によって、葬り去られ、
外からは見えない。
今の政治をわかりにくい、と世間は言うが、
でも、2者択一にすればわかりやすいのか、
市民の意見は2者択一で表されるものなのか?!
そんな単純なものなのか??

こういう世の中はもう個人で勝負する時代だ。
選ぶ側も個人をよく見て、「よりよい人」を選べばよい。
マスコミなどに洗脳されて「自民か民主か」なんて、単純な思考しかできなくさせられてはいけない。
自民か民主か、なんて一億2千万総白痴化計画のようなものだ。
よりよい人物を選べば、この時代、あとから組織はできあがる。

自分はそう思う。
コメント

新型インフルエンザ 埼玉県の対応 その4

2009-05-19 08:53:14 | 議会のこと

5月18日12時
「埼玉県新型インフルエンザ対策推進本部会議」が開かれ、
危機管理レベルをⅣからⅤに引き上げました。

県内発生に向けての対応準備として
・県内学校等に対する聞き取り調査を強化
・発熱外来を県内16箇所→19箇所に拡大

しました。

発熱外来は相談により新型インフルエンザの疑いありとなった人にのみ
紹介
させていただいています。(ということで公表されていません)
発熱等あり自分でももしや、と思う方は一般窓口に行かずに
電話相談をお願いします。相談電話は本ブログ5月3日の記事へ
http://blog.goo.ne.jp/zenntatosannpei/
一般窓口で伝染する危険が大きいからです。

もし、近県、又は県内で発生した場合には

・発熱外来の箇所拡大(医療機関に協力要請)
・保健所の相談も土、日、祝日も行う。
・蔓延防止のため県医師会にも協力要請

することになりました。
なお、埼玉県としてはイベント中止、とか学校、保育園などの休校は
まだ行いません。マスクの着用、うがい、手洗いの励行をしっかりしてもらい
体調不良の場合は控えていただくなどお願いしています。

また、所沢市でも
市保健センターにて電話相談を開始
しました。
毎日8:30~21:00 04-2993-7361(相談専用電話)

です。 

コメント

松伏にて緑と川の再生、そして、所沢では柳瀬川

2009-05-18 10:55:06 | 行事を見たり聴いたり活動

5月17日(日)
県の「彩の国みどりの基金」(自動車税の1、5%を充当、年14億円)
を使った植樹祭が
松伏町「まつぶし緑の丘公園」にて行われた。

県は平成20年から
・校庭緑化、工場緑化,ビル緑化、駐車場緑化
・平地林の再生、公有地化
・水源地域の針広混交林化,広葉樹林化
・県民1人1本植樹運動
などを推進中。
その一環の植樹祭が松伏町でひらかれた。

松伏町には意識して訪れたのは初めてだった。
越谷の北、公園はむかし田んぼだったところを沼にしたりして
ビオトープとして野鳥がたくさんいる公園だった。
今、丘を造成中で、下から少しずつ植林して田んぼ低地地帯に
ぽっかり現れる森林の丘を作るらしい。

上の写真の向こうが丘になる。
地元小学生の植樹、さいたま応援団によるメッセージツリー除幕など
おこなわれた。

さいたま応援団によるメッセージ碑
※さいたま応援団→http://www.gutsfujimoto.com/topic/t_210201.htm

小学生など地元の人の植樹した木々

県内のこの基金を使った活動も紹介されていた。
写真は小鹿野町(のうち元両神村)であいた土地に山吹を植えている方々。
基金が始まる前から活動をされていた。
県の友好州省、中国山西省との記念館「神惟館」
の近くである。
人を呼ぶためにこんなこともしてみたい!!
夢はまだまだ広がっている。


そのあと夕方は「柳瀬川最上流をきれいにする会」
の総会に出席。
こちらは「さいたま緑の愛県債」などを元に
ふるさとの川再生100プランのモデル事業としての先発箇所。
さらに対象箇所の範囲が延長された。
月1回の清掃活動など、このごろは地元小中学生の参加もうれしい。
下水道整備が24年度には成るが、水量維持が今後の課題に。
地元の久保田市議の挨拶では「子どもの頃はあそこで泳いだ。」
貯水池からの水が来ていたからだ。

ということで、今日は「緑と川」の再生の一日でした。
メデタシメデタシ。

コメント

美司流 晴菊会の発表会

2009-05-11 12:15:16 | 行事を見たり聴いたり活動


5月10日(日)は松井公民館にて
「美司流 晴菊会」の発表会に伺った。

新舞踊はこてこてした感じがある場合もあるのだが、
美司流はそこから離れた、気品漂う踊りだなぁ、と感じていた。
それをそのままご挨拶で申し上げた。

 

コメント

悲しい総会 ふくじゅそう

2009-05-09 17:23:33 | 行事を見たり聴いたり活動

新所沢地区のボランティアグループ「ふくじゅそう」
といえば、所沢のボランティアの草分け的存在である。

新所沢の街がひらかれたのは昭和33,4年ごろ。
その頃の街とともに所沢に来、街とともに年月を重ね、
民生委員さんなどをされた方々が主体になって、
「ふくじゅそう」は発足。
今年の総会は第32回を数える。

しかし、活動拠点であった老人集会施設「ふくじゅそう」は
この3月末をもって閉鎖になってしまった。

総会では、それによる苦労と工夫が盛り込まれた予算案が提出された。

まだ「ボランティア」という言葉が人口に膾炙しなかった頃から活動してきた「ふくじゅそう。」
自分にとっては母親のような世代の方々の「ふくじゅそう。」
市議会になったばかりの頃は行政を批判する追及型の団体が世間を圧倒していた。
そんな中、温かな笑顔を絶やさず黙々と福祉活動に勤しんでいらした姿は
今も脳裏に焼きついて離れない。

総会に出席して、思うことは
なんとか活動拠点がならないものか?!
ということであった。

なんとかならないものか・・・。

(建物に張ってあった張り紙)


コメント

航空公園 高校生によるお茶会

2009-05-09 15:42:42 | 行事を見たり聴いたり活動



5月6日はあいにくの雨模様。
航空公園 彩翔亭では 西武文理高校生によるお茶のお点前
が披露された。

女子学生というと、集団になってふくれているような、
御しがたいというか、
そんなイメージが浮かんでくるのだが、
高校生にもなると「変身」するのかもしれない。

それとも、この子達だけはそのような時期がなかったか?

とにかくしっかり凛としていて、真っ直ぐで一所懸命で、
そして初心(ウブ)な恥じらいを彼女たちは持っていた。

立礼と広間の薄茶席にお邪魔した我々であったが、
真っ直ぐな気品をいただいて
家路についたのであった。

コメント