ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

5月12日(土) 北小学校60歳の誕生会に出た

2018-05-12 11:54:04 | 行事を見たり聴いたり活動

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へを振るう
にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

北小学校の60歳の誕生日をお祝いする会に出た。

60周年記念式典 としないのは たぶん 子どもたちに学び舎への感謝を感じてほしい、

そして、それを表す会にしたい からだろうと私なりに推測した。

出てみて、各学年からからの「北小ありがとう、おめでとう!」の意を込めた発表は

まさに 子ども時代が純真で無垢なのだということを大人に思い起こさせてくれるものであった。

小さな善き人間たちを大切にしなければいけない、侮ってはいけない、とつくづく感じた。

今は大人の自分愛が大手を振るう時代だけれど、侮れば、代償(ツケ)は後でかならず来るのであるから。

       各学年の出し物が素晴らしかった。写真でお見せできないのが残念。

コメント

5月19日(土) みどりのふれあいウォーク

2018-05-09 13:36:03 | 行事を見たり聴いたり活動

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックお願いいたします

5月19日(土)みどりのふれあいウォーク

出発 9時~10時半(さみだれ式に出発)

雨天決行、荒天中止 予約不要

小手指駅南口徒歩3分 マミーマート裏(彩のクリニック横)にある

北野公園集合 そこから西武球場前まで をみんなで歩きませんか?

コースは二つ ロング12㎞ ショート9km

武蔵野の緑や田園風景がきっとあなたの心を爽やかにしてくれます

マチエコ環境大使 水萌みず さん参加

 わたしも応援してるよ! 



西武鉄道と共催事業

市外からもたくさんの方が参加されます。(以下12㎞コース)

北野公園→埋蔵文化財センター→小手指が原古戦場(白旗塚)→クロスケの家→

金仙寺→比良の丘→和幸の森→狭山湖堤防→西武球場


狭山茶試飲 農産物直売あります

出発は9時からですが、さみだれ式に出発しますので、時間をずらしておいでください。
健康保険証の携帯化コピー持参をお勧めします

詳しくはhttp://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/seikatukankyo/midori/tokorozawamidorinohureaiwhouku.html へ

         がんばろうね!

           狭山湖堤防をわたると もうすぐゴールだ

コメント (2)

また 伐られてしまった・・・

2018-05-08 18:25:16 | かんじたこと、つぶやき

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックお願いいたします


  すでに伐採された林 ブロックが積まれて作業が進んでいた。

この件に対して市長がいうのもおかしいと思うのだが、お許しいただきたい

また、林が伐られてしまった

西高校裏の林の一部である。

昨日、知人から「開発が行われているが…」と写真が送られてきたので今朝行ってみた。

役所に戻って調べてみると、

許可の要る5000m2以下の4938m2の開発で、伐採後分譲して菜園または資材置き場などで販売されるという。

市では伐採含めてやめさせる権限はない。

(何かあったら買うという条件のもとで)保全地区に指定したり、その次の段階として公有地化を進めている本市である。

公有地化も保全地域指定も以前にもまして急ピッチに進めている本市である。

が、間隙(かんげき)をぬって伐採が行われ、活用されていく。

建築物が建てられない場所で、プレハブが立ち、指導が後手に回っていく・・・。

厳しい財政の中でぎりぎりまで緑に費やしていても、限界が出る。

残念でならない。

個人の資産である里山。すべて公有地化するには時間もかかるし、財政的にそれは無理。また、公有地化しても手入れできない。

それでも公有地化を進めているが、いたちごっこは否めない。



ふと感じることは、自分が市議会議員だったころ(h7~h14)に比べ、緑に対する市民の反応は形に現れることが少なくなった、ということだ。

昔は、伐採が始まると即日、市民が反応し、連絡も入って、議員も騒ぎ立てたものだった。

だが、市議会議員さんも今は騒がない。連絡も入らないのだろう。

ところ変わるが、あの有名な三富(さんとめ)だって、江戸期に新田開発された区割りのやま(落ち葉掃きや薪をとった林)の大部分は、

すでに倉庫になってしまった。所沢市分に「山」はもうないのだ。

三芳インター近くで倉庫として有効な場所だったのである。

そのたびに道路付け替えの議案が出たのであったが、議会からも指摘があったことはない。
(少なくも委員長報告はいつも「さしたる質疑なく」という報告であった)

市民同士、市民と議員、市民と役所、それぞれのつながりが薄くなっているのだろうか?

それにかける力とゆとりが国民全体になくなってきたということなのか。


法律と財政と私有権のせめぎあいのなかにあって、できることはやりつつも、いたちごっこは続くのみ。

心のすき間に冷たい風が吹いていった。






コメント (2)

5月5日 池袋を徘徊して 考えたこと

2018-05-06 16:22:26 | かんじたこと、つぶやき

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

GWはもうすぐ終わる。

いつもより思い切った休みをいただいたつもりだったが、結局、行事には出席することにした。

ただし、自分ひとりでの移動となるので、重なる行事は全部はいけない。

その中で5日の行動を記しておきたい。

まずは青少年剣道大会に出席。

つぎに荒幡町内会の「ドレミの丘ミニ音楽祭」へ。



ドレミの丘は町内のSさんからご寄付いただいた丘、眺望素晴らしく爽やかな風が吹き渡るなか、有名人も参加しての音楽祭だった。

第二幼稚園、お囃子連、山口中学校吹奏楽部のほか、梅津和時さんのサックスも。

梅津さん荒幡在住のよしみの演奏だそうな。 

内野しおりさんのソプラノもよかった。

最後はオヤジバンドで懐かしの曲を。


自然の中で豊かなひと時を過ごす。

2時に帰宅し、クラッシク音楽祭を見学しようと池袋へ向かう。 

豊島区は池袋駅の周囲にある4つの公園を改造し国際アート、カルチャー都市目指して、来たるべき東アジア文化祭、TOKYOオリンピックインバウンドに備える。

南公園は既に工事がすみ、芝生の公園、指定管理者による運営が始まっている。


向こう左に 小さなステージ 向こう正面にレストランがみえる

子供連れや若者が まさにわんさか湧いていて、都会の人が緑に飢えているのが実感できる。

埼玉ならこんなに詰めつめに席を陣取るのは、近すぎて敬遠するだろうが、都会はこれでも良いのだ。


さすが民間。 美味しそうに盛り付けて販売するものだ。 お酒ですから。



今度は旧豊島区役所近くの公園へ。

こちらも昔は陰鬱な公園だったが・・・今は、アニメ少女のカード交換? のメッカに。

この隣の旧庁舎ほかの一画は、これから新しい芸術の拠点に変わるべく、いま再開発中である。

豊島区は人口では28万8千人と所沢市より5万6千人少ない。

が、世帯数は17万8千世帯で、所沢市より2万世帯多く、すなわち独居が多く、外国人は10人に1人。

が、予算では1247億円であり、247億円多い、大都市だ。

おそるべし池袋。 文化都市として頑張ろうとしている所沢だが、都会が本気を出すと全くかなわない・・・。

が、住むのに良い街、働くのに良い街、遊ぶのに良い街はあるのであって、それぞれである。

隣の芝生をもとめてはならない。

また、同じ住むのにいい町であっても、それは人生のステージにより変わるもの。

それぞれの特長を大切にして、良い特長を伸ばし、他に学ぶべきは学びながら 独立自尊の気概をもって うまずたゆまず進めば良い。



これも池袋の小学校の写真だが、グランドは土ではないが、それでも緑を増やすべく努力をしているのが伺える。

こういう姿勢も学んでいこう。

池袋の公園を中心に最先端の街並みに目を奪われながら、私は、そのあと、北へ進み上池袋周辺へと入っていった。

上池袋、そして池袋本町。 ここは自分が学生時代市場調査のアルバイトをして、アンケート回収に回った懐かしい町である。

路地はクモの巣のように右に左に伸びており、いつの間にかもと来た場所に戻ってしまうこともあった。

昔ながらのアパートが今も控えめに残っていて、行き交う人もなぜか昭和の人のような穏やかさだ。

庭や縁側の植木から緑があふれている。 鬱蒼としたそれは主の不在を物語っていた。

新築された小さなおうちもあるが、空家となって久しいうちもたくさん見られた。

「ああ、あの時のお婆さんはお元気だろうか?」 お元気なはずもない。もしそうだったら100歳くらいか。

「あの時の姉弟はどのへんにお住まいだったか」

ながめながら進んでいると、ふと学生時代の、若い自分に出くわしそうな気がした。

学生に対するあのときの人々は、みな優しかった。 

すべてはもう40年ちかく昔のことである。

あの頃を感じながら入り組んだ路地をめぐっているうちに、心落ち着き、いつしか優しい気持ちに戻ることができた。

さあ、もう帰ろう。

途中で千登利という馴染みの店に立ち寄って、飲みながら食べて、本を読んで・・・

自分は、仕事の待つ地=本拠地、所沢に戻ることができたのだった。


名物の肉豆腐である


    やきとんがうまい レモンサワーも濃い そして品がある店なのである






 

コメント