ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

22日みなさま お世話になりました

2007-07-23 16:03:43 | かんじたこと、つぶやき

22日はサム、森喜朗元総理をお迎えしての演説会でありました。
そこにはたくさんの方々が聴きに来てくださいました。
あっ、あの方も来てくださった! あの方も・・・。
と存じ上げてるお顔を発見しては、感謝感謝の時間でした。

それ以前、候補者とともに所沢市全域を駆け回りました。
時間が短く、各地区は超特急で回るしかなかったけれど、
スポットで演説するにつけ、近所のみなさまにもお集まりいただきました。

ありがとうございました。
また、お声掛けしてくれた市議会の皆さん、地区長さんにも感謝です。

さて、8時を過ぎて、お天王様(有楽町 八雲神社)のお祭りが今日に変わった
と知り、柴山議員とともに駆けつけました。

懐かしい方々にお会いでき、楽しく過ごさせていただきましたが、
御神輿を担ぐ、若い衆の中に、教え子のAくんがいました。

境内に入ってからも練り回る御神輿に、水がかけられます。
男衆の熱気が湯気になります。
いい景色です。

後で聞くと、
6時前から3時間以上、町内を練り回ってきたとのこと。
町を支える、立派な町衆になったAくんがなんとも頼もしく
感じられたのでありました!!

ということで
一緒に記念撮影!

 

コメント

TRF SAMがきます!!

2007-07-19 17:57:23 | かんじたこと、つぶやき


TRF
のダンサーSAMがきます!!!!!

 7月22日(日)

午後6時~7時

所沢駅西口広場

にていとこの応援団として、来所するのです。

 あわせて、 元首相 森喜朗議員も 演説にきます!

皆様こぞって、所沢駅に御参集あれ!!

 参考
※TRFhttp://trf.avexnet.or.jp/

コメント (2)

深夜番組であっ!

2007-07-16 14:34:41 | かんじたこと、つぶやき
昨日、というか今日の深夜1時半ころ
手紙を書きながらテレビをつけていたら、
『独自路線を突き進む、ぶれない雑誌の対抗番組』
のようなものをやっていた。

その中の雑誌『岳人』の編集長を見てびっくり。
なんと、大学の野球サークル「アカネッツ」の先輩、
広川さんが出ているではないですか?

飄々と話す話し方は大学のころそのまま。
今にも「オウ、藤本、何やってんの?」
と話しかけられそう。

うっつ、なつかしい!!誰かに伝えなきゃ。
と思ったが、すべもなく、
画面の前で一人「オーッつ。」「あははは。」と
よそから見れば変なおじさん
と化したのでありました。

コメント

「しのひ」NPO法人取得記念および国際D(デジタル)シネマ祭

2007-07-15 00:46:44 | 行事を見たり聴いたり活動

まずは、新所沢公民館で『しのひ』のNPO法人取得記念会があった。

『しのひ』は榎町西友斜め前、富士見寿司よこにある喫茶店。
精神障害を持った人の社会復帰施設でもある。
マドレーヌもそこで焼いて社会復帰を目指す拠点だ。
そこが法人格をとったのだ。

自分は挨拶で、
『精神障害を持った人は、自分の応援者にもたくさんいて、
直接的支援をいただいている方々の中にも多い。
だから、政治と密接であり、その方々のことを除いて政治は語れない面もある。
そして、そのことを福祉部長さんにもお伝えしたものだ』
と挨拶させていただいた。

「しのひ」がいっそう地域に根ざし、社会への窓になる事を念じている。

 

さて、その後は川口市に急行。
川口のスキップしティーを会場に、今年で4回目になる「国際Dシネマ祭」が
今日から22日まで開催される。

自分は産業労働企業委員会の副委員長なので、その開会セレモニーに参加した。長編、短編作品に世界69カ国から作品応募があり、
各国の審査員がそれをすべてみて、受賞作を決めたという。

これからの期間その受賞作品が上映される。
(上は受賞者と審査員さんなど)

審査員には俳優の高嶋政伸さんもいて、
彼はその作品のすべてを見て選んできたという。


今日は、そのほかに『夕凪の街 桜の国』という作品が上映され、
出演した俳優さんも挨拶に来た。

(左から佐々部清監督、吉沢悠、田中麗奈、ハープ奏者の内田奈織さん)

皆さん、川口には日本に誇るべき映像産業育成拠点があります。
見学も面白いですから是非一度おいでください。
http://www.skipcity.jp/skipcity/index.html

おまけ 司会をしたテレ玉のアナウンサー

コメント

ホームページも是非ご覧下さい  そして明日より選挙

2007-07-12 00:00:37 | 議会のこと

6月議会が終わり、そのときの様子などをホームページに載せました。

が、残念ながら10人くらいの来訪しかありません。

近藤よしのり県議に対する辞職を求める請願が出ました。
各会派、政党の態度に対する私の考えを『物申す』に書きました。
実は原文はもっとはっきり政党名も書いてあるのですが、
管理人の配慮でぼかしてあります。
が、是非ご覧下さい。

ブログはやわらかめの記事、ホームページは硬い記事でまとめてあります。

皆様のご来訪をお待ちしております。

(写真は雲南省リス族?の女の子)

さて、明日から選挙です。
古川候補予定者とともに行動が始まります。

選挙期間中は公職選挙法の関係で参議院関係の記事、内容は
載せないつもりです。
投票日は7月29日ですので、その間どんな内容になるのかわかりませんが、
ご容赦ください。

コメント

古川としはる候補予定者の応援で

2007-07-10 18:17:14 | かんじたこと、つぶやき
自民党の埼玉選挙区からは「古川としはる」さんが立候補を予定している。
自分はその「人」と「なり」を理解したから、それを知ってもらいたくて、
県議会議員青年部(50歳以下の県議)有志で街宣車を使って紹介をしてみた。
7月9日のことである。
(おっと、そう書いてみたら昨日はほおずき市だったのかっ!行き損ねたー。)

朝霞から所沢と県議会議員有志で車で回った。

街宣車に乗っていても僕は残念ながら自民党をよろしく、とはいえない。
国の様子を見るにつけ、そう言いきることはとてもできない状態である。

それに本来参議院は政党に束ねられない方がよいのだ。

「参議院は良識の府」という。
本来俗世間の波を受ける衆議院とは別格で
専門家としての学識、知識に基づいた判断、
または職業集団の代表者としての専門的判断
を望まれているのが参議院だからだ。

衆議院に対峙できることが望まれている。

だから「自民党を」ではなく、本来的に
「外科医師であり弁護士である古川さんを」
と紹介すべきなのだと思っている。

しかし、今は政党に束ねられ、衆議院の従者のようになりつつある。
そんな参議院ならもういらない。

さて、それにしても古川さんはすごいなあ、と思う。

大学の学部を3つも卒業した。
外科医師でありながら弁護士の資格を取った。
オクスフォードに留学して経営の修士をとった。
一つをとるのにも世間は苦心しているのに・・・。

でも、そういう人もいるんだろう。
その分、超越しているのか、
政治を目指す人にありがちな野心ぎらぎらとか、人を圧倒する圧力とか、
媚びる態度とか、
そういういやらしさが全くないのである。

だが、そんな古川さんも
「自民党」ということだけで、人々に判断されてしまうのか!?
人物で判断されるようにもっていけたら、と思う。

なお、政党で立候補しなければならないとして、
政治を志す人であるのなら、やはり普通は自民党を選ぶのが自然なのではないか。
その方が夢を実現できるからである。
政治家は自分が考える夢「こういう状態が人々の幸せであるという像」
を実現するためになるからだ。

民主党、を選ぶ候補者はすでに自民党現職がいて、立候補する道がない場合が多い。
または、今がそうであるが、民主党の方が受かりやすい、場合。
たいがいはそのどちらかである。
だから政界が再編されれば、民主党の多くが自民党に入ってくるはず。

つらつら書いたが、脈絡なし。
今日はこの辺で。




コメント

議会終了です。

2007-07-06 16:51:06 | 議会のこと
6月議会が終了しました。
今議会は当選直後から自民県議団のあるべき姿を求めて動いて、
・・・そして、挫折したものだから長ーく感じました。

さらに民主党新人議員が自民党に対し挑発的で、なんだかなあっと感じました。

県議会は知事部局に対し議会が対峙するのであって、与党も野党もない、
どちらかといえば議会は野党(チャックすべきはしていく)の立場なのに、
何を争っているのでしょう。

国会の構図を引きずっていても仕方ないと思うのですが。

また、他会派の新人議員の態度が失礼きわまっています。

市議会の規則ややり方を引きずるのもよいのですが、
各市でも少しずつ違いがあるし、県には県の長年にわたって築かれてきたルールがあるものです。
それを何も知らないうちに、2期生以上の議員を馬鹿にしたり
侮蔑する発言をするのはたとえヤジであっても、そして、会派が違っても
やはりしてはならない、
と思うのでした。

自民と民主がこうやって、
なんだか訳もわからないうちに対立し、
失礼な言葉遣いに憤怒を覚えていたのでは、
良いものは生まれない、そう感じた6月議会でした。

なお、6月議会について詳しくはホームページに載せつつありますので、
どうぞそちらもご覧ください。

写真は議会が終わって控え室でほっとする一期生議員たち

コメント (1)

資産公開と新聞

2007-07-04 16:28:46 | かんじたこと、つぶやき

昨日の新聞記事で「県議の資産公開」が載っていた。

そこに、藤本県議がゴルフ会員権を新たに購入した、と書いてあった。

「ああ、藤本君も県に出て、儲かっているんだなあ。」

「ゴルフはやりませんって避けていたのに、ついに彼もこうなったかー。」

なんて、知人に言われた訳じゃないけれど、なんかねえ、って感じである。

次の日、つまり4日付で、訂正記事が載ったそうな。
議会事務局が誤報では? と抗議してくれたのだそうだ。

訂正記事をどれだけの人が、みてくれたのだろうか。

新聞記者からの打診は、何も、ない。

さて、あと数日、議会がある。
・・・願っている。

コメント (3)

特別委員会 昼は焼きそば、中華丼セレクト

2007-07-04 12:38:22 | かんじたこと、つぶやき

特別委員会は循環社会対策特別委員会です。
自分は副委員長なので質疑は遠慮しましたが、
今日は廃棄物処理の大まかな状況の報告

をうけました。
(副委員長でも質疑はできますが、私は今回は遠慮した、ということです。)

昼は、焼きぞば、中華丼を選ぶ方式。

私は、あう人会う人に体に気をつけろ、と言われるので
焼きそばのみ、で終わりにしました。

なお、自民党は毎月5万円ずつ給料から出し合って昼ご飯等の
やりくりをしています。議員が53人もいると、お給仕さんもろとも
が来てしまう、ということもありなんですね。

コメント