ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

顧客志向でいこう 「けん」

2011-07-31 17:43:45 | かんじたこと、つぶやき

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックお願いたします。

今日は知事選投票日だ。夫婦連れが歩いているが、みんな投票に行く人々である。
「ああ、この方々はどんな時でも少ない情報の中でも自分で調べ、投票という権利を行使される方々なんだ。」
と心の中で頭(こうべ)を垂れた。

さて、すごい店が現れた。
「けん」という店だ。
芸能界なら松平健、衆議院なら斉藤健、県議会なら中村健とともに
これからは並び称されるかも? 知れない。

ファミリーレストランは商談の場所、子連れママのしゃべり場、そして、学生の勉強場
と化している。
ならば思いっきりそうなっちゃいましょうじゃないの!!

という顧客志向の大変身をしたお店なのだ。

テーブルに置かれたこのシート。
ここからもその意気込みが気持ちよく伝わってくる。

(写真ボケててすみませんっ!!)

私は個人店の味方!! 大資本のチェーン店は好まない。
そういう意味で食べ物の紹介はしないつもりだが
この意気込みはあっぱれというか…素晴らしい!!
ちなみに自分はカレーセットを食べたが、質量ともに十二分に満足させていただいた。(うっ、してしまった)

じつはこのお店、店員教育もしっかりしていて
ご多分にもれず経費削減でウェイトレスは一人だけだったが、、
きっとバイトの大学生なんだろうけど、笑顔と気配りがまたグッと来るのである。

このお店(新所沢北所沢店)に限り、
ワッフルと綿あめのサービスもある。


大資本はこのサービス、また、盗みとって「普通」のものにしてしまうのかもしれない。
そうなるのは、有難いけど、やはり悲しくもある。
願わくばこのサービス、この「けん」だけのものである期間を長く! と。

そして、こういう工夫を個人店でもぜひ真似て、活性を競ってほしい、と思ったのでありましたぁ。

なお、何でこんなに感動したかというとつい先日
『地域再生の罠』(久繁哲之介著)という本を読んだばかりだからなのでした。
この本もとっても勉強に、なりました。

コメント

あそび

2011-07-30 13:56:36 | かんじたこと、つぶやき

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村←クリックお願いたします。

子どもというのは顔写真があるといたずらをしたくなるものである。
「お父さん、これいらないの?」
と言うから、
「あぁ」と答えておいた。

そしたらこんなことをして遊んでいる。


選挙はがきの買い損じたものである。

上田知事すみません。
しかし、正義の味方ウルトラマンの方だったので、
ご容赦
であります!!!
 昨日は市内6つの駅で駅頭をしたが、明日は知事選投票日。
権利を行使いたしましょう。
意志を伝えていきましょう。

コメント

あの時浮かんだ徒然草

2011-07-29 12:46:12 | かんじたこと、つぶやき

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックありがとうございます。

さて、何日か前のブログで「徒然草」のことを書いた。

当てはまる段が見つかったのでご紹介したい。

第85段

人のすなほならねば、偽りなきにしもあらず。
(人の心は素直なわけでもないから偽りが無いというわけにもいかない。)
されども、おのづから正直の人、などかなからん。
(でも、根っから正直な人がいないとも限らない。)
おのれすなほならねど、人の賢を見てうらやむは尋常(よのつね)なり。
(自分は素直でないのに、他人が賢いのを見てうらやむのは世の常のことだ。)
至りて愚かなる人は、たまたま賢なる人を見て是を憎む。
(極めて愚かな人は、たまたま賢い人に会うと、その人を憎んだりする。)
「大きなる利を得んがために、少しの利を受けず、偽りかざりて名を立てんとす。」とそしる。
(大きな利益を得よるために、少しの利益は遠慮して、偽って立派に見せて名を上げようとするのだ。」と非難するのだ。
おのが心に違へるによりて、この嘲りをなすにて知りぬ。
(自分の心と同じでないからという理由で、このような悪口を言うので(この人の程度が)わかってしまう。)
この人は下愚の性移るべからず、偽りて小利をも辞すべからず、かりにも賢を学ぶべからず。
(この人の愚かな本性は賢く変わることはできず、嘘にでも小さな利益をも辞退することはできず、仮にも賢人のまねをすることはできない。)
狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり。
(きちがいの真似だと言って大通りを走ったらそれがきちがいなのだ。)
悪人の真似とて人を殺さば、悪人なり。
(悪人の真似だと言って人を殺したら、それはとりもなおさず悪人なのだ。)
騏を学ぶは騏のたぐひ、舜を学ぶは舜の徒なり。
(千里の馬を真似る馬は千里の馬の類であり、舜を真似る者は舜の仲間なのである。)
偽りても賢を学ばんを賢といふべし。
(偽ってでも賢人を学ぶような人を賢人といってよいのである。)

10年間であるが教師をやってきて、
生まれつき疑うことを知らない人、生まれつき純粋な人は時にいるものなのだ、と自分も思っている。
そういう人は傷つけられたり非難されたりするのは、すべて俗世間の嫉妬による。
そういう物差しに収まらない人物を大切に育む世の中でなければいけないと、昔から考えてきた。

自分のような凡人は、それに近づくべく真似るところから始めたい。

 

コメント

鐘ヶ淵の労働者協同組合「あゆみケアサービス」から学ぶ

2011-07-28 12:02:41 | 視察関係

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックありがとうございます。このところ更新がまだらになってすみません。
それでも普段から気にかけ見てくださる方に感謝の気持ちです。

暑さが少し和らいで、すごしやすい。

7月23日は勉強会に参加した。

足立区鐘ヶ淵駅から2分の
「あゆみケアサービス」(地域福祉事業所 代表 大谷みちこさん)

そして
ワーカーズコープ【労働者協同組合】(古谷直道さん)

を訪ね、お話を伺った。

農業に関しては農協がある。
生活物資購入については生協がある。
がそれに限定しない、
すべての分野でのくくりが、
労働者協同組合であるらしい。

労働者協同組合のしくみは
「働く人が出資もして経営に参画し、労働と経営の当事者になる」
働き方にある。
そして、お金儲けではなく、社会的価値ある事業をし、働く意義を実感する、
ところに眼目があると
お話を聞いて私は理解した。

あゆみケアサービスは、家政婦さんの集まりが前身。
介護保険ができて、それに則(のっと)ったサービスをするだけでなく買い物や看取りまでしてしまう。

それはケアされる人を大切にし、必要なことはしていこう、という温かい気持ちから発せられた行動だ。

話を聴いていて思った。
あの「たすけあい佐賀」に代表される地域共生ステーションと同じではないか!!
http://www.gutsfujimoto.com/gikai/k221213all.htm(「地域共生ステーションを埼玉に」一般質問から)

「あゆみケアサービス」も働いている方々はほとんど母子家庭のお母さんが多いという。
ワーカーズコープの傘下というか、ワーカーズコープに参加している、といべきかわからないが、
「あゆみケアサービス」もその趣旨に賛同しているわけで、
それ(その事業、そして、働くこと)の社会的価値に第一義をおく。

利益を上げ事業拡大する、とか、生活できるほどの収益を出す、ことではないのであろう。
だから残念ながら、そこで働く方が、その報酬で生活できる、には至っていないのであった。
(たすけあい佐賀は、拠点が安く、または無償提供され、活動にも県から補助金が出ていた。)

ワーカーズコープの古谷さんのお話を伺うと、
事業立ち上げの人々は生活保護や路上生活の人である場合も多い
とか。

そうか、そういう人々が自ら社会の役に立ち(働くといことの原初的意義)自ら経営者として生きていく、
その機会を作っていくことはとても貴重で、重要だ。

生協や農協など、それで生活できる労働者協同組合もたくさんあるのだろうけれど、
もともとの重きは働き方にあるのではないだろうか。

新たな(一方では原初的に帰る)動きが世の中に胎動し始めたのである。



棚がある八百屋。店はこうでありたい…。
だからと言って栄えている商店街ではない。
若者がいないのかも…。



あゆみケアサービス内にてお話を伺う。



あゆみケアサービスの外観

コメント

上田知事の応援演説

2011-07-24 12:50:55 | 行事を見たり聴いたり活動

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックありがとうございます

これから上田知事の応援演説に行く。
知事は土曜日曜を大宮駅で一日中演説し、握手し、場所を変えない戦法をとる。

大宮かぁ~。
でも、たしかに人に最も会えるのは、今や「駅前」になってしまった。
商店街でも、街中でもない。
人は外を歩かない。
買い物は車で行って、注射したらすぐ建物のなかに入ってしまう。
家にいても窓は閉めている。
とすれば、駅前しかないのであろう。

17日間の選挙戦。
そのうち所沢市内に来たのは30分だけだった。
所沢市民が知事選やっているの?! というのもうなずけるのだ。
でも・・・
残念だが仕方ない。
大宮駅に「行こう!」

この数日、体を痛めつけるようにラーメンに出遭っている。
少々きつい。



(上田知事選挙事務所近く 朝霞 「もっこり豚」のらーめん)




埼玉大学近く 「3匹の子豚」の男前ラーメン【午後3時から限定】



どちらも野菜たっぷり、油こってりである。
見よ、この背脂を。

コメント

この、おかしな国の日本  (BOSSの宣伝ではなくって国会にまつわること…)

2011-07-23 01:20:32 | かんじたこと、つぶやき

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックお願いたします。

車の中でラジオを聴いていると、いろいろ考えてしまう。

一体何やってんだろう? 今の日本。

満を持して最後の切り札で登場した民主党党首 菅首相をめぐる国会やメディアを含めた日本全体の対応である。

国のトップ リーダーを自民も民主も国民みんなが批判してやまない風潮
(そんな状況からは良い政治は生まれない。リーダーを決めた人、支えべき人々の責任を顧みないのか?)

国のトップが やめることが国の目標になってしまっている状況。
(そんなのが国の目標であるはずが無い。)

民主党も自民党もみんなで、国のトップに辞めてほしいと懇願し、
首相がそれに条件を出してしまう関係性。
(首相の座の生殺与奪は国会議員の手にあるはずなのに。)

とってもおかしいと思うのである。

なんか鉄塔にあがって「飛び降りるぞ」と叫ぶ男に、警察が説得しているのに似ている気がする。
鉄塔男は刃物を手にパンツ一丁の姿かもしれない。

そして、再び、平和だった昔と同じ「粗さがし」国会が始まってしまった気がする。

「復興のためにこうしたい。」「それはよいがこう変えていこう!」
という建設的な『話し合い』を
国民は期待しているのだ。
でも、実はそういう具体的で建設的な話し合いは、国会の議場という大上段の言論の場では行えないに違いない。
そういう話し合いは国会の裏の協議の場で事務レベルに積み上げられるもの、だからである。

テレビ中継のある国会では、「戦い」しかできにくいのだ。

小選挙区制がもたらした『首相はやめてよ、でも解散はお願いだからしないでね』現象と
挙国一致の時期にやっぱりあらさがしに収斂(しゅうれん)されてしまう現象・・・

国会は「制度疲労」の様相を呈しているのである。

(でもしかたないのかなぁ。民主党は自民党でないことで一致した倒閣(一部倒国)政党だったから、
まとまったりできないのかも。昔から1つの課題に対してリーダー格の人々がそれぞれバラバラなことを言って、
それに対する国民の反応を見ながら一つにまとめていく、という方法をとっていた。
それは2年前の政権をとった時から一貫? していた。
われわれはリーダー格の「あっちと言ったかと思えばこっち(目くらまし)」戦法によって、
初めは驚き、そして憤慨し、意見を言い、最後は訳が分からなくなって疲れてしまうのだ。
目まぐるしく変わる政府の方針についていけず、初めに言ったことを思い起こす気力さえもなくなってしまうのだ。

そして、これはメディアの罪だと思うけど、
トップをこき下ろして身を立てる風潮が日本人の身についてしまった気がする。
トップは1人。支える人々のほうが肝心だ。
そしてこの体たらくで地方も「国を批判してなんぼ」の状況に入ってしまった。
行政同士が批判し合って、それをメディアに流すことで世論を味方につける(身を立てる)手法が平然ととられるようになってしまった。)

みんな「保身」である。
よくない状況だと心から思うのである。

コメント

女性の会で佐藤正久議員が

2011-07-22 12:31:52 | 行事を見たり聴いたり活動

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックお願いたします。


昨日は上田知事を応援する女性の会に出た。
埼玉会館大ホールで行われた大会は、満員御礼であった。

応援弁士の3人の方それぞれがいいお話をされた。
さすが国会議員なんだな、と感じた。

その中でひげの隊長こと、佐藤正久議員のお話は時間が30分近くと長かったがそれを感じさせない迫力があった。

被災地での自衛隊にまつわる話が語られた。

結果が求められる今、リーダーは思って汗をかかねばいけないというもの。

自衛隊はこう言われるそうだ。
「君たちは思いやりではなくいたわりを持たなければいけない」
と。
いたわりとは『労り』と書くのであった。

また、吉田茂総理が当時の自衛隊に垂れた訓示が被災地支援の部隊の部屋のドアに貼ってあったという。

いわく
「君たちは一生を国民に感謝されずに終わるかもしれない。それが日本にとっての平和な状態なのだ。
もしも君たちが感謝の言葉をうけるとき、その時は国難のときである。
悲しいがそういうことなのだ。耐えてほしい。」
と。

佐藤氏いわく
「立派なのはその訓示を貼ったリーダーである。
だからこそ何も言わなくても隊員たちは黙って、こらえて、歯を食いしばってがんばるのだ。」
と。

「思う」ことから「行う」ことへ。
こういう世情では『知行合一』の陽明学が求められるのだと自分も思う。

震災で世の流れの局面が変わったのではないか・・・、と思うのである。

コメント

三二六(さぶろく)

2011-07-20 07:07:37 | おいしいものなど

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックありがとうございます。台風がきましたね。浸水被害が心配です。

さて、ブログも更新していないうちに順位が下がってしまった。
県議の高橋政雄さん(さいたま市緑区選出)から
「なによ? 更新してないね。どうしたのよ?」
と電話をいただいた。

ありがたい。
やはりがんばろう。

そこで今日は美味しいお店の紹介。

三二六(さぶろく)
所沢駅はダイエー横の道(学校新道)を入って、30mのところにある。

職人さんがきっちり仕事している上品なお店である。
お二人でも、グループでも、そしてお忍びでもそれぞれにあった部屋もある。

で、自分は1人でふらっと寄ったのだけど、
隣に中学校3年の時の同級生女子が飲んでいて、びっくり。
言われなければ気がつかなかった・・・。

女子「○○さんっていました?」
私 「ええ、○○久美子さんって名前でした。いましたよ。」

とここまで言われてもわからなかったのだから、
なんとも不甲斐ない。

それにしても○○さん、中学時代も大人だったが、今もやっぱり大人の雰囲気である。

カウンターで日本酒に生牡蠣になめろうにイカわた焼を頼んで、
隣には大人の女性がいる。
そして、カウンター越しに職人の仕事を見守る。

そんなお店
「三二六(さぶろく)」
所沢ダイエー横 学校新道入って30m
焼き肉の食道園そば



お寄りあれ

コメント

2番茶の調査結果

2011-07-12 23:19:34 | 議会のこと

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クた。リック願いたします。6位になってなかなか5位になれない…。

さて、狭山茶の放射線量の検査結果がまた出ました。
2番茶の生茶葉の結果です。

7月11日採取

狭山、入間、所沢の4検体  どれも規制値以下でした。


採取地   放射性ヨウ素  放射性セシウ134  放射性セシウム137  放射性セシウム計
 
入間市   検出せず     21,4          20,2           41,6

入間市   検出せず     22,7          26,9           49,6

狭山市   検出せず     24,6          25,8           50,4

所沢市   検出せず     19,2          24,9           44,1


暫定規制値             暫定規制値なし                 500   単位はベクレル/kg


国立保健医療科学院分析


この後、荒茶、飲用茶の分析もするようです。

コメント

横田ご夫妻の講演会 ありがとうございました。

2011-07-09 23:45:58 | 行事を見たり聴いたり活動

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クおリックお願いたします。

議会が終わりました。

そして7月9日(土)

横田ご夫妻の講演会を行えました。

多くの方々にいらしていただき、感謝申し上げます。
皆さまのご協力で150名の方々がいらしていただきました。
また、ミューズ全体では3階席まで満杯の700人?位の方々がいらしてくださりました。

どうもありがとうございました。

日本を信じる。
そして、
親心を信じる。

行動に移す。行動で示す。

そう改めて思いました。

めぐみさんも48歳になります。
ご夫妻もそれなりのご高齢になっておられます。

国が動かなければいけない。
国が動くためには私たちとマスコミが動かなければいけない。
そのためにご夫妻は今日もお体を押して所沢に来られました。

国がこんな状況でも時間は過ぎていくのです。
忘れてはいけないことがたくさん
私たちにはあるのだと
いうことです。

コメント

校庭等における空間放射線量の測定結果(の一部)

2011-07-08 14:20:32 | 議会のこと

校庭等における空間放射線量の測定結果

ひとまず出ました。116か所のうちの第一日目です。

7月7日 午前9時20分から5時5分まで

地表から5cm、50cm、1mの3つの放射線量を測定

                   地表から5cm    50cm    1m

岩槻区            岩槻商業     0,091  0,091  0,080

緑区             しらさぎ幼稚園  0,113  0,080  0,073

川口市            戸塚西保育所  0,101  0,088  0,071

川口市            赤芝幼稚園    0,070  0,067  0,066

川口市            柳崎小学校    0,069  0,066  0,068

鳩ケ谷市          鳩ケ谷小学校   0,075  0,073  0,073

長瀞町          長瀞第一小学校   0、062  0,063  0,059

ひとまず時間切れでここまででほいう国にします。すみません。

コメント (2)

行田 加須 総合教育センターに伺う そして山崎屋食堂

2011-07-08 00:35:49 | 視察関係

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします。

7月5日は旧行田女子高にこの4月から移った「埼玉県総合教育センター」に伺った。

20数億円をかけて改修し、もともと高校だからゆったりとした配置になっている。
当日は

「特別支援教育コーディネーター研修」
が行われていて、こちらも見たかったものだ。
もちろん、中学校の先生方の部を見させていただいた。

従来の生徒指導的対応ではどうしようもない現実があるが、
発達障害を意識して対応をかえると
見えてくる真実、新しい解決
があるのだという。
しかし先生方はそうは言っても信じきれない。
その先生方を「そうかもしれないな?」と一歩を踏み出させるには「権威」が必要でそのために「専門医」の登場が有効なのだと発表があった。

褒めること、こそ人を動かし変えるのだそうだ。

教育センターにはJICAの展示物や国立天文台やらから無料で貸与されている体験コーナーがあった。

詳しくはのちにホームページで。

昼はあの山崎食堂ふたたび、で既にカレーは売り切れていたので
「生姜焼きばら肉定食」を注文。
ご飯は高く盛られて出てきた。


店内に貼ってある「大盛りカレー30分以内間完食者」の写真を横目でにらんで、
店を出た。
今に見ていろ俺だって!!

さらに暑い日差しの中折角こっちに来たのだからと
まえまえから気になっていた「水産研究所」を訪ねる。
ちょうど「ひれ長錦鯉?」の稚魚の選別作業をしていたので興味深く見学した。
ピカピカ光る感じの鯉をえり分けていくのであった。
人間自身だけは選り分けないけど、あとは動物に対しては人間はいっつも選別し改良してきたんだなぁ、と感じた。

そして、その後、南栗橋の震災被害を見に行ってきた。
ある一角だけは
道路も盛り上がり、ひどい状況だった。
切り土ではなく盛り土のところが被害はひどいというが、
ここは周辺が田んぼで本はどうだったのだろうか?
液状化の被害として浦安と南栗橋を県土都市整備委員会が視察するらしい。
時宜を得た視察だと感じている。

コメント (2)

春菊会 浅間神社例大祭 人形劇フェスティバル 北秋津小七夕祭り

2011-07-03 22:59:28 | 行事を見たり聴いたり活動

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村←クリックお願いたします。

土曜日曜は行事の日

2日は

美司流 春菊会の第8会 創作発表会

新人さんも多いに入って、盛会な発表会でした。
幼子から熟練者まで
日頃のけいこの成果を発揮されていました。

3日日曜日は

(勢揃いの若い衆 これから地域を練り歩きます)

浅間神社例大祭
お招きありがとうございました。
神社があって地域があり、地域があって神社もある。
そういう雰囲気のするお祭りです。
トトロが出てきそうな雰囲気もあります。

そして、第30回人形劇フェスティバル
見ていて自分も子どものころを思い出しました。
あぁ、あのころは両親も若く、みんな元気で…、
西條八十の詩がふと思い出されて
哀しくもなりました。


(いもむしくんのお話)


(パントマイムと芸と操り人形)

(お見送り 三匹の子ブタ)

そして、北秋津小七夕祭り。
重松流お囃子ありバンドあり、間瀬しずかやエクスプロージャンも出演、
体育館でも武術体験や被災地支援の記録があって、
おまけに関係各団体のお店があって、プールではカヌー教室も。
よくもここまでのものをみんなで作った!!
と驚いてしまいました。

(重松流保存会 北秋津囃子蓮)

なお、行事はみんな、被災地のことも考えての行事だった。
がんばろう日本、 が共通したテーマだったのかもしれない。

コメント (2)

思いと出会い

2011-07-01 00:55:45 | かんじたこと、つぶやき

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ほんブログ村 ←クリックお願いたします。

本日は一般質問5日目、我らが3期生、松沢邦翁県議と梅沢佳一県議の登板だった。

さすが3期生と思える落ち着いて地に足付いた迫力ある質問で、
自分も思わずニンマリとしてしまった。

さて、自分は時々あるのだが、

前日に「あぁ、どうしているかなぁ?」と思っていると
翌日にばったり会うことができることがある。

今日がそういう日だった。

行きの電車の中でばったり会うことができたのだった。

良かった。元気そうで。

本当に逢うことができて、話せてうれしかった。

コメント (2)