ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

27年度補正予算も可決される(全会一致)

2016-02-29 19:53:33 | 議会のこと

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村←クリックお願いいたします。現在4位です。




今日は27年度補正予算案を議会に 可決 していただいた。

これで、2回連続全会一致で反対なく予算案が通ったことになる。

この4年間、全会一致で可決なんてなかった。

さて、補正予算といっても、国の地方創生加速化交付金を当てる事業が含まれているので、

結構28年度予算的な意味合いも含まれている。

大きなもので、

1.トコろん健康マイレージ事業 4222万円

2.クールジャパンフォレスト構想推進事業 2160万円 
           
+旧浄化センター跡地利用プロポーザル事業 540万円


3.自治体情報セキュリティ強化のため静脈認証追加 5820万円

4.年金生活者臨時福祉給付金追加 9億8382万円
     
(住民税非課税で65歳以上の方)1人3万円追加するということ

5.北野下富線道路築造事業 1407万円

また、

・消費生活センターを旧庁舎から市役所に引越しさせること
・男女共同参画センターフラットのシャッター緊急修繕 
・期日前投票所のプレハブをもう少し延長(参議院選挙まで)して借りること
・ところバスの契約を28年度分もすること(上限1億3349万円まで)

なども認めていただいたのだった。

けっきょく、入札による差金など減額もあって、総額では10億3389万円増加

そのうち大きな増額は 民生費(福祉関連)で14億2464万円の増加
それと総務費で6964万円増加  

によるもので

民生費では、主に上記4があって、ほかに国保への追加繰り入れ+1,9億、総務費での増加は上記3が主。

また全体では、

市職員や特別職の給与が改定され、予算に比べると減額になりましたが、

一人一人の職員でいえば、
若者を中心に増やして平均0,4%アップ、また、期末・勤勉手当が0,1か月分増えることが認められました。
これは、人事院勧告によるもので全国的な動きです。

また、市長、副市長、教育長、水道事業管理者、常勤監査すなわち特別職も0,1か月分
期末手当を増やすことが認められました。

※なお、今回は議員さんは自ら上げず4,15か月のままとしたそうです。理由は、これまでの4年間、議員さんのほうが多くもらっていたから。
(市職員や特別職が期末手当を3,95か月(23年度から3年間)だったとき、並びに4,10か月だった(26年度)時も、議員さんはずっと4,15だった。)

明日から、28年度予算の議案説明。部長さんがみんなで説明をします。夕方5時まではかかるでしょうね。

なお、あしたから、隣のNTTの建物を借りる契約が開始。

まずは、駐車場が使えるようになります。

コメント

青年海外協力隊員 タイの野口さん 帰国報告

2016-02-25 18:07:26 | 市長への訪問を受けるなど

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ 
にほんブログ村←クリックお願いいたします。もしかしたら2位が視野に…。

施政方針演説には30名ほどの皆様が傍聴にいらしてくださり、心強く演説をさせていただきました。

ありがとうございました。

さて、その前日のことですが、うれしい訪問を2件いただきました。

今日はそのうちの1つをご紹介いたします。

                 (タブレットを使って報告をしてもらう私 説明する野口さん)

海外青年協力隊 その出国時の報告はいただいている私ですが、帰国の報告をいただきました。

え~、あの方がいかれてからもう2年がたったのか~! とまず思ったのが正直なところ。

日本にいる者にはあっという間でも、でも、支援地に赴任された隊員にはすごく長い2年間だったと思います。

(もちろんいまふりかえれば あっというまだったでありましょうが。)


タイの障がい児施設に作業療法士として赴任した野口祐子さんです。

派遣されたのは、バンコクから車で100km(東京から富士山くらいと表現されていた)のミャンマーとの境のラチャブリー県の施設。

周りには何もない。

施設の中に住む(親などもいなかったり養育できない?)障がい児とともに施設内で住んで仕事をされた。

初めは障がい児の話す言葉がわからなかったという。

苦労もたくさんあったのだろう。 そこで、休日の過ごし方を聞いてみた。

すると野口さん、「休日はバンコクに行って、安い屋台や協力隊にあてがわれたドミトリーに食べ物を持ち寄って、

仲間たち(同じくタイに派遣されている協力隊仲間)と情報を交換したり励ましあって過ごしたりしました。」。

と。

そこで私「タイのいいところは何ですか?」 と聞くと

野口さん「心がゆったりとして、何事にも感謝して幸せにしていること。そして、こちらがお願いしたら必ずかなえようと労力を惜しまず親切にしくれることです。」

理由としては、やはり、「背景には宗教があるからではないか。」と分析されていた。

私は、それに対し「あっちの人は時間に追われていないからね~。」

なんて笑いに持ち込んでしまったが、今はそう言ってしまったことを後悔している。

時間にゆとりがあるから→そう、なのではなく、心持ちがそうだから→ゆとりある生活スタイルをできている、のだ。

総じて「豊かな時と心」をタイの人が待っているのは間違いない。

さて、帰国して、これからどうしたいか? 伺った。 きっと変化が生じてきていると思ったからだ。

野口さん 「作業療法士として赴任しましたが、福祉の道だけでなく公的な機関で働いてもみたい気がしています。」

そうだろう、そうだろう。

苦労して、視野が広がって、思いも広がって、仲間も増えて・・・きっとタイでのその経験を活かして、社会で活躍されるに違いない。

私「 野口さんの経験を是非、子どもたちやいろいろな人に伝えてくださいね。恩師のM井先生にもぜひ話して、機会ができたらいいですね。」

野口さん、ニッコリ。

若いお兄さんお姉さんから、映像も見ながら、夢と希望と将来の視野が広がるお話をしてもらうのは、子どもにとってとてもいい。

自身の進路をこれからも考えねばならないだろう。が、同時に、ぜひ子どもたちに語ってあげてもほしい、と僕は思う。

野口さんの帰国を喜び、そして、これからの飛躍を期待してやまない、のであった。

野口さん、お帰りなさい。ご苦労様でした。

そして、これからも頑張ってくださいね。



タイの正装でいらしてくださいました。  左 私 右 野口さん (そりゃ、わかりますよね~)

コメント

施政方針演説 キーワードから読み解く

2016-02-23 15:07:08 | 市役所でのこと

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←3位に躍進中です。ありがとうございます

明日はいよいよ新年度予算議会が開会される。

施政方針演説はやはり10時5分から10分の間で始まる見込み。

昨日 岩見隆夫氏の著『演説はどこへ』を読んだ。

自分の演説は 演説というより説明だな、と思った。

市がやることの説明。それも、市がそれぞれの部署で行うことの、間違いのないことを主眼とした披露だな。

昔の人は原稿なしで大演説をぶったそうだ。2時間近くやったりする。

それも昔はマイクもないし、思いをぶつける主張や説得が主となる演説だった。

お金を出してでも国民は聴きに行ったらしい。1万人以上の聴衆を前に、マイクなしで1万人以上の聴衆を相手に演説する政治家もいた。


ダイナミックさ、熱心さ、大きな声で直に聞こえてくる迫力、間合い、たとえ話、笑いと涙、憤り…自分はどれも足らない。

いつかしっかり準備して目標を持って臨んでみたい。

今回の演説のキーワードを以(もっ)て、特に 新しく始める新規事業の紹介 に代えてみます。

思い

市長としての原点は大震災と原発事故     人と人の絆 人と自然の関係 実践者を大切にする日本・所沢 大人の矜持をもって善きふるさとを伝えていこう!

1教育・子ども

学校司書の増員 学力向上支援講師の増員 学校運営マルチサポーターの減員 トイレ洋式化工事 狭山ヶ丘中学普通教棟エアコン工事

民設民営児童クラブ 延長保育と病児保育の拡大 市立保育園給食民間委託2園 妊娠出産続けてサポートと保健師増員 北中運動場などの用地買収

2環境 

マチごとエコタウン所沢構想 の進展 フロート式太陽光発電 上水道施設に小水力発電 自治会などにLED 太陽光発電一気に15%以上安く導入(マチエコ応援隊)

旧鎌倉街道周辺緑地 保全指定    北中ふるさとのみどり景観地・北野南2丁目・堀口天満天 緑地の公有地化  
   
狭山湖に人道橋  保育園や学校の庭に木を植え木陰づくり → 街なか緑の創出開始  カルチャーパークいよいよキャンプ、かまど  学校給食牛乳パックリサイクル

西武クリーンセンター長寿命化終了 東部は準備   古着・古布集積所回収へ 第2一般廃棄物最終処分場

3福祉・自治

こどもと福祉の未来館29年1月オープンへ 1階地域福祉センター 2階こども支援センター 国立精神・神経医療研究センターと連携 

家計相談支援事業 市民後見人候補者養成事業  障害者差別解消条例  保健医療計画推進委員会 

前立腺がん検診の開始 生活習慣病重症化予防対策事業ひきつづき  自治会館などへの維持管理補助増額 集団資源回収報奨金1円アップ

三世代同居優遇策

4、文化・ブランド

農商工連携推進品をふるさと応援お礼品に  ロケーションサービスの拡大  オリンピック・パラリンピックへ照準 キャンプ地誘致へ

文化振興ビジョン策定 「空飛ぶ音楽祭」へ準備開始 とことこ市事業再び 

5、行政

コンビニで住民票など ペイジー口座振替受付サービス 自宅から様々な申し込み可能に 7月にパスポートセンター(平日毎日+2,4土曜日)

財務会計新システム  第6次総合計画準備開始  

新たな時代に向け機構改革 クールジャパンフォレスト構想などの推進のため「総合戦略推進室」 土地利用転換を進めるため「土地利用推進室」

弁護士を雇って法的にも強化していく「法務推進室」  産業経済部は隣のNTTの建物に引っ越し・拡大 国家公務員。県職員の招へい と派遣

6、健幸長寿

トコろん健康マイレージ制度 1000人募集で歩けば歩くほどお得な交換 (早稲田 人間科学学術院・日本光電工業・市の連携)

ジェネリック利用率のアップ

7、成長作戦(まちづくり・みちづくりなど)

『所沢市まち・ひと・しごと創生総合戦略』  西所沢駅西口改札開設  基地東西連絡道路工事 『産業振興ビジョン』

産業用地創出 所沢駅西口区画整理 北秋津区画整理 日東地区再開発と交差点整備 土地利用転換

旧庁舎と文化会館跡地 消防団の資機材と防火衣 災害要援護者名簿システム化 浄水場配水池耐震化

第3期市街化調整区域下水道整備126haの2年目 北野下富線は島忠のところ開通 

松葉道北岩岡線 花園西友の後ろ  ハナミズキ通り電線地中化とバリアフリーはこれですべて完了 林地区の道(武蔵藤沢から浅間山通り)のうち460m分の用地買収

東住吉交差点から駅への140m歩道作りで用地取得へ 下安松清流苑第2の橋の用地取得 


以上が特に新しく進めていく内容を中心としたキーワードであります。

演説の前半は、平成27年度におこなってきた事業を紹介、振り返りながら 後半の(上に記した)28年度事業へと話を進める予定です。

皆様のご来場をお待ちしております。

コメント

新年度予算議会 2月20日 施政方針演説します!

2016-02-20 16:51:18 | 議会のこと

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックお願いいたします

今日は2月20日 4件の行事を終えて、これから2件の新年会に出るところである。

少し時間が空いたので、新年度議会についてお知らせします。

議会は2月24日(水)午前10時から開会します。

28年度一年で行う市の事業を「施政方針演説」でもって発表します。

多分10時10分くらいから演説開始になるでしょう。

演説時間は約1時間。その後 各部長による細かい議案説明となります。

市民の皆様、3月議会の施政方針演説は、政治を行う者にとって最も華であり、凝縮された時であります。

市長の市政運営における考え方、予算編成時の苦労と特色。 

そして、1年間の市の事業を網羅した演説です。

どなたでも傍聴できますので、 ぜひ市役所においでいただき、生で演説をお聴きください。

28年度の予算は、名づけて

「人にも街にもあつい『ハート&ハード』未来に向けた積極予算」

です。

一般会計の規模は史上最大、昨年度より62億円多い989億5000万円

将来を見据えて、持続可能な市政運営となるように、今やるべきことを絞った上で、投資的意味合いで拡大させた予算となっています。

少子高齢化が進み、働く世代が減少している今、市税収入はそう増えることはありません。

一方、福祉の出費はこれからも増え続けましょう。

このままではジリ貧で、教育や環境にもお金は回せなくなります。

しかし、教育も、環境も、福祉もこれからもしっかりやらねばなりません。

そこで、将来収入が安定してはいり、教育も環境も福祉もしっかり維持できるように、

投資して、街に魅力と活力を増やし、将来の収入を確保して、持続可能な運営を目指します。

新年度もそれほど市税収入は増えません。

そんなわけで、投資元年、市債(借金)の発行を昨年度より27億円増やして対処します。

また、既存の事業も見直しを重ね、削るところは削り、あるものは廃止して、歳出の拡大を抑えました。

将来を見越した時、やらねばならぬ事業数(量)は増えたが、

それぞれの事業は削りながら 

歳出の拡大をできる限り抑えた予算です。 (それでも過去最大予算)

皆様、ぜひ議会においでください。 

コメント

穏やかで平和なひととき

2016-02-09 13:17:06 | かんじたこと、つぶやき

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。6位になりました。

人間ドッグを受けた。

外の風もないので、医療センターから役所まで歩くことにした。

航空公園は、穏やかな日差しの中、幸せに満ちていた。



蝋梅は今を盛りと香っている。




おさなごが、歩くことを楽しむようによちよちと歩いている。

そばには、妹か弟か、すやすやと眠っていて、その2人の姿をお母さんが写真に撮ろうとしていた。

穏やかな幸せであり、親の持てる最高の幸せだと思う。

そして、



日大芸術学部の学生さんが新入生勧誘用の映像を撮っていた。

若き青春の幸せではないか。

ゆっくりと歩きながら、自分も幸せな気持ちになった。


こんな風に、世の中のすべてのみなさまが幸せになりますように。

コメント

被災地派遣の2名を慰問 岩手県は大槌町

2016-02-04 14:42:45 | かんじたこと、つぶやき

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックに感謝します。ブログランキング現在4位継続中です。

所沢市は市民の皆様の気持ちに応えるべく被災地に職員を派遣しておりまして、

大槌町についてはこれで4年目になります。

27年度は

重光・友田の2名が町の少しでも早くの復興のために単身赴任して汗を流してまいりました。



そういう職員を慰問したい。

ずっと懸案でありましたが、ここで時間を取って、行かせていただきました。

新幹線で新花巻へ。そこから釜石まで電車で2時間半。そこから線路が流されているので車で迎えに来てもらいました。

まずは、町役場の街づくりの部門の職員にねぎらいのあいさつ。

この部門は ほとんどが他の自治体から来た職員です。
大鎚町出身の方は1割おられるのでしょうか?

土木などの技術職であり、設計したり、かさ上げをしたり、街づくりを進めます。

が、なんといっても大変なのは、地元地区の皆さんの合意づくりだといわれます。

町には入江があって、それぞれの入り江に発達した地域が津波で流されてしまいました。

そこでその地域ごとの街づくりを進めています。

平野町長さんをお尋ねもしました。


 私の前におられるのが平野町長さん  私の側の最も手前が派遣中の友田職員、私の横が重光職員

昨年の選挙で当選された平野町長は、震災時 総務課の主幹だったそうで、しかし、前々町長の加藤町長さん他40人もの職員が流されてしまい、代わりに対策本部を指揮したそうです。

町長不在ではいかんともしがたいと、その年の8月、選挙が行われ 碇川(いかりがわ)前町長さんが当選し、復興を進められました。

昨年の選挙では、碇川さんが敗れ、平野新町長が誕生したのだそうです。
津波で町長以下40人もの職員が亡くなった役場を保存するかしないかで、平野町長は「役場は残さない」を公約に掲げました。
が、それでも住民の意見は対立し続け、公約だからといって簡単には解体することができず、未だそのままなのだそうであります。

私が思うに、被災した多くの自治体は、復興に尽力してきた最初の首長さんが選挙で敗れ、新たな首長が誕生することが多いような気がします。

住民の生活に直接かかわる切羽詰まった課題を、政治が切り盛りしなければならない毎日の連続なのだ、

という状況なのでしょう。



 高台に上って、街の復興計画を説明受けました。震災時のこの高台からの映像も、youtubeで見た気がします。

ここは古くから栄えた町の中心部でした。大槌町役場が手つかずに残っています。






2m位かさ上げするなど、また、昔からの湧水池は保存するなど話し合いながらまちづくりが進められている町方地区。
ここに、たくさんの家や店が密集し、街がありました。

生き残った住民は、仮設住宅に、公営住宅に、そして、他市に避難して住んでいます。

町としては、みんなに戻ってきてほしい。 でも、はたして・・・・。

そういう悩みがあるのだそうです。

震災から5年がたとうとしています。

オリンピック・パラリンピック、そして、外国人の暴買い(インバウンド)で浮足立っている人もいます。

が、

省(かえり)みなければいけないことはあるのだ、と思いました。

コメント