ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

34万市民の活動を見よ その2

2017-11-29 16:32:09 | 行事を見たり聴いたり活動


にほんブログ村 

11月はずっと仕事が入ってきましたが、昨日28日、初のお休みをいただきました。

昼の1時まで眠り続け、ご飯を食べて、ふろに入りながら本を読んで夕方まで過ごしました。

その後、お通夜と空飛ぶ音楽祭の打ち上げに出席しました。初めての行事でしたが、

所沢の誇りにきっとつながるよい成果をあげられたと感じています。

さて、市民の活動は秋の充実期を迎えています。以下紹介します。
11月18日(土)
・市民パークゴルフ大会

・おおぞら祭り(特別支援学校文化祭)

・JAいるまの ふれあい農園秋の収穫祭

・西所沢フォトクラブ写真展

・所沢市華道連盟 華道展

・富岡地区文化祭

・小林千秋リサイタル

11月19日(日)
・所沢市消防団特別点検



・埼玉医科大学 丸木清浩氏を偲ぶ会
・市民吹奏楽団 in 西富小

・暮らすトコロマーケット

・所沢市社交ダンス連盟交流大会

・消防団慰労会(開催会場を受け持った第1分団)


11月20日(月)地方自治法施行70周年記念式典・シンポジウム


11月21日(火)
・教育功労者表彰式


・税に関する作文表彰式


11月22日(水)知事のとことん訪問
株式会社onーART (古代に生きた恐竜がリアルに復活)at三ケ島


タミー食品工業株式会社(モスバーガーのテリヤキバーガーのたれはすべて調理など。液体調味料製造メーカー)at中新井

(株)ビクセン(望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡のメーカー)

11月23日(祝)
・実践倫理宏正会会館落成朝起き会
・第50回武州弓道大会



・NBAバレエ団公演くるみ割り人形

・所沢市社会福祉協議会法人化50周年記念式典





・所沢市歯科医師会創立25周年記念式典

・そのあと懇親会2件

11月24日(金)
・所沢市民踊レクリェーション連盟発表会


11月25日(土)
・宮前小学校開校50周年式典


・北秋津町内会館落成式

・リサイクルふれあい館エコロ市


・所沢駅西口ライトアップ 平井投手 駒月捕手


・ファルマン通りライトアップ 愛斗選手 戸川選手

・前美術連盟会長 山畑さんお通夜
・柴山さんの会

11月26日(日)

・所沢市空手道大会

・文庫・親子読書連絡会ワークショップ

・コープみらいプラザ祭り

・第7分団車庫シャッター絵除幕式

・新堀文化祭

・日本民謡孝也会連合会おさらい会


・明治神宮崇敬会所沢支部50周年記念懇親会

・市民劇団銀杏の会 ミュージカル青い鳥 感動しました!


・日中友好市民訪問団 解団式

コメント

34万市民の活動を見よ その1

2017-11-27 13:33:27 | 行事を見たり聴いたり活動


にほんブログ村←クリックお願いいたします。

文化の秋、スポーツの秋、食欲の秋、である。

fb(フェイスブック)のほうは、このところ食べ物の記事も載せ始めたが、

ブログはまじめ部門なのでそうもいかない。

でも、34万市民の活動はすごい。

私がお招きいただいている事業だけでもたくさんあるが、それ以外にも市内各所で住民行事は行われている。
いち
地縁、血縁、それに加えて「好縁」という集まりがこれからは主流になる、とは、

もう10数年前に言われたことだが、まさに趣味や趣向や目的をともにする人々が集って、活動をされている。

そこで、11月の土日の行動日記。

11月3日(祝)
・片木良江さん叙勲伝達(瑞宝単光章)

・YMCAチャリティラン 参加費は障害を持った子供たちなどのために使われます。


・入間航空祭 4番機のパイロットは所沢高校出身


・所沢市美術展 市の文化度を感じられる美術展です。


・美術展懇親会


11月4日(土)
・u-15 女子サッカー大会

・小手指地区菊花展山口地区文化祭


・まちなかコンサートVol.33 atパルコ

・新所沢東地区文化祭


・柳瀬地区文化祭



!1月5日(日)
・リトルシニア野球大会市長杯


・中央地区体育祭


・富岡地区菊花展


・富岡民謡民舞愛好会発表会


・三ヶ島地区文化祭



・吾妻地区文化祭



・所沢市交通安全大会



・飯能祭り 西部線沿線サミット 飯能のお祭りは所沢より上手(うわて)かもしれない
 材木で栄えた底力 を見せつけられた。 所沢祭りもさらなる改善の余地あり。


11月11日(土)
・中央公民館祭り


・青少年健全育成該当啓発キャンペーン

・彩のくにドリームフェスタ(食と農林業祭)

・並木地区文化祭

・ハピネス&エイジレス2017

・武州ガス祭り
・小手指公民館分館文化祭



・新所沢地区文化祭

11月12日(日)

・体力つくりトコろんウォーク

・青少年三道大会

・所沢市健康祭り

・大地の劇場・語り塾 昔話の世界

・所沢市表彰式




11月13日(月)
所沢市技能功労者表彰式 障がい者雇用優良事業所表彰式



・地域新電力事業包括連携協定式(前掲)

11月17日(金)
・防犯のまちづくり市民大会



コメント

地域新電力会社設立に向けて 幸せ者編

2017-11-16 18:07:59 | かんじたこと、つぶやき


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

自分は幸せ者だと思うことがよくある。

昨日は、環境クリーン部が「地域新電力会社」立ち上げのための連携協定を結んでくれた。

また、夜は 飲み屋さんに行ったらお客さんがみんなで話しかけて来てくれて、ありがたいなぁ、とつくづく思った。

そして今日も、私たち市の願いを聞き入れていただき、市民からありがたい申し出をいただいたところだ。

さらに思えば、先日は、職員が迅速に指示を完遂してくれて市民の幸せにつながる基準を作ってくれた。、

まず、契約課が入札における最低制限価格の設定の基準を作ってくれた。

また、道路維持課等が歩道などの(車を車庫に入れるときに歩道を斜めに削ってしまう)切り下げの仕方を

車いすや乳母車の人に危険でないように基準を作ってくれた。

市民にとって善いことであり、素早い対応にはあらためて感謝したい。


さて、地域新電力でありますが、

これは自然再生エネルギーを利用して電力を供給する会社を、

所沢市、JFEエンジニアリング、飯能信用金庫、所沢商工会議所 が共同出資して立ち上げ、

まずは市の公共施設、次に民間会社、そして、ゆくゆくは市民の家庭にまでそれを行き渡らせて

1.エネルギーの自立、2.原発にも(化石燃料焼却=)火力にも頼らないクリーンエネルギー推進、

同時に、3.電力分野でも地域内にお金が回る経済循環システム

を進めていこうとするものであります。

原発反対、とか、福島の方々はかわいそう、と言うのなら、

自らに原因を引き受けて、ならば自分は何をすべきか?!

自らの行動で示していきたいもの。

そこで所沢市として起こした行動の1つが、これであります。

ゆくゆくは市民に参加いただき、家庭の屋根に太陽光発電を普及し、出資していただき・・・

みんなで「マチごとエコタウン」を実現していければ、と願っています。

「使う人」が「作る人」になっていけば、きっと(エネルギーを)大切に感じて、ライフスタイルも変わるのかもしれませんね。

私個人としては、そんなことも夢想しながら地域新電力に期待をしているのです。

※ なお、「地域新電力会社」から供給する電気は、78%が県内のごみ発電由来、5%が市のごみ発電、1%が市内太陽光、16%は東京電力などの電力会社から臨機応変に調達する電気でもって、まずは運営される予定です。

コメント (1)

市民フェスティバルは雨  市民活動はいたるところで展開中 34万市民の層の厚さを感じる

2017-11-02 17:17:58 | 行事を見たり聴いたり活動


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

雨が続いて 選挙期間中も雨。 その次の1週間はまた雨。

そして市民フェスの後にも台風が来て、ようやくやんだが、木枯らし1号が吹いた。

10月20日(金)
お達者クラブ活動発表会


所沢市平和を語る会 和田小学校にて参観する。 中島さんは被爆当時6年生。この企画はとても重要と実感。


21日(土)
サロン幸福亭ぐるり 芋煮会

素読の会にて講演


その後、選挙応援 2か所で演説

22日(日)

市民囲碁大会


市議議会報告会

柴山まさひこさん  当選!!

その後、大雨被害確認のため市内各地の川などを見て回る

23日(月)
浸水被害地に伺って対応検討

大雨被害報告あり、対策

24日

松井小運動会


「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」秋草メダルレンジャー任命式

25日 大雨がけ崩落被害対策会議

全日本大学総合卓球選手権大会開会式

28日(土)
市民フェスティバル
農業祭開会式

向陽保育園運動会

オープニングセレモニー

DANCE MUSIC FESTEVAL2017 ベスト4の対決

その表彰式

西富祭 雨ですので体育館で充実の開催でした。

市民フェス 回りに回る

洋らん展


大懇親会 開いていただき、撃沈!

29日(日)

市民フェスを回る

合気道大会

市民吟詠大会

早稲田大学人間科学部30周年記念式典

早稲田所沢キャンパス祭
所沢市美術展


34万市民のパワーはそこかしこで発揮され、雨であっても発表会など元気に開催されていました。


コメント

青年海外協力隊、シニア海外ボランティアの皆さんの訪問

2017-11-01 12:07:42 | 市役所でのこと

にほんブログ村←クリックお願いいたします。


                ブルキナファソに派遣される江川さん


              スワジランドに派遣される浅井さん

おくればせながら報告します。

9月20日、青年海外協力隊、並びにシニア海外協力隊として派遣される方々が訪問をしてくれた。

江川さんは23歳、青年海外協力隊員としてアフリカのブルキナファソへ、

浅井さんは54歳、シニアとしてスワジランドへそれぞれ派遣される。

江川さんは、ブレキナファソでごみ回収システムを改善したり町ぐるみの清掃活動を提案したり、環境教育をすることを予定。

また、浅井さんは、スワジランドに行くが、同国は教員資格を持つ教員が少ない。とくに理科、数学、ICT分野においてそれが顕著。

そこで、ICT教育がいきわたるよう教員研修他を進める予定。

ブレキナファソはフランス語、スワジランドは英語で。きっとそれらの国に植民地化されていた名残だろう。

任期はそれぞれ2年間。10月に入るとすぐ出発という。

それぞれの認知ではそれぞれの課題があり、困難がある。

住民との信頼を勝ち得るまでは、事業の進捗(しんちょく)はうまくはいかないことだろう。

お二人とも是非おからだを健康に、気持ちを楽に、使命達成のために頑張ってきてほしい。

そうお願いしてお二人を見送りました。



         お体を大切に ゆったりとした構えで お元気でご活躍を!


なお、シニアボランティアなど今も多くの募集がある。ご関心のある方はこちらをどうぞ。
http://jocv-info.jica.go.jp/sv/?m=BList

日本語教育編
http://jocv-info.jica.go.jp/sv/index.php?m=List&jID=G157&n=y&period=2017%7C%E7%A7%8B
        

コメント