ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

絆を紡ぐ人々に感謝の日々 その3  そして 能楽体験ワークショップ

2016-08-25 12:54:57 | 行事を見たり聴いたり活動


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします

絆を紡ぐ 町内会の活動 盆踊り 納涼祭 本当にありがたいことであります

限界自治体 とか 自治体消滅 とか言いますが、その前に 限界自治会 と 自治会消滅 がやってくるのです。

だから、何とか、地域共同体 を維持 元気に なっていただかねければなりません。

生物としての ヒト の特性は 集団に所属して 支えあいながら生きていく ことですから。

自治会のほうが基本 なのです。

さて、

前回以降

13日 岩崎下町(すみません、写真を撮るのを忘れました。)ですが、いいとこTVで様子を観られます。

20日(土) 朝9時


               北原町   そぼ降る雨の中の準備  準備はして、翌日実施されました

                    向陽ハイツ  雨は止んで いろいろな催しが

 

三ッ井戸 弘法大師さまに伺い・・・・この時はすごい雨になりました。


わくわくトコ常夏ランド   一気に雨が上がり、晴れ間が。 このあと1時間半は雨も降らずに、ビッグバンドも演奏。


所沢パークハイツ夏の広場 おいしいカレー そして、ハワイアン


             花園  焼きそば係は汗だくで・・・ また、ベトナムの研修生が浴衣で来訪も 



              ロイヤルの園 夕涼み会  職員やボランティア、民生委員さん、学生さん 皆の手作り



                三ケ島九区 夏祭り  8時すぎに到着するも、早めに終了されていて、ご苦労さん会にてご挨拶。

21日(日)


                                                        能楽体験ワークショップ と おさらい発表会 そして、「殺生石」を観る。

※ この能楽体験ワークショップほど 文化 の香する企画はない かもしれない。 市として誇りとする企画であります。 

    講師の遠藤喜久先生はじめ ご協力いただいている皆様に 心から感謝です。 所沢ミューズが 文化企画の一つとして 毎年 催しています。

     ぜひこちらも 遠藤喜久 先生についてhttp://www.ne.jp/asahi/endows/page/  


                           緑町町会夏祭 2日間の開催 昨日の分まで盛り上がって


★西所沢    すみません。 写真撮り忘れました。


ところざわジャズフェスティバル 演奏風景は撮れないもので…。 盛り上がりましたよ!


日東町内会 盆踊り大会 この場所は今年で最後となります。 


所沢コーポラス  地域の人々が盛大に出店する出店は片づけていました。 トトロの広場に伺って、最後の最後の場面でごあいさつさせていただきました。

ソラバル すみません! 恥ずかしくって写真にできません!! 
ソラバルでは教え子のNさん夫婦にもあって、うれしいひと時。 

こうやって、土日の2日間は過ぎていきました。 そして、今週 火曜日に大雨災害に見舞われました。

被害を受けた方の後のフォローを 今 市としてしているところです。







コメント

可能性を伸ばす! にこ茶 すき焼きウォーズ そして、ミュージカル体験はいかが!?

2016-08-25 00:20:29 | かんじたこと、つぶやき


にほんブログ村 ←クリックに感謝です。お盆のうちは一位を独走中です。


劇団にこっと茶  を見てきました。



今年の題名は『すき焼きウォーズ』

みんなの大好きなすき焼きですが、確かに食べるときは牛肉を狙って 箸を争っていた感がある・・・。

でも、すき焼きは牛肉だけじゃない。

しらたきもしめじもねぎも白菜も・・・みんなそれぞれなくてはならない主役なんだ!!

自他ともに認めるすき焼きの主役! 牛肉 に対抗し、 その他の具材が協力し合って、おいしいおいしいすき焼きを作っていく。

そういうストーリーがミュージカルに仕立て上げられ、面白くも 具材のひたむきさが時に切ない 舞台でした。

ここまで来るには、なんどもなんども練習を重ねるしかありません。

指導者や スタッフ に 敬意を表します。

そして、今年も、その劇団にこっとちゃ が体験ミュージカルを企画してくれた。

が、申込期間を過ぎてしまった!! もう締め切ったと思いますが、もしかしたら・・・・と思い、書きます。 すみません!

8月28日(日) 9:30~15:30頃 (開始9:20)

入間市東藤沢公民館 1階大会議室

対象:小4~中3 持ち物 体育館履き、お弁当、水筒、タオル、着替え

申込み8月21日まで にこっと茶事務局 相澤さん 04-2943-4039(FAX) 

名前、住所、学年、連絡可能な電話番号、
保護者のメールアドレス を記入

でFAXにて申し込み。


なお、問い合わせ 090-7904-6568岩崎さん 



          発表後の子どもたち  達成感たるや 生半端ではない

なにかの壁にぶつかって、それを乗り越えて子どもは成長する  のですね。



それと・・・これまた遅いのですが、所沢ミューズでもミュージカルワークショップやっていまして・・・

もうすぐ発表会です。

8月27日 15:00から 20分間の劇 「ふしぎな泉の物語」

です。  ぜひ観にいらしてください。
http://www.muse-tokorozawa.or.jp/event/detail/20160827/pdf/print.pdf


 

 

コメント

地球にやさしい学校大賞

2016-08-24 16:03:28 | 市役所でのこと


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

昨日の豪雨にて、被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。

あっという間の水嵩の上昇。 あれほど、例えば東川の旧町地区には二重河川と雨水調節池の整備など100億以上もかけて対策しているのに

今回 浸水となってしまった…。いつにない集中雨だったとはいえ、申し上げる言葉がございません。


                    写真は 大賞受賞の 松井小学校  向陽中学校

さて、その翌日となる8月23日、『地球にやさしい学校大賞』の表彰式が行われた。

こどもたちは純粋に環境を思い、未来のために今実践、という気持ちで取り組みを進めていた。

それが発表を見て、しっかりと感じられた。

例えば、緑のカーテン、例えば、学校農園[ファーム]そして、収穫から料理まで、たとえば、放射線を学び、たとえば、古紙回収を競い、例えば、牛乳をのかさず、たとえば、キャップを集める。例えば川を清掃し、例えば、環境美化の日に参加し、例えば落ち葉を掃き、教室を磨き、コンセントを抜き消費電力を低くする・・・。

みんな、コツコツとした、でも着実な取り組みだった。

「おじさんは、このごろ子どもたちを見ると 『あぁ、この子達は自分が死んでから50年は生きてくれるのだな。その50年は自分には全く想像し得ない時代となるだろう。 だからこそ今は、この子供たちに(生きていくために大切なこと、生きてくのによい自然の環境など)しっかり伝えて行かねばな。』  
と思うんです。
大人というのは、君たちの世代とこれから生まれてくる子供たちに伝え、残すために生きているといってもいいんですよ。」

というようなことを話した。

それと、「地球にやさしいってことは、人間に厳しいってことなんだよ。」ということも。

さて、47校中、大賞は

松井小学校 向陽中学校

特別賞は 

富岡小学校 北野中学校

入選が

並木小  上新井小  荒幡小  美原中  南陵中

そして、奨励賞が

小手指小  北小 安松小  小手指中  柳瀬中

でありました。

若き人々に未来あれ! そして、地球にも未来あれ!

それを伝え実践して、背中で範を示していくのが、私たち大人なのですね。 


                                         大賞  松井小学校


                                        松井小の発表


                                        大賞 向陽中学校

                                      向陽中の発表


                                      特別賞  富岡小学校 


                                   富岡小の発表


                                     特別賞  北野中学校


                                                                                                                           
                                       北野中の発表
                   

                                     入選   並木小学校



                              入選   美原中学校




                                       美原中の発表



                                  入選   上新井小学校


                                上新井小学校の発表
                                                      

                                 入選 南陵中学校


                               入選   荒幡小学校


                                  奨励賞   小手指小学校

                                       奨励賞  小手指中学校


                                        奨励賞  北小学校



                                       奨励賞  安松小学校

コメント

東京狭山線整備促進期成同盟 市議会議員OBの会(交友会) 政策研修会

2016-08-22 14:59:20 | 市役所でのこと

 
にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。お盆に入って、ほかの方々の投稿が少なくなって、一気に1位に躍り出ました!!

では、仕事3題


          早期完成の要望書提出         左 浅井県土整備部長 右  期成同盟会長としての私  (県庁にて)

8月8日(月) 埼玉県に対し、東京狭山線整備促進期成同盟会会長として要望 に行ってまいりました。

平成24年度には埼玉県内の圏央道がつながるので、それにアクセスする道路もそれまでにつなげたい。

これが私が県会議員の時の埼玉県県土整備部の目標でした。 

で、狭山市は赤坂の森の部分も開通し(シチズンから先のところ)、圏央道県内開通は平成27年度に遅れたけど、あとは難所の下安松工事区域となったのであります。

この崖を降りると、清瀬駅までまっすぐつながる。東京都もこの道につながるべく工事を進めている。予算規模は6倍以上の東京はやり始めると仕事が早い。 私も川越県土整備事務所長として関わってきたこの道です。県として負けない! と浅井県土整備部長は意気込みを示してくださった。

市民の皆さん、土地権利者の協力や県職員の努力があって、あと4年以内に、つながりそうです。




 
              中所沢市議会議長 や 関係着の議長 はじめ 関係県会議員の皆様とともに 

その2 同じく8日(月) 市議会議員OB会にて 現在の所沢市の状況を説明し、かつ、懇親を深めてまいりました。


前列左から 荻野副議長 深川元議員 水村県議 柴山代議士 私 仲村交友会会長 中議長 西田参議院議員 岡田県議 島田元議員議員 大石元県議  2列目左から 大舘元議員 高橋元議員 小川元議員 斎藤元市長 当麻元議員 本橋元議員 石井元議員 大舘副市長

例えば、私が埼玉県議になった時、所沢市議会は議会運営にしても随分と進んでいる、と確信を持ったものでした。

所沢市議会は生き馬の目を抜く熾烈(しれつ)な言論の戦場。

あるときには自己の意見を通すため、またあるときには真面目に働く市職員を守り、提案を通してさらに頑張ってもらうため、

常に議会運営の解説書や地方自治法、会議規則を片手に 丁々発止(ちょうちょうはっし) 議会ルールを駆使して 切った張ったのやり合いをしていたものでした。

そうやって、深夜議会あり、延長議会あり・・・のなかで、所沢市は 良い意味でも悪い意味でも、先進議会で有り続けてきたのでありました。

みんな真剣勝負なのです。   そして、その中からより善き所沢市が生まれてきたのでありました。

市民の持ち味も相まって、常にマスコミに批判される「ほどよい市」ではあるけれど、所沢市は、けっこういろいろな市民福祉が揃った先進市なのでありました。

その歴史を作ってきたのが、市議会議員OB,OGの先輩方です。

これからもお元気にて大所高所からのご指導を賜りますこと、お願いをいたしました。

そして、9日(火) 市長はじめ市職員の研修として「政策研修会」を実施しました。
お招きしたのは筑波大学大学院 教授 久野譜也先生

市が進めようとしている 『健幸長寿のマチ 所沢』 について、まちづくり全体の視点から留意点をお話いただきました。

それは、健康推進部だけの課題ではなく、都市計画部門の参加がなければ成果は半減であること、市民に伝える、とは参加を募るとはどういうことなのか・・・。

伝えたい人に届いて初めて成果が出る。そのためにはどうするか。

など、大切な視点を私たちに投げてくださいました。

きっとこの機会を生かし、真の意味で成果をみえるものにし、成功させたいと思います。

 

コメント

埋蔵文化財まつり ソラバル ジャズバル まちなか音楽祭 わくわくトコ夏ランド

2016-08-14 18:15:35 | 行事を見たり聴いたり活動


にほんブログ村  ←クリックお願いいたします。

さて、夏休みももう終盤戦に入った。

オリンピック、パラリンピックと甲子園に集中していると、あっという間に過ぎてしまう。

そこで、市が行う行事、イベントのご紹介。

◎8月18日(木)19日(金) 9:30~15:30

埋蔵文化センターのところざわ埋文まつり 

ミニチュア縄文土器作り(200円)  勾(まが)玉作り(200円)  火起こし体験


うどん作り体験(300円 8/1~要予約)  拓本体験 クイズラリー  タイムスリップ写真館

所沢って縄文土器やおおきな街道跡などたくさんの文化財が埋まっているんですよ。

地図 http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/tokotokomap/citymap_index.html?lat=35.80639817547936&lng=139.46868896484375&zoom=13&mk=%E5%9F%8B%E8%94%B5%E6%96%87%E5%8C%96%E8%B2%A1%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC&ctgr=%E3%81%B2%E3%81%B0%E3%82%8A%E3%81%BD%E3%83%BC%E3%81%A8%E5%85%AC%E5%85%B1%E6%96%BD%E8%A8%AD%E7%B7%A8

小手指駅南口からバスで10分。(歩けば20分)埋蔵文化センターへ(TEL.04-2947-0012)

埋蔵文化センター職員一同、
     皆様のご来館をお待ちしておりま~す!!



え~っと、次は・・・


◎ジャズフェスティバル
ソラバルわくわくトコ夏ランド所沢まちなか音楽祭


・ソラバル8月19日(金)~21日(日)
60店舗のお店が参加して、食べ飲み歩きの3日間 個人商店のお店も増えて、商店主の皆さんも所沢も頑張っていますよ!

500円でパスポートを買って、あとは好きなお店で、安くなったメニューをゲット。
どうぞ行って、見て、食べて、楽しんでください。
もちろん私も参加します。

詳しくはこちらへ  ソラバル http://soraval.com/ 

食べ飲み歩きのお店はコチラ http://soraval.com/%E3%83%90%E3%83%AB%E5%8F%82%E5%8A%A0%E5%BA%97/


・まちなか音楽祭8月19日~21日 ワルツ入口にて(時間はこちらを見てください)↓
参加バンド 時刻 http://soraval.com/wp-content/uploads/2016/07/8782bcf3d9b03324028022d321468572.pdf

・ジャズフェスティバル8月21日(日)中央公民館ホール(所沢まちづくりセンター) 
こちらは前売り完売 当日券はあと20枚とか http://www.snw.co.jp/~machizou/jazz/jazzfes.html

わくわくトコ夏ランド 8月20日・21日(日) 中央公民館広場前

皆様 奮ってご参加ください!!

コメント (1)

高野秀行の本 から 誘(いざな)われ

2016-08-13 15:46:36 | 本・映画など


にほんブログ村 ←クリックに感謝です。 お元気ですか? 

オリンピックと高校野球で 目が疲れておられる方も 多数いると 想像します。

それにしても リオオリンピック メダルラッシュですねぇ。 すごすぎます。 

所沢市に関係ある選手も大活躍です。 

このまま、パラリンピックもメダルラッシュで行けたらなぁ、と願っているところです。

さて、少し休みを頂いて本を読んでいます。

大好きな高野秀行の本。

このところで







と3冊読んでみました。

やっぱりいいですねぇ。そして、私もその土地で出会う人々 との交わりが旅の醍醐味だと思っています。

高野秀行もその土地の人々と交わり、酒を飲み、助けられて 辺境の旅を続けます。

そこに出てくる人々は、変わっているけどとても善き人 でもあります。

私たちも日本に来ている外国人に対して 変わっていても 善き人 でありたいものですね。

私も今までに 旅に出て、いろいろな善き人々に会いました。 助けてもらいました。

あの人はどうしているのだろう? そう思うこともしばしばです。

そこで、 お世話になったあの人は今? という感じで写真を載せてみることにしました。

悪しからず。

初めての海外旅行 それは、中国。 1990年、平成2年8月9日から23日。 

それまで、海外旅行なんて贅沢はしない、と豪語していた自分でしたが、28歳、就職6年目にしてついに海外へ。

天安門事件の翌年、もうすぐ姉妹都市を結ぶ常州市に教育表敬訪問をするという大義があったからなのかもしれません。

8月9日上海→10日常州→13日鄭州 少林寺→14日洛陽・龍門石窟→17日 西安・大雁塔・青龍寺・兵馬俑→20日北京・故宮・天安門・万里長城・定陵→23日帰宅

と旅しました。

しかし、ひとり旅は油断できないし体力を使うし、おまけに、途中で風邪はひくし、駅員もデパートガールも食堂の店員も全くやる気ないし、(個人商店は違った)中国女性は威張っていてすぐ怒鳴りつけてくるし・・・・・・つらいつらい旅でありました。

最後に飛行機に乗る時に、隣り合わせた日本人に「帰りたくないですか?」と聞いたら、「一刻も早く脱出したい!」の答え。

そうでしょう、そうでしょう! と意気投合したのでありました。そして、成田に着くと、「ああやっと日本に帰った!」と心の内で叫んだのでした。   

でも、そんな辛い旅ではありますが、マラソンと同じで辛いほど後からまた行きたくなる

それに とっても親切で、とっても善き人々とも 会うことができたのですから。

そこで、以下、お世話になった人々 今も元気でいて欲しい!


   1990,8、11 江蘇省常州市の教育関係者 左から 王さん 陳さん 兪さん 中等師範学校ほか案内してくださった。

自由恋愛(結婚に関係なく自由に付き合えること)について、とか、電脳玩具(コンピュータゲーム)について とか、 中国が恐れ西洋文明からの侵略を懸念し、日本がすでに毒されてしまっている事項について、無理して開放しない方が良い、と力説したのを思い出します。



 1990 8,13  少林寺にて声をかけられ同行 画家の 魏建民さん 人懐っこい人。どこでも値切る。店の人にいつも言い返されてしまう。


   1990,8、14 上は硬座列車で仲良くなった先生方  
           
 下は 洛陽駅で知り合って 一緒に泊まった 立命館大4年の三枝(みえだ)誠さん 漫研に入っていてポリシーくんという名の主人公の漫画を執筆中という。 上七軒近くに下宿中。 しんみりと話ができた。


   1990、8、17~19まで
そして、なんといってもこの旅で一番お世話になった呂 増偉 さん(左)。 右は同学の XING亜卓 さん。ともに西北工業大学の19歳。 
呂くんには言い尽くせぬほどお世話になった。西安をすべて案内してもらったり、金がないと言ったら宿のおばさんと口論してまで交渉して、
一緒に泊まって2人で15元(7,5元/人)に値切ってくれたり。 熱が出たときはスイカを寮から持ってきてくれたり・・・。
彼は今、どうしているのだろう。故郷は西安よりもっと北のほうだっと言っていたが・・・。飛行機関係の技術を学んでいると言っていた記憶がある。
今なら45歳か?

高野秀行の本の話から 漂泊の思いやまず 昔お世話になった方々今いづこ と 勝手に進めてしまいましたが、お許しください。

また、時間があるときに、旅の続き をしてみたいと思っています。






 

コメント

素晴らしき若者に会って 後生(こうせい)畏(おそ)るべし

2016-08-12 15:06:09 | 市長への訪問を受けるなど


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

さて、青少年の活躍という観点から3題。

1つめ 平和大使として市民代表の学生諸君が来訪してくれました。

基地を持つ都市として平和を願うまちとして、所沢市では、広島市で行われる平和祈念式典に市民を派遣しています。

5日早朝に出発、広島着後、原爆資料館などで学び、6日は式典参列。

彼女らはまず広島訪問前に市長室を訪れ、そして、訪問後に報告をしてくれました。

本や教科書で学ぶのとは違って、行って、見て、、感じて、考えることで、

原爆にあった人々の気持ちを自己のこととして感じることになった

と語っていました。

6人全員が前向きで率直で、とても、まっすぐな感じをもった少女でして、きっと多くのことを学んだのだと思いました。

市長として、とても嬉しく、この事業をやった甲斐を感じ、また、少女らがこれを機にさらに成長されることを確信した次第でありました。

                                   写真左から       Y田さん  K暮さん  T渕さん  私   o幡さん  H原さん  H田さん

 

2つめ 関東大会・全国大会へ向けて 中学生が表敬訪問 に来てくれました。

全員ではありませんし、既に終わってしまった部活もありますが、これからの学生さんたちが訪問してくれました。

彼ら彼女らの健闘を祈っています。 

私は、市長として

「体調だけでなく 心の状態も 最善を尽くしたと言えるよう これからの日々を過ごして欲しい。」

と伝えました。

少し偉そうだな、と自分では感じつつも、そう言ってエールがわりにした次第です。 
                                がんばれ!  所沢健児たち         集合写真

続いて 3つめ ディケーター市派遣学生が訪問 してくれました。

所沢市と友好都市であるアメリカ イリノイ州にあるディケーター市

市民交流として交互に学生交流をしてきました。

今年は、受け入れの年。7月28日(木)から8月10日(水)までの2週間、ホストファミリーの家に泊まって、所沢北高校にも3日(水)には通って、

日本体験をしてもらいます。

派遣学生は16歳から18歳の男女3人計6名。

               写真は、歓迎会で出し物をして我々を楽しませてくれている学生諸君 アメリカ国歌の斉唱や詩の披露など

                                                       
写真は ホストファミリィーとともに

歓迎会に参加して感じたことは、アメリカ人ゆえのフランクさはある中で、この子達は相当に優秀で真面目な学生なんだ、ということでした。

今年はディケーター市との友好50周年にあたりますが、 選抜されたメンバーに違いありません。

あだや日本に来て、その前向きさ、素直さ、真面目さを 傷つけることなど無きようにせねばならぬ 

と確認した次第です。

そして、こういう交流もきっと、いつか年月を重ねて 善き人々をより育てる という点で芽を出すのだろう、ということを感じたのでありました。



以上、3つの青少年との出会いを通じて 感じていることは

後生畏(おそ)るべし 

ということにつきます。(意味をよく間違って捉える人がいますので、こちらを) http://kanbun.info/koji/kousei.html 

(なお、畏れる とは、敬意をもって接する ことですから。 あしからず。)


皆、私を抜いて 大きく素晴らしく 素晴らしい大人になる人々でありました。

表敬訪問 に浴して 今年は、そう心から感じ入ったのでありました。  

コメント

高齢者演芸大会と親子料理コンテスト から  選ぶということについて

2016-08-11 13:05:14 | かんじたこと、つぶやき


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

7月27日の臨時議会は、審議が長引き翌日に突入、深夜議会を終えて、就寝したのは翌28日午前3時。

その日もしかし、ふつうに予定が入っているので、8時半出勤。

28日(火)10時から 高齢者演芸大会 市と長生クラブの共催で行われ、盛大でした。


これは式典の部。このあと、踊りや歌や 様々な芸が発表されました。

7月29日(金) 親子料理コンテスト

お茶を使って料理しよう。
レシピを考え、親子で仲良く料理を作っていました。

自分は、こうやって親子で参加してみよう、として、実際に挑戦してみること自体、そういう親子が素敵と思いました。 

優勝「お茶のガトーショコラ」をつくった倉田さん親子(向陽中)
市長賞は、「和風ババロア」をつくった井田さん親子(中富小) 

おめでとうございま~す!!

また、予選を勝ち抜いて決勝に参加してくれた親子は
「狭山茶かりんとう」佐々木くん親子(泉小)
「狭山茶かおるお茶マフィン」前田くん親子(小手指小)
「茶ルボナーラ」酒巻くん親子(牛沼小)
「さといもプリン狭山茶風味」乙川くん親子(山口中) 


ところで
審査員の一人として審査をしたけど、審査って難しいなと今回も感じました。
いくつかの観点を設定して、それぞれ点数化し、合計を出します。  数人でそれをやって、総合得点で順位が出ます。
どこか飛び抜けている方が良いのか、平均的に良いほうが良いのか・・・。
全く「選ぶ」というのは難しいものです。

これは、職員採用などの時も、また、指定管理者を決めるとき(特別養護老人ホーム・児童クラブ・図書館などなど・・・)も同じような悩みとなるのではないでしょうか。

面接等に参加したことがあるのですが、 この人物は面白いかも!!(言葉が悪いですが) という人物をとるか、平均的によしとされた人物を採用するのか? また、誰の意見を重視すべきなのか? 総合得点(平均得点)とすべきなのか?

本当に難しいことだ、と思ったのでありました。
 

コメント (2)

絆を紡ぐ人々の汗に感謝の日々 8月5・6・7日

2016-08-08 12:43:08 | 行事を見たり聴いたり活動


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

地域の絆 子供にふるさとを伝えたい! そんな気持ちに、そして、汗を流していただけることに「有難いこと=ありがとう」と思います。

8月5日(金)6日(土)7日(日)

盆踊りのピークでした。

以下、順番に沿ってご紹介します。

5日(金)

小手指南口夏まつり



・そのあと保健医療計画推進委員会会議(於 保健センター)


6日(日)
AM8:00
北田地区夏まつり 小屋から櫓やテントの骨組みを移動

8;30
美原町町会 納涼盆踊り大会  美原中野球部員も手伝って 環境推進委員さんは周囲を掃除 これから細かいことの準備


9:00
・スポーツ少年団バレーボール交流大会(於 市民体育館)

9:40
御幸町町内会 納涼盆踊り大会 櫓は組み立てられ 電気屋提灯の準備など

11:00
・劇団「にこっと茶 定期演奏会」(於 入間市産業文化センター)
PM3:00
和ケ原ふるさと祭り テントが組まれ ステージの準備や出店の用意中

4:00
東西新井町 盆踊り大会 細かいで店の準備と料理の開始 あともう少しで本番 消防団や自衛消防隊も参加

4:30
北秋津町内会 納涼盆踊り大会 日月神社から北秋津小に場所を移し 始まりました

5:20
岩崎上町 夏祭り納涼大会 教え子のI川さん(旧姓 N村さん)に元気をもらって 育成会も 出店で賑わい中


5:55
上山口夏祭り 5つの町内会連合のお祭り 大規模です これから始まるところ 消防団も展開

6:35
三ケ島5区自治会 納涼まつり 踊り子さんが勢ぞろいで賑わい中

7:20
荒幡夏祭り 西武園の花火も見ながら盛り上がり中 おやじの会から鮎と煮込みをいただいてしまいました

8:15
所沢ニュータウン自治会連合会納涼祭 昼の子供みこしから始まった祭り それそろフィナーレ
(あと3ヶ所回ると申し上げたら気を使っていただき・・・)


8:35
中富自治会 納涼盆踊り大会 出店は終了し、あと1曲で終了 遅い遅いと言われながら・・・

8:55
日比田地区 納涼盆踊り大会 踊り子さんがたくさん出て、神社の境内で・・・ザ盆踊りという感じ
 
9:30
久米上組町内会 納涼祭 道を封鎖しての大きな祭り会場です 9時半到着 舞台は終了
        出店は展開中 気を使って接待していただきました


今日は、行事も合わせて随分動きました。こういう時は体力が勝負です。
また、秘書や運転手さんのちからあってこそ対応できた。
今日は頑張った~という「成し遂げた」高揚感があるものです。

というわけで1軒だけ飲んで帰りました。

7日(日)
AM7:40
サマースクール出発式


帰って寝たら、午後3時過ぎまで爆睡しました。 
そして、昼飯を食べて、ブログ作りで5時半まで。そろそろ出発です。
これから
和ケ原3丁目町会 夏祭りへ 第2なかよし保育園児の太鼓披露 教え子のU野くんに会って 車の吹付の仕事は50度のなか行うという。
暑さの中で頑張っている大人はたくさんいるのだ。自分も頑張ろう、と思った。


そして、その後もう一件 市議さん後援会主催の会へ

「 こころよき 疲れなるかな 息もつかず 仕事をしたるのちのこの疲れ 』石川啄木

縁の下の力持ちになって汗してくださる人々にお礼を言う旅はこうやって、まずは山を越えました。

帰途に就くとき、啄木の歌が自然と浮かんできたものです。


 

コメント (2)

29,30,31日の夏祭り、ソフトボール会長杯、市の仕事報告会

2016-08-01 13:02:27 | 行事を見たり聴いたり活動


にほんブログ村  ←クリックお願いいたします。

7月29日(金)30日(土)31日(日)

各地で盆踊りなど開催。

地域の大人が子どもたちに「善きふるさと 所沢」を伝えてやりたい、という気持ちに感謝させていただきました。


7月29日(金) 小手指1・2丁目、街づくり事業協同組合の共催で2日間開かれます。


7月30日(土)

朝8時半 町谷自治会 納涼盆踊り大会 

8時50分 金山町盆踊り 子どもまつり 所中生も参加して作業中


9時10分  宮本町町内会 盆踊り大会 こちらも所中生活躍中

9時25分 喜多町 盆踊り大会 所中や明峰の子どもたち 育成会の皆さんも

10時   東所沢和田地区 納涼夏祭り大会 和田1・2・3丁目町内会に公民館の共催で



10時30分~12時30分

市の仕事報告会(於ける保健センター) ご参加ありがとうございました。わかりやすく良い説明ができたと感じています。


質問の部 の回答者 発表者もあり、その上司もあり…


1時  北中夏まつり大会 この時間は暑かったです。


・各会場とも 昼の時間は設営はされません。暑すぎますから。 そこで、私は役所に帰って、文書読み

3時30分   向陽保育園 夏祭り 親父の皆さんと保育士さんで設営準備中


4時  ソフトボール協会会長杯 中学生の部

写真は決勝 上山口中 対 美原中 

上山口中学が優勝 準優勝 美原中 3位 所沢中

なお、この大会は1,2年生の大会ですが、 

中学校体育連盟主催の6月から始まる3年生までの大会では 上山口中 所沢中 中央中が県大会にまで出場し、

上山口中が関東大会に出場することが決まりました。


5時半 若松町 納涼夏祭り 親父の会と 太鼓連、そして近くの施設も参加され・・・ 6時開催を待つ時間


6時10分 元町本町 盆踊り大会  ここから開催中の訪問です。


6時40分  寿町 夏祭り 所中生は放送係


7時20分 旭町 夏祭り盆踊り大会  教え子のS田さん、T瀬さんにもあって それだけで幸せでした。

そして、来賓席に入ると 昔の教え子の話がたくさん出てきて、I永くん、A倉さん、G可奈子さん、I波さん,Y﨑さん・・みんな元気でなにより。


8時20分 弥生町町会納涼大会 若いメンバーの参加が目立ってました。



8時50分 北所沢町町会納涼盆踊り大会 30,31日の2日間開催の町会です。


7月31日(日)

朝8時30分 安松町内会綱引き大会

まずはラジオ体操から



そして、記念撮影 ここでも元所沢中の教え子T野さんにあって・・・懐かしい。 みんなそういう年齢になっているんですね。


所澤っていいなぁ、こんなに地域のことを考えてくれる人々がいて。

一方で、こういう活動を知らないで生活している人もいますよね。

他者とつながらなくても生きていられる時代[人生の時期]は、それでいいのですよね。でも、人間いつか年もとる。

また、子どものときは声かけてもらったもの。

つながりとか、絆とか、連帯とか、支えあいとかいろんな言葉で表している私たちですが、やっぱりそれらが見直されているんだと感じています。

コメント