ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

映画 1/4の奇跡  と 折り紙ヒコーキ大会  11月25日(日)

2012-10-31 10:38:41 | 行事を見たり聴いたり活動

映画『1/4の奇跡 』
☆新所沢公民館ホール

悩んだり、迷ったり、自信をなくしたり
自分の事が嫌いなんて思った時に…

是非、この映画を見て下さい。



「私は私のままでいい」
「ありのままの自分を受け入れる」


そう思える映画です…
予告編、是非、ご覧ください!
youtube 映画監督入江さんの話
http://www.youtube.com/watch?v=JXbqVnTrq2w&feature=player_embedded

【上映日】: 2012年 11月 25日(日)
【時間】: 10:30 ~ 12:30

【会場名】
所沢市立 新所沢公民館 ホール(埼玉県所沢市緑町1-8-3)
【会場定員】: 208
【日本語字幕】: あり
【入場料金】: 900円
【割引料金など】
保護者の膝の上で観られる
未就学児は無料です。
席が必要な場合は通常料金となります。

【主催者(団体)名】
1/4の奇跡 上映実行委員会 in 所沢/三浦博美(ミウラ)
【問合せ連絡先】: 080-5409-8028

同時に

全日本折り紙ヒコーキ大会



本当はタイなどからも参加者が来て、
世界折り紙ひこーき大会
になるはずだったんですが…

航空発祥の地ゆえの開催です。

どうぞふるってご参加ください!!
2012 折り紙ヒコーキ大会 in 所沢 

  日 時 : 2012年11月25日(日) 9:00~
  会 場 : 所沢市民体育館
          埼玉県所沢市並木5-3 
          TEL(04)2991-1181
  参加料 : 初回300円  2回目以降100円
            (計測料・材料費)
  部 門 : 個人戦(幼児・小学生・一般男子・一般女子・シニア)
         団体戦(小学生以下1名を含む3人1組)
    
         

  お問い合わせ : 日本折り紙ヒコーキ協会 関東支部

コメント

1日当たりのクリック数から志木市に追いつく日時を考える。。

2012-10-20 07:17:18 | かんじたこと、つぶやき

金曜日 朝                                      土曜日  朝    日曜日の午後2時    平均1日当たり伸び票 
カパル(志木市)24346pt       →31位/24671pt   →       32位/25173pt     413pt       

トコろん(所沢市)11215pt     →55位/11998pt  →    53位/13169pt     977pt

いつ追いつくか?

中一の子が習っている1次方程式かも。 

ということで、何日後の追いつくかをXであらわすと

25173+413X≦13169+977X

413X-977X≦13169-25173

-564X≦-12004

X≧12004/564≒21,2

22日後 つまり 11月11日でしょう。 うわっ、ギリギリですね。締め切り11月15日ですから…。     

コメント

トコろん上昇中!!今一歩のご支援を。

2012-10-19 08:21:00 | かんじたこと、つぶやき

金曜日 朝 

カパル(志木市)24346pt
トコろん(所沢市)11215pt

1日当たりの増加ポイントを計ってみたい。

コメント

トコろん善戦中 さて、皆さまのお知恵を!

2012-10-13 08:16:39 | かんじたこと、つぶやき

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村←クリックお願いたします。

さて、ゆるキャラグランプリも後半に入った。
11月15日までの戦いであるが、
我らがトコろんも善戦している。

少しずつ人口規模の小さな市を追い越して、埼玉県内では6位にまで上がってきた。
全国では
 62位/6476pt
まずは、この戦いを多くの市民に知らしめて、
「すそ野拡大」
が、残り一カ月の上昇を決める気がする。

皆さま、すそ野拡大を図る方法ってないでしょうか?

所沢市役所でも、ホームページに紹介、などしておりますが…。

ッてわけで、ゆるキャラグランプリのページ。
ここからおはいりいただき投票ください。
http://www.yurugp.jp/pref_list.php?next_key=3

なお、市民の中には間違って、『コバトン』に投票している方もおられますので、
念のため。
トコろん



コメント (2)

ウィルチェアーラグビーを、観た!!

2012-10-06 22:51:11 | 行事を見たり聴いたり活動

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ


にほんブログ村←クリックお願いたします。



ウィルチェアーラグビー
を見た!!


戦車のような装備を持ついすの重厚さ、群れを一気に抜きさっていく速さ、が迫ってくる。

ぶつかりあい、行く手を阻止し、方向を突然転換し、パスをもらって一気に抜き去る…。

8分×4ピリオドにも作戦がある。

国リハでパラリンピック出場選手がこんなにも戦っていたということを、知らなかった。

所沢市民の島川さん【背番号13】のチームBLITZは練習もここ国リハで行っている。

日本連盟会長も 中新井に住んでおられる。

パラリンピック時の岩渕コーチも所沢市民である。

さて!

コメント

島川選手を応援しよう!!

2012-10-03 16:44:29 | かんじたこと、つぶやき


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

さて、パラリンピックウィルチェアーラグビーの選手 島川慎一選手の出場する

日本選手権大会予選会が 所沢国リハ体育館で行われます。

島川選手はBLITZというチームに属しています。

10月6日(土)
12:00から(vs AXE )  
15:00から(vs Harricane)


10月7日(日)
12:00から(vs HEAT )


試合は8分間の4ラウンドで構成されています。

国リハの体育館は観客席がないそうですが、床に座って応援しようではありませんか?

私もこのうちの1試合、応援に行くつもりです。

激しいぶつかり合いと駆け引き、楽しみです。

http://jwrugby.p2.bindsite.jp/ 日本ウィルチェアーラグビー連盟ホームページ

コメント

挨拶のあとで

2012-10-01 12:54:56 | かんじたこと、つぶやき


にほんブログ村←クリックお願いいたします。

先日、交通安全功労者・運転者表彰式があった。

警察署長さんがこのような話を披露された。

「ある日、遅刻しそうなサラリーマンがいた。急いでバスに乗り込んだ後に、財布も定期券も家においてきたことを知った。
ポケットを探りながらあわてていると小さな子どもが『おじさん、どうしたの?』と聞く。子どもに話しても…と思いながらも丁寧に答えてやった。『おじさんは定期券もお財布もおうちに忘れてきてしまったのさ。それでお金がないか探してるの。』
すると子どもは、『なら、おじさん、お金貸してあげるよ。』と財布を差し出してきた。
そして、自分も昔同じことがあって、その時見知らぬおじさんがお金を貸してくれ、名前も言わず去って行ったこと。
それを母親に話したら『僕も今度同じ困っていた人がいたらそうしてあげられる人になろうね。』と言われたこと。
だから『貸してあげるんだ』と話した。」

という話であった。

そんな気持ちでお互いが譲り合って安全運転を、という趣旨だったのだが、聞いていて私は「恩の循環だな」と思った。
「恩の循環」・・・暖かな心、施しは次の暖かな心を生んで、それが人々の間を循環していく、というものだ。

署長さんのあいさつの後、自分の番となった。

署長さんのお話を振り返り、
「これは恩の循環ですね。安全運転表彰者の皆さんは、きっと、相手に『ありがとう。お先にどうぞ』って気持ちでゆとりある運転をされているのですね。交通安全功労賞を受けられた皆さんも、そうなんでしょうね。
そして、人々みんなが、(交通指導しているみなさんを見た時)ありがとうって言える世の中になればいいなあって思います。」

と結んだのだったが、途中で、

「交通指導してくれている人の存在ももっと知ってほしい。ボランティアなんだぞ。警察じゃなくボランティアでやってくれているんだから。」
というような物言いをしてしまったのであった。

言って、そのそばから後悔した。が、流れていく話の軌道を変えることが結局できなかった。

何を後悔したか。

1.警察署長他おまわりさんもいる場面で、その言い方はない。

2.そもそも自分は、ボランティアだから(ありがとう)なのではなく、働いてくれる人々(3チャンネルに『働くおじさん』ってありましたよね)に対し
もっとお互い敬意と尊重をしていきたい、と思っていたのだ。
だから、このあいさつではあまりにも舌足らずで信実のないものになってしまったから、である。


現代は、消費者にとっては良い時代だが、生産者にとって、つまり、働く側にとってはつらい時代である。

非正規労働も多い。クレームも無尽蔵だ。そのほかにもいろいろあるだろう。

人は消費者であると同時に生産者でもあるのだ。

生産者としては、慇懃でいるのに、ひとたび消費者の立場(金を払う側)になると、突然、横柄で刺々しくなってしまう傾向ってないだろうか??

働く、とは社会にとってありがたいことなのだ。

働く人々を敬意と感謝で迎えていく。

そんな社会に私はしたい。



コメント (1)