ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

「防犯のまち作り支援」として

2009-08-25 15:53:50 | 議会のこと
県の補助金が所沢市に対してつきました。
21年度緊急重点事業として、
防犯のまちづくりに対する補助金です。

・美原小学校・伸栄小学校の校門に防犯カメラ設置。・・・166万6千円
・市民から応募した防犯標語を横断幕にし、また、啓発用品を配布・・・27万6千円
・自主防犯活動を行う団体のリーダー養成講座と防犯グッズ配布・・・14万2千円

以上速報でした。


コメント

「人」で選ぶ時代が来た! 8月半ばにホームページの方に掲載した文章です。

2009-08-25 15:53:35 | かんじたこと、つぶやき
人で選ぶ時代が来た!! 自分は常々思っていた。「政党で選ぶのではない。人で選ぶべきなのだ、と。」また、思っていた。わかりやすい政治? そんなの国民を馬鹿にしている、と。自民か民主か? とんでもない。いつ誰が決めたんだ。人の意見がたったの2種類しかない、わけないじゃないか!  2大政党制をめざすから。そのために小選挙区制を取り入れてしまったのだから・・・? そんなの関係ない。何でもイギリスやアメリカが先進的、なわけもない。自分で取り入れた制度である。合っていなけりゃ改めればよいのである。  小選挙区制にすると自民か民主以外は受かりもしない。ほかの意見は反映されない。キャスティングボードに位置する政党も、本当の気持ちを発揮できない。自民と民主だって1つの課題に対して実は同じ意見であっても、相手と差別化するために無理をする。敢えて反対する、大同を捨てて小異を突つく。こんな状態が良いはずがない。 2大政党が切磋琢磨するからきっと良いのだ、と今まではいわれてきた。でもどうだろう。マニフェストだって財源そっちのけで目前の目的のために「こっちの水はあ~まいぞ。票、票、票~よ来い!!」って代物になってしまっている。これでは遠い未来を見据えた論戦はいつまでもできない。奇しくも日本経済も2大化よろしい同じ流れにあるみたいだ。でも、日本の小売店が例えば、セブンイレブングループとイオングループの2大グループで切磋琢磨されたら世の中便利でよくなる、とは誰も思わないとおもうのだ。  何で政治だとそうなるのか? だから、やっぱり2大政党制は良くない、と思うのだ。そして、なんといっても議員個人個人の努力、実績が顧みられず、全ては時の党首のイメージ等で決まってしまうという欠点である。何を努力しても結局は時の政党のイメージで決まってしまう。議員の努力は報われない。時の政党の人気のある方で出馬したら「誰」であろうと当選だ。AさんだってBさんだって、関係ない。逆もまた真なり。そんなのだったら努力の、し甲斐も何もない。社会でも何でも努力したものが報われると信じられなくちゃ、人は生きていけないのだと思うのだ。  「政党(組織)あって議員(ひと)なし」ではいけない。それは「企業(組織)あって社員(ひと)なし」ではいけないのとおなじこと。そうだ。市場競争の中で生き残るため人員削減の嵐にさらされた私たちは、「やっぱり企業(組織)あって社員(ひと)なしでは良くないのではないか?」と省みたばかりではなかったか?  やはり「ひと」が原点なのだ。今まで私たちは、「官から民へ」そして「改革を止めるな」と、一言のわかりやすさに翻弄(ほんろう)され、そこでそれ以上深く考えることをやめてきてしまったような気がしてならない。今回は「交代」であろう。でも、そこで思考停止しては、いけないと思う。そうではなくて、その候補者(ひと)が何を考え、何をしてきたか、を愚直に探ろうではないか。 政界が再編されそうだからこそ、良いひとを残し、育てていこう。 人と人の絆が育まれず、ワンクリックでリセット、チェンジ(change)できる関係性が、人々を不安にさせる現代だからこそ、「ひと」を大切にしたい、そう思うのである
コメント

なかなかやるぞ! 柴山昌彦

2009-08-16 08:58:48 | かんじたこと、つぶやき
自分は柴山昌彦さんを応援している。
選挙もあと2日で始まる。
毎日てんてこ舞いの日々だ。
そんななか、柴山さんが事務所に来ない。

「なにやってんだ。選挙なんだぞ!」

秘書に言うと、秘書いわく、

「今霞ヶ関に行っています。公務です。午後にならないと帰りません。」

いったいみんなが心配してんのに、
あと2日で選挙が始まっちゃうのに、
何やってるんだ!!

と思ったが、直ぐに思い返した。

選挙直前だ。
本当は所沢、大井、三芳を歩きたいのだろう。
なのに、
この期に及んでも最後まで外務政務官としての仕事を全うする。
そのことのほうが貴重じゃないか!

あっぱれ柴山さん!!!


それでこそ応援冥利に尽きる
、とつくづく感じた。

コメント

サマースクールの持つ何か

2009-08-13 09:34:15 | 行事を見たり聴いたり活動

サマースクールの閉校式があった。
いつもながら、ひと皮むけた子どもたちと疲れと充実感と寂しさを漂わせたリーダーの面々の姿があった。
一週間の間に、リーダーのお兄さんお姉さんと
子どもたちの間で何かがあって、
安易に踏み込めない一種独特の雰囲気が出る。
よい空気である。

子どもたち、リーダーの青年、ともに成長されたことをうれしく思った。
コメント

サマースクール2009

2009-08-10 10:00:31 | 行事を見たり聴いたり活動


(災害のとき非常用のおコメがあるんだよ・・・
大学生リーダーの話を聞く)

サマースクールの応援に行ってきました。

場所は栃木県塩谷町の「星降る学校 くまの木」

自然豊かな、廃校を再生した宿泊施設です。
雨がちな毎日ですが、夜にキャンプで寝たり、川遊びをしたり
メニューの中からやりたいことを自分で選んで参加するスタイル。

(これらがメニュー)
自分はたった一日の応援しかできないので「川遊び」の見守りをしてきました。

昼は、災害時に支給されるアルファー米を食べました。

今年は例年より少人数でしたので和気藹々とした雰囲気が
余計に漂っていた感じ。
また、中学生、高校生、大学生リーダーがゆとりをもって活動している感じが
しました。

(高校生リーダー先頭に出発 ! )

コメント (2)

大食いチャンピオンの推薦する店「古都」にて

2009-08-06 18:58:27 | おいしいものなど


大盛りで有名な入間市のそば屋さん「古都」
あるとき訪ねた写真です。

105円増しで大盛りになるというので
カツ丼の大盛りを頼みました。

結果はこの通り。
ご飯を食いきれませんでした・・・。

もったいないことをしてしまいました。
横から見るとこんな感じ。



残念です!!
店の方々がいい感じの方々だったので、
残したくありませんでした。
コメント