ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

県庁の食堂にて

2010-08-25 01:36:02 | おいしいものなど



本日県庁にて、みどり、公園(まちづくり)教育の3つのテーマについて
それぞれ活動を行った。
今日も暑かった。
武蔵浦和から県庁まで歩くとシャツが一枚びしょびしょになる。
換えのシャツを歩くときは持参している。

県庁に物干し場がほしいと切に思う。

さて、今日の昼は県庁の食堂で冷やしうどん500円
しっかり茗荷が添えられていて満足。

僕は茗荷や生姜や山椒など香り系に目が無いのでアール。
アジア料理に出てくる香草なんていくらでも大歓迎!!
中華料理の八角も素晴らしい!!

コメント

「やまちゃん」が閉店するのか・・・・

2010-08-20 23:53:51 | かんじたこと、つぶやき
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 クリックよろしくお願いいたします。

さて、今日は暑い中運動をしていたら頭が痛くなった。
前のほう(目ん玉の辺り)なんだけど、これって熱中症?

さて、自分が教員時代一人で飲むようになった、
その初めての店「やまちゃん」
が、もうすぐ閉店する。
30年間くらい、自分はここで辛いとき愚痴をきいてもらい、
うれしいとき自慢を聞いてもらい、
してきたわけだ。

ああ、自分の人生の大切な場所が姿を消してしまう。悲しくて仕方ない。
今日は、昔バイトをしていた青年たちが集まって飲んでいた。
彼らにとっても青春の一ページだったのだ。

やまちゃんは首の神経を悪くして足が思うようにならない。
お店をたたんだら、リハビリに専念される。

時代は変わらないわけにはいかないものだ。
やまちゃんの健康を念じて、感謝の気持ちを持って、次の門出を祝うような気持ちになろう!!
8月28日、「やまちゃん」最終日。
思いのある人よ!! 集まりましょう!!


「やまちゃん」にて8月20日(金)
こちらの大きい人は「なぐちゃん」
コメント

特別委員会視察に行ってきました

2010-08-19 22:48:29 | 視察関係
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村  ついに9位になりました。クリックお願いたします。

北上市、仙台市、石巻市、宮城県庁
に視察に伺いました。
「地方分権・行財政改革特別委員会」の視察です。

後日報告をアップいたします。

なお、今年は東北地方もやたらに暑いのだそうです。
ふつうはお盆を過ぎたら涼しくなるのに、とのこと。
しかし、18日の夜は涼しかったですよ。
クーラーをかけた部屋の中と同じくらいの外の感じでしたから。

では、また。
コメント

トイストーリー3

2010-08-13 19:14:59 | 本・映画など
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村←クリックのご協力をお願いいたします。

トイ・ストーリー3

トイ・ストーリー3の場面カット画像

ブログに議会の戦のことを書いていて食傷気味になってしまった。
そこで映画のご紹介です。

子どもと行ってきました。
が、この映画なかなか泣かせます。

純真な心をもって世の中を生きていくこと、

忘れがちでした。
それを思い出させてくれる映画でした。

子どもより世の塵埃にまみれた大人が見てよい映画かと・・・。

見てよかったです。
コメント

JSNY同窓会

2010-08-08 01:35:38 | かんじたこと、つぶやき
今から19年前の教え子や先生方との同窓会が日本橋でもたれた。
誰がきているのかな? みんな元気かな?

緊張してなかなか会場には入れなかった。

でも、行ってよかったぁ。
結婚して奥さん同伴の子、結婚した子、もうすぐ結婚の子、
会社で頑張っている子、残業続きでやせてしまった子(ひきしまった)、役者をしている子、
みんなでも元気そうで、何よりだった。

先生方とも旧交を温めた。

いつも思うのだが、もう少しいろいろ聞いていたい、
でも、時間は限られていて…
後ろ髪惹かれる思いで会場を後にするのである。

教え子に栄光あれ。健康あれ!
みんなが幸せに!!!
コメント

意見書本文 なぜ共産党の発言に削除を求めたか!!

2010-08-08 00:12:54 | 議会のこと

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村

さて、今回可決された意見書は次の内容である。
以下全文を載せたい。

義務教育費国庫負担制度の維持・拡充を求める意見書

 人づくりは国の根幹を成し、資源のない日本では、国民の資質、教養こそが国の未来を左右するものである。
 とりわけ義務教育は国民が生涯を通し享受する様々な教育の中の基礎、中核をなすものであり、そのあり方は国家規模で考えねばならない。
 義務教育の維持・充実は国家の責務であり、地方自治体の裁量に全てを委ねてよいというものではない。
 今年度から「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律」が施行となり、高校授業料が無償化されたが、それにより他の文教関係予算が削減されてしまった。(が、これでは本末転倒である。)それよりもまず義務教育の充実を図ることこそが急務である。
 義務教育費国庫負担制度は義務教育に対する国の責務として堅持するべきであり、現在、3分の1となっている国の負担割合をさらに拡充させる必要がある。
 よって、国においては、地方の自主性に配慮しつつ、教育の機会均等及び教育水準の維持向上を図るため、義務教育費国庫負担制度の維持・拡充を強く求めるものである。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


以上が意見書の全文である。そのなかで
(が、これでは本末転倒である。)
は委員同士の交渉の際、「ここまで書かれると賛成できない」ということで削られ、
また、
地方の自主性に配慮しつつ
は、交渉によって、
「私も仲間も分権を進めるべきとも思っている。だから、この文言を入れてくれ」
ということで追加されたのであった。

全員一致で意見書を出せたのは、各会派の前向きな努力や協調があってこそ、
なんである。

共産党はそういう努力もしないで
別の議案に反対するついでに

「意見書の、『今年度から「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律」が施行となり、高校授業料が無償化されたが、それにより他の文教関係予算が削減されてしまった。』の部分は、間違った解釈で誤解しているので、一言触れておく。」

とまるでだめな人々を諭すように高みから指摘したのだった。

が、22年度、国の文教予算全体は増額したが、高校無償化を除くと減ってしまった、のは事実である。(下のcf.参照)

また、議会のルールとして
「1、全員が賛成の議案に対しては討論できない」
こと、そして、
「2、討論するときは必ずその前に発言通告をしなければならない」
ことが決まっているのだ。

1、文教委員会が出した意見書は共産党含め全員が賛成であった。
2、もちろん、意見書に対して発言しますよ、と事前に通告もなかった。

以上の理由から、
共産党が「他の議案に反対するついでに、意見書について批評する」のは許されない。もちろん、その指摘内容も間違えているのだからどうしようもない。

共産党は、要は悔しかったのだ。
委員長報告では、紹介議員としての怠慢
ぶりを指摘され、
意見書は提出されてしまい、反対もできない。
そこで意趣返しに「ここが間違ってますよ。」と指摘してしまったのだ、議会ルールを忘れて、しかも、内容を誤解して。

そんなことをされて委員会として黙っているわけにはいかない。
委員会の名誉のためにも、きちんとカタをつけておかねばならない。

そういう意味で発言の削除を求めたまでである。

ということなのである。

cf。
平成22年度文部科学省予算
4兆2,419億円 (昨年度比+3,191億円「+8.1%」)
しかし、
そのうち高校無償化関係予算が3933億円なので
実は、その他の予算は昨年度より減額されたのである。

コメント

請願の紹介議員になるということ

2010-08-06 18:04:34 | 議会のこと

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←よろしくお願いいたします。

では、少しずつ。
昨日の記事のことです。

今議会に文教委員会から提案し全会一致で可決された意見書
「義務教育国庫負担制度の維持・拡充を求める意見書」

埼玉県議会では、
同じ趣旨の意見書は
平成15年9月議会に
「義務教育費国庫負担制度の見直しに関する意見書」
を可決して以来、
7年ぶりの提出!
になりました。

この7年間毎年
意見書を出して欲しいと意味の請願 が教職員組合から提出され
毎年不採択になっていました。

だから、今回も紹介議員の共産党議員は
どうせ採択されないだろう、
とたかをくくっていたのかも知れません。

普通、
紹介議員になると、その請願を請け負うことになりますから、
何とか採択してくれるよう努力をすることになります。

議会は全て多数決によりますから
大会派の場合は紹介議員にならせて欲しいと
自らの会派内を奔走して自会派の承認を取り付ける努力
を致しますし、

小さい会派の場合は
よその会派に賛成してくれるよう説得に回る、

という動きをします。

今回はそういう動きが全くなかった、ということです。

ちなみに、
他の請願では、結構会派間で
「この請願を通してやって欲しいんだけど・・・何とか頼むよ。」
と相談しあっているものです。

市議会の時などは紹介議員にあなたもなって欲しい
(そうすれば賛成が保証されるから)、
とよその会派に請願者と一緒に回ったものでした。

紹介議員になる、
ということはそういう覚悟を持つこと
なのです。

つづく




コメント

6月議会終わる が!

2010-08-05 23:07:43 | 議会のこと

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ただいま5位です。感謝です。

6月議会が終わった。

文教委員会は皆で意見書が出せてとても有難かった。
「義務教育費国庫負担維持、拡充を国に求める意見書」
である。

自民の谷古宇議員、田中千議員、逢沢議員、神尾議員、そして、副委員長の諸井議員、
また、公明の蒲生議員、民主・無所属の神杉議員、畠山議員、松本議員、
そして、無所属の北村議員に感謝したい。

みんな意見はそれぞれある。
それをある点は抑え、ある点は主張し、
みんなで調整し、意見書が出来上がったのだ。

さて、私は、偽善やタカを括ってのもたれあいは好きではない
今回の共産党の仕業は
突かれて当然のことである。


潔く黙っていればよいものを、
まだこんなことを言っている。
http://yrblogjcp.blog39.fc2.com/blog-entry-757.html
Yさんは議員としての先輩だけど、
これはおかしい、とおもう。
議会ルールも知らぬふり?

後日100倍の反論を書きたい。
(白髪三千丈の譬えあり?)

コメント

せみの旅立ち

2010-08-03 10:35:06 | かんじたこと、つぶやき
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ありがとうございます。クリックよろしくお願いします。

さて、昨晩は9時頃に県庁を出た。
歩いていると駐車場のアスファルトの上を蝉の幼虫が歩いている。

「おい、おい、そっちじゃないよ。」

拾い上げて近くの木の幹に乗せてやった。

見るとその木の他の枝にも別の幼虫がゆっくりゆっくり動いている。

「鳥なんかに食べられないで、明日の朝は飛び立てよ。」

思いながら家路についた。

そして翌朝(今朝)気になってかの木に行ってみると、
おおっ、立派に飛び発って、枝には抜け殻が残っていた。

清々しい気持ちになった。



コメント (2)

特別委員会とマラソンと

2010-08-02 20:59:49 | 議会のこと

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村←クリックお願いいたします。
浅野目議員に大きく差をつけられました。

特別委員会があった。

自分は「地方分権・行財政改革特別委員会」に属していて
今日は、地方分権にまつわる報告を受けた。
まあ、地域主権戦略会議なんだけど。

今年6月、「地域主権戦略大綱」がだされ、
国から県へ、そして、県から市町村へ、
権限委譲される内容などを伺ったわけだが、
ひねくれ者の私は
「本当に地方は権限委譲を望んでいるのか? 県は? 市は?」
というそもそも論で質問などをしてしまった。

答弁をきいて、
「総論は賛成だけど、まだ、詳しい各論までは至っていないのかな?」
と感じた次第である。

それよりも
国と地方の担当分野を峻別して、その守備範囲をしっかりやるようにしたらよい、
と思うのだが。
地域が主権を握ってしまってうまくいくものもあれば、
まずいものもあるのではないかなぁ?

ところで、昨日は夕方に走った
昔16分で走った道のりが30分かかった。
が、走れただけで御の字。
少しずつ力をつけていきたい。

コメント

盆踊りと議会から

2010-08-01 11:24:54 | 議会のこと
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←7位に少し下がってしまいました。
よろしくクリックお願いたします。

さて、昨日は盆踊りのはしご第2弾であった。
一人で回っていたら途中で必ずめげてしまうところだが、
友人がついて運転もしてくれて、
めげずに6か所を回れた。

県議になりたての7年前には全く知りあいはいなかったのに、
今は行く場所場所で知り合いがいて、
「やあ、いらっしゃい。」
と歓迎してくれる。
有難いことだとつくづく感じた。

はしご第3弾は7日(土)である。

議会のほうは委員会審議を終え、
文教委員会は付託された議案をすべて可決した。
今議会の文教委員会では、
ある案件で
自民党はもちろん、その他の会派の委員さんにも
大変お世話になった。
こちらも本当に感謝である。

今日日曜日はなぜかぽかっと休みになった。
本でも読もう。
コメント