ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

忙しい 忙しいで心がなくなってしまうなあ。

2006-05-29 16:23:43 | Weblog

朝は吉見町に行った。

県の植樹祭。

昼は川越でJAいるま野の合併10周年パーティー。

4時からは佼成所沢政治懇話会。

7時過ぎから自民党所沢支部役員会。

というように次、次っとはしごでありました。

 

コメント

お蚕様

2006-05-28 01:05:02 | Weblog
コメント

茶業特産研究所茶摘体験やさまざまなイベント

2006-05-28 01:04:34 | Weblog
小雨そぼ降る中でも千人以上の方々が来場し、午前中は行列ができたとか。
お疲れ様でした。
狭山茶の未来は明るい。

秩父の養蚕家にお話お伺う。
新規開発に燃えている。
なお、蚕の卵は一年間は持つらしい。
塩酸に浸して浮化かさせるなど、面白いことをたくさん伺った。
写真は卵。
また、桑の葉を食べる蚕。
コメント

JA女性部の皆さん

2006-05-28 00:58:51 | Weblog
売切れてしまって急遽追加
で大忙しの皆様。
がんばってー
コメント

ところざわ市連合婦人会のみなさん

2006-05-28 00:57:09 | Weblog
小雨の中、あったかいうどんおいしかったです!!
ご馳走様でした。
コメント

日本各地の物産市やところざわ観光協会の出展など

2006-05-28 00:53:42 | Weblog
コメント

つぎは、ところざわ旬の市

2006-05-28 00:52:38 | Weblog
南米の歌の演奏
健栄会の空手の演舞もありました。
コメント

行事満載の一日でしたぁ!

2006-05-28 00:48:16 | Weblog
いやあ、今日は忙しい一日でした。
総会と行事を駆け抜ける感じ。
朝 清進小学校にてワンパク相撲の練習会

それを途中で抜けて、ところざわ旬の市

それからミューズで紫の介会の踊りを観て

それから入間市の茶業特産研究所にて
茶まつりを視察

そして、4時から所沢高校同窓会の総会に参加
さらに5時から川越高校同窓会
そして講演と懇親会
同時に
並木正芳さんの会に参加した。

時間の使い方がうまくなく、決めたとおりには回れなかった。
川高の先輩にも半分もお注ぎできなかったし、
並木さんのほうは一人も注げずに終わってしまった。
残念!!
以下写真を載せますね。


コメント

総会が続く

2006-05-25 23:53:19 | Weblog
今日は総会が続いた一日だった。
しかし、そういう会に呼んでもらえるのはとてもありがたいことだ。
県議会に出ようと決心したころ、
どこの会にも呼ばれはしなかった。
今は、呼んでいただけるようになってきた。
今年もまた新たに呼んでくださった会がある。
初心忘るべからず。
ありがたさを常に胸に、
感謝してがんばっていきたい。

きょうは、
シルバー人材センターの総会1時半から
遺族連合会の総会3時から
建築士会の総会6時40分から
コメント

そばを食う その4?

2006-05-23 22:02:08 | おいしいものなど

今日もそばを食した。

中新井 ニュータウンのバス通り中程

手打ちそば うどん 玉川

細麺でしっかり打ってある

歯切れというか歯ごたえが心地よい

粉は石臼で挽いているとか。

手打ちそば うどん 玉川

中新井ニュータウンバス通り

コメント

今日の一日

2006-05-22 00:03:05 | Weblog

今日は朝のうち所沢にいて、

昼からは食と農林業ハーモニーフェスタに行って来た。

環境農林委員としての行為である。

さいたま新都心のけやき広場を会場に

県内各地の農林水産業者や組合などが

特産物をPRする祭典であった。

こんなにも埼玉県には農林水産業の特産物があるのか、

と感心した。

県職員の方々も県産物振興のために活動していた。

管理職だと手当ても出ないであろうに、がんばるんだなあ、

と頭が下がった。

その後、わが高校の野球部のOB総会、懇親会に出席した。

同じ努力、同じ苦労をしてきたということであろう、

皆、老いも若きも、和気藹々の3時間を過ごさせていただいた。

先輩方の優しさに感謝せずにはいられない。

コメント

演劇を見て

2006-05-17 01:40:43 | Weblog

中学時代の同級生、吉村安見子さんがピアノを弾く演劇を見た。

「東京演劇アンサンブル」の『ガリレイの生涯』だ。

正味3時間半の超大作。熱演にしびれた。

既存の価値観、真実、正しいとされるものは、

実は既存の社会、体制を維持するに

資するためのものでしかなく、

真実とはまた別物である。

天動説を信じる社会にあって

地動説を発見してしまったガリレイ、弟子たち、そして民衆の姿。そして、善意からその発見を憂い、否定しようとする宗教者たちの姿を通して、そのことを感じた。

ああ、自分は今の社会改革を良くないものと感じ、

何とかしてそれを直そうと思っているけど、

それも真実を前にした単なる恐れなのか? 

自分自身を省みざるを得ない、

自分にとっては重いテーマだった。

コメント

あの、荒川博コーチにお会いして

2006-05-14 00:49:44 | Weblog
荒川博さんのお話を聞いた。
あの、王貞治を育てた巨人の打撃コーチである。
会に出たとき、見て、「あの人が荒川コーチだ!」とわかった。
きっと、「巨人の星」で見てきたからだろう。

人との出会いの大切さ、それを大切にしてきちんと反応することの重要性、
子どもの能力のすごさ、一日4~5時間しか寝ないほど学ぼうとした選手時代、
合気道、居合いの達人から得た極意、その野球に共通する真髄、
川上監督が王選手は怠け者だといって、榎本選手くらいに育ててほしいと、荒川さんをコーチに引っ張ったこと、
王選手が素直に荒川コーチのことを聞いた素直さ、
ほめなければ人は動かないということ、
王選手が努力したこと、朝も夕も素振りして畳が減った、いや、足がちぎれた、それでも振り続けたこと、
試合前に王や長嶋を何キロも走らせたこと、というのもあれだけ素振りしたら上半身が強くなりすぎて下半身を強化せねばならないから、ということ、
信じたコーチのいうことは四の五の言わずに「はい」と言って実行するようでなければだめなこと、などを伺った。
また、川上監督に任されて、王に「『君は3冠王になれるし長嶋より力がある。』と監督が言っていたぞ、3冠王になろうではないか。」といったら王は素直に「はい、なんでもします。」といった。
そこで、荒川コーチは条件を出した。
女性関係を絶つこと、酒を3年間たつこと、
(もうひとつは今思い出せない)
の3つの条件であった。
それを王はやり遂げ、一本足ではじめて打たせたときにホームランが出て、
さらに努力をし始めたこと・・・。

自分に当てはめると一緒にお話なんかできる立場にないとつくづく思った。
懇親会でもそう思ってお話しできなかった。
しかし、なんとも貴重な機会をいただいた。
ありがとうございました。
コメント (2)

いくら丼にトライ

2006-05-13 01:02:19 | Weblog

札幌千歳空港のレストランで

いくら丼特盛りをたのんだ。

1800円、

非常なる贅沢であった。

いくらうにも自分は大好きである。

しかし、

よく考えると自分は、うに丼を

人生44年で一回しか食べたことがなかった。

そして今回いくら丼を食べてしまった。

しらふで一つの丼に1800円も使ってしまうことの

なんと贅沢なことよ。(なんか英語の感嘆文の訳みたいだ。)

明日から心して財布の紐を締めねばなるまい。

お酒が入るとわからないけれど。

 

 

コメント

5月4日映画を見る

2006-05-05 23:02:52 | Weblog

映画を見た。

プロデューサーズ

ミュージカルを企画し出資金を集め、

酷評もののひどいものに仕立てて

一日で閉鎖させ

残りのお金をふんだくろうと企てた二人が巻き起こす

コメディータッチのミュージカル。

映画だけどミュージカル仕立てでとにかく楽しい。

体が自然に動いてしまう。

口ずさんでしまう。

昔のころを思い出した。

是非見に行ってみてください。

僕にとってこの映画は久々の快挙でした。

コメント (4)