ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

安達 野澤 佐藤選手に 特別顕彰を 贈呈

2016-10-30 19:26:25 | 市役所でのこと


にほんブログ村 ←くリックお願いいたします。

10月24日(月)

                  左から  安達阿記子選手 野澤啓佑選手 佐藤拳太郎選手

リオのオリンピック・パラリンピック出場の3選手に特別顕彰を贈らせていただきました。

安達阿記子選手 パラリンピック女子ゴールボール  新所沢東地区在住 

野澤啓佑 選手 オリンピック 400mハードル   小手指地区在住

佐藤拳太郎選手 オリンピック 1600mリレー   狭山ケ丘中学出身



安達選手は、市内小学校でゴールボールの紹介による障害者スポーツの普及と障害への理解促進にご尽力いただいています。過去2回のパラリンピックでは優勝でしたが、残念ながら、今回はメダルを逃しました。
ブラジルは日本チームに暖かく、ただ、明るい民族なので応援も静かにならず、耳を頼りとするゴールボールでは、静かに鳴るのを待つ一幕もあったと伺いました。

野沢選手には先日の市内陸上選手権でも 模範で来場いただき、サイン会もしてくださいました。早稲田を卒業しMIZUNO所属、いまは早稲田大学のグランドでも練習されているそうです。



佐藤選手は、狭山ヶ丘中の野球部出身。現在 城西大学2年生。 リオでは、タクシーに乗ったらお金を忘れて、日本円で交換してもらい、帰りは3時間走って帰ったという逸話も伺ってしまいました。

リオに行ってみてのお話をたくさん(根掘り葉掘り)聞かせていただきました。

それにしてもスポーツの一流選手は、皆、素直な気持ちを持っている方々です。

先日相撲担当をしたことのある新聞記者さんが、「一流選手になるには、まず素直であることが一番。」と言われていた。

そして、その次に条件が加わるようです。

さて、今回3人の選手にお会いしてみて、全くその通りでありました。

みなさん、これからさらに活躍される方々です。

市内に住んでいらしたり、出身であったり、それは市民の誇りです。

我々は安易に「4年後を目指して頑張ってください。」なんて言うけど、選手にとっては、4年は長く、辛いと思います。

その重さを知った上で、静かに、私たちは言いたいと思うのです。

私たち市民は、応援しています!! 

どうぞご活躍を! 心から祈っています。

コメント

出来事

2016-10-28 17:27:42 | 市役所でのこと


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。


        中国少数民族イ族の母子 


さて、ここで先週(だけでなく)の主なものについて報告します。

10月13日(木)

山口ふれあいの会 昼食会

みんなでお招きし、美味しいものを食べて交流しました。

                   白い割烹着で料理の腕を振るってくださった皆さん

埼玉県市長会

19日(水)

第16回高齢者グランドゴルフ大会 by長生クラブ連合会


お達者クラブ発表会 at 市役所ロビー




10月20日(木)

市長と一緒に健康づくり大作戦inワルツ

保健師さんが外へ向けて発信を始めた。

出て行く保健師の始まりだ!! 



国保トップセミナーin与野


平成30年には国保は県が元締めになって、医療費は全て県から支給され市を通って医療機関へ。

そして、県で最終的に全市町村が一緒になるために、標準保険税率が示される。「あなたの市は維持するためにはこれくらい保険税(料)をもらいなさいよ」と。

ただし、あくまで示されるだけ。また、保険税(料)では足りないから今市から赤字分20億円も補填しているが、それも県がやってくれる。

そして、国からは今まで以上の負担金が県に出されるようになり国保財政は少し楽になる。

しかし、市は県に納入金をたくさん出さなくていけないので、市が手放しで喜べるわけにはならない。

むしろ、被保険者(入っている市民)の所得が高い市は多めに出せとか、国保税の納入率が低い市はバツとしてたくさん出せ、とか言われるので、

所沢市は、国保が県で統一に向かっても決して楽にならないようないような印象を持った。

21日(金)

中毅志 第62代所沢市議会議長就任祝い とても和やかでみんなが喜んだ会でした。

22日(土)

環境推進員さんによる航空公園外周清掃


500人の推進員さんが集結。週末の市民フェスティバルに向けて落ち葉掃きや清掃をしました。ありがとうございます。


★文化創造会議


23日(日)

第25回 新所沢地区運動会


所沢フィルハーモニーファミリーコンサート in西富小

                     写真は指揮をしている小学校1年生の女の子

とってもいいコンサートだった。オーケストラの楽器の紹介や、よく知っている曲の演奏。

子供に指揮をさせてくれて(写真)、指揮者と演奏の関係を教えてくれたり・・・。

実は私も指揮者体験をさせていただきましたが、・・・あれ、クセになりそうです。

そして、小手指ハロウィーン 

有志が頑張って、何年間か続けてきた取り組み。

今年はその噂が他地区に伝わって、ほかの地域でも開催されるようになってきました。

文化創造会議で仁科美咲ちゃんが

「所沢の特色は、所沢をがんばれって応援している人々が多いところです」

と語っていたが、私はその時,FB所沢会の人々やこういうハロウィーンをやってしまう人や、新所沢・所沢の飲食店主や…そのほか大勢の方々を思い出していました。

確かにそうかもしれません。


 

コメント

文化創造会議の意義

2016-10-24 16:40:10 | かんじたこと、つぶやき


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします

ひとつのことだけをしっかり書きたい、なんて気持ちもあって、今日は『文化創造会議』inくすのきホール について振り返りたい。

簡単に言えば、

韓国、中国、台湾から有名な3人のブロガーを招いて、

所沢の良さよくなさを発見し、語ってもらおう、発信していただこう、 という企画。

韓国からはNOGGAMさん
中国からは張さん
台湾からはBANBIさん が来日され、3日間所沢をくまなく歩いてもらい、

その様子を自由にブログで発信していただく。

NOGGAMさんhttp://m.blog.naver.com/tjdrud34/220840337796

張さん
http://m.weibo.cn/page/tpl?containerid=1005051764610921_-_WEIBO_SECOND_PROFILE_WEIBO&itemid=&title=%E5%85%A8%E9%83%A8%E5%BE%AE%E5%8D%9A
BANBIさんhttps://www.facebook.com/crow.kippel?fref=ts


その後、くすのきホールにて『文化創造会議』をひらき、西武鉄道、KADOKAWAの社員の方も含めてディスカッションして、

そこから所沢とは何か、を考えよう、ということであった。

進行は声優の白石稔さん、パネリストにはイイとこTVの仁科美咲ちゃんも加わった。

3人のブログには万単位の読者がいて、トコろんが紹介されると、それにも「いいね」が1回で20万回あったという。

情報発信の新たな道の存在を意識しなくてはいけない。

張さんに伺ったが、こまめに報告すること、が大切とのこと。政治的な発言は全くしない(中国)ともいう。

少し過激でないと日本では読者が増えない気がするが、お国柄もあろうが、そうなのだ。

3日間 3人を市内各地にお連れして、発信していただき、会議で感想を語っていただいた。

さぞお疲れだったと思う。

山口観音を見て、関羽の絵があったのを見て「日本のお寺なのに中国の人物が書かれているのを見て驚いた」という感想には、ああ、日本人には当たり前のことが外国からするとそうではないのだ、と実感した。

また、安養(韓国の姉妹都市)ともいろいろな企画を共同してやったら良いのに、という指摘もいただいた。

確かに、インバウンド インバウンドって言いながら、せいぜいダイア4市くらいか、川越日高までしか連携を考えていなかった。

今日の会議を総括すれば、文化の会社KADOKAWAが70年の歴史をかけて所沢に拠点を敷くという大きな契機に迫られて、

私たち所沢市民が「自分たちは何ものなのか」 答えを出さねばならなくなった、ということなのだ、と悟った次第である。

所沢とは何か?! 

己を知る作業が続く。  



お世話になったブロガーの皆様  BANBIさん(台湾) 張さん(中国) NOGGAMさん(韓国)

ありがとうございました。

コメント

『虫の虫』 『生殖医療の衝撃』 『ダライ・ラマと転生』 を読む

2016-10-24 00:34:21 | 本・映画など


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

あれから3冊の本を読んだ。



「虫の虫」 養老孟司氏の著作

養老さんは虫好きなんですねぇ。 それもゾウムシ。

ラオスに行って虫とり三昧。ラオスには虫を食う習慣があるそうだ。



次が、『生殖医療の衝撃』
筆者の石原理さんは、比較的科学を信じ、今の状況からどうあるべきかを考えている方である。Z

私はそれより少し科学に対して懐疑的だ。特に生殖医療は人を救ってくれるが、人間はそれほど賢くはなく・・・・というところか。

よく言う「総論賛成各論反対派」ではなく、「総論反対各論賛成にならざるを得ない派」ってところか。

市議会議員時代の今から20年くらい前、まだES細胞がどうのこうのと危ぶんでいた頃からは随分状況が変わっているのだ、と感じた。

今は代理母(借り腹)のところが懸案事項とされている状況で、それ以前のものはだいたいスルーなんだと知った。

日本で生まれる1/32の子どもが、凍結卵子か精子由来なのだそうだ。


その次が、『ダライ・ラマと転生』 石濱裕美子さんの著書。

ダライ・ラマとチベット仏教の仕組み。チベットと中国。日本との関わり。

これらのことが語られていて初めて知ったことばかりだった。

ダライ・ラマは来月来日されるのだそうだ。

さて、今から10年前、中国はチベット人の住む地域に行った時、チベットの青年が私を見るなり

「あなたは前世で私と兄弟だった。あなたを見ていると鉄腕アトムの絵が浮かんでくる。」

と言われて意気投合して酒を飲んだのを思い出した。

鉄腕アトムの絵は、当時県議だった自分の漫画に違いない、と納得し、日本とチベットの親密性を深く感じたものだった。


    鉄腕アトムが見えるってのは、きっとこの絵に違いない!!



中国奥地には少数民族がいる。皆、山の奥地に追い込まれてしまったのだ。こんな山奥にも道が通り、歩き専用の道が縦横無尽に山腹を抜けている。写真をクリックしてみてください。

チベットの場合は、1950年10月 中国の人民解放軍に侵攻され、1959年には砲撃を受けたのである。チベット人も蜂起したが、制圧され、ダライ・ラマを追って亡命政府がインドにできたのであった。3月10日は「チベット蜂起記念日」とされ、その後も、1989年、2008年と蜂起するも、弾圧されている。現在はインドのカルナタカ州、ダラムサラに亡命政府がある。

              写真はチベット人の学校 上の文章の場所(シャングリラ)とは違います 

なお、石濱由美子さんは早稲田の教授をされているが、なんと自分のクラスメイトであった。

大学1年2年生時の語学のクラスである。

自分は大学時代男たちでかたまって軟式野球なるサークルで酒を飲んで暮らしていたので、石濱さんにも話しかけたことは多分、ない。

彼女は容姿も居住地も、正真正銘の美しいお嬢さんであった。

ゆえに

話しかけない、というのは、我々が硬派だったのではなく、ただ意気地なしだっただけである。

先日、本屋でふと手に取ってみたら、石濱さんではないか!! とビビっと来た。

そうしたらやはりそうだったのである。

なんだかわからないが、すごいなぁ。 




 

コメント (1)

スポーツの秋・文化の秋 その3 

2016-10-17 18:23:48 | 行事を見たり聴いたり活動


にほんブログ村 ←クリックに感謝です。現在また1位を走っています。

さて、このところ、土日の行事の報告が主になっている気がする。

昔は、感じたこと、おいしい店、見た映画や本などいろんな内容を書いていたけど、最近は報告が多い。

しかし、自分には 所沢市民の活動を紹介する、 役目もある、と思うので、今回もまた土日の行事について報告致します。

まずは、10月15日(土)

朝一番は 「所沢市長杯 全国社会人女子9人制フレッシュバレーボール大会」


全国から強豪チームを招いて、16チームで行われる大会。

市内からは所沢若松クラブ、美和クラブが出場する。

10時 西富祭 


西富小学校の育成会やおやじの会、児童クラブなどの皆さんが、校庭で子供たちと活動する一日。


10時40分 向陽保育園運動会 

子どもたちのみならず大人たちの綱引きも圧巻でした。

11時20分 向陽町芸術祭 

地域にはすごい技や才能を持っている人が居るんですね。バックミュージックがかかっていてゆったりとした気持ちで

鑑賞しました。

11時55分  所沢市連合華道展 

18の流派の皆さんが一堂に会して、展示発表。

伝統の中に斬新な意気込みを感じる作品に圧倒されながらも静謐な時間を過ごさせていただきました。

13時00分~15時 松井地区文化祭

 じっくりと見学できてとても充実したひと時でした。

そして帰宅。 珍しく早く帰れたので、本を読んだりしました。

10月16日(日)

8時15分 第17回所沢市陸上競技選手権大会(於 早稲田大学)

立派な選手宣誓で大会がスタートです!!

9時50分 所沢市市民俳句大会 

今日は晴れ渡る空のもと柿の橙色が映えていました。

11時  田中たつお入間市長出陣式

12時40分 狭山ケ丘コミセン祭り 

ちょうど午後の演目が始まる前に伺って、展示を案内頂き大正琴を少し鑑賞できました。
               実行委員長の中山さんご案内ありがとうございました。

13時40分 東所沢和田1丁目子供みこし

 伺った時は最後のくじ引きの時間。途中でご挨拶させていただきすみません。

14時10分 松井地区文化祭 

昨日の続きを実行委員長の山崎さん、副委員長の大原さん、藤原さん連日ありがとうございました。

15時 「所沢市長杯 全国社会人女子9人制フレッシュバレーボール大会」表彰式と閉会式


 優勝はパナソニックESブルーベルズ 準優勝は富士通テン レッドフェニックス 
3位はイビデンレグルス  と パイオニアレッドソニックス
 9人制のバレーはラリーがすごい。感動に次ぐ感動の試合でした。


そして、その後は、ソフトボール協会として大変にお世話になり、ご尽力いただいた仲吉さんのお通夜に伺いました。心からご冥福をお祈りいたします。 

 

コメント

芸術と所沢とまちづくりと ところざわ文化創造会議 に 文化芸術シンポジウム

2016-10-13 17:54:45 | 視察関係

にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

所沢市民は文化的な素養のある人が多い と感じている。

そこで、

文化の風 薫(かお)るマチ 所沢 を標榜(ひょうぼう)し、

文化的な人々の素養を生かして、気品と誇りの厚みのある都市 も目指して5年。

まずは、音楽のあるまち から始めているが、なかなか一足跳びにはいかないものだ。

でも、気持ちも確かに、いろいろと観て、学んで、花開かせよう、と今は活動しているところ。

日大芸術学部、埼玉県立芸術総合高校

こんな宝も活かせないか。互いの存在をWINWINで伸ばせないか。

何とか所沢の街のために活躍してもらえないか?



現代美術に属するのかしないのか、それは私にはわからないが、

このところいくつかの芸術展を見学している。



さいたま市が行っている さいたまトリエンナーレhttps://saitamatriennale.jp/














日大芸術学部による 柳瀬荘アート教育プロジェクト「間の共振」



岡山芸術交流 http://www.okayamaartsummit.jp/

こと所沢に目を転じてみても、実は

引込線 郷土美術館 長屋門能面美術館

小野家 斉藤家 秋田家 の住宅、蔵

重松流祭りばやし保存会 と ところざわ祭り

演劇でも

銀杏の会 おしゃれ大学 にこっと茶 演劇を見る会 こども劇場  もちろん 美術連盟

など多様にして多才である。

まずは、文化とどう関わるか?

ビジョン策定に向けて

11月12日(土) 午後1時より ミューズを会場に

『文化芸術シンポジウム』を開く。

基調講演は あのオリンピックメイン会場を設計し、KADOKAWAのサクラタウンを設計する

建築家 隅研吾氏 分科会も3つ開催。 以下是非ご参加いただきたい。


 
 
さらに、KADOKAWAとのクールジャパンフォレスト構想実現のための

『文化創造会議』10月22日(土)午後1時より

くすのきホールにて(所沢駅東口前)



(株)KADOKAWAの角川会長  (㈱)西武H.D.の後藤社長 ご参加のもと

台湾、中国、韓国から有名なブロガーや声優の白石稔さんもお招きしての

発表やパネルディスカッションになる。

あっ、イイとこTVの仁科美咲ちゃんも出演される。

皆様ぜひおいでください。

以上、
そんなわけで、所沢市は 文化 について 今 模索中なのであります。

コメント

島川選手に特別顕彰 岩渕選手に感謝状 をお渡ししました 

2016-10-12 17:56:16 | 市役所でのこと


にほんブログ村←クリックお願いいたします。

                 (左から 卓球の岩渕選手 ウィルチェアラグビーの島川選手)
10月11日、

リオパラリンピックに出場された

島川慎一選手、岩渕幸洋選手に特別顕彰並びに感謝状を所沢市よりお渡ししました。

島川選手は、所沢市在住。既にパラリンピック出場は4回目。

今回、初めてメダルを獲得されたのでした。

目標は金だったのでその点では残念と語っておられた島川選手だが、いやいや銅メダル。

素晴らしい成果を所沢市に持ってきてくださいました。

また、岩渕幸洋選手は早稲田大学の21歳。

今回は予選敗退でありましたが、若くて未来の可能性も十分。

東京オリンピック・パラリンピックを目指して更に伸びていかれることと思います。

お二人には、デモンストレーションで

車椅子どうしでぶつかって迫力を感じたり、市役所卓球部員とラリーを演じていただいたり、

そういう望外のサービスもしていただきました。

最後はみんなで記念撮影。飛び入りで小さなお子さんにも入っていただき、

みんな笑顔でハイ、チーズ。

夢、感動、希望をありがとうございました!!

お二人のさらなるご活躍を市民みんなでお祈りしております!!






コメント

土、日、月も感謝の日々

2016-10-11 13:38:43 | 行事を見たり聴いたり活動


にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。2位になったり1位になったり・・・。

8,9,10日は連休だ。

私は市内各地の元気、活気、賑わい、団結の取り組みに参加した。

すべては、未来の子どもたちに善きふるさと所沢を伝えんとする大人たちに感謝の気持ちを伝え、表すため。

8日(土)

朝9時~ in 市民体育館
第20回KASUYA杯ジュニア卓球大会 会場には1000人を超える中学生が、勝利目指して集っていた。
卓球連盟や中学校指導者の先生方に感謝。







10時~12時
振り込め詐欺撲滅出前講座 in 三ケ島マチセン 
三ヶ島地区まちづくり協議会 その他防犯、交通関連団体のみなさまに感謝。
警察ひまわり隊の出前演劇、芸術総合高校吹奏楽部、三ヶ島中合唱の皆さんに感謝。参加者に感謝。

予定されていた2件の行事は雨で明日に延期。


13時30分~17時15分
市役所にて「みんなで考える市の仕事事業」 in市役所
自治基本条例にもとづく事業 市の施策を評価していただく 
無作為抽出の上で参加いただいたみなさま、傍聴者、そして、コーディネーターの先生に感謝。
職員お疲れ様。 評価の中にヒントをいただいたので、挑戦してみたい。

その後は会合 in somewhere

9日(日)
朝8時~


富岡地区体育祭 in 富岡中学校
渡辺大会会長、小高実行委員長、荻野地域づくり協議会地域学習振興部会長、雨の中準備くださった実行委員さん、
そして参加してくださった市民に感謝。


10時30分~20時
ところざわ祭り in 中心市街地
本橋孝義商工会議所会頭=まつり実行委員会会長 他実行委員のみなさま、
各町会のみなさま、重松流祭囃子保存会のみなさま、協賛企業、参加団体、その他ご来場いただいたすべてのみなさまに感謝。
そして、私に着付けしてくださってありがとうございました。

雪駄(せった)をはいて1日中歩いていたので、踵(かかと)が疲れて疲れて…でも、お祭りって夜になるほど盛り上がってくるんですね。
みんないい表情していて気持ちいいです。

なお、8日に予定していた2件は9日に延期されたのですが、既に予定いっぱいで伺えませんでした。すみません。

10日(月)

朝8時30分~
吾妻地区ふれあいスポーツフェスティバル in南稜中学校
内野実行委員長はじめ実行委員会のみなさま、協賛企業、団体の感謝。
そして参加された全てのみなさまに感謝。


10時~
三ヶ島レクレーション大会 in三ヶ島中学校
村田実行委員長ほか体育協会、体力つくり市民会議に属す全ての委員さんに感謝。そして、参加くださった全てのみなさまに感謝。
 

コメント

全国都市問題会議に参加して 岡山

2016-10-08 08:49:47 | 視察関係

にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

この3日間、岡山に都市問題会議に行ってきた。

印象に残ったことをメモとして記録しておきたい。あくまで自分用に。



ドイツと日本は似ているが、違いを言えばそれは戦後20年たって、ドイツはホロコーストの罪を自ら裁き始めたということ。また倫理的か否かで判断する嫌いがある。福島の震災を受け、ドイツは首相が倫理委の指摘を重く見て、廃止を決めた。
との指摘あった。
まず前者について。
だから日本はよくない、とは自分は思わない。
それはナチスの罪、とするのでなく、日本人は指導者層と自分を一体化して背負うから今がある。思考の仕方の違いではないか。
後者について。
とは言いつつも、戦後帰還した兵隊さんを悪者扱いし、アメリカに焦がれて平気な日本もあるのだから、日本人は流れ易く、うつろい易すぎる国民性だ。
確かに、過度に経済を優先してはいないか。もっと倫理というか生き方を問うべきだと思う。


ドイツは記憶のまち。「なになに通り」と通りに名前をつけて記憶にとどめようとする。街の統一感も大切にし、公共を優先する。しかし、それは窮屈でもある。バカンスを一ヶ月は取ること、と義務付けてしまうのは日常に溢れる縛りから解放されたいからかも。 以上の指摘も面白いと感じた。

もっと街をオープンにしたい。 水辺の活用をめざす人・街が「水辺リスト」という仲間作りをしているらしい。http://mizbering.jp/archives/author/mizberingtokyo



芸術祭などは定期的に続けてなんぼ。
トリエンナーレ、ビエンナーレと3年や2年に一回やる。芸術祭は評価は半々。みんな歓迎にはならない。街歩きをさせてしまうような会場設定が良いだろう。会場も音楽などはオープンを目指したい。10月9日から始まる岡山芸術交流32カ国?から作家を招いた。チケットは1800円。
なお、イベントとしてはスポーツイベントのほうが金がかかる。イタリアでは文学イベント、哲学イベント、科学イベントもある。いずれも街の広場などを会場にしている。
地元の金融機関(信用金庫)と企業に頼るところ大きく、市の補助金など使わない。

国立「くにたちはたけんぼ」・アスカデザインウィーク・TOKYO DesignWeekあり。
http://hatakenbo.org/



岡山の「桃チャリ」は面白い。所沢でもできるが、道が狭くてどうなのか。桃チャリは1時間以内100円。車で回収して回るのに金が掛かっている。
ひたちなか市は3世代同居の改修に補助中。親か子どちらかが岡山に転入した時に限っている?年に50数件。所沢の実績は?
鈴鹿市でも障がい者と農業のコラボを進めている。所沢も高齢者と畑、障がい者と畑を目に見えるよう進めたい。

HALという器械。障害を持った手足などに装着。脳からの意思を伝えて動く。器械が動くことで体が動かされる。そうやって訓練しているうち自らの意思と肉体がつながっていく。自分で動けるように変わっていく。再生医療(幹細胞)の技術を伴うことで、さらに自らの力を高めていく。

HALの開発、そして実用化。未知のことは行政は前例なく、法令なく、進められない。時間がかかりすぎる。

公共施設の活用は、切り売りしているだけではジリ貧。 縮小でなく活用。 民間に活用させて、地代を取る。稼ぐ。そうすればその周辺の地代も上がる。補助金なくても利用する民間はあるはず。既存施設で1年後、新規で10年で元を取るようするのが方針。儲かり始めても規模を広げないことも肝要。
thinkしないthink tank(シンクタンク)に任して調査したりする傾向あり。それより成功した自治体に聞け。職員を呼べ。そのほうが本物、そのほうが早い、安い。

民間にも 劣悪な民間 と そうでない民間あり。補助金頼みは劣悪の部類。 今も儲かっている企業はたくさんある。 確かにそうだ!

プロスポーツチームはベンチャー企業の側面あり。雇用を増やしている。 負けても子供のいるチームなら応援する。 だから好きになってもらうこと、目標1回の来客数1万人を決めて、地域を説得している。 来客数の目標を決めて、それを市民と共有するのはいいのかもしれない、と感じた。
学校などを回って教育もする。だから、チームは全員黒髪。茶髪にはしない。

地域愛という点で埼玉県民は所沢市民はどうだろう。地域愛の薄い地域のスポーツチームはたいへんだろう。

最もすごい企業はジャニーズ事務所。嵐だけでも年間80億円?のファンクラブ代が入っている。というのも年会費4000円強なんだとか。
会員数は200万人。好きになるとは凄いことだ。貴重なことだ。 
 
その他、気づいたこと、確信したこと、所沢に生かしたいこと、ありました。

それをまた、所沢市の施策に生かしてまいります。

なお、岡山といえば我が「坪田譲治」の故郷である。 卒論制作時に訪ねた島田本町2丁目にも 初日の夜と最終日の昼、寸暇を惜しんで行ってみた。
生家は跡となり、楠の木と記念碑のみがあった。 周囲も随分と家が建ち、新幹線の線路ができたり、色々と変わっていた。32年前に訪ね、市議か県議時代にも訪ねた坪田譲治のふるさとは、本当に随分と変わっていた。



有名な小説に『風の中の子供』『善太と三平』などがある、豊島区雑司ヶ谷で
「びわの実学校」を開いて、子どもたちに教育しておられた。



 


 

コメント

大輝 十両優勝  大輝改め 北勝富士 に そして 市の観光大使 にも!!

2016-10-05 18:23:33 | 市長への訪問を受けるなど


にほんブログ村 ← クリックお願いいたします。

今、ホットな話題といえば 大輝 である。

いや、これからは、正式に襲名後は 大輝改め「北勝富士」(ほくとふじ)である。

10月3日
  
さきの  秋場所十両優勝の報告と、あわせて当日、明治神宮大会優勝を報告するため

訪問をしてくれたのだ。

しこ名も、親方の北勝海(ほくとうみ) と、その親方の北の富士のそれぞれをとって「北勝富士」になると報告を受けた。



写真はジェイコムの取材を受ける北勝富士。

私自身も多くの報道陣に囲まれ、自分も あぁ、あのとき以来だなぁ、とブラックジョークを飛ばさせていただいた。どうでえ!



さて、十両も優勝し、そうなると、後援会結成が待たれるのである。

お相撲さんの後援会となると、 巷にある様々な会とはちょいと意味合いが違ってくる。

よい後援会ができることを期待したいし、考えなければならない。


なお、ここで えいやっ とばかり 所沢市観光大使 をお願いしてみた。

そしたら 快諾 をいただいて、

これは所沢市にとっても有難いことである。



   ずいぶん気持ちのゆとりが出たのだろうし、場所を終えてホッとしたのだろう。

                       とっても柔らかな表情の 北勝富士関 なのであった。

では、埼玉県民、所沢市民のこぞっての大応援を これからやっていきましょう!!



コメント

スポーツの秋・文化の秋 その2

2016-10-04 16:09:31 | 行事を見たり聴いたり活動


にほんブログ村←クリックお願いします。安心してたら3位になりました。

9月30日議会が終了。全議案可決、同意いただいた。

しっかりと実りあるように執行していきたい。

そして、10月1日(土)

予定された林小、所沢小の運動会が早々と中止決定。そこで、そこを抜かして行事に出発。

まずは、市民活動支援センター祭り

5年前の今日、オープンしたこの施設。

発足当時の3倍の団体の登録をいただいて、さらに発展していかねばならない。


                                    写真はオカリナとフルートの演奏発表

続いて新所沢東地区文化祭。じっくりご案内いただき満喫させていただきました。



続いて、ある団体で市長講演会。今の世の中に感じていることを発言させていただいた。もっと時間があればと感じた。


続いて、柳瀬荘アート教育プロジェクト「間の共振」 詳細は後日報告します。




その後 学生時代お世話になった方を偲ぶ会に出席のため、東京は代々木に出るはずだったが、体が調子悪くなって断念。家で睡眠。

10月2日(日)

市民総合男女バレーボール大会



並木ふれあいフェスティバル


北秋津町内体育祭


優良運転者、交通功労者、優良運転者 表彰式


小手指地区体育祭


市民茶会


松井地区スポーツフェスティバル


第21回 所沢市8020よい歯の表彰式

「80歳以上で20本以上の歯を持っておられる方への表彰」

であるが、私は違う意味にとらえている。

8020を通して、それをきっかけに

戦争を経験し、
昭和の時代(今の日本の世界の中での地位を築き、経済的にも豊かで、平和な日本を作ってきた方々)を作ってきた方々に敬意を表する機会
ととらえているのである。

だから、基本的に、わざわざ会場までいらしていただいた皆様に態度でそれを示し、これからもご指導お願いします!そして、お元気でいらしてください!

とお伝えできれば、と思っているのである。

まさに、邂逅、まさに一期一会の機会として今年も臨ませていただきました。


みんなで楽しく歌おう会  歌手の藤澤浩二さんが教える生徒さんの発表の会 と同時に仲間の歌手の皆さんもゲストにむかえ みんなで過ごす会。


以上、今回も感謝しながら、日々を過ごさせていただきました。



コメント